2019.05.15

5月15(水) / ひみつの庭の”ママの日”だより✾(5/14(火)記録)・”Au Temps Perdu”(オ・タン・ぺルデュ)🌿


 <ベニバナトチノキ> トチノキ科 学名 Aesculus x carnea 英名 Red Horse-chestnut

ウィキペディア(Wikipedia)より
「ベニバナトチノキは北米南部原産のアカバナトチノキとヨーロッパ原産のセイヨウトチノキ(マロニエ)の交雑種である。5月頃、枝先に長さ15から25㎝の大きな円錐花序を直立し、雄花と両性花を付ける。」

ひみつの庭のシンボルツリーとして、2014年3月に植えた卒園記念樹でもあるベニバナトチノキですが、なぜか上手く生長することが難しかったため、今回で通算4回ほど、諸条件を変えながら再植樹を繰り返してきました。そしてこの5月、いよいよほぼ根付いたかと思えるほど大きな花が咲いてくれました。今回は最後の挑戦として周りの土を大きく入れ替え、慎重に肥料等を施して植樹して下さいました。大型の樹木は移動の際、大きな根をカットした根巻きの状態にして運搬されるため、ダメージを受けた根っこの生長が木の生長に伴わないのが原因の一つとも言われています。土質など環境要因もありますが、「そんなに難しいものではないはずです」と植物園の専門家にも教えていただきながらの試行錯誤の連続でした。

フランスではパリの並木道に背の高いシロバナのマロニエの木が植えられていますが(マロニエの並木道)、こちらのベニバナトチノキも同様に植えられています。国内では横浜や神戸の並木道で姿が見られ、この近隣では府立植物園に数本あります。あまり見かけない珍しい木でもあります。
---------------------------------------------
ひみつの庭の”ママの日”だより(5/14(火)記録)

家庭訪問週間が終わり通常保育が再スタートした昨日、今年もひみつの庭の”ママの日”にお母様方をお迎えすることができました。連休中からほぼ快晴のお天気に恵まれてきましたが、この日天気予報はお昼頃から☂マークが。ところがお昼前に一旦雨雲が広がったかに思えたものの、一滴の雨が降ることもなく過ごすことができた有難い初日でした。

You always make the sun shine☀ もう皆さんご存知、Yママの周りはいつも晴れ間が出ています。芝生も青々と太陽の光を浴びて(浴びすぎて)、元気に育ちつつあります。夕方から夜間だけ都合よくたくさんの雨が降ってくれると有難いのですが😊

次々とママが来て下さいました。私はゲートの手前のミルテの植え込みの下に溜った落ち葉、雑草を搔き集め、ねこ(一輪車)にのせて森へ運ぶために準備中。

「よく咲いてますね、この木は何ですか?」とママ達。こちらは上でご紹介のベニバナトチノキです。青々とした葉とローズピンク色の花を見ていると明るい気持ちになります😊 引き続きミルテの植え込みを担当して下さるママも。

【ミルテ】🌿
学 名 Myrtus communis
別 名 マートル、イワイノキ、ギンバイカ
科 名 フトモモ科
原産地 地中海沿岸
利用法 食用、薬用、観賞用など
野菜のきょうしつより参照

昔から「愛と歓喜、繁栄、不滅の象徴」とされて、ウェディングの花輪等、各地で飾りとして使われてきた植物です。
つやのある葉を持ち、春から夏の間にかけて、香りのある梅のような形をした白い花を咲かせていきます。
利用法としては、生の葉や乾燥させた葉を香りづけとして料理に加えたり、葉から浸出液には、収斂や殺菌効果があるので「マウスウォッシュ」などに使うと良いでしょう。
枝は、装飾用として簡単なリースを作るのに使います。

未就園児さんを連れてきて下さったママも。       入口サークルスペースを熊手で落ち葉掃除のママ達。来週半ばにご出産予定のママも👶 無事のご出産を心からお祈りしています💕

奥のハーブのエリアをお手入れ中のママも。過日に植えたピーマンにお水をあげています。「これなーんだ?」ママからのクイズ!

昨年、棉を植えていたプランターの中を整理して下さるママも。至る所に小さな草が生え出ています。今のうちに抜いておくと夏場に助かるのです。

外あそびの時間。子ども達がお庭にやってきてママを見つけてお話をする姿も。

秋にパープルカラーの花が咲くメキシカンセージの植え込み。雑草を手入れされるママ達。その横の空きスペースをママ用のミニ菜園にすることに。

まず土を耕し柔らかくして有機石灰+腐葉土+野菜の土を加え混ぜ合わせます。 年中児のKくんは丁寧にお水をあげています。

ひみつの庭の一番奥。カナメモチ植え込みの下などにある落ち葉を搔き集めているママと女の子達。

クスノキの春落ち葉が少しはましになってきたと思えるこの頃ですが、芝生の上は落ち葉、枝などが風で振り落とされてきます。毎日お天気が良すぎるため、芝生はスプリンクラーをセットして毎日水を撒いています。細かな箇所はホースリールで手撒きになります。芝生の育成は十分な太陽と水が欠かせません。

ママの手入れをお手伝い中の男の子。

卒園されたママも数名が来て下さり有難き幸せ💕 皆さん元気に小学校に通っておられることを聞き、懐かしく嬉しく思うばかり😊

ひみつの庭入口横の植え込みをお手入れのママ。未就園児さんもご一緒されました。ママの手入れを見守って。

冬咲きのガーデンシクラメンがさすがに少し元気がありません。枯れ葉を取り除いて土を寄せておきましょうか。 続いて丸窓の下エリアもお手入れ下さいました。

畝の中の子ども達。幼虫を見つけたようですが、そう言えばアオスジアゲハが庭の中を舞っていましたし、アゲハチョウ、クロアゲハ、アカタテハなどの蝶類の姿がよく見られる時季になりました。ビオトープにはすでにヤンマやオニヤンマが飛び交う姿もあります。そろそろシオカラトンボも飛び出すでしょう。一番に姿を見せるベニカミキリも飛んでいます。

卒園されたOGママと在園ママご一緒に。日頃横目で見ては手が入らないままになっている場所を、いつの間にか見つけて手入れをして下さっているという、まさに痒い所に手が届く以上に有難いことです。

ささやかなミニ菜園ガーデン🌿🍅に。子ども達とは違った品種の中玉トマト”アマルフィの誘惑🍅”、よく成ると評判の”なるなるキュウリ🍃”。コンパニオンプランツとしてバジルを植えるといいですよとYママのアドバイスあり。なるほど☝そう言えば最近何かの記事で読んだところでした。夏野菜が育ったら採れたて新鮮のサラダパーティー🌿なんてどうでしょう😊\(^_^)/

ツゲのトピアリー横のチーク椅子。グレイッシュに色あせたのも風情の一つ。

冷たい紅茶でお疲れ様のひと時💕 大勢お集まりいただきお手入れを有難うございました。先に帰られたママもお疲れ様でした。雨も降る気配がなくお天気は保たれていました😊

✾次回ママの日21日はベルベーヌ(レモンバーベナ)の小さな苗を植えます🌿残った場合のみお持ち帰りいただけます。ご自宅のキッチンガーデンで育てて下さい。ベルベーヌについては下の記事をどうぞ🌿
---------------
こちらは京都市内にフレンチレストランを三店舗経営されている方のお店のテラスです。お気に入りの岡崎にある”Au Temps Perdu”(オ・タン・ぺルデュ)。幼稚園卒園児さんお父様経営のお店ですが、近代美術館からすぐで仁王門通りを隔てた南側にあります。

素焼きのテラコッタ鉢に植えられたローズマリー。シェフがこれを摘んでおられる姿が消えると右のお料理がきました。羊肉のローズマリー風味。香りが新鮮でした。

こちらがベルベーヌ。英語ではレモンバーベナ。とても強いハーブでこの時季に新芽が出てきます。すでに作られたものよりもこれを乾燥させたものの方がとてもよく香りますとのこと。

食後のハーブティーとしてお勧めの一つは、ハーブティーの女王とも呼ばれるこのverveineベルベーヌ(レモンバーベナ)。2~3メートルになる低木で葉からレモンの香りがします。神経を鎮めてリラックスできるのでベッドタイムティーとしてもよいかもです。胃腸の働きも助けてくれます。食後にはベルベーヌティーを🌿

アラカルトより。プレートに少しずつ楽しめる美味しさ。右上はひみつの庭にも植えていたクリーピングタイム。私はタイムは魚料理や咳止めなどに使います。ひみつの庭に追加として再度植える予定です。

こちらはお気に入りのTarte aux citronsレモンのタルト。おすすめ💕

“Au Temps Perdu”(オ・タン・ぺルデュ)
この店舗はお持ち帰り料理がメインですが、私達はもっぱら併設サロンのテラスで風を感じながら座っていただくのが楽しみです。前を流れる川と景色に心和みます。

2019.05.10

5月10日(金) / ひみつの庭でキュウリ🍃を植えよう!~ひみつの森へ🐤(年長クラス)・園内通信


 <これからキュウリ植えるの💕>

確かNちゃんが年少児の時、育てていたキュウリを年長クラスがここで美味しそうに食べる様子を見て、「わたしもああやってたべたい!(氷水で冷やして丸かぶり)」と思わずお母さんに言ったそうです。「もともとキュウリは苦手でしたが今ではすっかり平気になりました」と、当時Nちゃんママが仰っていたのを思い出します。 今ではキュウリを育てる「スタッフ」に?😊
--------------------------------------------------
キュウリ🍃を植えよう!

