2020.11.21

11月21日(土) / 紅葉真っ盛り🍂🍁・ひみつの庭の”ママの日”だより✾&葉っぱ🍂🍃でフロッタージュ(年中クラス)(11/17記録)・ルリタテハがうまれたよ💙&最近のポプリと色水づくりに✾🥰✾


    紅葉真っ盛り🍂🍁  ~園庭から京都市街、愛宕山方向を望む

--------------------------------------------------
ひみつの庭の”ママの日”だより✾
      &
  葉っぱ🍂🍃でフロッタージュ(こすり出し)(年中クラス)(11/17(火)記録)

今週も温暖な気候に恵まれ園内は美しい紅葉に包まれています。お休みの子も少なく、ほぼ全園児が毎日元気にお山を上がってきます。

ひみつの庭の大木カシノキの周辺はたくさんのどんぐりが落ち、そこではすでにママ達が活動に入られています。

熊手、てみ、落ち葉入れの三点セットで首尾よくお手入れを始められるママ達。

傾斜を利用したアスレチック横の植え込みをお手入れされるママ。

幼稚園門の大階段の落ち葉🍁を掃き下ろして下さるママも。

太陽の陽射しが照り込むひみつの庭の入口あたり。

ナンキンハゼの紅葉の落ち葉がビオトープにも落ち込みます。

子ども達の育てる白菜、ブロッコリー、そして大根がすくすくと育ちます。

ひみつの庭の北側ハーブエリアがなかなか整備できず、この日ママ達が手を入れて下さいました。余分な土は一輪車で森の入口まで運ばれます。

ライラック、ムクゲのコーナー。ネットフェンスの中に入って落ち込んだ葉や雑草を取り除かれるママも。

モチノキの周りをお手入れ中。この地点⛰が東山三十六峰の一つ「北白川山」の頂上で海抜約129mです。白川通りが海抜約68mなので、子ども達は石段やスロープを60mほど登って登園していることになります。高さにするとほぼデパートの下から屋上までの高さになります。

さて私は途中、落ち葉のフロッタージュをしている年中クラスへ。

葉っぱ🍂🍃でフロッタージュ

クラスへ入るなり「ほらっ❢」と見せてくれました。葉脈が浮き出てきてまるで紅葉の落ち葉そのもののようです。

それぞれお庭に出ていろんな落ち葉🍂を拾ってきました。落ち葉拾いも楽しいものです。

落ち葉を置いた上から薄めの紙をのせ、紙を手で押さえてコンテで葉脈を擦りだします。園内は時期おりおりで落ちている落ち葉の種類が異なります。今現在は細くて黄色いクヌギの落ち葉がたくさん落ちてきています。お庭のすでに枯れた葉も使えるし、ほかにカシ、カキ、サクラ、タイサンボクの葉など、あちこちで集めたきたもの。

ヤマボウシにも似ていますがビオトープの小さ目のホスタのようですね。綺麗に葉の筋が浮き出ています。

お皿の中にはムクゲやアナベルの花がらも入っていますね😊 上手くでるかな?

綺麗に並んだ擦り出しの葉っぱ。コンテの色を変えて試しています。

ほらっ😊 クヌギの葉っぱがうさぎさんの耳になっています🐰

思い浮んだまま試していくと・・            なかなかいいなあ~😊

擦り出したところに実際の葉っぱを重ねて見ると・・・  ピッタリだ~😊

せんせい、こんなになったよ~😊  いいね~~✌ 葉っぱの筋で描いたグリーン系の淡い色が素敵✌

こちらのテーブルも黙々と取り組み中。

コンテは絵具とともに使い慣れています。コンテを横に寝かせて使い、手で色を伸ばしていくのも楽しい描き方です。葉の裏面を上にすると葉脈がはっきりと浮き出てきます。

たくさんの落ち葉の擦り出しがカラフルに仕上がりました😊

落ち葉にピッタリ。色とりどりのコンテ🍂

落ち葉色の茶色で。                 色鉛筆でサラサラと✏ 

細い色鉛筆でも上手く擦り出しができました。

鋭意取り組み中。

下に置いた葉を確かめながら・・

さまざまな色の落ち葉🍂がまるで並べ模様のように💕🍂

コナラ、イチョウ、サクラ・・🍂

コンテ、色鉛筆で~

まるで本物の落ち葉が落ちているようです🍂

紙の上をサラサラと気持ちよく色が広がります。木の幹や外壁レンガなど、擦り出しは場所を変えてさまざまに楽しんで描ける技法です。実際に擦り出しで樹木を描いても面白いかも☺️

こちらもクヌギの葉のフロッタージュ製ロングヘアーの女の子👧

フロッタージュの上から手で擦る楽しみも・・

白い紙の部分もぼかしが入るととてもいい感じに💕

あっ、端っこにはアジサイアナベルのフロッタージュ✾ お庭の葉を使った楽しい取り組みの時間でした。

さて、年中クラスを後にしてひみつの庭に戻ると、ママ達がハーブエリアのお手入れを継続されていました。

ここ丸窓の下とビオトープ際に、時間が許せばギガンチウムの球根を植えられたらと思い10個ほど準備をしていました。それを見つけた年長の子ども達。

球根が驚くほど巨大なアリウムギガンチウム。ニンニクやネギの仲間で先端に咲くネギ坊主が鑑賞する花になります。海外の庭の写真でよく見ていましたが実際にひみつの庭に植えるのは初めてのこと。
 学 名 Allium
 科 名 ユリ科
 原産地 ユーラシア大陸、アフリカ北部、北アメリカなど、北極以外の北半球ほぼ全域
 開 花 4~6月

玉ねぎみたいに大きな球根だと子ども達。 「今日はね、あまり時間がないから次に植えようかな」とつぶやくや否や、「え?時間? あるよ~~~😲」と断言する年長のIちゃん。

ギガンチウムは酸性土壌を嫌うので、まず耕したところに石灰をすき込んで、腐葉土も混ぜてあげてから・・と考えていましたが、Iちゃんの元気パワーにほだされて軽く耕して直ぐに植えてしまうことにしました~~😊\(^_^)/

ギガンチウムは大型の球根品種なので、深さ10㎝、株間20~30cmほどの間隔で植えます。子ども達は不思議です。一人二人としか話していないのにさっと大勢が集まってくることです。空気でわかるのでしょうか、みんなが繋がっていることを今さら驚くことがあります😊

こちらはSくん。私が耕している間に必要を察し、ギガンチウムの球根が入った箱を持ってきます。とても現実的で段取りが読めるのでしょう。子ども達は何も言わなくても察する力と行動力があります。

「じゃ、ネットから球根出してくれる?」とだけ言うと、ホッチキス留めされた場所を探して自分なりの開け方を考えています。うっかり球根が二つに割れることもありますがそれも経験です。

「球根が大きいから結構深く掘らないとね。穴が開いたら球根をそっと入れてね。」

球根を土中に入れたら土をかけることはもうみんなが知っています。特に年長さんはいくつもの苗や球根を今までに植えてきました。

優しく土をかけてあげましょう😊

植えたらラベルを立ててくれました。 年長さんのパワーであっという間に球根植えが完了しました~😊✌

お手入れのお手伝いをするUちゃん。

こちらもママの熊手の使い方を見ながら小型の熊手を使う子ども達。

あら、未就園児のAちゃん?

未就園児Nちゃんと一緒にママが来園😊

白菜の中心部は結構しっかりと巻きが入りいい生長ぶりです。ブロッコリー、大根もすくすく生長中の畑コーナー。

コーナーに新たに腐葉土を敷き込んで下さるママ達です。

Nちゃん、こんにちは😊              こちらの石畳には活動で園庭の砂が乗り上げてしまうので時折ほうきでよく掃いて園庭に砂を戻し入れます。第2、第4グループも降園前に並びますから大事な場所です。

あらっ可愛いロングロンパース姿👦💛で親子ツーショット💑

こちらに移動され、続いてツルニチニチソウの中をお手入れ下さいます。

追加で新たな土を入れてこちらにも残りのギガンチウムを植えましょう。ブッドレアの足元を手入れかな。

こちらもいつしか親子ツーショット~😊

こちらは親子ツーショット+お友達💚

Aちゃんママが上賀茂の畑からご持参のベジタブルがちらり😊🌿🌿。そう、生態がご専門のAちゃんのお父様がフェイジョアの果実はフルーツの中で最も美味しいと仰っていたとか。やはりそうですか〜😀☝️ 次は是非一度体験したいものです❣️🥭

ママと一緒のツーショット💑 お手入れをしっかり見ているAちゃん。

こちらも親子ツーショットのようです💑

ビオトープの森側の奥をお手入れ下さるママ。

アイリスの株間をお手入れされるママ。今年もよく咲いてくれました。年々株が大きくなり葉も伸びてきます。来年のために腐葉土などの栄養や肥料を植物の株元に入れてあげる時です。

お山の土は良い土だと庭師さんが仰いますが、やはり関東に比べて関西は土に栄養が少ない傾向があります。そこで、ひみつの庭の外にある大型コンポストの改造大作戦を検討中で、少しずつ着手しているところです。今後、コンポストには季節の落ち葉のみを投入し、なるべく風通しがよくて昆虫が中に入り込み産卵しにくいよう、また雨ざらし日ざらしではない屋根つきのコンポストで良い土を畑の野菜や植物のために量産できたらと考えています。お山は昆虫が多く夏のカブトムシやカナブンがコンポストの中に産卵し、幼虫が土中でたくさん育ちます。冬場はいつも特大のカブトムシの幼虫が観察できます。幼虫のフンは肥料になりとても良いのですが、卵から幼虫が孵ったものをそのまま畑に使うと球根や根野菜などにはダメージがあるので悩むところです。

こちらは丸窓下。こちらにもギガンチウム球根を数個植えました。シャベルで深く穴を開けたタイミングでさっと上手に球根を入れる男の子。

ここにはリリウム、ダリア、アナベル、そして本日ギガンチウムが加わりました。プランツラベルを立てておかないと・・

フジバカマにからんだツルを外して下さり、楽になった植栽エリア。

子ども達はお弁当の時間が近づきお入りとなりました。

冬の間、ゆっくりと休む花のコーナー。近く、デルフィニウムとバーバスカムも加えて植える予定です。

コンポストが秋の紅葉の落ち葉で山盛りです。今日現在はすでに中身を移動してよい土のみになっています。詳しくは後ほど😁

真っ赤なモミジ紅葉が青空に映えます🍁

ミント入りの鉢は春には新芽が出てくるでしょう。鉢植えからドングリの芽がたくさん顔を出しています。上から山ほどのドングリを受けて結構の確立で発芽しています。

ギガンチウムを大急ぎで子ども達と植え込んだビオトープ際のエリア。他にホスタ、ユズ、クリスマスローズが植わっています。

お疲れ様でした💕 皆さまのお働きに感謝申し上げます。この日は小布施堂の栗きんとん&伊勢茶で和風のティータイムを暫し。先にお帰りになったママも有難うございました💜
--------------------------------------------------
ルリタテハがうまれたよ💙

10月の半ば頃だったでしょうか。園長室前のホトトギスの葉で孵化したルリタテハの幼虫を葉を与えながらプラスチックケースで飼っていましたがサナギになっても羽化する気配がなく、来春までサナギで越冬するだろうと予測していたところ・・・

今週11月8日(水)の子ども達の降園を見送った後、そっとケースで羽化しているのを発見しました~😊✌パタパタと翅を動かすわけでもなくとても静かなので気づきませんでした。ルリタテハというだけあって美しい瑠璃色のラインが翅の外側に入っています。黒のウールのコートに水色系のショールをかけると素敵な冬の装いですが、ルリタテハはそれを知っているのでしょうか。

翅を閉じるとほぼ黒い影のような姿ですが、そっと翅を広げた瞬間に垣間見れる色が射し色のように綺麗です。年長のKくんが幼虫の頃から知っているので、ホトトギスの花を入れて一泊させ次の日に見せてあげることにしました😊

とても静かなチョウのルリタテハ。成虫が飛んでいるのを見たのは一度きり、産卵しようとしているのを以前に見た一度だけでした。

そして次の日19日(木)。

この日も紅葉をバックに青空が広がる暖かいくらいの天候で、ルリタテハを空に帰してあげるには持ってこいの日和となりました。

ちょうど別件で園長室に来たKくんに見せると、早速に手にのせて外へ連れて出ました。羽化した時に体の水分を外に出すので、赤っぽい液体がケースに付着しているのにも気づいて言葉で説明を加えながら確認していました。

外から見るとただまっ黒のチョウです。少しだけ開いた翅の隙間から見える瑠璃色をみんなはしっかりと目にしていたようでした。するとみんなが見守る中、一瞬のうちにサッと空高くへ舞い上がり、北側方面の背の高いメタセコイヤの辺りにまで素早く飛び立っていったのでした💙😊 一晩ケースの中にいて飛び立つ力を溜めていたのでしょう。

速かったね~、パッと飛んでいっちゃったね~~😲と驚きと感激の面持ちのKくんや年長の子ども達。

空には紅葉のモミジが広がるこの日。ルリタテハはちょうど温暖なこの日をわかってか、小さなサナギから無事に羽化して旅立ちの日となったのでした😊

イチョウ、モミジ、ハクモクレンの葉が赤や黄色に色づく園内。もうチョウの姿は見られなくなり季節は冬に向かっています。

最近のポプリと色水づくりに✾🥰✾

最近の外あそびでは鉄棒や竹馬を頑張っていますが、いつしか園長室のガラスドアに子ども達の😊😊😊が映ります。

最近はドライのポプリづくりが人気です。今までよりも小さ目のサシェを選んで、ラベンダーや他のドライフラワーをベースにすぐに作っていきます。最後にドングリを選んでポイントに入れるのもお好みです。私はクヌギ、ぼくはピカピカドングリ(シリブカガシ)、私はツブラジイと名称を呼びながらピックアップしています😊

(左上)ローズゼラニウムの葉、テイカカヅラの葉、イエローのバラの花びら (右上)マロウ、アナベル、Kくんママからの紫色の花びら

(左上)バラ、モモ、マロウ、ローゼル、アナベルの花びらとポンポン菊 (右上)イエローと白の菊の花びら

マリーゴールドペタル、菊の花びら、などなどミックス。これらにお気に入りの香りのドライフルーツをトッピングに入れる子も。

スダジイとツブラジイ。いずれも食べられるドングリ。

シリブカガシ。こちらも食べられるドングリですが、それよりも両手の平で擦るととても綺麗に光るドングリ。シリブカガシと言ってお尻が深く切り込みが入っているので立たせることもできます。テーブルの上にいくつドングリが立てられるかな😁 ポプリを一つ作ったらおまけにこのシリブカガシ一つつきます。ピカピカ✨に光らせて☝️

子ども達は素敵なサシェを作っていきます。次々と息つく間なく一緒に作っているので、あとから私も作ってみました♥ カシャッ📱

週末の朝。子ども達が登園する前の石段は色とりどりの落ち葉の絨毯となりました。

石と苔の上にも一面に。

子ども達が登る足元にもいっぱい🍁🍁🍁

第6グループがやってきました。 石段横も一面にもみじ紅葉🍁🍁🍁

カラーのモミジトンネルの中を第5グループ、第2グループと次々に到着です。

陽がのぼったあとの幼稚園門を包む紅葉。今しばらくのお楽しみです🍁🍂

2020.11.14

11月14日(土) / お山の紅葉のころ🍂🍁・お買い物ごっこ👜🛍🍂・ひみつの庭の”ママの日”だより✾(11/10記録)・絵画(縄跳び/10月中)(年長)・焼き芋(年長10/29・年中少&未就園児親子10/30記録)・センニチコウ✾でdonut🍩(ある日のお買い物ごっこの品物づくり/年少)・ドングリネックレスetc.(年長)


 お山の紅葉🍂🍁

写真は一昨日、お買い物ごっこの日の午後です。朝晩の気温がぐんと低く日中は暑いくらいだった10月を過ぎ、11月の今では日中の気温も大分低くなってきました。

この日は日中でも16℃ほど。午後には温かな陽射しと青空が広がり、お買い物ごっこの一日を終えた子ども達が大きな紙袋をぶら下げ軽やかな足取りでお山を下りていきました。

降園後の園庭にて。イロハモミジの紅葉の合間から太陽が眩しく照りつけます。今年は各地でも美しい紅葉が望めそうです😊🍁
--------------------------------------------------
お買い物ごっこ👜🛍🍂(11/12(木)記録)

全員が元気過ぎるくらいにご挨拶をして各クラスに向かったあと、各学年ともに”お買い物ごっこ”でお店を出すための準備に余念がありません。準備に勤しむ声や音がひしひし伝わってくる朝9時過ぎ。

前日にはお店屋さんをする時の心構えとともに、お金💰入りの手作りバッグをかけお客さんになって買いに行くときの方法についてもリハーサル練習を行いました。

こちらは開店前の準備をする年少クラスの”おやまのでざーとやさん”コーナー前。お庭になった木の実で色づけしてつくった秋の味覚ブドウが美味しそうにぶら下がっています🍇🍇おいしそ~😊

午前10時。お買い物ごっこスタートの鐘がなりました~。各学年の買い手の子ど達がお目当てのお店屋さんに走っていきます🏃🏃。。

こちらは下のお庭、固定鉄棒前にずらりと並んだ年少クラスのお店屋さんコーナーです。美味しそうな食べ物がずらり~🍩🍇🍪🍊・・・ 「これ、ください😊!」と声を出してお店屋さんに伝えます。「はい。どうぞ😊」と品とおつりが渡されます。こうしてマイバッグの中のお金💰がなくならずに買い物が続けられるようになっています。

chinami先生も走ってきました。約束👆かな😊 こちらはひみつの庭のセンニチコウのお花やドングリをトッピングしてつくった年少さんの手作りドーナッツ🍩屋さん。人気です。私もすでに買いました👆

こちらは柿🍊を売っています。「どうぞ買ってくださ~い」。オレンジ色の柿🍊を一つ買いました😊

こちらはゼリー屋さん。色とりどりのゼリーカップがずらりと並びます。お隣はワッフル屋さん。ワッフル生地の中にはみんなで集めた落ち葉入り😊🍂 勝手がわかった年少児さんがお客さんになって上手に買っています。

「どうぞ~。ワッフルいりませんか~😊」ワッフル一つ買いました😊 品は飛ぶようにテーブルから売れて行きました。

年少クラスのデザートコーナーには年中、年長さんのお客さんも楽しみに訪れ出しました。

おやまのでざーとやさん🌺 

そして階段を上がると年中クラスのお店が広がります。看板は”おやまのもりのおもちゃやさん”。みんなで作った手作り看板が目を引きます。

お買い物をする年長のお客さんが笑顔で通ります。森の入口方向にずらりとお店が並んでいました。

“もりのきーほるだー屋さん”😊 そしてお隣は”どんぐりだいこ屋さん”。

「これください!」棒を持って左右に振るでんでんだいこです。どんな音がでるかなあ~😊

お隣は”どんぐりゲーム屋さん”。色画用紙でつくった箱の中に枝が区分けしてつけてあり、中のドングリを転がしながら最後までいくと\(^_^)/✌というゲーム。なかなかこれが楽しいのです😊 年少さんも買いにきています。

いらっしゃいませ~、いらっしゃいませ~。こちらは”おはなしパペット屋さん”。これもまた愛らしい。私は緑色のパペットを購入しました。すぐにお話づくりが始められそうです!

カキやモクレンの葉などにペイントしたものもお店の看板に飾ってあります🍂🍁

こちらは”はりねずみ屋さん”👨👩 いらっしゃいませ~いらっしゃいませ~😊 紙ねんどと森の枝でつくったはりねずみ🦔🍂 かわいい~💕

こちらは”なりきりぼうし屋さん”なかなか素敵な頭のお飾りがついています。これを被ってお買い物にまわる子もいます。またまた年少さんがお買い物中。

園庭のあちこちを使って繰り広げられる秋のお買い物ごっこ。このまま森の中までお店が続いていたら・・なんて素敵でしょう~💕 いつも遊んでいるエリアに今日はバザールが繰り広げられました~。

そして園庭には年長クラスの「つきぐみ ちゃれんじまつり~🥁🍂 長~いトンネルもあります。

年少、年中さんが並んでいます。肩からは手作りのマイバッグをかけて👜 こちらは”どんぐりばすけっと屋さん”。大きなドングリが大きな袋にシュートできたらおまけがもらえます😊

園庭のグローブジャングルに年長クラスが力を合わせてデカルコマニーでつくった大看板🍂🍁いま北半球は紅葉の美しい季節真っ只中~🌏🍂

こちらは”どんぐりはこび屋さん” 大きな大きなドングリを二人で運んでいきます。

楽しいデカルコマニーの葉っぱと手作り看板が宙に浮いています~

この二本の棒をつかってするんだよ、と説明があります。是非ということでお隣にいた太郎先生と大きな大きなドングリを運んでゴール!

続いて並んでいた年少さんと年長さんが二人力を合わせてゆっくり、ゆっくり・・・。そしてご褒美の景品をどうぞ~と手渡される首尾の良さ。お店は売るだけじゃなくいろいろなタイミングが難しくてそれが大事なんだよな~と言っていた年長Kくん。なるほど~、このことだったのね💕ゲームを終えたところでサッと手渡されるタイミングは年長さんならでは👌😊 お客さんの嬉しい気持ちも高まります💗

いらっしゃいませ~いらっしゃいませ~。こちらは”さいころげーむ屋さん”。またまた大きなサイコロを持って投げ、当たり面が出たらナイス!景品がもらえます。

よかったですね~と声かけがあると同時には、はいどうぞ~😊と横から手渡されます。驚きの連携😲 きれいな葉っぱの押し葉の壁掛けをもらいました~💗とっておきのをくれたのかな、優しい心遣い🍂

こちらも手作り看板🍂

こちらは”しゅりけんげーむ屋さん”~。モクレンやカキなどの落ち葉がたくさん飾られたボードが穴空きになっていて、そこに年長クラスが量産した折り紙の手裏剣を使って上手く穴に投げ込めたらオッケー👌

この頃から買い物袋にたまった品を見せてくれる子らが増えてきます。頑張ってほしいものが買えた喜びとともに。 そしてお隣は”おやまとんねる屋さん”~。

大人気の長~いトンネルを通って向こう側まで通り抜けます😊 思わず気持ちよくて中で寝てしまう年少さんも😊

どんぐりばすけっと、まだまだ盛況で~す!いらっしゃいませ~📣・・

景品はもう売り切れだけどあそぶだけもできますよ~。最後の最後まで楽しませてくれるバスケットゲーム屋さん🏀

なりきりぼうしみんなでかぶろうよ~👧👩👧💃・・

年少さん、繰り返しトンネルを楽しんでいます😊

私はほらね! たくさん買えたね~💜 よかったね~🥰

先生はこんなかわいいパペット買ったよ😊 わたしはどんぐりだいこ、ねっ、こうしてあそぶの。おめめもかわいいでしょ😊

そこへ年長のお兄ちゃんと出会いうん、いいね~。兄弟ですぐに品のお披露目タイムも。

どんぐりでね、こうしてあそぶんだって・・。うん、なるほどね。

おやまとんねるコーナーは後半戦の準備に入っています。前半のお買い物ごっこが終わり、後半の準備タイムに入っています。

話し合いながら次の新しい景品を箱の在庫から机に並べていきます。こちらはカラフルな薄紙を入れたペットボトルに顔をつけて作ったお人形がずらり。

景品の手裏剣が並べられています。折り紙の手裏剣は結構難しく、運動会に向けての園庭での取り組みの傍ら各クラスでは手先を集中させて折り鶴とともに繰り返し作り上げてきたもの。子ども達の日々の頑張りの証でもあります😊

後半の準備に余念がありません。景品の壁掛けを順に吊るしていきます。

こちらは年中クラスのコーナー。手作りキーホルダーを丁寧に並べて準備中。

自主的にいらっしゃい、いらっしゃい~とお客さんに声かけの練習も欠かしません。

愛らしいどんぐりの笑顔がたくさん並びました。

このくらいでいいかなあ~と相談中。

たくさん並んだなりきり帽子。あとで来てね~😊

奥のコーナーのハリネズミ🦔屋さんが準備中です。あっ✧

かわいいハリネズミ🦔がいてこっちを見てました~😊 体にたくさんの木の枝の針をつけています! ほしいなあ~😊

「お・や・ま・の もりの おもちゃやさん。。」と指👆で押さえて音読する横で、年少児Fちゃんがすごいなあ💕っといった面持ちで年長のお兄さんを見上げている微笑ましい場面。

そこへ来た年長のKちゃん。それは「おやまのもりの おもちゃやさんってかいてあるわ😊」と続けます。みんなが立ち止まって平仮名を読みたくなる手作り看板なのです。

準備中の様子をmika先生がパチリ📷

年長コーナーも準備が整いました。

後半のお買い物ごっこ、スタート! 合図とともに呼び込みの声が響きます。いらっしゃいませ~いらしっしゃいませ~😊😊 たくさんのドーナッツ🍩入荷しました~😊

美味しいゼリーがありますよ~😊😊😊

またまた賑わいだしたお山のデザート屋さん。

“くっきー🍪屋さん”が笑顔でお店をはじめます~。

さっきはお店屋さんをしていた子ども達が急いでお買い物にやってきました。

年中さんMちゃんも。すてきなブドウ🍇をみつけた❢という声が聞こえてきそう😊

お客さんで埋まる年少コーナー。

買えたわ!と年長の女の子Tちゃん。

さいごのひとつー?😲 よかった~💕とMちゃんKちゃん。飛ぶように売れます~🐤

いらっしゃいませ~                 みて、こんなに買ったよ😊

特に年少さんは初めての体験なので😢が出ることもあります。マイバッグからお金💰を出して買うことに挑戦です。

一緒にNちゃんとまわります。年中さんコーナーでは優しい声かけにまたバッグからお金💰を出して渡します。どちらもちゃんと買えました😊

一つだけ残った🦔くん。残り🦔に福あり💕      ほら、こんなに買ったの😊

こちらは年長さんゲームコーナー。年少さん達が楽しんでいます😊

さあ、次はなにが欲しい?😊とtomomi先生と一緒に。

あっ、さっきこっちを見ていた愛らしいハリネズミ🦔! それを手にして優しく撫でて見せてくれるKくん。あれ買ったんだ~、びっくり😲

はい、これ景品あげるね😊

たくさん買えた? うん買えたわ😊

こうやってあそぶのよ、クルックルッ🌀🌀         黙々とお買い物を頑張りましたね。

年少児さんもやがて一人でお買い物に出かけ、いろいろな品を袋一杯に買いましたね😊

ゲームコーナーもあっという間に景品がなくなり、来たお客さんを繰り返し楽しませてくれる年長さんコーナー。 私達もバッチリお買い物を楽しんだの😊👧👩

おやまの もりの・・・

購入した🦔を気に入って愛でるKくん。その様子がまた微笑ましすぎるので思わず、先生のと交換する?と言ってしまいました~😊 ちらっと見るなり「ダメだよ~👨」

かわいいでしょ、このこ🦔💕・・

先生もほしいなあ~~💜・・

うわっ、なんて素敵な手作りバッグ👜。

太めのフリンジがたくさんついていておしゃれ~👦✌👜 なかなかのセンス💙

Kくんは🦔お気に入りみたい!とそこへ来た女の子Mちゃんに言うなり「ホント、このこかわいいのよね~」とすぐに一緒に撫ぜてあげます💕 きっとみんなに見せにいってたのでしょうか? みんなが幸せな気持ちになれる真心がこもった手作りの品ばかりが並んだお買い物ごっこも終盤になりました。