家庭訪問週間で半日保育のため、この日も朝からカリキュラムが詰まっていました。朝9時過ぎ、ひみつの庭の北エリア。

この北側エリアに各クラスのキュウリを植えることになりました。土は向こうの畑の土を移動しましたがやはり土ごしらえからが必要です。固い土、石ころなど取り去り、土をほぐしてからキュウリの苗を植えましょう。キュウリは蔓性なので後ろのフェンスに巻きつくようにして伸ばしていきましょう。

では始めましょう。左側がAクラスの畑、右側がBクラスの畑です。

後ろの人は立って目についたものを教えてあげています。座ると近くしか見えにくいですが立つと視界が広がるのです。

黙々と手を動かしながら作業が進んでいます。

どうかな? だいぶきれいになったかな。みんなのいい目で見て下さいね。

そこへ腐葉土が加わります~。ザザ~ 手で混ぜ合わせます。

後ろの列の人は待っている時間がもったいないので、後方で腐葉土と土を混ぜ合わせて畑に投入する土づくりをすることにしました。

さあ、まぜましょう~。

前列の子ども達は引き続き黙々と選別作業をしています。そこへ、後部で混ぜ合わせた土を新たに投入します。ザザ~ッ。

でこぼこの表面をならして・・・表面を整えます。

さて、キュウリの苗。品種は”夏すずみ”、夏にピッタリの涼し気な名前です。

植える場所にまず苗をポットごと置いていきます。キュウリの苗は茎がだいぶ伸びているのでポットを逆さにすると折れる心配があります。なので苗を上に向けたままポットの下からグイッとつまみあげると・・

上手くビニールポットから苗が外れます。これでいきましょう。そして手で大き目に穴を開けて・・

そっと中に入れてあげたら周りの土を寄せてそっと押さえます。  さあ、始めましょう。

先生に手伝ってもらいながら丁寧に植えていきます。

土ごと上手く外して手にしています。

手を伸ばして取り組みます。

植える場所はこのへんかな。両手で穴をつくっています。

お友だちと力を合わせて。              植えられたらそっとトントン。

できあがりました~~👏 ずらりと植わったキュウリ畑。

ピッチャーでお水を株元へあげています。 お水やりはもうお手の物の年長児さん達。

ここだったかな? 

ゴクゴクと土がお水を吸い込むようにしみこんでいきます。陽当たりが大変よくなったひみつの庭の北側エリア。これから水切れにならないようにしっかりとお水を上げて下さいね。

この日は金曜日なので10時半~11時半まで未就園児さんのための園庭開放日でもありました。園庭開放担当のゆかり先生がご自宅で育てておられるハーブをひみつの庭にご持参下さいました。

すぐ横には満開のオオデマリの花。ひみつの庭に根巻苗を植栽してから今年で7年目の春ですが、初めて白い毬のような大きな花を咲かせてくれました💗

そして年長クラスはこのあと、ひみつの森へと活動の場を移しました~

園庭から約5分のひみつの森の広場です。あと15分行けば「ひみつの谷」もありますがもっとも手近に足を伸ばせるひみつの森の広場。新緑が輝く森の中です。

ご満悦のピース✌サイン👩👩。にっこり笑っていますがここは結構高い場所なのです。

大木が横たわっている上を軽々と登る子ども達。

移動するには前に両手をついて体を動かして進みます。

こちらは別の場所。木々が横たわったこちらも大人の背の高さ以上はある木の上です。

お~~い😊 高いところにいるのね~。 しっかり持ってるから大丈夫。

木をしっかり手で持ち確かめながら移動してくる男の子達。

丸太のみなので両足と両手の感触を大事にゆっくり進めば大丈夫です。

どこから登ってきたの? とたずねると、「こっちこっち、きて」とRちゃん。雑木林の外れまで私を引っ張って来たら、「ここにいて。すごいことがあるからまってて」と。そしてまた向こうへ走って行きました。

そう言えばその昔にも何だかこんなことがあったような気がする~😊と思いながらいると、やがて遠くの木の上からつたって下りてきたRちゃん。木の上からピョンと飛び下りるや直ぐさま、「はいっ」と手に包んだツツジの葉をくれたのでした💕😊💕 Rちゃんがね~。

さあ、そろそろ戻る時間です。何せ半日保育なので時間がタイトです。キュウリを植えたあとにつづいて森あそびに来た年長クラスでした。園庭から足を伸ばして5分で森の中に入れるのはまたとない環境です。ジャングルジムやブランコ、アスレチックなど園庭の遊具は、もともとこのような森あそびを基本として考案されたものですが、そう思えば確かに園庭は人工的には違いありません。

ヤマツツジ(山躑躅)の色が鮮やか。さすがに5月の森です。

ブランコは過日のパパの日に下さったお手製のものです。以前、山の学校のしぜんクラスを担当していた時にはたびたび森に入り、枝に飛びついたり、斜面を滑り下りたりしてワイルドに楽しみましたが、当時はこのような場所ではありませんでした。昨年の台風で多くの大木が倒れたお蔭で?できたまたとないアスレチック場になっています。過日は初めて年少クラスも訪れることができましたが、この日も始終、きれいな野鳥のさえずりが響いていました🐥🐤

半日保育の子ども達を見送り、目の前にあったヤマツツジの葉を手に取るとクスッと笑みがこぼれました。Rちゃんありがとう~😊
--------------------------------------------------
本日は園内通信「お知らせ18」をお出ししました。
内容は、
◇ 京都三大祭について
◇ 母の日お持ち帰り
◇ ”ママの日”について
◇ 春の親子遠足写真お持ち帰り
◇ 衣類へのお名前記入のお願い

2019.05.09

5月9日(木) / ひみつの庭でピーマンを植えよう!🍃(年中クラス)


<やわらかな腐葉土や土をまぜあわせる子ども達> ひみつの庭の畑にて~
--------------------------------------------------
ピーマンを植えましょう!🍃(年中クラス)

朝一番9時過ぎにひみつの庭にやってきた年中クラスです。

さあ、今日はみんなが知っているピーマンを植えましょう。小型で甘い子どもピーマンです。

美味しいお野菜をつくるためには何が大事だったかな? そうです。良い土が必要なのは子ども達はよく知っています。今日は年中さんの畑をみんなで良い土にしてからピーマンの赤ちゃん苗を植えましょう。土の中に石や枝など固いものがあったら取り除き、土の塊は手でほぐしてあげましょう。それから落ち葉でできた腐葉土を加え、さらに新たな土を入れていきます。

土の中の栄養や水を吸い上げる大事な根っこ。ピーマンの苗の土は崩さないように手の中にそっと持ちます。そして手で穴を開けたらその中に優しく入れてあげましょう。

それでは、まず土の中の石や枝などを取って、土の塊は手でほぐしていきましょう。

目の前の土を観察しながら何かないかを探しています。

石ころなどがあれば容器に入れていきます。

大きな石ころがあったかな? 枝や石などが集まっています。

「なに、これ?」なにか見つけたのかな😊 

着々と作業がすすんでいるようです。

みんなの目と手でほぼきれいになったところへ、次は腐葉土を投入します。

ザザ~ッとやわらかな腐葉土が畑の畝に加わると、次は手で混ぜ合わせます~

やわらかくて、少しひんやりとした土の感触はどんな感じかな? みんなで混ぜ合わせて良い土にして、美味しいピーマンがなりますように・・

ほら、こんな手になったよ😊

みんなでやるとなんだか楽しくなってくるね。

黙々と、またお話しながら手が動きます。

おいしいピーマンができますように~~~       ヨイショ、ヨイショ・・

みんなが頑張ったから畑の準備が出来上がりました。次はいよいよピーマンの苗を植えましょう。逆さにしてビニールポットから外します。白い根っこがよく見えますね。

手で畑に穴を開けて中に苗を入れてあげましょう。さあ、お友だちと力を合わせて植えていきます。

ピーマンの苗を置いたところに植えます。どこにピーマンができるのかなあ?

わたしこれする😊

穴を開けること、苗をポットから取り外すこと、ゆっくり考えながら取り組んでいます。

静かに土と向き合う時間が流れます。

苗が入るためにたっぷりと大きめの穴をあけてあげましょう。

この辺かな。先生にも手伝ってもらって。

だいぶ畑にピーマンの苗が植わってきたようです。もう少し頑張りましょう😊

真剣な面持ちでお話をきいているようです。ピーマンの苗がくっついてしまうと大きくなれないから離して植えてあげましょう。

これでいいかなあ?               こうやって外してあげて・・穴に入れてあげましょう。

美味しい子どもピーマンができますように。。。

2019.05.08

5月8日(水) / ひみつの庭でトマトを植えよう!🍅(年少クラス)~ビオトープ🐟、紙芝居「もりのおふろ」~壁泉プールにて


 <ひみつの庭のライオン壁泉で>

5月の若葉が輝くこの日、年少クラスは午前いっぱいをひみつの庭で過ごしました。入園して一カ月、連休を経て日々の園生活を楽しんでいます。

--------------------------------------------------
トマト🍅をうえましょう!

二人ずつ手をつなぎ、ことりぐみ、たんぽぽぐみそれぞれのクラスからひみつの庭へやってきた年少児達です。

素晴らしい晴天が続き、鳥の声とともに新緑が眩しく光っています。

「おはようございます!」
さて、今日はみんなでお野菜を植えましょう。みんなのお弁当にも入っている赤くて美味しいトマト🍅です。

こんなポットがありますよ。この中でトマトがだんだん大きく育っていきます。中にやわらかな土をたっぷり入れて、その中でトマトはすくすくと育ちます。手で土をそっと入れてあげましょう。やさしく、やさしく・・

これがこれから植えるトマト、まだまだ小さな赤ちゃんトマトだからやさしく、そっと手にとりましょう。黄色いお花が咲いているね。そのお花のあとにトマトの実ができますよ。
  
ひみつの庭の入口に植栽しているライラックが順に咲き出しました。こちらの品種は”ミセスエドワードハーディング”。こちらもまだ植えたばかりの赤ちゃん苗です。

では、クラスのお友だちと一緒に、鉢底石→土→トマト苗の順に植えていきましょう。

ポットの底に入れる白い鉢底石を手に。

ひみつの庭の北側エリア。大きな樫やナナミノキを刈り込んだので暑いくらいの陽が射し込んでいます。

さあ、次は手で土を入れていきましょう。

土はどんな感触かな? 

両手で上手にすくいます。

トマトの赤ちゃん苗の入ったビニールを外して土の中に植えてあげましょう。

どのように植えるのか見ていてね。手で土を深く掘って、トマトの赤ちゃん苗を中にそっと入れてあげましょう。入れたらまわりにそっと土を被せてあげましょう。

さあ、みんなでやってみましょう。

ビニールをはずしてごらん。

そうね、穴を掘ったら苗を入れて、土のおふとんをそっと、やさしく被せてあげます。

トマトに土のおふとんかけてあげたよ。             土をきれいにならしています。

そしてみんなで運びます。よいしょ、よいしょ。

トマトの苗が植えられましたね。水道の近くまで来たら、ピッチャーでお水をあげましょう。

このようにしてあげます、葉っぱの上からではなく株元にそおっと流し込むようにして。

ごくごくお水を飲んでいる音が聞こえてきます😊

スーッとピッチャーで上手にお水をあげる子ども達。みんなとても優しくお水をあげることができました。これから毎日お水をあげてお世話をしてあげて下さいね。美味しいトマト🍅ができますように。

トマトを無事植えた年少クラスはつづいてウッドデッキの方へ移動します。

ここから向こうはビオトープと言って池になっています。一度みんなで行ってみましょう。ここはお花が植わっているからお靴で入っていいかなあ? そうね、ダメやね。お花はそっと見てあげましょう😊

ここは貝がいたりお魚がおよいでいるのが見られます。見るときはこうしてしゃがんで見ましょう。あっ、トンボだ! みんなが見ているその時に、ちょうどトンボが飛んできてくれました😊

さあ、みんなで歩いていきましょう。

短い時間でしたが水面にいるアメンボやメダカなど、そっと眺める時間を持ちました。

紙芝居「もりのおふろ」~壁泉プールにて

夏になると水あそびをするライオンの壁泉プールですが、つづいて大型絵本「もりのおふろ」をみんなで見ました。

森にあるお風呂にライオンがきて入っていると、そこへ次々と森の動物がやってきました。ワニさん、ブタさん、そしてウサギさん・・・。みんなで背中を洗いっこしてざぶ~~ん💦💦 あ~いいきもち💕 暑いくらいの午前中でした。夏になったらここで水あそびをしましょう。楽しみですね。

カナメモチの赤い若葉が木々の緑の中に綺麗に映えています。築山の芝生がすくすく育っていますが、根がしっかりつくまでもう暫くかかりそうです。

2019.04.27

4月27日(土) / 西洋シャクナゲ・絵画”パンジー”(年長)、絵画”チューリップ🌷”(年中)・体育指導4/25(木)全学年・絵画”春”(年中)・ヤエザクラでお楽しみ🌸(年長)・色水づくり・ボリジ(herb)の花・園内通信


  <西洋シャクナゲ> ツツジ科 学名 Rhododendron spp  原産地 中国雲南省~ヒマラヤ

華やかな花弁のつき方から西洋シャクナゲの一種類と思われますが、品種名が定かではありません。花房の外側のフリルが素敵です。シャイニングリップ? ピンクパール? ピンクドリーム? シャイニングリップだと園のひみつの庭にあるシャクナゲ”太陽”の交配種になります。西洋シャクナゲは花の色が豊富で大輪を咲かせてくれるので、お庭に木が一本あると今の時季が楽しめます。過日の植物園園遠の帰りにシャクナゲエリアを通った時に見つけたもので、もう一度足を運んでみようかな~と思います。
--------------------------------------------------
絵画”パンジー”(年長)~絵画”チューリップ🌷”(年中) 4/18(木)記録

先週の活動です。年長クラスの子ども達が年中の時に植えて育てていた虹色パンジーです。

「よいしょ、よいしょ」これをひみつの庭へ運んでいます。

各グループが力を合わせて大事に移動させているところです。

ひみつの庭を入った右手にあるダイオウグミの白い花です。枝先に小さな花が密に咲き、マルハナバチやミツバチが集まって賑やな姿がしばらく見られました。秋にはたくさんの赤い実ができそうです。この日はまるで初夏のような陽射しで、帽子を被らないと頭が熱くなるほどでした。

ひみつの庭の奥のエリア。ママの日にも集う場所です。ブルーシートの上にプランター4つ分のパンジーを置いてクレパスで絵を描く準備をしています。

さて、こちらは年少クラスたんぽぽぐみ前の花壇です。昨年度の年少児が球根を植えて育てていたチューリップ🌷が多彩なお花を咲かせてくれました😊

年中児さん達。画板とクレパス持参でチューリップを描きにやってきました。

毎日チューリップが咲いているのはみんな知っていますが、改めてチューリップをじっくり観察し、香りや手触りも確かめてみました。お天気が良いので頭上のモミジがほどよく木陰を広げてくれます。

葉っぱや花の形、色はどうかな?              こんな感じ✌

思ったように、好きな色で、好きな形に描いていく。

昨年度まで年少クラスだった子ども達。昨年の初めには、まず手やスポンジ、タンポなどを使い、色の世界をさまざまな方法で楽しみました。クレパスを外に持ち出して描くのは初めてです😊

パーロット種、八重咲の種類も満開です。

さて、またもや移動してこちらはひみつの庭。パンジーも長期間咲き続けてくれました🌺

シートに座り、画板を使ってパンジーを描きます。  パンジーってどんなお花だったかな。自分なりのパンジーを描きます。

花びらの中に筋が入っている様子や、プランターやこの日の青い空も描き、途中を見せてくれました。眩しいほどのお天気です☀

土から茎が出て可愛らしいお花が咲いています。子ども達が思ったまま、閃いたままに描いていきます。

近くでよく見るのは初めてかも知れません😊

そして次の日にはクラス内でコンテを使って描きあげました。暑いくらいの太陽の光が注ぐ日でした。

ハチやチョウが飛び交います。お庭にはすでにアゲハチョウ、キチョウ、クロアゲハなどが姿を見せています。そろそろクスノキの葉を食草とするアオスジアゲハの姿も見られる頃でしょう。

畑かプランターを表す枠が描かれています。また、茎と花を力強く描いています😊

横には木も描かれています。ひみつの庭の奥には竹やビワの木が見えますからね。

満開のたくさんのお花が咲きました。         満開のパンジーの上をミツバチが三匹飛んでいます。どのお花に行こうかな?

花びらの数も数えて描いたのかも知れません。画用紙いっぱいに描きました。

パンジーが咲き、空からは太陽の光が燦燦と注いでいるところだそうです。なるほど~

連休明けにはいよいよ各学年がお野菜の苗を植える予定にしています。パンジーは切り花にしてクラスに飾り、身近で見るのも楽しみですね。
--------------------------------------------------
体育指導(全学年)4/25(木)

こちらは今週木曜日。今年度初めての体育指導の日です。朝から瀬川先生が来て下さいました。
〔年長クラス〕

はじめは年長児からです。「みんな元気でしたか。」「うん、パワーアップしたよ!」と応える子ども達。

「おはようございます!」ご挨拶の後すぐに始まります。手を高く伸ばして伸ばして~~

下に下ろしたら次はなんでしたか? そう、クマさんですね。 それでは手を下につけてクマさん歩きでーす。一斉にスタートしました。

おしりは下げません。しっかり上げて手足を伸ばして進みます。床に近いこの動きを習慣づけるとこけても一瞬手をつきやすくなります。横向けのカニさんでも動いていけます。結構難しいです。これらはいつも各クラスで合間をみては練習している動きです。

戻ってきたらお友だちとタッチ。ペアを組んで電車になったり、途中で前後反対になったり、他の人とペアになり交代したり、さまざまなパターンですぐに動けるように楽しんで練習します。
〔年少クラス〕

続いて年少クラス。初めて体操服にクラスで着替え臨みました。みんなしっかり前を向いています。

先に終わった年長のRちゃんがご挨拶の仕方を年少児さんに声かけしていたところ、瀬川先生は素早くRちゃんに「お手本を見せてあげて」と頼まれます。

「おはようございます!」「よろしくお願いします!」Rちゃんはきちんとよいお姿勢を見せてくれてお部屋を後にしました。続いていよいよ年少児さん「おはようございます!」「よろしくお願いします!」みんなしっかりとご挨拶ができた年少児さん達。

お約束「おともだちをおしまーせん🙅」いいですか~。     そして年少児さん達も手を下について練習します。

こうして手をついたらお顔をケガしません。それではクマさん歩きで向こう側まで行ってみましょう。

向こうまで着いたらUターンで。年少児さんもみんななかなか上手です。どうしてもお尻を下ろしてしまいがちですが、みんなきちんとお尻が上がっています。瀬川先生も驚き!年少児さん、なかなか立派なんです😊

次にマットを広げてお芋さんのようにゴロゴロゴロ~と回っていきます。あちらへ行ったらUタンで戻ってきます。真っ直ぐに戻るのはなかなか難しいのですが、みんなよく頑張れます。
〔年中クラス〕

続いて年中クラス。「おはようございます!」「よろしくお願いします!」瀬川先生の声に続いて一斉にご挨拶します。

スキップや両足ジャンプで向こうまで行き、Uターンで戻ってきます。

年中児さんもクマさん歩きしっかりできますね。    こんな風にしっかりとクマさん歩きをしましょう。

次はペアになってスキップスキップ。          何度もペアを代えて間髪入れずに走っていくことができます。戻ってきたらペアを代えてまたスキップで。

みんな黙々と真面目に取り組んでいる姿です。Uターンしてきたらまた別のペアを自分から作って走ります~

次はペアをつくって電車になります。「反対」と号令がかかると前後反対に。「交代」と号令がかかるとペアを代えてまた電車で進みます。

マット運動 両手を頭上でつないでコロコロ~。

ペースを合わせて上手く転がります。

端っこまできたら手をつないであちらの端まで行きます。戻ってくる時にはペアを代えて戻ってきます。

繰り返し練習します。交代するペアがまだ来ない時にはよく見て待っていましたね。

「さあっ」と勢いよくりUターン!