クラス毎に記念写真を撮影しました。

次に撮るから待っててね。横で待つ年少児ことりぐみさん。早速にどんぐりゲームを楽しんでいる子も。

最後はみんなでお片付けタイムです。出すところから片付けるところまで手作りの範疇。

よいしょっ! 少しずつ手分けしながら園庭から園舎へと運んでいく子ども達。

おやまとんねる~~✌😊~

いつもの階段も椅子を運び戻します。

園長室に戻り、太郎先生の品と合わせて並べました~~😊✌

前日に全学年のお当番さんが園長室に集まって、招待状とお金💰入りバッグを渡してくれた子ども達。毎日こつこつと作り上げた思い出の作品の品々が秋の空の下でずらりと並んだお買い物ごっこが終わりました。一生懸命につくった作品を誰かが買ってくれた喜び、そして欲しいものが勇気を出して買えた喜びは忘れ得ぬ体験になったことでしょう。一人ひとりに達成感とそれぞれのドラマがあった秋の一日でした🍂🍁
--------------------------------------------------
ひみつの庭の”ママの日”だより✾(11/10記録)

今週火曜日はママの日。

早くからお母様の姿が園内にあり、大階段の上からほうきで落ち葉を掃いていかれるママ。

ひみつの庭では丸窓下の植え込みエリアをお手入れ中。私もここが気になっていて後ほどお手入れを。  紅葉が綺麗になってきました。こんな実が落ちていたんです~とママ達。

これはフェイジョアという木の実。熟れるとメロンとグアバをミックスしたような甘い果実になります。宮崎で知りひみつの庭に植えて8年目。今年はあまり実成りがよくありません。また土と肥料をあげないと。

未だに試食もしたことがありませんが、熟れたものは半分に切ってスプーンで食べてもよいようです😊次は一度試したいものです。

甘い香りがしますか~😊

親子ペアの姿。ほのぼのムードが漂います~💑

石畳の際に生える草など細やかにお手入れ下さいます👏

芝生の築山。芝生も夏の青々とした姿から秋の色になりました。てっぺんに立つ未就園児Hくんも。

さて、ひみつの庭の内側。夏にアジサイのアナベル、ダリア、ユリなどが咲いていた植え込みを剪定します。地上部は枯れますが地下部は球根が眠っています。

ウッドデッキや下に落ち込んだ落ち葉をてみに入れて集めて下さいます。

ひみつ庭のワイヤーフェンスの際も見て下さいます。半円レンガの中央にあるナンキンハゼがきれいに紅葉し、ハート型の可愛らしい落ち葉を落とします。お買い物ごっこの材料にも使いました🍂

ダリアの茎をカット、支柱も取り除きます。 丸窓下をお手入れ中のママ。

芝生の築山の枯れた芝は熊手で優しく取り除く必要があります。通気性が悪くなったりするためで、野芝は冬場も地上部が残り枯れることはありません。

ひみつの庭の北側の植え込み周辺を細やかにお手入れ下さるママ達。

ママが到着されたところでお話し中のママ達。バックのメタセコイヤがだいぶオレンジカラーに紅葉してきました。独特のオレンジ色になるのが楽しみです。

門の下へ下りて移動して掃き下ろして下さいます。お山は石段が二箇所にあり有難い限りです。これからはモミジ紅葉が真っ赤になるイロハモミジの下のエリア。

コンポスト近くはなかなか手が入れられないままです。気がつき手を入れて下さり感謝です。

ライラックとムクゲの並木になった所も草や芝が足を伸ばしてしまいます。ひみつの庭のメキシカンセージの近くをお手入れ中のママとお手伝いする年少児のSちゃん。

ひみつの庭の裏門近くのレッドロビンの足元周辺も。

築山の上からピュ~と走り下りるHちゃん。

次はひみつの庭入口のサークルチェアーの足元を母子ペアでお手入れ中🥰

チョウが集うブッドレア🍇も植栽8年目の木。台風で二度ほど根っこから倒れましたが、支柱をして復活したことも思い出です。

その枝がすでに枯れているのを見つけられたママ達。葉がすでに生えずに枝が茶色く枯れていたのです💦 ノコギリで枝を剪定して下さることに。

ハーブのコーナーから裏門周辺をお手入れ中のママ。

ビオトープの観察場の際には落ち葉が溜まりがちです。

秋の陽射しが壁泉辺りを照らしています。

未就園児Hちゃん、そしてNちゃんがお手伝い😊 この前出産されたように思いますがもうこんなに大きくなって💛。早いものです😊

ママの背中を太陽の遠赤外線が温めてくれるようです。年少クラスのもう一度植えたトマト🍅ポットの近くをお手入れ中。

メキシカンセージの方もお手入れ下さるママ。ここは子ども達も大好きな場所😊

入口ツゲトピアリーの植え込みの下をお手入れ中。階段を掃いて下さり有難うございます! 丸窓の下も大分剪定しました。次は初夏用のデルフィニウムやギガンチウムを植えたいと考えています。ギガンチウムは大型の球根ですが、ビオトープ際にも5~6球を植栽予定です。ただ丸窓下はすでにダリアなどの球根があるのでスペースがそうはありません。

静かに時間が流れる中を丁寧にお手入れを続けて下さるママ達。ママ達の手が入ると見違えるように場が柔らかく優しくなっているのを感じます。感謝です。

ブッドレアの大きな枯れた枝がカットされました。太くて大きな枝は固かったでしょう。

まるで鹿の角のようなY字型の立派な枝なので横のカシの大木に立てかけてあります。

ひみつの庭に年中クラスの第一園舎の影が落ちています。冬間も晴れた日は背中がポカポカしてくるほどです。

入口サークルスペースにも晩秋の陽が射し込みます。夏アジサイも最近まで新たな白い花を咲かせていました。いよいよ秋色から秋枯れ色に。

ワイヤーフェンスの外側際に手が入り有難い限りです。 すっかり枯れ枝が整理されたブッドレア🍇。足元にまた腐葉土と肥料をあげなければ。

ブッドレアと言えば今では多くの品種が出ています。ピーコックといって花の形がゴージャスなタイプやホワイト、イエロー、ブラッ系、赤系などさまざまあります。こちらは典型的なブッドレアでイギリスではチョウが好きな花として有名です。子ども達も花の香りに顔を近づけて納得する香りです💕

母子ツーショットがこちらにも💑 お母さん・・💕

ブッドレア近くのツゲの足元や中に結構いろいろな草が丈を伸ばしていたところをお手入れ下さいます。

コツコツと場所を移動しながら作業を続けて下さいました。

子ども達がメキシカンセージにやってきました。花の蜜がお気に入り😊 夏休み中から長期間に渡り開花し、香りと密、ポプリと色水づくりなどさまざまに楽しませてくれた花です。はじめに植栽した三分の一ほどになったので、来春には新たな苗を植える予定です。

ビオトープの森側をお手入れされるママ。

ユーパトリウム”リトルレッド”の鉢の周りも。こちらは夏間に花が開花したため二学期に入り剪定をし、10月後半~11月に再び開花するのを期待しましたが難しかったようです。来夏はもっと早めに強剪定をしてもよいかも知れません。日本産のフジバカマはやはり10月中に開花しましたが今年はアサギマダラの飛来は望めずとても残念でした。

現在の北側フジバカマの植栽エリアも根が詰まってきているので、一度掘り上げ整地して再度植栽を試みたいと思っています✾

クリスマスホーリーの植え込み下をお手入れ中のママと子ども達。

子ども達も手作業を見て試みる機会にもなり、一つずつが新たな体験となっていくでしょう。

高く手を伸ばして花がらをはさみでカットされるママ。ぼくだとこのくらいかな?と小さなミニ熊手を上に上げて高さを考えているKくん😊

静かな時間が流れています。

こんなに細いスペースに入れるスリムなママです😊

親子の時間が流れるひと時💑 素敵なロングロンパースはママ製かも?

トピアリーの向こう側から手を伸ばして剪定して下さるママ。ブッドレアが喜んでいます🍇😊

私はこちらのハーブをカット中。

特に伸びたレモンバームとスペアミントを少々ボウルにカットして入れました。ひみつの庭の北側にも自生したレモンバームが植わっています。

春のレモンバームが香りもよいかも知れませんが、この日耐熱ガラスのカップで秋の生葉でハーブティーに。夏にはレモンバームとミントのティーをよくします。きれいなグリーン系の色のお茶になりますが11月の生葉ハーブティーははじめての試み。

園長室に戻り6ℓのおやかんでお湯を沸かしひみつの庭へ。

一人ずつリーフをカットしながらお茶こしの中へ。できるだけたっぷり入れ、上からお湯を注ぎ入れ4~5分待ちます。いつもは暫くで色が出てくるのですが、この日は時間をせいて沸騰前に火から下ろしたためか熱湯には至らず、香りはあったものの色は多少といったところでした🌿少し残念💧 秋から冬のアウトドアは容器も冷たくお湯の温度も下がりやすいです。

ショートブレッドは1984年にイギリスのロンドン北部に設立されたチャーチル社のもの。美しい缶が有名でデザインから製造までを丁寧に作られています。今回の缶は夏の花クレマチス柄のフラワーデザイン。何かに使えそうとお二人にもらっていただきました😊

みなさまお疲れ様でした。記念写真📸 この日も大勢お集まり下さり有難うございました。

今のお山の紅葉は紅葉や黄葉と緑の部分が半分ずつほどです。今週から来週にかけて見事な紅葉になるでしょう🍁🍂
--------------------------------------------------
絵画(縄跳び/10月中~)(年長)

お山の運動会に向け年長クラスが取り組んでいる縄跳び(連続跳び&走り縄跳び)を頑張る日々の様子を絵に描きました。

縄跳びや走り縄跳びは、鉄棒など他の取り組みも取り入れつつ今も継続中で頑張っています。

絵画の取り組みの様子を以下にご覧下さい。

--------------------------------------------------
焼き芋🍠🍠(年長クラス10/29・年中少クラス&未就園児親子10/30記録)🔥

先月の10月29日。この日は年長クラスが生のお芋から焚火をつくって焼き芋🍠にしました。

予め森で集めてきた枝でかまどをつくり中に濡らした新聞紙に包み、更に上からアルミホイルで包んだお芋を中に忍ばせます。

はじめに先生からの説明を聞き、子ども達が力を合わせて取り組みます。

こうしてね、こうしたらいいね。

クラス毎に焚火の基礎ができあがりました。

乾燥した落ち葉もそっと周辺から積んでいきます。

こうして・・・

そっと落ち葉を置いていく・・

それではasami先生、chinami先生が火をつけます。

新聞を細く丸めて焚火に中へ。

直ぐに着火します🔥

子ども達は森の入口へ行き燃やせる枝葉を集めます。

お天気続きなので大抵のものが乾燥していて焚火の材料になります。

はじめはタライに入れて運んでいましたが、いつしか一人ひとりが抱えて戻ってきて火にくべるスタイルになりました。

枝がパチパチと音をたててよく燃え始めました。

パッと焚き火の中へ。コンポストにあったアジサイの枯れた花が飛んでいます❢😊

これは夏のユーパトリウムの束。すっかり枯れましたが焚火の材料にもなったとは・・❢ 長い枝を運びます。

これも燃やせるね。

生のお芋を焼くには結構の火力が続かなければ難しいです。

十分な火力の元にみんなのお芋が温まっているようです😊

こんな木の実も見つけました。何往復もします。

大きな木の枝を抱えてやってきました😊

またまた大きな枝が見つかりました😊

大きな焚火になり煙が舞い上がります。

うちわや新聞で煙を仰ぎながら中に空気を送り、火が持続するように頑張りました。

途中、お掃除に来て下さったお母様方のてみに色とりどりの落ち葉が集められました🍂🍁なんてきれい❢

さて、お芋がそろそろ焼けました~🍠🍠

炭火のよい香りが漂います。

お母様方にありがとう~を込めて🍠🍠😊 そして園長室にもお当番さんが届けてくれました😊

ずらりと並んだ年長さん達。熱々の焼き芋🍠と笑顔😊 いただきま~す👏

おいしい~💕

おいしいよ~😊

しっかり焼けてる? うん、とても美味しい💕

あつ~い🍠 中までしっかりと火が通っています。

うん。美味しい😊

お芋美味しいよ😊

味わっています🍠

グー👆 お味いけます💕

おいしい~のピース✌😊

美味しいよ。半分はお母さんに🍠

うん。味わってます😊

ナイス❢😊✌

頑張ったよね~~🍠🍠

美味しいお顔😊 どっちが持ち帰り?

頑張って焼いてよかったね~!

ゆっくり食べて味わいながら&#x1f360

あ~~んぐり🍠✌

🍠🍠10月30日(金)。
この日は年中少クラスと未就園児さん親子(園庭開放)が一緒に落ち葉🍂や枝で焼き芋を楽しみました。

三つの焚き火が出来上がりました~🔥🍂ぐるりと座った年中少の子ども達。こちらには未就園児親子がご一緒です😊

私も活動しながら合間の写真撮影です。年中少クラスはお家で予め蒸かしていただいたお芋を使って短時間の焚き火を行います。

おいしくな~れ、おいしくな~れ🍠🍠

いただきま~す👏 みんながお芋掘り遠足で頑張って掘ったお芋。落ち場も森でみんなで集めたもので焼き芋🍠です。

どんなお味かな?