みんなよく頑張りました。「ありがとうございました!」9時40分~11時半の間、三学年が入れ替わりで指導を受け、元気一杯に臨んだ今年度第一回目の体育指導でした😊
--------------------------------------------------
絵画”春”(年中)4/26(金)

週末金曜日は朝から4月生まれのお誕生会でした。第三園舎に全園児が集まり、12名の4月生まれの子のお誕生をお祝いしました。お名前を呼ばれて前に出てきたらプレゼント(お誕生絵本とお祝いカード、写真立て)をいただき前に並びます。その後、お誕生おめでとうのお歌をみんなから歌っていただき、続いて各学年が4月に練習してきたお歌を歌います。そして最後は先生達からのお楽しみの出し物があり、みんなで楽しく鑑賞しました。

その後、この日から金曜日の園庭開放が始まりました。お天気具合も少し不安定で、弟妹さんのSちゃんがお母様と遊びに来られました。この日より園庭開放担当のゆかり先生が来られています。次回は5月10日(金)で半日保育ですが実施します。皆さまお山の上まで遊びにきて下さいね😊

お誕生会後、バタバタとしていたら駆けつけた時には絵画の活動が終わりがけでした。時間をかけて取り組んでいた女の子達です。

先日、お母さんと一緒に行った遠足ではたくさんのお花が咲いていて、爽やかな春を楽しんだ一日でした。そんな印象を思い出しながら、自分なりの春を描く活動でした。

描けた絵はワイヤー式の棚に順に載せ、乾燥させています。

一部ですがご紹介です。


満開の桜、春です。ご家族でお花見にお出かけしたのかも知れませんね🌸🌸
--------------------------------------------------
ヤエザクラの花びらで🌸(年長)

つきBぐみ

過日の始業式、入園式で、第三園舎にお飾りしていたヤエザクラの大きな枝を園長室の外で水に浸して置いている期間、淡い色合いの花を満開に咲かせていました。子ども達も毎日その横を通って行き来しているので、花びらが落ちてしまう前に何か製作で使えたらと考えていました。

「おはな、きれい🌸」。手に八重の花びらを持って眺めています。

クラスにみんなが集めた花びらとお花入りのボウルを持ち込みます。「きもちいい~、ふんわりきもちいいなあ~💕」

新聞を敷いて、前にヤエザクラの花びらを置いていく先生。

色画用紙を敷き、自分ののりで手で予め好きにつけていきます。前にはピンク色の綺麗な花びらが並んでいます。

のりづけが終わったら自由に花びらをその上に載せていきます。

ほら、こんなになったよ💗

それぞれの紙面に感性で花びらをアレンジしています。

「あ~うれしい! こんなこと前からしたかったの」とNちゃん💕 それを聞いて心から嬉しく思う私😊

年長さん達は作業の手が素早いです。横のテーブルではビニール袋に入れてラッピングをしています。どうやらお持ち帰りにするようです。次の日からしばらくお休みにはいりますからね。

黄色の花びらはヤマブキです。うまく見つけましたね。なかなか素敵です💜

テープでビニールを留めて封をします。そのままの形でお家までもって帰れたらいいね。

「ぼくはしんかんせんの手提げ袋だよ」          「私はこんなの、みて💕」

これは、麹をつくった時の感じだよ~~。アメリカにいたときに麹を作ったことがあるそうです😊

残った花びらを前に、何かに使えそうと考える子も。

パンジーの花はドライフラワーにして。

つきAぐみ

外へ出ると同じく年長クラスが外で作っていました~🌸

のりづけした上に淡いピンク色の花びらを載せています。

丁寧にのりの上に花びらを配置しています。こんな感じかな💕

本当に快晴の一日。子ども達の頬も桜色に。

こちらは丁寧に作業中の男の子。左上に配した花がポイントね🌸

なかなか素敵に仕上がっています😊

ほのかなピンク色が子ども達には似合います。

4月も後半。遅咲きのヤエザクラならではの活動ができました。ひみつの庭のヤエザクラは”福禄寿””関山”とも今が満開です。

お弁当後の午後のひととき。ブルーシートの青い空にサクラが一面に咲き、花びらをいっぱい楽しむことができました。この時季ならではのお楽しみでしたね🌸

なるほど、園庭の手近にあるクスノキの葉でもう一枚作っています。

のりも継ぎ足してこちらもまた一味違った工夫です😊  温かくなり園庭にダンゴムシがたくさん出てくる時季になりました。

おかあさんにあげるの💕

色水づくり(外あそび)

今も色水あそびは続いています。

こちらは薄紫色のベースにヤエザクラの花が入ったもの🌸

「きょうはどれとどれにしようかな・・」         ハイビスカスからすぐに色が染み出てきます。

水色も人気の色。                     クスノキの葉っぱも黄色、黄緑、オレンジ交じりなど一枚ずつ色合いが違ってきれいなのです。

ボリジ(herb)の花

  <ボリジ> ムラサキ科  学名 Borago officinalis 原産地 ヨーロッパ  草丈 30cm-1m  開花期 3月~7月

26日に思いがけずいただいたボリジの花。昔から、サマーボリジと言う名前で覚えていましたが、今はボリジとのみ呼ぶのでしょうか。青くて綺麗な星形の花と一見やわらかそうに見える茎がボリジの特徴ですね。咲きはじめがピンク色、次第に色がブルーに変化するようです。ワインにつけると花色はピンクに変化するとのこと。

花はエディブルフラワーとしてサラダなどにも使え、ほかに花はミモザの花などのように砂糖漬けにしたり、サマードリンクに浮かべるととても綺麗です。茎や葉が固い毛に覆われているため、名前はラテン語で剛毛を意味するボラborraに由来。ラテン語の古い詩に「私はボリジ、勇気を運ぶ」というものがあり、ワインにボリジを入れて飲むとその薬効から陽気になり、蜂蜜とともに煮ると気管や喉頭のかすれを治し、ボリジの焼いた葉は子どもの口の炎症に効くとヨーロッパでは民間療法で使われていたようです。何よりこのボリジ、青色の花がハーブの中で最も美しいかも知れません。感謝。

きれいな星型の花。

こちらは、植物園の正面玄関から入ったと花壇に咲いているポピーの花。つぼみがまだたくさんあって今暫くは見頃でしょう。
--------------------
昨日、園内通信「お知らせ13」「お知らせ14」(ひみつの庭図面つき)「お知らせ15」(送りグループ変更届つき)「お知らせ16」「お知らせ17」(未就園児対象ミニミニ幼稚園日程つき)をお持ち帰りいただきました。

「お知らせ13」
◇ 家庭訪問予定お渡し
「お知らせ14」(ひみつの庭図面つき)
◇ 「ひみつの庭」の”ママの日”スタート(5/14火曜日~)
「お知らせ15」(送りグループ変更届つき)
◇ グループ変更開始、変更届記入について
「お知らせ16」
◇ 出席カードお預かりについて
◇ 途中入園のお友だちご紹介
◇ 園児名簿について
◇ 送り迎えについて
「お知らせ17」
◇ 夏用スモックご用意のお願い
◇ コップ、歯ブラシ、日除け帽子
◇ お山のミニミニ幼稚園について(掲示の御願い)別紙ご案内つき

2019.04.15

4月15日(月) / レンギョウとユキヤナギとヒュウガミズキ(ひみつの庭)・登園~園庭あそび


 <レンギョウ> モクセイ科  原産地 中国  学名 Forsythia suspensa  英名 golden bells
 <ユキヤナギ> バラ科  原産地 日本、中国  学名 Spiraea thunbergii
 <ヒュウガミズキ> マンサク科  原産地 京都府、兵庫県、福井県  学名 Corylopsis pauciflora 別名 ヒメミズキ

春爛漫の今日この頃。毎朝7時になると、お山の中に棲んでいるウグイスがとてもきれいな声を響かせ鳴きはじめます。声が聞こえてから時計を見るといつも7時で、なぜ同じ時刻に鳴きはじめるのか不思議に思っています。お蔭で何だか嬉しく一日がスタートします🐤。

ソメイヨシノの花が終盤を迎えた今、木々の花が満開に咲いています。こちらはひみつの庭に開花している三種類の花です。枝先に緩やかなカーブを描き穂状の白い花を密に咲かせるユキヤナギは、白川疏水沿いにも満開に咲く姿が見られます。またレンギョウもユキヤナギと似て、長い蔓性の枝に小さな4弁の花を密に咲かせます。そしてヒュウガミズキは、壁泉プールにある御影石のライオンの上に枝を伸ばして咲いている花ですが、もともと日本海側(近畿地方)のごく一部に自生していた木で、薄黄色の花を枝いっぱいに咲かせるのが特長です。いずれの株も、年々大きくなり枝や花数が多くなるのが楽しみです。


--------------------------------------------------
朝8時50分頃になると元気に子ども達が到着します。

新学期がスタートして三日目の朝です。年中、年長児さんにしっかり手をつないでもらい一段ずつ上がってきました。

到着したら元気に「おはようございま~す!」とご挨拶します。お待ちかねの先生を押しながら三人が汽車ポッポでクラスへ行く姿も😊

はじめはお母さんと離れがたかったり少し涙が出ていても、園に到着するまでにはすっかり気分も変わり、一日ずつ過ごすにつれ園庭、お部屋に馴染んできています。

今年は春がまだ寒かったので、今日ようやく花壇のチューリップが明るいつぼみを開かせようとしていました。

園庭あそびでは、年中に進級した女の子達がクスノキの葉っぱを重ねて花束を作っていました。

「みて、まんなかに黄色いタンポポがあるの💛」。秋のモミジやイチョウの花束みたいな、春のクスノキの葉っぱの花束です。

10時頃。外あそびに出てきた年少児さん達です(たんぽぽ)。先週末もすべり台を何度も繰り返して楽しみましたが、みんなですると楽しくて仕方ない様子です。傾斜を利用してすべり台が三種類ありますがこちらは真ん中の石の滑り台です。

繰り返し楽しんでいるところです。(HPでの掲載許可をいただく前ですので弟妹さんや一部の方のみのご紹介です)

順番に結構の勢いをつけてすべっています。

スピード感も楽しんでいて違った滑り方にもチャレンジ。

うまくブレーキもかけられます。           後ろ向け滑りも平気❢

すぃ~~~ 。青いお空が見えるかな😊

シュ~~~、シュシュ~~~。            楽しいね💕

またまた、シュシュシュ~~~。         繰り返しあそびで賑わうすべり台。

さてこちらはことりぐみさん。アスレチックをみんなで登って頑張っています。

しゅ~~っと滑ってきたら先生が待ち受けてくれます。距離が長く傾斜があるのでとても勢いがつくのです。

揺れるアスレチックのロープをしっかり手で持ち、登り詰めたらすべり台で下りてきます。続いてお砂場あそびにも行きました。

グローブジャングルをしている子ども達も見えます。入園したばかりですが、物おじせずになんにでもチャレンジできる子ども達です。なかなかしっかりさんばかりです。

何度でも繰り返し滑って下りる楽しさ。アスレチックを登ってもよし、あちらの石段を上まで上ってきて滑っても楽し💕

この時間になると風もやんで太陽の光が温かく感じられます。青空の下で何度もトライ。

もくもくと上がり・・・

しゅー~~~。

今日から親子登園がスタートしました。プレイルーム担当はyukina先生です。お部屋の前からは京都市街が眺められます。

本日は数組の親子がお山を上って来園されました。プレイルームでお話しながらおもちゃでゆっくりと遊ばれました。最後はみんなでお歌をうたったり、手遊びをしたり、楽しい絵本を見ました。次回は22日(月)です。今週19日(金)は園庭を開放しますので是非親子であそびにいらして下さい😊

さて、続く園庭の様子です。お砂場やその他、それぞれ自由にあそんでいます。

手の中にはサクラの花びらが。フッと吹くとひらひら舞い上がります。みんなでサクラの花びらを拾っています🌸

園庭が賑やかになってきました。           色水づくりをご所望の年中児さん達😊

少し種類が増えました😊 黄色のバラの花びら、桃の花、ジャスミンの花のドライフラワーなど。振らずにそっと色が出てくるのを待ってみてね。

できたものを手に園庭に出ました。青空にかざすとどんな色?

バックは空色。

ビニールでトライしたのはどんな色になるかな?

何とも言えず夢のような色合いに💜

山ほど落ちてきているクスノキの春落ち葉。早速年長児さんが集めてコンポストへザァ~。長い時間かかって落ち葉がよい土になっていきます。年長児さんは森にもよく足を運びとてもアクティブに活動しています。

おままごとの女の子達。               先生に〇を描いてもらって・・・

「はっけよい、のこった、のこった・・」

そろそろお昼前。早、年少児さんはお弁当の用意をして、すでにテーブルで食べている様子が遠目に見えました(ことりぐみ)。そしてお帰り前には各グループ別のカラー帽を被って準備OK。先生に紙芝居を読んでもらっているのが窓越しに見えました😊 みんな絵本や紙芝居がとても好きなようです。

たんぽぽぐみ前の花壇のチューリップ🌷

さて、お帰り時刻になりました。各グループへお並びに行き「さようなら」のご挨拶をしてお母さんのところへ帰ります。

元気で今日も楽しく過ごしました。日に日にみんなのお顔が変わっていくのがわかります。また明日、元気に幼稚園に来て下さいね😊

2019.04.11

4月11日(木) / 枝垂れ桜・本日より登園スタート・外あそび・園内通信


    <枝垂桜> バラ科  学名 Prunus pendula (Prunus サクラ属 pendula つり下がる)

毎年、ソメイヨシノよりも早く開花する園庭のシダレザクラですが、春休みもひんやりとした日が多かったためか今年は4月に入った頃から開花し始めました。明日からあと数日間は、ソメイヨシノとともに咲いていてくれるでしょう。

--------------------------------------------------
登園一日目~

朝の気温は9℃。早朝は晴れ間が出ていたものの、午前7時過ぎより8時にかけて小雨が降ってきました。そんな曇り空から晴れ間ものぞく中、西の空に大きな虹がかかっていました。山上から見て南西方向の京都御所の辺りから北方へかけて、とても大きな虹のアーチでした。天気予報の雨雲レーダーで見ると特に午前中は薄雲が残るようでした。

8時50分。最初に第4グループが到着。レインコート着用で一段ずつゆっくりと石段を上がってきました。「おはようございまーす!」元気な声でご挨拶ができます。年中、年長児さんに手をつないでもらい年少児さんは各クラスへ向かいます。

ここでお友だちをまっていようかな。         「あっ、ぼくはこっちだったよ」  昨年度のクラスの方向へ歩き、気づいて戻ってきました😊 一つおにいさんクラスになったからね。

バプテスト病院の方向から第5グループさんの姿が見えました。レインコートに包まれて一段ずつゆっくり上がってきましたね。

続いて第2グループさんも元気にご挨拶をして園庭へ。くるりとターンし、お帰りの時にお並びする場所を確認中。みんな元気に到着です。

次に見えてきたのは第6グループさんの姿です。下から「おはようございま~す!」と大きな声が聞こえてきます。きっと〇〇ちゃんです。私も大きな声で届けます😊

優しいおねえさんにクラスまで手をつないでもらいます。「ヤッホー❢」と元気に石段を上がって行く二人の年中児さんも。

さあ、第1グループさんの到着です。一番長い距離を昨日入園したばかりの新入園児さん達が辿り着きました。涙する子もなく、年中年長児さんが手を引いてくれて着実に長い距離を達成することができました👏

先生のお話をしっかり聞いています。      「おはようございま~す!」と年少児さんの手を引いてくれる頼もしい新年中児さんの姿です😊

この後、年少児さんも全員お部屋に入り、お椅子に座って登園のシールを貼ったり、先生に絵本を読んでもらいながら外あそびの流れとなりました。曇り空で気温も低めですが、くるりと一回り園庭のお散歩もしました。
--------------------------------------------------
外あそび~

今日は降園時間が早いため、少しの時間でしたが各学年が外あそびに出ました。

少し晴れ間ものぞきます。「晴れてきてよかったね~」と言うとニコニコ笑顔で「うん」とうなづく年中児のIちゃん。やはり子ども達はお外が大好き。

園庭では年長クラスが遊んでいました。「ヨーシ」と先生とおいかけっこをしています。速いはや〜い😊  ひみつの庭近くではビニール袋にメタセコイヤの松ぼっくりをいっぱい集めたRくん。ひみつの庭の奥にある一番背の高いメタセコイヤの大木。「どうしてこんなところまでとんできたんだろう?」とつぶやいています。

そこへ年長クラスが通ります。「さあ、ひみつの森まで行きましょう~」

短い時間でも森へ入ります。今日の森はどんな感じ? そうそう、朝7時からウグイスがとても元気に鳴いているんだけど、森の中ではそんな声が聞こえるかなあ。誘ってくれて有難う、次は一緒に行くね😊

「あっ、これな~んだ?」 水たまりの中を最後尾の子ども達が見つめています。

「うわあ、すごい」大きな太いフトミミズです〰。どうしてここにいたのかなあ?

そっと持ち上げるTくん。あれっ、びっくりして💩したかも😊

年長クラスを見送ると園庭には年少クラスがお散歩に出てきていました。黄色のカラー帽はことりぐみ、オレンジはたんぽぽぐみの子ども達。同じ時間に上手く一緒に出てきました。雨降りが続いたので少し園庭のぬかるみがあります。明日には乾いてくれるでしょう。

「さあ、たんぽぽさん、一緒に階段をおりますよ」。 ことりぐみさんもゆっくりお部屋に帰っています。

ゆっくり下おりてお部屋に戻りましょう。      早くも森から帰ってきた年長児さんがクラスへと戻っていきました。今日はあっという間の午前保育です。あとはお帰りのお仕度です。
--------------------------------------------------
枝垂れ桜が満開でした🌸~🌸~~


京都市街。左端の大きなモクレンがいま満開です。
--------------------------------------------------
本日は園内通信「お知らせ5」「お知らせ6」をお出ししました。
内容は、
「お知らせ5」
◇ 保護者会のお知らせ/駐輪スペースのご案内添付
◇ ひねもす教室会員募集
◇ 絵画教室会員募集/ひねもす教室、絵画教室のご案内添付
「お知らせ6」
◇ 年間行事予定の変更について/年間行事予定修正版添付
◇ 垂れつきカラー帽購入のお願い
◇ お休みされた日の「お知らせ」のお届けについて

2019.04.10

4月10日(水) / 2019年度 1学期始業式(4/9)・第70回北白川幼稚園入園式(4/10)

昨日4月9日(火)は、爽やかな春の青空のもと1学期始業式を二部式で行いました。一つ進級した子ども達が式に臨む姿がとても凛々しく、来る一年の更なる成長に思いを馳せました。

そして本日、関東方面では季節外れの大雪が降ったところもあるようですが、京都も10℃以下に気温が下がり本日の入園式の会場ではストーブをたいて皆さまをお迎えしました。春雨が降る中、笑顔の新入園児さんとお父様、お母様が大勢ご参集下さり、滞りなく第70回入園式を行うことができました。

お子様とお母様が前を向いて座っておられる姿を間近で拝見しながら、いよいよご家庭での生活にも変化が訪れ、今後始まる社会生活の第一歩を踏み出される大きな節目に臨まれていることを思いました。雨がしっとりと降り続けて止まず、今年は園庭には出ずに同会場でクラスごとに記念撮影を行いました。明日からのお子様の新生活の幕開けを、園が一丸となり精一杯応援してまいりたいと存じます。

本日の入園式会場の第三園舎で写真撮影を致しました。一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

二条城の北門近くにあるソメイヨシノの標準木がようやく五輪開花したことを確認し、今春の京都は3月27日に桜の開花宣言が出されたと記憶しています。ちょうどその前の週に祇園白川を通った折り、一枝のみ見事に開花しているのを眺めていました。同じくこの頃、幼稚園のひみつの庭に新たに敷きつめた芝生に、ほんの小さな緑色の芽が少しだけ育ってきているのも見られました。本日の雨を得てまたさらに生長してくれるでしょう。5月頃には青々とした芝生の上を、子ども達が裸足で楽しめるようにと願っています。

昨日からウグイスが大変上手に「ホー、ホケキョ」と何度も繰り返し鳴き声を響かせています。近年は年々初ウグイスの声が遅くなり、一昨年は5月頃になってようやく初めての声が聞こえましたが、今年は桜が開花し始めた3月25日(月)、随分上手に囀ることができるウグイスの声に気づきました。2月~3月初めにはウグイスの天敵である外来ソウシチョウの声がまず響いていましたが、4月に入ると両方の野鳥の声があちこちから聞こえてくるようになりました。ウグイスとソウシチョウの双方が、お山の自然の中で上手く棲み分けができるようになったのかも知れません😊。そんな嬉しい春になりました😊