おいしい~とKちゃん🍠

年少さんもしっかり食べています😊

おいしいよ✌

ぼくのおいも🍠

おいし~~😊😊😊

いけるよ😊

とってもおいしいよ😊

お味はピース✌😊

しっかり味わいながら💕

熱いけどおいしい~😊

うん。いけるよ😊

大きなお口でがぶり👦✌

焼き芋おいしいよ~~😊

お日様を浴びながら☀

ゆっくりしっかり食べています👧👩

もうたべちゃった👐

おいしかったな~~👦

おいもおいしい~😊👦👩✌
--------------------------------------------------
センニチコウ✾でdonutづくり🍩(ある日のお買い物ごっこの品物づくり/年少)11/5(木)記録

段ボールのドーナッツ型の上に、ドライフラワーになったひみつの庭のセンニチコウや森でひろった枝やドングリをアレンジしてボンドど貼り付けました。

センニチコウのお花にも似た小さなボンボリも加えて。

こちらはことりぐみ。テーブルごとに静かに取り組みます。

アレンジは自由。どこに何をつけるかもみんなのアイデア次第。

次々と作業をすすめます。

手についたら横の濡れ手ぬぐいで拭いてね。

こんな感じ~😊 (途中経過)

私はこれをつけるの💕 白いセンニチコウのお花も愛らしい💖

こんなになったよ😊

ぼくはこんなんだよ👦

まだまだのせるよ。

どんどんトッピングが増えていくドーナッツ🍩🍩

愛らしいアレンジが出来上がりました~🌺

ここにもね、そしてここも🌺

そして、たんぽぽぐみへ~🏃

取り組み中の様子。

ドングリを縦に並べて接着してみたり・・    自分なりの感性で作品づくり。

こちらは枝を主にトッピング。小枝チョコ?😊       ほら、こんな🍩

丁寧に一つずつ・・・🌺

出来上がった人の作品が乾燥棚に並びます。

わたしできたよ😊

ぼくはこれ😊

がんばってね!とMちゃんも応援。     黙々と取り組みを続けるRちゃん。すでにお花が山盛り😊

お好みのデザインに。

素敵に出来上がり~🌺🍩

お買い物ごっこでこれを買った人は幸せ😊

ぼくもできたよ~~😊

思いを込めて仕上げたドーナッツ🍩を棚へ。

まだまだ~。とまりません😊✌

年長/ドングリネックネックレスづくり(品物づくり11/6記録)

お買い物ごっこの景品のストローに紐を通したドングリネックレス。ドングリにピンが埋め込んであり紐が通せるようになっています。

麻紐でカットしたカラーストローに通していくひと時。

それぞれの個性のオリジナルデザインのネックレス💛

青と赤を交替で通しています。

長くなったら立って作ります。

テーブルの上で乾燥させているのは景品のコマ。私はお買い物ごっこのゲームで一つもらいました😊

黙々と取り組みます。

園庭つづきの森の中で拾ったネックレスのトップにピッタリのドングリは大きくなったコナラかミズナラのドングリ。

チョウのシャツにもよく似合ってる😊

お隣のクラスも作業中。こうしてコツコツと作り上げてきた品が11/12(木)のお買い物ごっこで出品されました。

一つのストローに紐を通すのは集中力が要ります。時間もかかりますが黙々と頑張っています。

下から赤、青とほぼ順に同じ色を通しています。

集中して取り組む姿。

できた~~😊

素敵な柄のオリジナルゴマがずらり並んで。

ぼくがほしいかも。。

シックで素敵なネックレスができあがりました~😊👩

今、イロハモミジの枝の先から紅葉がはじまっています🍁 来週が楽しみです✾

2020.10.30

10月30日(金) / センニチコウ(千日紅✾)・お芋掘り遠足🚚・・🚌🚌🚌静原行き~⛰・ひみつの庭の”ママの日”だより✾(10/27記録)・Wildstrawberry tea🍓ができる間に☕(年少10/15(木)記録)・センニチコウリウム✾(年少10/9(金)記録)・ほか・園内通信


 <センニチコウ(千日紅)> ヒユ科 学名 Gomphrena globosa 英名 globe amaranth, bachelor’s button
              原産地 北米南部~中南米 花言葉 不死、色あせぬ愛、永遠の恋

こちらはひみつの庭の奥で、夏間から今も満開に咲いているセンニチコウの花。長い間花を咲かせドライフラワーにしても色あせることがないので、センニチコウ(千日紅)という名前がついたようです。

ちなみに夏に美しいサルスベリは百日紅と書き、初夏から長い間ピンク、紫、赤、白などの花を咲かせます。

こちらは9月半ばにセンニチコウにきたツマグロヒョウモン♀。センニチコウにはほかにキチョウやシジミチョウ、オオカマキリや綺麗な模様のカメムシの幼虫などがよく訪れていました。センニチコウの苗を植えた年少児クラスが花を使って”センニチコウリウム”(←センニチコウとハーバリウムをかけたネーミング)をつくりました(以下にご紹介)。
--------------------------------------------------
秋のお芋掘り遠足静原へ(10/26(月)記録)🚚・・🚌🚌🚌。。。

快晴の空が広がる朝9時過ぎ。三台の観光バスが予定通り到着しました。

待機していた観光バス一台ずつが所定の場所に移動していきます。

はじめに年長クラスがバスに向かいます。続いて年中クラスも到着しました。

年少クラスも元気に到着し、三学年がほぼ同時刻にそれぞれのバスに乗り込みました。

こちらは年少児さん。運転手さんにご挨拶をして順にステップを上がります。

手を振る年中児さん。先生ももう行くからね😊

前からバスを撮影📱。taro先生と私は三台のバスに子ども達が乗り込んだのを確認した後、一足先に出発します。子ども達が掘ったお芋を載せて各公園まで運ぶ”お芋車🚚”に乗って農園へ先回り😊

静原の農園さんにご挨拶をしていると、道路を東(右方面)へ行きロータリーでUターンしてきたバス🚌がもう見えてきました。1号車です。

子ども達と先生を乗せたバスが到着。

周囲は今年もすぐき畑が広がっています。向こうの山並みが目に入る農道を歩く年長児達。

爽やかな空気を吸い、楽しそうにお話しながら歩きます。 年中少のバスも到着。

みんなが下りられたら二人組で手をつないで畑へ向かいました。

橋本農園さんご夫婦が待ち受けて下さり、「頑張ってお芋を作りましたので最後までしっかりと掘って下さいね」とみんなにご挨拶して下さいました。

それでは頑張るぞ~!! エイエイオーヽ(^o^)丿ヽ

畑の新しいうねの中にお芋の花🌺が咲いていたのをパチリ📱

さあ、はじめましょう!!

お芋掘り中は子ども達のヘルプにまわりますので撮影はごく一部です。

全員お芋が掘れたら、クラス毎にお芋を手に持って記念写真の撮影をしました📸

この日の様子をご覧下さい👇


二箇所に分かれてお楽しみのお弁当🍱😊

真夏のような陽射しが照りつけるランチタイムとなりました。「おいしい!😊」「背中が熱いよ~~」と太陽の恵みも存分に受けながら過ごした子ども達です。

午後1時にはお芋車🚚がスタートしなければなりません。年長クラスが紐を通してくくり付けた、重たいお芋の入った手提げ袋の塊を張り切って運んでくれます。自ら車に乗り込んで積込み作業を買って出てくれました。

みんな力持ち💪

とても頑張り屋さん❢😊

一緒におねがい!

あっという間にお芋車🚚の中は大事なお芋で満杯になりました。

おねがいしま~す! みんなの見送りを受けてお芋車🚚はまた一足先にしゅっぱ~つ!

野田、塚本、上終公園にお芋を並べ終えたら、バスを降りて白川通を歩いてくる子ども達を迎えにいきました。見えた見えた! 時間よりも早めに到着し、お母様が待たれる公園までの道のりを元気に歩きました。
--------------------------------------------------
ワイルドストロベリーティー🍓ができる間に✾☕(10/15(木)記録)

たんぽぽぐみ前の花壇の周囲に植えたワイルドストロベリーがランナーを伸ばしながら少しずつ大きくなり、白い花を咲かせたあとに細長く小さなイチゴ🍓をつけました。

乾燥させて、または生葉でも使用できるハーブティーになるワイルドストロベリー。すでに収穫していた葉に加え、この日は子ども達が少しずつ葉っぱを摘みました。

「はっぱ ちょうだいね」と日頃はお水をあげているハーブをこの日は収穫します。まだ小さな実をつけているところも見られます。

これをお茶にするの? おいしいかなあ~😊

そしてお外あそびへ・・。今、石段を上がったところのアメリカハナノキが真っ赤に紅葉しています。 「これはきれいなはっぱ🍁」

この日はみんなでブランコの乗り方を確認し、楽しむ時を持ちました。

そしてその次の日のこと・・💕

みんなで収穫した葉っぱ(ハーブ/ワイルドストロベリー)が乾燥し、お茶にする準備ができました。

たんぽぽぐみ、ことりぐみが集合しました。

みんなで摘んだ葉っぱがこんなになりましたよ~😊✌ そしてこんな紙の袋に入れて・・おいしいお茶になりますように・・💕 ちちんぷいぷいの~ぷい👆

大きなおやかんに入れて、美味しいティーをつくります。

熱~いお湯に入れて美味しくなるのを待ちましょう💕~

それでは、お茶が美味しくなる間、お天気がとてもいいのでみんなで森へお散歩にいきましょう!レッツゴー!

ひみつの森を歩きどんぐりがたくさん落ちているところまでお散歩に行きました✾👧👦

そしてみんなが戻ってきた頃には、おやかんの中は魔法がかかったようにきれいなハーブティー☕ができあがっていました~😊💕

たのしみ~💗         いいにおい~💕 子ども達はコップの香りを楽しみます。

いいにおいがするよ😊                おいしそう~💕

みんなで💕いただきます💕

お当番さんが園長室にも届けてくれました。おいしいハーブティーをつくってくれたの?ありがとう💗 ほんのり甘酸っぱいワイルドストロベリーティー🍓でした。 お♡わ♡り

ワイルドストロベリーティー🍓
・葉と果実使用。
・風通しの良い所で4日ほど干してドライハーフ゛に。
・葉を一つかみ+果実7粒ほどを250ccの熱湯で5分(一人分)

✾ ✾ ✾ 💜 ✾ ✾ ✾ ♥ ✾ ✾ ✾ 💜 ✾ ✾ ✾ ♥ ✾ ✾ ✾ 💜 ✾ ✾ ✾

センニチコウのお花でセンニチコウリウムをつくったよ🍹🌺(10/9(金)記録)

センニチコウのお花がひみつの庭にたくさん咲いてそろそろドライフラワーになってきました。

ことりぐみ
たんぽぽぐみ前の花壇にもセンニチコウは育てていますがそれを使ってセンニチコウリウム😊をつくりました。作り方は前で先生が説明しています。みんなは静かにお話を聞いています。スパンコールのキラキラのお花がとてもきれい。

テーブルごとにはさみを使ってミラーテープを小さくカットしていきます。

ゆっくりと丁寧に作業中です。 カットしたらペットボトルに好きなように入れていきましょう。

少しずつボトルに入れていく楽しみ。はさみもみんながゆっくりと上手に使うことができます。

カラースパンコール、ミラーテープとともにセンニチコウのお花が入りました😊 先生にお水を入れてもらったら・・

わあ~ すてき♡  センニチコウのお花も入りました😊

きれいね~💕  ひっくり返すとキラキラ✨光りながら落ちてくるのを楽しむ子ども達。

たんぽぽぐみ

こんなに切れたよ😊                わたしもうできたよ💕

机に並んだ色とりどりのスパンコールを選びペットボトルに入れましょう。

わたしはこの色。                  三色のセンニチコウの中から好きな色を選びます。

こうして、こうして。

横に振ると動くからきれいね~😊           こんなのができたわ💕

これ! できました😊                はさみで丁寧にカット中。

こんなのできた!                  すてきでしょ~💖

ふって~ふって~、パッと逆さまにするときれいに光るセンニチコウリウム💖

一つずつ丁寧にミラーテープをはさみでカット中。   こんなのできたよ😊

みて!                       こんなのできたよ😊

センニチコウがいっぱいはいったね😊         はさみも上手に使える子ども達でした。
--------------------------------------------------
ひみつの庭の”ママの日”だより✾ 再スタート(10/27(火)記録)

10月後半のこの日、ひみつの庭の”ママの日”をスタートしました。

前日のお芋掘り遠足明けのこの日、10時頃からお母様の姿が見えるひみつの庭。

ご多忙の中、お母様方が個々にご参集下さり、温かなムードが漂う清々しい秋晴れの日となりました。

前日に続き小春日和となった園庭です。

丸窓の下の植え込みエリアもお手入れ中。夏の花が少しだけ咲き残っている秋のひみつの庭。

ダリア、リリウム、アジサイアナベルなどが満開だったところにも秋の気配が漂っています。秋植えの大型ダリアの球根の調達をうっかり忘れていて、来春に蓼科のイングリッシュガーデンのお庭のものを掘り上げて下さることになりました。

白菜、ブロッコリー、そして大根がゆっくり育つ畑エリアのまわりの草抜きをされるママ達。

ハイドランジアの足元にも細やかに手入れがなされます。  ひみつの庭のアイアンゲートを製作していただいた工房さんを偶然にもご存知のママ。製作当時のことを懐かしく話しつつ・・

芝生以外の雑草抜き、野菜畑まわりの草抜きをされるママ達。

未就園児Sちゃんもママとご一緒。時折おたずねがありますが、爽やかな気候の間、小さなお子さまや赤ちゃんがおられるママも是非お散歩がてらにお越し下されば幸いです😊

いつも懐かしいOBのFママの姿も。卒園されてもお散歩がてらお足運び下さると嬉しいです💕

ピンコロ石を敷き詰めたひみつの庭へのアプローチ部分をお掃除中のママ。パリの凱旋門の上からふと下を見下ろした時、美しい石の敷き詰め作業をされている最中で、その美しさに感動して扇状のウロコ貼りで石を敷いていただいたスペースです。