今春はひんやりして花期が長いためか、園内のソメイヨシノの開花の中にまだたくさんの蕾が見られます。今暫くは桜が楽しめそうな園内です。一方、ひみつの庭のヤエザクラはこれからが本番で、現在は園庭の枝垂桜が見頃を迎えています。こちらも例年より開花が遅く、明日も子ども達の登園を待ちながら明るい姿を見せてくれるでしょう。
--------------------------------------------------
本日は園内通信「お知らせ2」「お知らせ3」「お知らせ4」をお出ししました。明日もお届け致しますので、お目通しのほどよろしくお願いします。
内容は、
「お知らせ2」
◇ 各クラス担任、送り迎えグループ担当について他
◇ 課外教室について
◇ 住所等変更届について
「お知らせ3」
◇ 「連絡カード」使用について
◇ 送り迎えグループ変更について
◇ 園からのメール配信について
◇ 園児のための保険のご案内
◇ 体操服類について
「お知らせ4」
◇ 保育袋・諸費用袋について
◇ お誕生絵本について
◇ 送り迎えについて
◇ 持ち物について
◇ お着替えについて
◇ お弁当について

2019.03.17

3月17日(日) / 第69回北白川幼稚園卒園式・お楽しみ会(謝恩会)を振り返って💐ひみつの庭の芝生張り替え・園庭に土入れなど


 「影絵」のひみつの庭 (お楽しみ会より)

昨日16日(土)は第69回卒園式を無事執り行いました。この時季によくある不思議な天気の変化が訪れた一日であり、朝からは冷たい雨風と雷までもが聞こえましたが、卒園式が始まる頃には雲間から少しずつ青空が垣間見え、天候は快方に向かいました。

保護者席で大勢のお父様、お母様が着席される中いよいよ9時半。ピアノ伴奏で祝典行進曲を弾きはじめると、担任とともに凛々しく真っ直ぐに足を運び入場する子ども達。約1分ほどで全員が速やかに入場完了し着席。園歌を歌い終えると園長先生のお話が始まりました。

前をしっかりと見つめ、聞き漏らさぬようにと真剣な眼差しが胸を打ちます。続く保育証書授与で担任から名前を呼ばれると、一人ずつが大きなお声で返事をし、檀上で一人ひとりが保育証書を立派に受け取る姿に保護者席からお祝いの拍手が響きました。この日が年長児全員で斉唱する最後の日となりましたが、子ども達は一言ひとことを噛みしめるように「思い出のアルバム」「春の光」を歌い上げました。全員がこの日のようにしっかり前を見つめ、未来に向かって歩んでいかれますよう心より応援しています。
園長先生からのお話/園長日記より
--------------------------------------------------
卒園式後のお楽しみ会(謝恩会)に向けて皆さまがご準備を始められた頃、数名のお母様がお手製の招待状を園長室にお届け下さいました。

近くの電気の光にかざすとこんな風にも浮かび上がりました。

ご招待メッセージに心温まるひと時。先生達分も預かりし、手作りの招待状がずらりと壮観に並びました。
--------------------------------------------------
卒園式後は園庭に出て、クラスごとに10時半頃より記念写真撮影を行いました。この数日前に園庭に3tトラック6台分の土(鞍馬)と砂をミックスして入れていただいたので(ひみつの森経由で動力運搬)、雨上がりでしたが幸い排水がよくなったため水たまりはできず、しっとりとしたグランド上に一同で集うことができて幸いでした。記念写真は後日になりますが皆様にお送り致します☺️

その後、暫し室内で待機した後、11時45分頃より第三園舎を会場とした「お食事会~お楽しみ会」が始まりました。第三園舎に入場すると、今までに見たことがないような会場の空間が出来上がっていました。ここはどこ?と思えるとても新鮮なレイアウトで、大勢が第三園舎に会しているにもかかわらず落ち着いたホールに招いていただいた感があり、とても心地よく嬉しくなりました。そしてネームカードのある場所にはお寿司ランチがすでにセッティングされていました。私達先生陣の後部座席の後ろにはまだまだ余裕スペースがあり、とても上手く会場づくりをされていることに驚くとともに、大変爽やかなムードで圧迫感が感じられないような工夫がされていて思わずみな大感激! ん~~お上手💕

こちらはペーパー係のお母様方がご準備されたプログラムで終了後に写したものです。カットワークされた桜花のホルダーに包まれて何とも優しいムード。開けることもまた嬉しくなるくらいでした🌸

今まではお食事会は第一園舎、続く謝恩会は第三園舎に場所を移してされていましたが、今年は移動のロスをなくすため終始第三園舎内で皆で集う形をトライされました。子ども達、お母様方と先生が垣根を外し、皆が子ども達の卒園を喜びつつ楽しい時間を共有する参加型とも言える「お楽しみ会」。今までにない新しいスタイにル挑戦されました。

「手作りネームカード」クスノキの枝をスライスして切り目を入れ、ネームカードを作って立ててあります。切り口からクスノキの良い香りが漂います😊。フェルト製手作り四つ葉クローバと可愛いテントウムシ🐞も添えられていて。

私の娘が園児だった約25年ほど前までは、卒園式を行う第三園舎の卒園式に続いて謝恩会も行っていましたが、当時は年長児はつきA、B、Cと3クラスあり、さすがに人数がふくらみ会場セッティングや会場内の移動が困難だったため、その数年後の年からは昼食は第一園舎に場所を移す形に変更され、そのスタイルがそのまま昨年まで続いてきました。今回思い切ってこのようなスタイルにされるに当たり、代表のお母様と一緒に何度かお話を交わせたことは、今後のためにも大変よい土台づくりになったように振り返っています。

さて、Sさんママの司会が始まり、影絵「おやまのポン太」が始まりました。影絵上映はつきBぐみ中ほどからつきAぐみ方向に向けて、全員がとても見えやすい位置に舞台が作られていました。

白川通り界隈が影絵で作られていて、向こう側からライトを照らすことにより幻想的な影絵の世界が浮かび上がりました。ちなみ先生率いる第5グループを先頭に、各グループが車両に注意しながら日々の送迎スタイルが繰り広げられ、影絵のお話にいつしか引き込まれていきます。子ども達も日常の通園風景を思い出して歓声を上げました。朝の登園時、車、バスが行き交う北白川の街の風景が浮かび上がり、叡山電車や飛行機も見える賑やかな場面から影絵劇場がはじまりました。

次の場面は、お山の石段に各グループが到着して上っている様子が再現されています。てっぺんには私の姿も作って下さいました。ふと横に目をやると、竹林に立っているのがタヌキ🐻のポン太だそうです。「ぼくも幼稚園に行ってみんなと一緒にあそびたい~」と勇気を出してレインコートを勝手に着て列がくるのを待っているのだそうです。ゆっくりとした口調で決して急がないナレーションによって、幻想的な世界に導かれていく思いでした。

素晴らしい紙のカットワーク。第三園舎風見鶏横にある木は桜のようてす。園舎の中では俳句の時間が始まっていますが、たぬきのポン太にはどうもお手上げのようです。

さあお昼です。みんなはお母さんの作って下さった手作りお弁当を出しています。それぞれ美味しそうな香りが漂ってきそうではありませんか。サンドイッチ弁当もあります。

子ども達の中に入り込んで幼稚園をエンジョイしていたはずのポン太でしたが、お弁当の中身が人間のものではなく、森の動物用の木の実やきのこ、木の葉入りのお弁当、それが見つかってしまったのでした。

見つかってしまった!と逃げてきたようです。

「あ〜どうしよう〜」とポン太は慌ててしまっています。細密な切り絵ワークがあまりに素晴らしく浮かび上がります。さあポン太は・・・。お山に棲んでいるたぬきのポン太がそっと影絵のお話に登場しましたが、お山の世界は何か見えないものがいるような、見えない何かで守られているようなそんな気がします。

グリーンの光が手の中から広がって・・・ ポン太のお弁当からはたくさんの木の実がこぼれ落ち・・・・

最後には色とりどりのお花がひみつの庭いっぱいに開花🌺🌸🌻🏵🥀、。やわらかく温かな色合いのライトに舞台が照らされ、お母様方による幻想的な影絵の世界に誘われたひと時でした。精密で豊かな感性に触れることができ感動ののちにお・し・ま・い💜👏

その後、先生からの出し物として全員で楽しめる昆虫太極拳やジャンケン列車など、体を動かして大いにお楽しみが続きました。ジャンケン列車では親子列車になってジャンケンで進んでいく設定でしたが、私が前で子、太郎先生が後ろで親、その後ろにりょうま先生と三両連結になってスタートしていったところ、とうとう最後までジャンケンで勝ち進んでしまったことは自分でも予想しない驚きとなりました😲。最終的に全員が大きな一つの輪となり拍手でお楽しみは終了となりました。全員参加の楽しい時間でした❤️

こちらは第三園舎会場の式花。珍しい八重のユリも。右には早咲きのケイオウザクラが長野県からはるばる仲間入りしてくれました。

私達先生それぞれを俳句にして表現された巻物も頂戴しました。どれも各先生の特徴をよく掴んで表現しておられるとともに、会場全員がなるほどと一致して感心する時間でもありました。私達全員を盛り上げていただき感謝です。最後にはお楽しみ会開催代表のOママより、子ども達を含む皆さんへのお礼と感謝、喜びの気持ちを述べられました。子ども達、保護者と園が一体になってその場に参加し、一人ひとりが体験者の意識が持てるお楽しみ会が実現したとともに、爽やかムードの中に始終みんなの笑顔の花が咲いている時間でした。素晴らしいひと時を作り上げて下さり有難うございました。感謝とともに嬉しく心地よい時間に包まれておりました。

卒園児親子からいただいたアルバムより〜

こちらはアルバム贈呈で、皆さまから頂戴した手作りアルバムです。子ども達が見事に描かれた表紙。

太郎先生と私の顔を子ども達みんなが描いてくれたページ。

幼稚園で楽しかったことはなに? みんなの言葉が風船🎈に乗って空へ飛び上がっていきます。

子ども達の発表会の劇「うさぎのゆうびんや」に因んで~

お庭であそぶ愛らしい子ども達の絵。子ども達の色が同じく水色で描かれていてなんて愛らしくほのぼのとした絵なのでしょう!