手に技術を持たれるママ。細やかな手入れがなされ場が光ります。 お話の流れで、食べられるドングリの一つ”スダジイ”を木のお皿に入れてお披露目に😊(下に食べられるドングリについて記載あり)

スダジイをお見せするやいなや、「あ~懐かしい!小さな頃にポリポリとよく食べてましたよ~」とママ。この日、御所や植物園などにある食べられるドングリについてお話をしていると、他にもよくご存知のママもおられ「子どもも大好きですよ!」と仰るママも。園で子ども達に見せてもお母様方が心配されるから食べないようにしていますが、結構皆さんよくご存知で体験済みなのには驚きでした❢😊

暖かな陽射しが背中を照らします。これからの季節は太陽の遠赤外線が体をほっと温めてくれるそんな気がします。

母子ツーショット💑 一緒にミルテの植え込み部分をお手入れ中✾

こちらもツーショット💕👧 園でお母様に会えると嬉しく懐かしい心境でしょう✾

暫しお話を交わすひと時。子ども達もママ達のことをよく知っています。

芝生の築山で小型の熊手を使って。

冬にたくさんの赤い実がなるモチノキの下をお手入れ中のママ達。

枯れた芝生を集めててみに集める子ども達の姿も。 ママと枯れたブッドレアの花をカット中🍇

メキシカンセージの紫の花とティユールの木の間をお手入れされるママ。センニチコウの植え込み近くもお手入れ中。

皆さまお疲れ様でした。そろそろお昼前になりました。

ママ達同士が個々に楽しくお話を交わされる場所でもあり続けられますように💕

皆さまお疲れ様でした。リントンズGoldのお紅茶とお一人用サイズのバウムクーヘンとともに暫しのティータイム。

眩しいほどの陽が当たるセンニチコウの植え込み横で記念撮影をパチリ📷 一足先に帰られたママも有難うございました😊

皆さまの細やかな手が入り、また蘇って再生するひみつの庭。

センニチコウがいつまでもよく咲いてくれます。お花を用い、次の製作も思案中です✾
--------------------------------------------------
食べられるドングリ「スダジイ」と[ツブラジイ」✾

いろいろなドングリが見つけられるこちらは御所。寺町御門から入ったグランド近くにあるスダジイの大木。

小さい頃に父によく連れてきてもらった御所。数本のスダジイがここには植わっていて下には細長い小型のスダジイの実が山ほど落ちています。

すでに亀裂が入ったものはそこから外皮を取ってまるでアーモンドのようなお味の中身をそのまま食べることができます。山の学校のしぜんクラスをしていた時にはフライパンで炒ってみんなで食べたことも懐かしい思い出です。

そしてこちらは食べられるドングリのツブラジイ(左)とスダジイ(右)の比較写真です。どちらも一般的なドングリのお帽子とは違い、初めは実がすべてお帽子にすっぽりと包まれていて、やがてお帽子に亀裂が入って中の実が出てきます。

〔左は黒っぽいツブラジイ〕実を半分に割った写真。お米のようなお味です。
〔右はスダジイ〕アーモンドのような風味でおやつになりそうです。
過日、年長のHちゃんが登園後手にして見せてくれたことから幼稚園のお山の中にあることがわかったツブラジイの実。今では実が大きくなり樹上からポトンポトンと落ちてきています。どちらもハサミで注意して縦にカットしても割れますし、歯が丈夫な方は奥歯でカリッといけますが、もし歯が傷むといけないのであまりお勧めはできません。皆さんも一度ご賞味下さい!たんぱく質が豊富でお砂糖のお菓子より体にはよいでしょう😊

(左)こちらはホトトギスの葉を食草とするルリタテハの幼虫。下が図鑑で右上が本物(ホトトギスの葉の上にいます)。暫く飼っていましたが先日黒っぽいサナギになりました。サナギには金色の斑点がついているのが特徴です。
(右)こちらはクロアゲハ(上)とナミアゲハ(下)の幼虫。どちらもひみつの庭のオニザンショウの葉にいたものです。年長のKくんは毎日手の上にのせてそれは愛おしそうに観察する姿がありましたがあと数匹も全てサナギになりました。同じ場所にいた幼虫が現在ことりぐみでも青虫からサナギになったところで子ども達も継続観察中です。気温が低くなったので来年までサナギのまま越冬する可能性があります。

ある日の夕暮時。今年はひみつ庭の西側にヨウシュヤマゴボウがたくさんなり、ブドウのような実をたくさんつけました。子ども達と色水あそびて使用しましたが、これを摘んでいるrisa先生。勿論、これはブドウではないのでお口に入れてはダメよと子ども達にはお話しています。

ヨウシュヤマゴボウの実。手が紫ピンク色に染まりますがお水で落ちます。

ひみつの庭で色水あそび✾/ある水曜日の午前
こちらはひみつの庭前のミルテの葉。

よい香りがします。同じく香りのあるレモンバーベナをひみつの庭の中ほどで確かめるAちゃんとSちゃん。

その横にあるチョウが好きなブッドレアの花を観察中のHちゃん。手で触ってそっと香りを確かめています。とてもよい香りでチョウの気持ちがわかります✾

手にいっぱいのこれはな~んだ? こたえはアイリスの種。ビオトープとワイヤーフェンスの間に夏に黄色の花を咲かせてくれる大きな花です。よく見つけたねMちゃん😊。女の子はやはり植物の方が好きかも知れません。

メキシカンセージの花の蜜はみんな好き。下に落ちた花びらは色水に入れたり手に集める姿があります。

こちらは横で石を集めてカツツムリ🐌のおうちをつくっています。 ヨウシュヤマゴボウは一粒でもこんな色になります。

ひみつの庭の森側に咲いていたイヌタデとミズヒキソウの花。さり気ない花に目をとめてあげるKくんの優しさ。

こんな色になったよ~~😊😊😊 夏の間からこの日を楽しみにしていました!

私もつくったの💕💜

芝生の築山を重力にまかせながら上手く転げ落ちるKくんとKくん🌀🌀

ヨウシュヤマゴボウの色水にメタセコイヤの葉っぱ+メキシカンセージの花、そしてローズマリーの花も。色水はいつもその季節なりの自然の材料で楽しんでいます。

こちらは最近納品していただいた福音館の「のりもの絵本セット」全10冊。身近な乗り物から珍しい乗り物まで、表紙だけを見ていてもわくわく楽しくなってきます。「たんじょうじどうしゃ」は「しょうぼうじどうしゃじぷた」でお馴染みの山本忠敬さんの絵です。早速各クラスを回っているので子ども達は体験済みかも知れません。
--------------------------------------------------
本日は「お知らせ41」をお出ししました。
内容は、
◇ 園児募集ポスター掲示のお礼
◇ 途中入園のお友だちのご紹介
◇ 就学時健康診断日の送りについて

2020.10.17

10月17日(土) / アジサイとメキシカンセージの花びら✾・お山の運動会(10/12)・ブロッコリー&白菜を植えたよ🌿(年中10/5)・大根の種をまいたよ🌿(年長10/5)


 ✾手の平のアジサイとメキシカンセージの花びら✾

夏から今もなお開花している夏アジサイとメキシカンセージの紫色の花びら。アジサイはだいぶ秋色になりうっすら色づいてきました。いま満開のメキシカンセージの花の蜜をそっと吸ってみる子ども達の姿もあります。

先日ひみつの庭の畑に二種類のお野菜を植え終えた時、年中のKちゃんが落ちていた花びらをそっと手の平にのせて見せてくれました✾
--------------------------------------------------
お山の運動会の日(10/12(月)記録)
コロナ対策のため例年の小学校校庭ではなく、園内にて保育の一環として行った初めての運動会になりました。

朝、全園児が体操服にクラスのカラー帽をかぶり登園しました。台風も過ぎ爽やかな晴天の日を迎えました。第2グループが到着。

第6、第5グループと続きます。

第1グループも元気に到着です。おはようございます!

この日は各園舎には入らず園庭、ひみつの庭でおカバンを置いて朝のご用意をします。一連の用意を終えた子はすでに練習に入っています。

年長クラスは縄跳び連続跳び&走り縄跳びをコツコツ練習してきました。軽やかにマイ縄跳びで飛び続けます。

年中、年少クラスはひみつの庭の中で朝のご用意をしました。

いよいよ森の方面から全園児がクラスごとに行進します。入場後全クラスが揃って開会式を迎えます。手を振って歩く入場練習も繰り返し行いました。

園児入場!!

9時半。まず、年長クラスのつきBぐみが入場です。

お山の幼稚園マーチの音楽にあわせ、背中を伸ばして歩きました。

次は年長つきAぐみです。テンポよく行進して並びました。

続いて年中クラスほしぐみの子ども達が入場。

年中ゆきぐみの子ども達も並びました。

年少クラスたんぽぽぐみ、ことりぐみの子ども達も入場し、この日は全員出席の日となりました。

いつもながらアナウンスの傍らの写真撮影です。はじめに園長先生からのお話がありました。それぞれの取り組みは今日をスタート地点と考えこれからも頑張っていきましょう。

それではハイホー体操です。音楽に合わせ準備体操をしました。

それではみんなで「エイエイオー!!」👦👧✌

退場したら早速年少児がかけっこです。園庭でサーキット!それっと走りだします。

向こうにいる先生のタンバリンを一人ずつが叩いたら戻ってきて、元気に繰り返し駆け回りました。

年長かけっこ~ 森を走る!約50m走。

ひみつの森の奥から月Bクラスから二人組でスタートします。

ちょうど二人が並列して思い切り走れる幅で、力いっぱい走りました。

朝の光が森の中を照らします。

森の道はグランドのコンディションとは違います。起伏も多少はありますが何度も走る練習をして臨みました。

ゴール地点で先生がタンバリンを手に待ち受けます。勢いでもって音が響きます。

手を振りしっかり走っています。

土をつかむように足を前に出して走ります。

すごいスピードで追い上げています。

ほぼ同時か?

森の道を悠々と。

こけるこ、つまづく子は一人もなく、足がしっかり地面をつかんで蹴って走ります。

仲良し同士もそれっ!

颯爽と気持ちよさそうです。

日頃鍛えた足でもって走ります。

すがすがしい森の空気の中、今日の日が楽しい思い出になりますように。

それ、いくぞ!

軽快に軽やかに走ってきます。

みんな笑顔で走っているのが印象的でした。

さて、ここからはつきAぐみの子ども達です。

どちらも速い!飛ぶように走っています。

ハイスピード!

しっかりとスムーズな走りです。

しっかりと手を振って走る二人組。

さあ頑張って。よーい!

最後のペアがスタートしました。森の中を力いっぱい駆け抜けゴールしました😊
 
森の中で一瞬お話タイム。そこの枝にシロテンハナムグリがいたんだよ🐝足も目👀も素早い!
 
全学年が同時刻にかけっこなので年中クラスの大階段を駆け上るかけっこは撮影できませんでした。一つ前の練習時のblogでその様子をご紹介しています。後日、園の絵日記でもご覧いただけます。年長クラスの森のかけっこが終了後、年少児クラスはポンポンを持って観客席で準備中のシーン。

私達、僕達もがんばるね💕😊

年長/縄跳び
年長児は縄跳びを繰り返し練習しました。そのお披露目の日。

1、2、3、4、・・・。元気なかけ声とともに赤い縄跳びが勢いよく回ります。

繰り返し練習の成果で上手く跳べるようになった子ども達。軽やかに宙に浮いています。

止まったらまた続けます。

何回跳べるようになった?と聞いた時、50回と悔しそうに言っていた男の子。今では本当にそれくらい跳べるようになりました。50回が目標だったのでしょう。

前をむいて1、2、3と。一人反対方向を向いて黙々と跳んでいた子も。真剣な表情に心打たれました。

縄跳び選手がまた一人と増えている今日この頃。

いつの間にか跳べるようになり笑顔で見せてくれたり、両手をあまり動かさなくてもクルクルと縄を回し軽やかに跳ぶ姿が印象的でした。

何度でも挑戦し自信を持った明るい笑顔が光る子ども達。

継続は力なり。今後も引き続き跳び続けていきます😊

年中、年少クラスが年長の発表を見学しているところです。

年長/走り縄跳び
続いて年長児の走り縄跳びです。

一列に並んでよーーい、

ドン! はじめに女の子が走ります。楽しそうです!良い姿勢で手の縄をまわし跳びます。

階段部分は縄を手に持ちます。

次々と自慢の走り縄跳びで駆けて走ります。

頑張って~😊

次は男の子👦✌ 勢いよく走り出ます。

上の園庭から下の通路を通過して再び園庭に戻ってくるスタイルです。

走るように颯爽と、縄が手から外れてもすぐに元のスタイルに持ち直し走ります。

何度でも、何度でも・・・

下の通路。年中クラスが並んで応援をする中、一列になって走り抜ける年長児の姿。

また園庭に戻ってきました。

安定した走り縄跳び。

頑張り続けることができます。まるで持久走のようでもあります。

歩幅も大きく軽快に走る走り縄跳びの姿。

体の動きがとてもダイナミックになりました。

気力、体力、持久力が確かに身についたと思える年長クラスの子ども達。同じことの繰り返し練習の積み重ねが確実に自信を生みだします。

走り縄跳びはみな大好きです。

跳び続ける子ども達。

体力、足の筋力も鍛わり生き生きと活動している年長児達です。

持久走縄跳びのようです。

はじめと変わらず軽やかな足取りで。

年中の子ども達もしっかり脳裏に焼きつけながら応援しました。年長クラスの走り縄跳びの発表でした。

年少/お遊戯~ぼよよん行進曲🎵
次は年中長が見学する中、年少クラス合同でお遊戯を発表しました。一学期の生活発表会が実施できなかったため、是非みんなでお遊戯の体験をしたかった年少のことりぐみとたんぽぽぐみです。

初めは全員で集まることがなかなかできなかった時期を乗り越えての発表となりました。

毎年、一学期の生活発表会では、舞台に立ってお遊戯ができるようになったことをお母様方は喜び褒めて下さいます。日頃の頑張りに対してお家の方々に見てもらい褒めていただくことで子ども達はまた成長して進んでいくことができると信じています。是非、次の機会にはさらに大きくなった子ども達の発表の様子をご覧いただけるように頑張りましょう!

全員で輪になってこのお遊戯ができた時があり、それは全員が感激の瞬間でした。

クラスではできていても園庭で広がるとなかなか難しく、場所を変えての練習を重ねて頑張った年少クラスの子ども達です。

ぼよよよ~ん♪ イェイ エイ エイ エイ・・・🌺 🌺・・

ぼよよよ~ん🎵 

イェイ エイ エイ エイ・・・🌼 🌼・・

ダン ダン ダン ダーダンッ、ヤーー\(^o^)/

年中/逆上がり(ゆきぐみ)
次は年中クラスのゆきぐみが逆上がりに挑戦し練習を頑張ってきました。

まずはじめは、鉄棒にぶら下がってつかまり(なるべく肘を曲げて)、足をブラブラ~と動かす運動で始まります。

腕の力と腹筋でもって鉄棒にお腹を近づける準備運動です。鉄棒に体が近づくほど逆上がりが回りやすくなります。

可動式の鉄棒を並べ、次から次へと休むことなく続けます。

次は鉄棒の下にマットを敷いて、回れるように頑張ります。それっ。

この日は応援のお陰もあり、くるりと回れた子が多く見られました。

さあ、頑張るぞ~。

くるりっ、とまわって着地。

ヤッター!!と先生とタッチ😊✌

お腹を鉄棒につけて・・・

くるりっ

できた!

次々と逆上がりが決まり、連続で回りたい気持ちも湧いてきます😊

その時、上空でヘリコプター🚁がウィ~ンと静止し、みんなを見てくれているようでした。よかったね。みんなの頑張りをヘリコプターが見にきてくれたみたいね!青空を移動するヘリコプター🚁に褒めてもらったようで嬉しく思う瞬間がありました💕 見てくれてありがと~う👋

年中/竹馬(ほしぐみ)
次は年中クラスのほしぐみが竹馬に挑戦です。

まずその場で静止。いーち、にー、さーん、しー、ごー、ろく・・・と、10を数えるまでその場で静止スタイルを保ちます。

では始めます。まず女の子、竹馬はじめ!

一歩いっぽ、足を前に出し、前傾姿勢のスタイルで進みます。

竹馬が外れても、足が竹馬から落ちても、繰り返し竹馬に乗って頑張っています。

次の列も少しずつ進んでいきます。繰り返しチャレンジする子ども達。

竹馬に乗る前は体の動きをイメージし、重心を傾けながら前に身を傾けて歩く練習などを重ねてきました。

最近では二歩、五歩、とバランスを取りながら歩みをすすめられる子が多くなってきました。石畳からスタートしたり、ジャングルジムからスタートしたりとさまざまに練習をしました。さて次は男の子。ピ~!

挟んだ親指と人差指の間に重心を置き、前傾姿勢で歩いていきます。

いい調子です。外れたら続けて乗って進みます。やる気、根気が溢れます。

先生は横で励まし続けます。子ども達が自分の力で乗れることを信じて、手を貸さずにゆっくり応援します。

お家で練習ができない竹馬は、保育時間の中の僅かな積み重ねを続けて頑張っています。今はその場で小刻みに足踏みを続ける練習も取り入れ、そのまま数歩ずつ先に進めた子もいました。その子によって声かけを工夫してみるといつかふと乗れるようになる瞬間があります。それは玉なし自転車の練習ともどこか似ています。運動、また生活の中で体のバランスを取るための体幹筋をしっかりとつくっておくことはとても大事です。

いつもは年中2クラスでシェアして使用する園庭ですが、この日は広々と先が見通せたためかそのままゴールまで到着!

ほしぐみの発表時間がそろそろ終わりの頃、石畳から思い切ってスタートしたところ・・

遠慮気味に端っこを通りつつ、ゴール地点までスタスタと行く姿がありました。聞くと、「いま乗れたの」とのこと✨👧 おめでとう! いろいろなタイミングで乗れる時がいつ来るか楽しみです。継続は力なり! 森に竹馬で行きたいと言っていました。夢はこの先も広がります💕

年長/グループリレー
年長合同で4色カラーのリングバトンのチームに分かれ、グループリレーを行います。

青空のもと、ピー!と笛の合図で各チームがスタートします。グループのメンバーは走者を応援します。

応援を受けて走ります。

赤チーム、次の人にパス! がんばって~

勢いよくダッシュ。✨ 黄色チームの姿も。

青チームも速い!

白チーム、がんばれ~!

リレーはなかなか奥が深い種目です。いつもは小学校校庭を約100mを全力疾走しますが園庭ではこのようにチームを分けるグループリレーも白熱します。他にルート上にマットを置いて飛び越えたり、部分的にくまさん歩きで進んだりなど、工夫次第で真剣、且つお楽しみのスタイルにも変化できるリレー。この日子ども達は真剣勝負の力走です💕🏃🏃

黄色チームが走ります🏃~

青チームがんばれ~🏃

白チームも力走!

赤チームがダッシュ!🏃

年少、年中児が席から応援ながら見ています😊

白チームがんばれ~🏃

アンカーがゴールしたチームは一斉にしゃがみます。勝ちチームは青チーム~、ばんざ~い👑✨

次のグループと交替しグループリレーが再開です。エイエイオー~💕✧ アンカーは白帽です。

グループの走者を目で追い応援します。

バトンをパス。次、おねがい!

走るのはたのしみ😊

はじめに森を徒競走で走り抜けましたが、同じスタイルの走りで園庭を駆け抜けていく子ども達。

リングバトンをはい!

悠々と走ります。

接近してきました!

声援が響きます。

走る、走る~🏃 ブランコの下も走る~🏃・・

いつものペースで🏃

はやく、はやく~👧👍

いくぞ~、それっ🏃~

次はアンカー~🏃

アンカー、がんばれ~🏃

1位は・・・黄色チーム~! バンザーイ\(^o^)/👑 やった!ガッツポーズも👍

2位は・・・青チーム~! バンザーイ\(^o^)/💕 やった~! 各チームの力走が終わりました👏

全体ダンス💃
いよいよメニューも終盤の全体で行うダンス。

子ども達のすきな”ほしぞらカーニバル”にあわせて踊りま~す💃  おおおきなおしりゆさゆさと~・・・ つられてかかとうちならし ひつじさんまでメ~ダンス💃~~

おいでよみんな はじまるカーニバル~ もりもおがわも まきばのかぜも~🌀~ ルンルル♬ ルル~🎵

おいでよみんな ほしぞらカーニバル ねんにいちどだ もりあがろうよ~~✨✨~ ヤーヽ(^o^)丿💕

さて、それぞれの取り組みがこれで終わりました。各クラスの先生から頑張ったご褒美の金メダル🥇をお首からかけていただきましょう。

みんなよく頑張りましたね。一人ずつこれからかけていきますよ😊 年少さん最後まで頑張りました。みんなを座って応援することも頑張りましたね🏅

よく頑張りました。おめでとう😊🥇

頑張ったね、おめでとう✨🥇

はじめての運動会がんばりました😊🥇 みんなよくがんばったね💕🎖

うん、うれしい~😊💕🥇

みてみて💕🥇

こんな金メダル🥇

いいでしょ👦🥇 みんなしみじみとながめる年少さんたち。

がんばりメダル~🥇

お~~、おなじだ~😊🥇🥇😊

みてみて~😊                    まえ(きょねん)とちがうよ💕

うれしい~~😊

笑顔がこぼれます。そして毎日歩くことからなんでもがんばってとりくんできましたね🏅

お山の上でそれぞれの取り組みを頑張って続けてきた一ヶ月でした。継続は力なり。この調子でまた一歩ずつ取り組みを続けていく予定です。

年中さんが頑張っている鉄棒の姿を見て、外あそびで私が一緒だった年少さんが思わず逆上がりをクルリとまわってしまった瞬間もありそれは嬉しい驚きでした😊 ふとしたタイミングと声かけでチャレンジできる子ども達です。

園内で各学年がお互いに啓発されながら取り組みを続ける、私達はそれを応援しまたそうありたいものです。実りの秋をさらに深めていきたい今日この頃です。
--------------------------------------------------
ブロッコリー&白菜を植えたよ🌿(年中10/5記録)
今年は何だか9月が大忙しで10月に入ってから畑づくりとともにお野菜の苗を調達しました。

事前に子ども達が畑の土の塊を手でほぐしたり、放課後に先生達と新たな土や腐葉土を投入してフカフカの畑の畝が完成!

この日は月曜日。年中クラスが畑にやってきた時、ひみつの庭の一番背の高い木”メタセコイヤ”から新しい緑色の球果や特徴のある葉が黒い土の上に落ちてきていました。思わずまずそれを子ども達と共有したくメタセコイヤについて少しお話をしました。メタセコイヤは生きた化石と呼ばれ、700万~200万年前の中生代ジュラ紀から新生代古第三紀に繁栄し、その後絶滅したと考えられていたところを中国で発見され有名な木になりました。お山の中にも数本のメタセコイヤの木があり、白川通からも見えるほどの高木です。葉の紅葉が特別なオレンジ色になるのも魅力です。

そう、この小さな実はきっと風が吹いて緑の葉っぱとともに木から落ちてきたのでしょう。これからの冬~春3月頃にかけて小さな実が茶色くなってたくさん落ちてきます。中には種がたくさん入っているのが見えます。畑に来たらメタセコイヤの実が落ちていないか見てみましょう。

さて、クラスでお話を聞いてきたようにみんなが植えるのはいつもお弁当に入っている?そう、ブロッコリー🌿。小さな赤ちゃん苗なので丁寧に植えてあげましょう。

土がやわらかいのでこうして手で深く穴を掘ってあげます。

ビニールポットを外したら土を崩さないように穴の中にそっと入れてあげて横からおふとんをやさしくかけてあげます。土のまわりにる白い根っこから栄養を吸って大きくなります。あと毎日必要なのは・・? お水! 太陽! と声が上がります。みんなは毎日お野菜の株元からお水を飲ませてあげて下さい。吸い込むようによくお話を聞くことができる年中さんの子ども達。

そしてもう一つ。寒くなったらお家でお鍋をするときに入れるお野菜は? 白菜!昨日食べたよ!と女の子👧。おいしかったね~。そう、これはその白菜の赤ちゃん苗。同じく手で穴をしっかり掘ってそっと入れてあげます。

白菜を育てるのは初めてのチャレンジです。気温が温かいうちにしっかり葉を育てていくと巻きもよくなります。

両手で土を掘っていきます。              ブロッコリーの小さな苗。今年も大きく生長してくれますように👏品種は”緑嶺”。今年のブロッコリーには実はヒミツが隠してあります😊どうなるかなあ。お楽しみ~

こちらは白菜の苗。中が黄色の品種”みねぶき”と、中も白の品種”無双”の二種類を植えていきます。

そっとポットからはずして、ここらへんかな。

手で十分穴が開くほどフカフカの土になりました。やさしく置いてあげます。畑はもちろんいつも無農薬で今回は特に腐葉土がたくさん入っています。これからはみんなで集めたお山の落ち葉や野菜くずから良い土をたくさん作れたらと考えています。ただしお山は土の中にカブトムシやカナブンなどが見えないくらいの小さな卵を産卵するので幼虫がいっぱい育ちます。その土を使うと根っこもかじられてしまいますので思案のしどころです。

こうかな? 大事に植えるね😊

一学期から二学期のはじめにかけてはピーマンもたくさん収穫した子ども達。こどもピーマンがたくさんできたことも嬉しかったね🍃 みんなの手がやさしくてお野菜も安心して大きくなれるようです😊

私はポットをはずす役をするね。            手の指を広げて苗をはさんでからポットをひっくり返してもいいよ。

土の穴のベッドに入れてあげたら上からやさしく土のお布団をかけてあげました。

みんなで植えるお野菜の苗。年中さんのやさしさとパワーでぐんぐん大きくなりますように👏

三人でブロッコリーの苗を植えています。

最後はお水の入ったピッチャーで株元にゆっくり、少しずつ💦

ここね。どこから飲むのかな、よく確かめてからお水をあげることができました。

子ども達の与える毎日の水と空からの自然の雨と太陽を受けて、大きく大きく生長しますように🌿🌿

年長/大根の種をまいたよ🌿(年長10/5記録)
続いて年長クラスも畑で大根の種を蒔きました。

年中クラスのお隣は、やわらかく黒い土の畝が広がる年長クラスの畑です。今年は人数が多いので一人一本を収穫できるようにまた畑を拡張しました😊

ペットボトルの底で一人分一箇所ずつの丸く浅い穴を開けていく先生達。

そして子ども達の手の平には赤い大根の種を三つずつ。作りやすく、肌は白くて艶があるタキイ種苗の種を選びました。 あらっ、手の平にピンク色の玉、ビービーダンじゃない(笑) 植えたら芽がでるかも🌱😲

一箇所に種がくっつかないように、間隔をあけてそっと中に入れました。

そして上からやさしく土をかけてあげます。双葉から本葉になり葉が3~4枚くらいに生育したら1本残して間引きをします。今年は植える時期が少し遅れたので収穫は二学期になるかも知れません。