切り株の上には秋の落ち葉がいっぱい。まさに秋の落葉の園内はこんな色合いかも・・🍂🍁

花束贈呈でいただいた素敵すぎるアレンジメント籠。何といっても斑入りの淡いパープルカラーのポピーは、園庭に咲いているジンチョウゲ(沈丁花)のような最高の芳香を漂わせています💕💕感謝。
--------------------------------------------------
一年間の絵のアルバム/最近撮影した写真より

在園児は終了式、卒園児は卒園式に一年間に描いた絵をまとめてお持ち帰りいただきました。たくさんではち切れそうかも知れません。学期末に一人ずつの絵をまとめてセットし、チャック式袋にまとめて入れる先生達の様子です。表面には子どもの手形を押しました。

一枚ずつ頑張って描いてきた大切な絵画表現です。幼稚園時代の絵画としてお子さんが大きくなられるまで大切に保管なさって下さい。
--------------------------------------------------
ひみつの庭の芝生張り替え・3/4スタート

2012年にひみつの庭が出来上がり、芝生の築山もフサフサと芝生が生えていましたが、どうしても土壌が固くなり、ママの日に皆さんで各種手入れにいそしんでも状況が改善しないほどになり、7年振りに手を入れていただくことになりました。

重機が入り、易々と土が掘り上げられます。

やはり、ひみつの森経由で土やノシバ(野芝)を入れていただきます。

こちらはある朝。雨上がりで固定鉄棒に水滴が付いているのを見つけたRちゃん。「きれ~い」と感激しています。

近づいて見ると本当にキラッと東の太陽がキラッと水滴に光っています。

お友だちもやってきて暫く眺めていた幸せなひと時がありました😊

運ばれてきたたくさんの土。随分築山が低くなっていたため少し盛り上げていただくことに。

貴重な土や砂。

今年夏には青々とした芝生が生え揃う予定です😊 子ども達も芝生の上に寝転がって空を見たり、コロコロと転がって行ったり・・・、楽しみです。

入口サークルスペースの石の間も芝生を張り替えていただきます。

3/5~

ひみつの森を通過して土を運んで来られました。これから園庭に入れていただきます。

こちらは京都鞍馬の土。前回入れた鞍馬の土と色が異なりオレンジっぽい色合いです。場所により色も変化するようです。

水はけのために鞍馬の土にさらに砂をミックスして園庭に敷き込みます。またとない土山で遊べるチャンスなので、子ども達が思いっきり遊んでから放課後に敷き込んでいただくことにしました😊

年少クラスがいち早くやってきて早速思いのまま遊びはじめます。

決まった遊具とはまた一味違い、ただの土山はそれだけで楽しいのです!

上に乗ってみる😊

あ~、おもしろい。

靴でペタペタ。

なんども行ったり、来たり・・・

レーキを持ち込んでよいしょ、よいしょ。

高いね~。トンネルもできるよ😊

ぼく達の影が写るね。

「なにしてるの~?」               教えてくれた?

バケツに土を入れてよいしょ、よいしょ。      シャベルで土を掘っています😊

なかなか腰が入って堂に入った作業姿ではありませんか。

バケツいっぱいになったよ。            土がフワフワして気持ちいい?

年中クラスの子ども達もやってきました~

「せんせい、いろみずしたいの~」 土の山があっても色水づくりも忘れない子ども達。いつも違った色ができるのもお楽しみです💗

そして夕方の園庭。ショベルカーで隅々まで伸ばしておられます。お山の上はどうしても土が下へ下へと流れてしまい、あっという間に園庭の土が痩せて少なくなってしまいます。

そして次の日。一雨ごとに土が締まって落ち着いていきます。卒園式後の写真撮影もお蔭で水たまりができず、無事に皆で撮影することができました。

入口も築山も芝生が張られるのを待っています。

落葉した樹木の合間からは吉田山方面が見えます⛰

3/9~

青空のこの日、前日に運び込まれた芝生のターフを敷き込んでいきます。左はライラック植樹スペース。新たな土を投入。

10時と15時はティータイム休憩されますので、園長室から出かけていくたびにハイスピードで芝生が張られていくのがわかります。

一面に張られた芝生築山に太陽の光が注いでいます☀

プールサイドも、ひみつのチェアースペースにも。

この日は4名で作業を進めて下さいました。若手の方、とてもお上手です😊

3/12~

こちらはピンコロ石。ライラックスペースに配置します。

外遊び中の子ども達。

こちらはお帰り前。オオツチハンミョウを見つけたTくん😊

ゆっくりしか動かないオオツチハンミョウ。色が紺色メタリックで綺麗。動きもおそく、少し不思議な昆虫なのです。お山の上には冬から今の時季によく見かけますが、なぜお山で見られて公園にはいないのか?などと話をしていました。なぜだろう~?

「ほら、みてごらん」とお友だちにもご紹介します。

お帰りまでの暫しの間、観察をして安全な場所に返してあげました。

なにつくってるんだろう~。

こちらにはライラックとムクゲを植栽する予定です。ライラックは土の水はけ、バランスのよい栄養具合、陽当たり過ぎても難しいのですが、再度挑戦! ピンコロ石が綺麗に並べられました。

元々の土、バーク堆肥、ピートモス、パーライト、肥料など。   過日、ハーデンベルギアを2鉢下さったママ。感謝です!欲しいと思っていた黄色のミモザの苗も植えて下さり感激💛

夕陽をうけて一日が終わる頃。

3/13~

ひみつの庭奥のナナミノキが昨年の台風でギザギサに折れてしまったままのところを、大木に上り少しずつ剪定を繰り返して下さいます。昨年の強い台風ではこのような大木ほど裂けたり折れたりしました。園内も細めの木は案外大丈夫ですが、カシやナラは折れたものが多くて大変でした。

固定鉄棒の向こうのシロバナジンチョウゲが素晴らしい芳香を放っています。

まるで卒園式後のお楽しみ会でいただいた、花束の中の一つポピーの香りと同じです。

2019.03.04

3月4日(月) / 色水用BOX🎁・ひみつの庭のspecialママの日第二弾!”お陽さま入りぽかぽかスープ☀(ミネストローネ)”(2/26記録)・年長児大文字登山&年中ブロッコリー全部収穫と調理(3/1記録)・[絵画]ブロッコリー🍃(年中)1月中旬記録・コンパンお馬さん🐴取り替え完了(3/2記録)・努力賞とメダル🎖(本日)


 🍇子ども達お気に入りの色水用BOX🍇

秋にはヒサカキの実やヤブランの実など、園内に色水づくりに使える実がたくさんありましたが、冬~春まだ浅い今の季節は色水にして楽しめるものがまったく見つかりません。それでも冬の間にサザンカの花びらを拾ったり、すっかり乾燥してしまった黒っぽい実を見つけてきては色出しを工夫していた子ども達ですが、いよいよ使えるものが自然界に何もなくなった頃・・・。

「色水づくりがしたいの・・」とつぶらな瞳が揃います。それではと、普段生けている生花を乾燥させてドライ花びらにしたシクラメンやポピー、バラの季節に収穫しておいた花びらやつぼみ、乾燥させたフルーツの皮、色の出やすいハイビスカスの花びら、ゴジベリーの実、ハーブのバタフライピー、カモミールの花などを詰め合わせると自然の花や実のBOXになりました。今も外あそびの合間に園長室にやってきた子ども達と材料の配合を変えて「ためしてみる」日が続いています。そして今は、きれいな緑色を出すには何を使えばいいかな?と考えているところです。
--------------------------------------------------------------------
ひみつの庭のspecialママの日第二弾!”おひさま入りぽかぽかスープ☀(ミネストローネ)”(2/26記録)

前回に続き、臨時ママの日の活動の後、パンとスープをいただきましょう!というお話が上がり、早速ソーセージ作りに続いて実践第二弾が行われました。

こちらは皆さまご存知ミネストローネスープ。とても美味しそうでしょ😊 美味しくて栄養があり、誰もがお好きなミネストローネです。

幸いにもお天気は晴れ☀。天候に恵まれて何より有難いことですね。

年中の畑ではブロッコリーが未だ元気にたくさん育っていました。中には可愛らしい小さな黄色の花を咲かせたものもあります。

畑の奥の一つを収穫してカットされたブロッコリー。とても柔らかそうです。何よりお陽さまが当たってパワーアップしたブロッコリーになりました~☀

予め各材料はカットしてママ達がご持参。ガーリック、ニンジン、玉ねぎ、カブラ、ジャガイモなど。そしてブロッコリーの葉っぱも。 向こうに姿が見えた年少児の子ども達。

ことりぐみさん、どうやらひみつ森に足を伸ばすようです。5分も歩けば森の中。後ろにたんぽぽぐみさんも続きます。「おかあさん、いってきま~す😊」

煮る間にローリエ、タイムもお鍋に入り、ブイヨンキューブ、トマト缶も加わり良い匂いが漂うお昼前のひみつの庭。

大豆の水煮と追加で私の手持ちの白インゲン豆も後から加えました。お野菜とお豆の植物性たんぱく質でお昼にピッタリのメニュー。

庭仕事のチームとクッキングチームに分かれ、着々と作業が進んでいます。芝生の築山はいよいよ新たに芝生を張り直していただくことになりましたため(3/4~進行中)、その周辺部分の手入れをされるママ達です。

野菜の畑とその北側はチョウのアサギマダラがやってくるフジバカマの植栽があります。宿根草、ハーブなどを植えていますが陽当たり具合がなかなか難しい北側エリア。

ブロッコリ―が収穫仕立てでとても柔らかいので、お鍋の中には後の方で入れました。

そこへ「いろみずがつくりた~~い💕」と年中児の子ども達。何やら楽しそうに言いにきてくれたのでした😊

ミネストローネづくりを後にして、急いで園長室に子ど達と戻りました。ビニール袋はすでに先生からもらって手にしています。「ぼくはこれと、これかな」と選んでいます。微妙な配合、選ぶ実や花でいつも少しずつ色が変わるのも色水づくりの楽しいところです。