植え終えたUちゃん。メキシカンセージの花の蜜をチュ💜

年中と年少児も外あそび中の芝生の築山。年中のSちゃんが入ってお話をしていました。

小さなバッタがいたのかな。さっき使ったお野菜のポットに入れ、年少さんに優しく教えてあげる温かな眼差しがありました🥰

2020.09.27

9月27日(日) / ビオトープのミズキンバイとトンボの産卵✾最近の取り組み「竹馬(ほし)鉄棒逆上がり(ゆき)年中」・「縄跳び前跳び&走り縄跳び」~水あそび(年長)・体育指導の日(9/17記録)・ピーマン収穫と調理”赤いこどもピーマン甘酢和え”(9/24)(年中)~階段かけっこetc.・ほのぼのしたこと💕ほか


 <ミズキンバイ(水金梅)>  アカバナ科 学名Ludwigia stipulacea 分布 本州、四国、九州、沖縄
               花期 6~9月 環境省絶滅危惧II類 (VU)

ひみつの庭のビオトープには、アサザ、ミソハギ、スイレンなど水草を含む数種類の水生植物が夏から秋までの間に順に花を咲かせます。いずれもひみつの庭をつくった2013年に、お山の中の環境を生かしたビオトープの土壌づくりのスタートとして、小さなポット苗を数株だけ買い求めて水際に置いたのがはじまりでした。

絶滅危惧種に指定されているミズキンバイの群生。毎年元気に茎をのばして浮葉が広がり、その先に黄色の花をつけます。

今では多種類の水生昆虫が訪れ、産卵を繰り返しながら安定して生息できる場所になりました。写真を撮っていると大型のトンボの羽音が聞こえてきました。オオルリボシヤンマのような綺麗なトンボが水中に産卵しています。

場所を変えてこっちにもあっちにも。

石にしがみつきながら、またアサザの葉につかまりながらの産卵シーンを間近で見せてくれました。

ビオトープの中でミズキンバイが広がる浅瀬を見ていると、静かに潜んでいるいろいろな生き物が観察できます。
--------------------------------------------------
最近の保育の取り組み「竹馬(ほし)・鉄棒逆上がり(ゆき)年中クラス」9/14(月)記録

ほしぐみです。竹馬にチャレンジする前に、両足を揃えて体の重心を前に傾けながらオットットーっと倒れないように静止する練習を繰り返しています。

なかなかオットットーがみんな上手です。今までにたくさん練習を繰り返しました・・、そして次は・・

両手を前にして、なるべく膝を曲げないようにつま先立ちになりながら前に進んでいきます。

竹馬にのるとこんな感じかな~? ゆっくり、ゆっくり・・

長い間このような練習を繰り返してきましたが、この日はポックリを出しました。

両足を上手くのせ、ピンとヒモを上に引っ張りながら足の膝を曲げないで歩く練習です。

先生の説明を聞きながらもう一度やってみます。そうそう、こんな感じです!

紐を引っ張りながらまっすぐにした足からポックリから離れないように、上手上手😊

一本下駄や竹ポックリを履いて遊ぶことはありますが、みんなで一斉にポックリをしたのは初めてでした。

みんな着々と取り組んでいます。いーちに、いーちに。

こちらはゆきぐみです。手を上にあげてグーッと引っ張ってきて、両足を曲げてお腹に力を入れて引きつけるようにします。

可動式の鉄棒を持ってグーッと体を近づけてみます。難しいね〜。

次から次へと進みます。こうすると何回も練習を休まずに繰り返すことができます。

勢いよく走ってきて、鉄棒を両手でつかんでギューッ!!と体を近づける。 あっ、とてもいい感じ😊

だんだん手の力がついて肘を曲げて鉄棒に近づくことができてきます。

頑張ってます~

おっとっとーー                    それでは、肘をグーッと曲げてきて・・

くるりっ✨  そのまま~~

もう一回くるり~~(ガンバレッ)、くるっ!💕💕  やったー! 大きな反動をつけなくても、肘を曲げてお腹を鉄棒にグッと近づけていくと上手く回ることができます😊 お友だちがするのを参考に観てみるとと、とてもイメージがつかみやすくなり思わずすぐにできることもあります。✋鉄棒の下のマットは鉄棒チャレンジ用として新たに調達しました。ほどよい大きさで取り組み易いです。

そろそろお昼前。親子登園に来られた未就園児さん親子がお散歩に来られました😊

ほしぐみはいよいよこの日、竹馬を一人一つずつ取り出して手にした初日となりました。

石畳に竹馬の足をのせて両手で構えます。

なかなか難しいですが頑張って取り組んでいます。

オットットーとなりながらもやる気が満ちている子ども達。この日から毎日コツコツと取り組みを続けています😊
--------------------------------------------------
「縄跳び前跳び&走り縄跳び」~水あそび(年長)9/15(火)記録

年長クラスが出てきました。年長クラスは縄跳びを頑張っています。

走り縄跳びにも挑戦しますが、まずは基本の前跳びがコンスタントに跳べるように取り組んでいます。

縄跳びの紐と格闘中です。

1、2、3と数えながら繰り返しの連続跳びができるように頑張っています😊

一回上手く跳べたら何度も繰り返すうちに、いつしかどんどん跳べるようになるのが縄跳びの面白いところです。

1、2、3、4、と両手をクルクルと小さく回して跳ぶ姿も見られます。慣れてくると腕を大きく回さなくても跳べるようになります。

みんなで毎日繰り返し練習を重ねていきましょう。継続は力なり!必ずできるようになります✨

年少児が外あそびを楽しんでいます。太陽を浴びてひみつの庭の芝生の築山は緑が光っています。駆け上がったり・・

駆け下りたり・・

あっ、そこにいるよー! お魚かな? カエルかな?

おーーい!

ピューッと駆け下りてきました~

あっ、ライオン🦁さんがお水をためてるよ! そうです。もうすぐ年長さんが今年最後の水あそびをしにやってきます。

秋の空が広がる中、年少クラスが外あそび中。

次は上のお庭であそぼうか~😊

ライオンさん、がんばってお水をためてるよ。 そろそろいい頃かなあ?

年長さんがやってきました。15日、この日は日中はまだ気温が30℃ほどありますが少しずつ季節は秋に向かっていく9月半ば。

今夏は6月から園内で水あそびをスタートしました(例年は1学期発表会後の7月~)。例年は9月に入ると水に入るには涼しいのでなかなかできません。今年は残暑が長かったお陰です。

年少児さんが外あそび中。ふと後ろを振り返ると年少のEくんのお顔😊

芝生に太陽がさんさんと降り注ぐこの日。水から出て裸足の感覚を楽しみました。

思わず寝そべる女の子HちゃんとYちゃん。きっもちいい~~💕

Dちゃんも😊 背中がほかほかする? 太陽の光を浴びて大きく育ちますように~👏

私も一緒に芝生の上に転がると見える空とアラカシの木。

脇のモチノキ”レッドロビン”の先に春の赤い新葉が残っているのが見えます。いずれすべて同じ色になります。

みんなで集う夏の終わりのひと時。

鮮やかなハイビスカス🌺の花。

きもちいいね~~😊

みんなで水あそびできてよかった💕

コロコロコロ~~🌀~🌀~~

最後にもう一度水に入って楽しみました。

センニチコウのお花のところにキチョウがいたらしく元気がないとchinami先生。精一杯生きて力尽きたのかも知れません🍃🍃
--------------------------------------------------
体育指導の日(全学年)(9/17記録)~(撮影の都合で掲載は全てではありません)

幸い天候に恵まれ、園庭で実施するのはこの日が初回になりました。「おはようございます!」「よろしくおねがいします!」

今回はお山の運動会に実施する内容を予めお伝えしておき、各学年ごとにその基礎となる動きについて教えていただきました。

片足ケンケンで行き、帰りは別の足で~

スキップで往復も。

よーいドン!でゴールを目指して~、そしてUターン。

前傾姿勢で一斉に~

玉を踏まないように~

走りながら足元をよく見て走ります。動体視力は大事です。

赤白両方の玉が散在。

赤い玉を一つとってゴールについたらUターンで。

帰りに白い玉を取ってゴール~。何通りかを何度も繰り返し、瞬発力や咄嗟の動きに取り組みました。

チームになって。

4~5名のチームに先生も加わって走ります。自分のチームを応援します。この場合、長い列のチームより少人数のチームで取り組んだ方がグループの一体感が生まれやすいです。

走って鉄棒をつかみ、肘を曲げて体を鉄棒に近づけて、足をブラブラ~。これが難しく大抵手が伸びてぶら下がってしまいます。腕の力が重要です。次から次へと走ります~

帰りは大きくまわってエアーで走り縄跳びをイメージしながらラインの右をぴょんぴょん、左をぴょんぴょん。それを続けて最後まで行きます。

縄跳びを二人で持って同じペースで上手くまわしながら進みます。

予め待機していた年少児クラスの時間です。6月から第三園舎で体育指導を受けていましたが初めて園庭で実施となる年少さん達。ご挨拶の後、まず集まれあそびをしました。号令を聞いてさっと全員が集まれることは簡単ではありません。これが楽しめるようになると先生の声かけで一斉に集まりやすくなります。

繰り返し行います。ジャングルジムに集まれ~。動きが早い子、ゆっくりペースな子、聞いていない子、よそへ行ってしまう子などさまざまです。

ブランコに集まれ~~😊

鉄棒にあつまれ~✌

瀬川先生に集まれ〜。室内では容易なことも広い場所では難しくなります。いつもあそんでいる場所なので気持ちも反れ気味になります。私は下に行ってしまった子を呼びに行き交渉に入りました😊 その後は来客があり撮影はここまで(後日アップされる絵日記をご覧下さい)。

年中児クラスが始まっています。マーカーを踏まないようにケンケンで。

両足ジャンプで~

鉄棒です。両手をぐっと体に引きつけます。

そう✨こんな感じです。みんなよく観ています。観ることでイメージが湧いてきます。私も幼稚園の頃は当時の小学生が鉄棒を楽しむのを見て覚えました。鉄棒は体が伸びてしまうとできません。腕を曲げてお腹を鉄棒から離さないようにして最後まで丸くなって回る習慣をつけます。
 
実は私は幼稚園の頃は鉄棒名人で(手前味噌も甚だしい!)、前回り後ろ回りを何十回も連続で数えられないほど回りました。昔は鉄棒が人気で交替しながら取り組んだものです。冬には着ていたカーディガンを鉄棒に巻きつけて足かけ回り、また鉄棒にかけた片足を鉄棒の下から回した両手で膝の前で押さえてそのままくるくる回ります。鉄棒にかけた足のもう片方の足で反動をつけ、気持ちよくまわるのが心地よい楽しみでした。鉄棒の上に座り両手を横にして鉄棒を持ち、そのまま前に後ろにお座り回りも楽しみました。とにかく何十回も回り、お友だちと数えながら競争するのが楽しみでした。いよいよ幼稚園でチャレンジする鉄棒がなくなってしまい、ブランコの上の高い鉄棒を見つけてよじ登って回ろうとしていたところを先生に見つかって叱られたこともありました。子ども達には身近な鉄棒で腕やお腹の力をつけ、取り組む楽しみとできた喜びを重ねてほしいです。
 
がんばってるよ!                逆上がりの時は肘を曲げてお腹を丸めて鉄棒にグッと近づけます。

やった~!! あとはグイッと回り上体を起こすのに腹筋が要ります。元に戻ったら足を地面に下ろさずにまたそのまま回れるようになると連続逆上がりができます。

がんばろうな!

それっ~~~

段違いで二本の鉄棒を並べ、高い方に足をかけて蹴り上げて・・

こうして回ります。

では次。肩より少しだけ広めに鉄棒をしっかり持って、上の手の方に足を蹴り上げる感じでやってみましょう。

くるり~。

足を地面に下ろさずそのままもう一回。体が伸びてしまっては回れません。いつも丸くして鉄棒からお腹を離さないように。

次はほしぐみ竹馬! 今日から裸足です。親指と人差指の間を広げて竹をつかんで乗ります。今では数歩ずつ体のバランスをとりながら進めるようになった子もいて、長い時間はなかなか取れないものの取り組み時間の中でみんな頑張っています。勿論、お山の運動会が終わっても続いてもっと乗れるようになればと思います。森にそのまま行くのが楽しみという子もいます。
--------------------------------------------------
9/24(木)記録

午前中、年長児クラスが公園へ練習に出かけるところです。いってらっしゃーい😊✌

水筒をかけてお弁当までの時間まで取り組んできます。

🍃  🍃  🍃  🍃  🍃  🍃  🍃  🍃

ピーマン収穫と調理”完熟赤いこどもピーマンの甘酢和え”(9/24)(年中)~階段かけっこetc.

一学期からひみつの庭の畑で育ててきたこどもピーマンのピー太郎(品種名)。生のまま食べたり、おかか醤油和えや塩昆布和えなどお弁当にあまりさわらない量のものをつくっていただいてきたピーマンですが、まだまだ畑には白い花も咲くほど継続して育っています。この日は少し大人のお味で酢を使った簡単料理をします。

赤いね。こんなの採れたよ~😊

防鳥ネットのハウスに入り、一人ひとつずつのピーマンを収穫中。

ここにふたつもあったよ。           わたしのピーマン😊あれっAちゃん!甘いよ!