年少児Hちゃん。「こっちはみずいろになるかな。こっちはむらさきいろがでてきた。」よく観察しています。モミモミしなくても色が水の中に染み出てくるのを眺めているのも何とも言えずきれいで楽しいのです。

年少児Kちゃん。色水をつくるための色合わせの塩梅がいつもとても上手。素敵な色水を作りだしています。

横に置いていたカメラで太郎先生が撮ったもの。「ぼくはむらさきのみをみっつと、みずいろのはなをふたついれるよ・・」

年少児Kちゃん。バラの花びらの下にすでに紫色が出てきてきれい~💕

年少児さんも大好きな色水づくり。うすいピンク、きれいなみずいろなど、どれもそれぞれ色合いが微妙に違ってとても素敵です!みんなの色づくりの感性や混色を美しいと思う感覚が、この先の絵画の色作りなどにも生かされていきますようにと願います👏

こちらはひみつの庭。着々とクッキングが続けられていました🍲 陽射しは春のように暖かくポカポカのこの日。

みんなで、いただきますの前に記念写真😊 春先の太陽の下、恵みのランチタイムとなりました💕

勝手に名付けて”お陽さま入りぽかぽかスープ☀”。ボウルの中に太陽の陽射しが入って本当に本当に恵みのミネストローネスープ🍅

ブロッコリーの姿も見え隠れ。 ティーバックのお茶を選んでお手持ちのマグカップで。

こちらが私のプレート。太陽の恵みたっぷりのミネストローネ、右からOママお手製のリンゴのケーキ”ガトーインビジブル”💗、Yママの”アイスボックスクッキー”💗、Fujママの”ドライフルーツ(ラズベリー&レーズン)とオーツ麦のクッキー”💗、😊ママからのプチガレット💗、FujママおすすめのPatisserie TATSUHITO SATOIのバケット💗。どれも止まらなくなるほどのお味😊

こちらはFujママのミネストローネレシピ。Fall Minestrone,Winter Minestrone,Spring Minestroneと季節のお野菜を使ったミネストローネのレシピがでています。Summerはやはり冷製Minestroneかしら😊
--------------------------------------------------
年長児大文字登山&年中ブロッコリー全部収穫と調理(3/1記録)

先週末3月1日は年長児の大文字登山の日でした。前日28日が雨のために延期となり、幸いお天気に恵まれて9時半に園庭を出発! テンポよい年長クラスの歩みのお陰で10時半には大文字に到着しました。

10時25分に最後の石段を上っていると連絡を受けた私。姿見持参で園庭のいつもの場所へ。太陽が顔を出しているので鏡に光を集め、大文字方向に向かってエイッ!

そして左右に動かして登頂した子ども達に向けて園の場所を示しているところです。みんなも大文字山の上から幼稚園の場所がキラッ✨と光ってよく見えていますとasami先生から連絡あり。この後、記念写真とご褒美の飴をもらって一休憩の年長クラスです。見にくいですが、大文字の中央に小さく白い点々が見えるのが登頂した子ども達の姿です。

さて、こちらは年中クラス。ひみつの森から戻り、お昼前にひみつの庭で畑のブロッコリーを全て収穫し終えました。

ブロッコリ―に包丁を入れているyuuka先生。みんなはウッドデッキにシートを敷いてお弁当の準備をしています。この日のメニューはブロッコリーのおかか和え😊 この日、ブロッコリーが苦手な男の子も美味しく食べることができました😊

その合間に立派なブロッコリーを手にしてみんなのところを一巡し、ブロッコリーの花の香りを一人ずつ確かめてもらいました。「いいにおいがする~💕」「わたしはきょうはこのふりかけ」「いいでしょ、かってもらったの」とお楽しみのお弁当の時間。

アップ写真。お花いっぱいのブロッコリー。よい香りが漂っています。収穫仕立てで柔らかなのでお花も一緒にいただきましょう。

傍ら、chinami先生は各クラスの保温器の中からみんなのお弁当を運んで準備中です。

シートを広げて準備ができたところへ大事なお弁当を届けます😊 無効では大木ナナミノキにのぼり樹木の手入れをされている庭師さんの姿があります。

ひみつの庭の奥では庭師さん3名が毎日樹木の伐採をされています。ナナミノキはゾウさんの脚のような大きな木ですが、柔らかいので台風の風圧でひどく折れてしまったため思い切ってコンパクトにしていただいています。

高い梯子をかけての作業。木が柔らかいのであまり上には行けないそうです。少しずつ新芽が出てきてくれることを祈りつつ。

たくさんの枝。つくづく子ども達の活動に何かしら使えないものかと考えます。

ちょうど12時お昼になり、年長児が大文字山から帰ってきたところです😊「おかえりなさ~い!」疲れた様子もなく、例年よりも15分~20分は早く戻れたことになります。

「きらきら✨みえたよ~」お天気も幸いして元気に到着しました。

お腹もまだ空いていないようで、お得意の雲梯を始めるYちゃん達。「どうやってキラキラしてたの~?」と聞くので、園長室に置いた姿見を出して太陽を反射させて屋根に照らして見せ「こうやって大文字のお山を鏡で照らしたのよ」と言うと、納得した表情の女の子三名でした。

年少児さんが植えたクロッカス。つぼみから開花しているのが見られるこの頃です。もう春です。
--------------------------------------------------
[絵画]ブロッコリー🍃(年中)1月半ばの記録

年中児クラスが長期間観察することができた畑のブロッコリー。足かけほぼ半年ほど次から次へと実がなっていたことになります。一回目のクッキングでは青々とした葉っぱもドレッシングで和えて美味しくいただきました。全て収穫したところで、今年の1月半ばにブロッコリーの絵を描いた記録がありましたのでご紹介します。

パレットに鮮やかな色と筆。

ペタペタペタッと指先でブロッコリーを表現中。

この時は収穫した後だったので、思い思いのブロッコリーが画板の画用紙に現れました。

床に画板を広げ、手を駆使して好きにブロッコリーを描きます。

パレットで色を合わせ、指の先でブロッコリーのつぼみを描きます。

ほら、こんな手になったよ😊

思い切って手でバシッ。

指先でパタパタパタッ、パタパタパタッとリズミカルに動いていました。

手の平や指に色を乗せて・・・思い思いに・・・

たくさん並んだブロッコリー。並べ模様みたいでもあります。

ブロッコリ―らしくなってきましたね。

引き続き、取り組み中の様子です。

指で色を乗せていくと、新たな感性や描き方も生まれそうです。

手の平、手の横なども駆使して。

濃淡が相まってなかなか素敵。

こちらは三人が鋭意製作中。           手で持って次から次へ。

みんな頑張ってるところです。

こちらも繊細に左手を駆使しながら。

なかなか元気なブロッコリー。スティックセニョールのようなブロッコリーです。

手を駆使して描いています。           

思い思いに・・

自分がイメージした方法で一つずつ取り組んでいく子ども達。

可愛らしいミニブロッコリーかな。

大胆に、ダイナミックにブロッコリー。

ブロッコリ―を横から見たところです。

鮮やかで元気なブロッコリー。なかなか力強い色合いです。

マッシュルームのような小さくて可愛らしいブロッコリーがいっぱい。

仕上げた人から、床にはみ出た絵の具を拭いていきます。

柔らかそうなブロッコリーの出来上がり。収穫したブロッコリーなので畑の土などは描いていないのがわかります。
--------------------------------------------------
コンパンお馬さん🐴取り替え完了(3/2記録)

コンパン社は1969年デンマークで設立された遊具や遊び場の専門メーカーです。園に昔からあったコンパン社の木製おうまさん🐴が朽ちてきたため、国内にある部品を繰り返し交換していただきながら維持してきましたが、いよいよ次のものに取り替えることになったのが昨年の秋。発注してから長い時間がかかりました。デンマークから何カ月も船に乗ってやっと運ばれてきました。

そしてようやく今月3月2日(土)に取り替え工事をしていただくことになりました。ちょうどミニミニ幼稚園で未就園児親子が帰られるのと入れ違いになりました。こちらが新しい赤とオレンジのおうまさんの設置完了の姿です。今では木製は製造されておらずすべて丈夫な樹脂製になっていました。座面も以前のものよりも小さく、基本は以前のタイプと同様一人乗りタイプになります。

工事は上の木部を取り外し、土を掘ってスプリングも交換されます。

その昔には、園庭のお砂場の横に同じくコンパン社の赤いひよこのスプリング遊具もありました。

揺らしたり、リズムに乗って体を動かしながら、馬に乗る模倣の感覚と想像の世界を楽しむ時間となりますように🐴
--------------------------------------------------
「努力賞」と「メダル」🎖

そして本日3月4日(月)は、全園児が各クラス一人ずつ、努力賞に書かれた文章を先生から読んでもらった後、お首から金メダルをかけていただきました。子ども達はどんな気持ちだったのでしょう😊 以前は、賞状とともに、ケースに入れたメダルをそのまま大切にお持ち帰りいただくスタイルでしたが、運動会の閉会式でいただく頑張りメダルの金メダルのように、リボンに通したメダルを先生からのメッセージとともに一人ずつお首にかけてもらった方が喜びが大きく、思い出に残ると考え、三年前より今のスタイルになりました。この一年間にコツコツと積み重ねる中で学んだことを、賞状に書かれたメッセージとともにこれからの成長の糧にして下さい。この努力賞メダルは昔から幼稚園オリジナルメダルとして、毎年鋳型から数ヶ月かけてお作りいただいている手作りメダルです。今では保護者になっておられる方々にとっても懐かしい思い出のメダルかも知れません。

--------------------------------------------------
本日は、園内通信「お知らせ84」をお出ししました。
内容は、
◇ 努力賞授与について
◇ 在園児の新年度保育用品代
◇ 体操服、レインコート等購入について
◇ カプラ袋回収について
◇ お別れ会に使用するお菓子について
◇ 3学期終了式日程
◇ 春休みについて
◇ 住所変更の方へ
◇ 3月分保育料支払いについて
◇ 今月の貸出絵本について

Next »