これも採ろうね。

どれにしようかな~~

こんなの採れたよ😊             おっきいピーマン採れたよ😊

私はこんなの😊               半分みどりで半分あかだ😊

え~😊 こんなかたち~😊          いいでしょ😊
みんなで育てた畑のピーマン。たくさん育ってよかったね😊
🍃   🍃   🍃   🍃   🍃   🍃   🍃   🍃

園庭では年少クラスがお山の運動会のメニューの一つおゆうぎ練習をしてします。この日はじめて園庭で行いました。

リズムにのりやすい音楽に合わせておゆうぎします。一学期は発表会が経験できなかったこともありみんなで頑張っています。

最後は「ヤーー!!」😊

つづいて第一園舎。年中クラスは調理が始まっています。真っ赤なピーマンが縦半分にカットされた状態。

コンロを四つ使い焼き網をのせました。火であぶってから甘酢に漬けます。ワタや種は食べても構わないのですが綺麗に取りましょう。

手を洗ってからお机グループに座って種とワタを取り、縦に割きます。子ども達は手作業が得意です😊

きれいにとれたよ~😊               ていねいに一つずつ。

とても静かに取り組んでいます。         できたよ。これでいいのかな。

みんなで手作業をしてきれいに縦半分になったピーマン。次はコンロの焼き網にのせて両面を焦げすぎないように焼きました。

お酢、砂糖、塩で甘酢をつくりその中につけている間、外あそびを行いました。ピーマンはマリネにしてもよいでしょう。園ではお味の浸み込み時間はそうは取れないです。

園庭で外あそび中。鉄棒に取り組む姿も。

お片付けの合図があったのでこちらはお砂場の道具を片付けています。

子ども達から各カゴに戻ってきたものを種類別に分けているところです。話し合いながら取り組んでいます。数名で建設的な言葉を出し合いながら仲良く取り組む女の子達。

おもちゃ倉庫へしゅっぱーつ! たくさん運んでいますね。

きれいにスタッキングされています。過去にはおもちゃをぽんぽん投げて片付けてしまう姿もありましたが、こうして重ねるとみんなで使うお道具を大事に思うことができます。虫メガネや図鑑、虫かごも使った人が元に戻すように頑張っています。

お片付けの後は年中クラスが「階段かけっこ」です。いつも歩いている階段を一段ずつ抜かさないように上まで駆け上がります。

よーいドン!

一歩ずつ確実に。

上に上がる一方の取り組みです。

体育会の取り組みのようですがそんなことはなく、子ども達はスタスタとのぼってきます。

いつもは歩く石段ですが、年中児になると体が機敏に動くようになり体力もついています。

到着したら上の階段で待ち、頑張ったお友だちを迎えます。

よーいドン! 最後は先生達と一緒です。

そこへ公園練習に行っていた年長クラスが園に帰ってきました。きっと頑張ったことでしょう。手には綺麗なタマムシがいます。どこかに命尽きて落ちていたようです。

タマムシも多種類いてお山の中ではあと数種類のタマムシが見られることがあります。でもタマムシと言えばストライプ柄のこれですね。みんなで観察中です😊

鉄棒。頑張ってます😊               肘を曲げてグーッとひきつけます。

回れたよ~。一回下りたら止まらないですぐに二回目回ってごらんと言います。そのうちに下りなくてもそのまま連続で回れるようになります。みんなが帰ってもまだやっています。回数は力、継続は力なり😊

竹馬。頑張っています😊 続けましょう。

ひみつの庭にはママ達数名の姿が💕 小さなお友だちNちゃんもご一緒👧 

お料理できたよ~~😊 いっこせんせいのところにもっていくの、とKちゃん。あれここにいるけど、と(笑)。お当番さん四人で園長室に届けてくれるのです。

さてクラスの中ではお楽しみのランチタイム💕~ おいしそう~💖

先生が少しずつ”赤ピーマンの甘酢和え”をお弁当のふたにのせてくれます。

各クラスのお当番さんが前に出たら、「よくよくかんでたのしくたべましょう。いただきます👏」

ピーマンおいしいよ!               うん。おいしい💕

ちょっぴりすっぱいけどおいしいよ💕        もうたべちゃった~😊

たべたよ😊 おいしかったよ✌✌  よかったね😊
--------------------------------------------------
ハーブ🌿を植えました~🌿🍃9/15(火)

ひみつの庭の北奥にハーブコーナーがあるものの土質の関係もあり育ちにくく、ブッドレアの近くで子ども達が手で触って香りを体験しやすい場所に三種類のハーブを夕方に植えました。夏アジサイのノリウツギ ハイドランジアパニキュラタ(学名Hydrangea paniculata ‘Limelight’)が今も咲いてくれています。

あるお母様によるとお山は涼しいからとのこと。太陽に近い分暑いようにも思えますが^^;、風が通り気持ちのよい日にはすでに涼しく感じることもあります。空気は流れているように思います。白は新たに開花した枝。薄グリーンは少し前の開花です。

こちらは反対側の北側に植栽した同じくアジサイのハイドランジアアスペラ。タマアジサイの一種で新品種です。アスペラの品種は日本にはまだほとんど入ってきていませんが、海外には本当に素敵な品種が多くあります。アジサイは日本原産ですが品種改良されて逆輸入で入ってきたものが多いです。一般にアジサイと呼ぶ西洋アジサイも同様にです。

昨年にローゼル(ハイビスカスティー🌺の花)を植えていた果樹用の大型ポットに植えることにしました。横のローズマリーの葉にジャノメチョウがとまりました。図鑑を見て載っていない場合、もしや新種では?なんてワクワクすることも。

こちらは次の日16日(水)の全園児外あそびの午前。ウッドデッキにくると数名の子がいて見るとKくんが手にしているのはさっき見せにきていたカブトムシ。潰れていたのを手に接着剤で直してあげています。上手くつかないということで少し手を添えてあげると整形できたようでした。乾くまでそっとね。よく生き物を見つけ、この日は目でよく見て治してあげていました。

ここは園長室前。Tちゃんが手にした中にはきれいなメタリックカラーのセンチコガネ。緑色のとても綺麗な色をしています。手の間にもぐってくるのでくすぐったい虫ですがあまり元気がありないようです。暑い夏が過ぎまだ夏の虫も頑張って生きています。園内のカラタチやユズやミカンの木に各種のチョウが産卵する姿をタイミングがよければ子ども達と見られることがあります。

あっ、なにかな。小さな小さなショウリョウバッタがいました。季節は秋へと進みます。

こちらが新たに植えたハーブ🌿のポット。左からレモンバーベナ、レモンバーム、スペアミントです。音や香りは脳に影響を与え子ども達の五感の成長に大きく関わりますから、最近音に興味を持ってきた年少児さんにも香りの体験は重要だと思いついて植えたのが理由です。

フレンチレストランでもティザーヌとして食後に出されるレモンバーベナは通称ベルベーヌ。レモンの香りがよく、葉が増えたら生葉を摘んで適当にミックスし、上から熱湯を注ぐと香りのよいハーブティー🌿ができます。蜂蜜を添えるとさらに健康的で子どもにもよいです。

レモンバームも宿根して放任で育ちます。右写真はハーブたっぷりの飲み物。出かけた時にいただいたものですが、モナンのミントシロップ(ハーブや花で作られたもの)を炭酸で割って、上からたっぷりのミントをのせたものでしょう。スペアミントの香りが爽やかでした🌿
--------------------------------------------------
最近ほのぼのとしたこと💕

お子さん達がとても大好きな絵本だそうです。

みんなもよく知っている”だるまちゃんとてんぐちゃん”の絵本ですが、私もあらためて自分自身の幼稚園の頃を思い出しながらページを開きました。

だるまちゃんとてんぐちゃんがあそんでいて、だるまちゃんはてんぐちゃんのうちわがいいなあと思います。家に帰ってだるまどんに相談します。

うちわをたくさんだしてもらいましたが、いいものがなかったのでだるまちゃんはヤツデの葉っぱをうちわにして上機嫌。ところがてんぐちゃんはとてもいいお帽子をかぶっているのが見えました。そこで、また家に帰ってたくさんのお帽子を出してもらいましたがてんぐちゃんのようないいものが見つかりません。

いいことを思いついただるまちゃんは木の板にのってヒモで足をくくることにしました。ところが次にてんぐちゃんに会ったらてんぐちゃんの長い鼻にトンボが止まり、それをつかまえたてんぐちゃん。てんぐちゃんは長いいい鼻をもっているなあと思い次はそれがほしくなっただるまちゃん。

次のページはだるまどんがとてもたくさんの花をてんぐちゃんに集めてくれたところで、私も小さな頃に見たこのページが好きで懐かしくなりました。当時自分で知っている花もあり、何だかわからない花もたくさん描かれていました。

Sちゃんのお母様はSちゃんが大好きなこの絵本の中のあるページに鉛筆で書き込みをされていました。それぞれの花のなまえとその花が咲く季節まで書き込んであって、Sちゃんとお家で楽しみながら何度も一緒にページをめくったあとがついていました。数箇所のわからない花には( )がついていて、調べてもわからないので教えてほしいというお願いでした。

1960年代の昔に描かれた良い絵本で、さすがにそれぞれの花が丁寧に描かれています。「この花は?」とお子さん(男の子)と一緒に指で押さえながら読んでおられる幸せな時間が見えるようで、ほのぼのとした気持ちになりました。あとでお母様の手で記入してもらえるように私のわかる範囲で付箋を貼ってお答えしたのですが、私にとってもほのぼのとした楽しい時間をいただきました。読者になる親子を思って描かれたものが今の時代もこうして読み継がれていること、また今のように品種改良がされていない時代の花を丁寧に描かれていることにも心新たにしました。花も現代よりも原種に近いものが基本的に描かれていました。

結局、「ちがうよちがうよ ぼくのほしいのは さいてるはなでなくて かおにあるはなだよ」ということで、だるまどんはあたまをかきました。でもいつもやさしいだるまどんです。だるまどんはお母様のようです。お子さんが求めるものをできる範囲で懸命に受け止めておられます。それが次への成長の糧となるのは明らかです。

だるまちゃんはお餅で長い鼻をつくっててんぐちゃんに会いました。するとすずめが飛んできてだるまちゃんの鼻にとまり、だるまちゃんはすずめをつかまえることができました。てんぐちゃんは「すずめがとまるなんて、だるまちゃんのはなはいちばんいいはなだね」とにこにこしてふたりはいつもなかよくあそびました。おわり。懐かしい絵本を私も拝見することができました。感謝。

こちらは第三園舎年長つきぐみクラス。毎朝登園後に今は折り紙を頑張っています。折り鶴や手裏剣など。折り方も難しく、丁寧に折り紙の角を合わせるのも気力がいります。

こちらは実習生担当の製作の時間に、季節の果物であるブドウ🍇をみんなで作りました。子ども達も楽しい取り組みの時間になったようです😊

色水用に~✾

庭の花や花瓶に飾った花が終わりそうな頃、今もたくさんの子ども達が並んでつくる色水あそび&ポプリづくり用にと入れておきます。

スターチス、庭のアナベルが枯れてドライになった花びら、5月のティユール(菩提樹)の花びらのドライ。

先日、お家のお庭の黄色の彼岸花(リコリス)を手に登園したHちゃん。花が少し過ぎているから色水にしても、とのことでしたが、いえいえとても綺麗なので花瓶に飾るわねと頂戴した次第。園長室で早速花瓶に飾ったところに、早、色水あそびの子ども達の姿が。今日は水曜日だからひみつの庭に行って色水づくりをしようかと声をかけたところ、ポプリがしたいとのこと。その子が言うには大事なわけがあってそのまま勝手口で作ることにしました😊 次にHちゃんもやってきてその彼岸花も使う!と花瓶を指さして言うので、いつものドライの花びらや葉っぱの上に一輪もらって黄色のリコリスを入れると素敵なポプリになりました💕

Aちゃんも入れたいと、、。みんなが黄色の綺麗な色に目を奪われてそっとサシェの最後に入れる姿がありました。

私も一つつくりました✾ リコリス、ハイドランジア、ラベンダー、マロー、ローゼル、ポンポン菊、テイカカヅラの葉など。森のドングリや木の実を中に入れてつくる子もいます。ひみつの庭で落ちている実や葉をつかってもきれいな色水もつくれます。

こちらは日本ではまだ珍しいフジバカマ ユーパトリウム”リトルレッド”。夏休みの間にほぼ花が終わってしまい先日思いきって短く刈り込みをしました。

アサギマダラの飛来を願いつつ返り咲きをしてくれることを願っています。花はドライフラワーとしての風情もあります。椅子の上にのせて。

そろそろお昼前。庭で子ども達と一緒にいると山盛りランチを年中のJくんが抱えてきてくれました。隣にいた年少のSちゃんと一緒に、ダイナミックに作られたランチを食べました。中でもスープはとても美味でSちゃんはニコニコ笑顔になってペロペロと(猫ちゃんのようなフリ)なめていました。

いよいよひみつの庭のブッドレアももうすぐ花が終わりそうで寂しくなります。この後に庭に入ると一頭の黒いチョウが飛来して吸蜜していました。

シロオビアゲハのようですがモンキアゲハのメスでしょうか? 大きな翅を広げながらあちこちに飛び移ります。

長い口吻を出して蜜を吸っています。ブッドレアはイギリスではチョウが好きな花として有名だそうで、娘の小さな頃に長野県蓼科で初めて出会ってから今も好きな花の一つです。園内のユズ、カラタチ、レモン、ミカンの木をみると今でも必ず小さなチョウの卵が見つかります。気温が低くなるとサナギは羽化せずそのまま来春まで越冬します。

2020.09.12

9月12日(土) / ダリア”ミセスマクドナルド✾・”こどもピーマン🍃収穫&クッキング”(年中クラス)&トマト🍅苗植え(年少)(9/8(火)記録)・縄跳びはじめ(年長)(9/10(木)記録)・ひみつの庭で水あそび🦁💦(年少)


  <大輪ダリア “ミセスマクドナルド” >  キク科  学名 Dahlia  原産地 メキシコ、グアテマラ
                      開花期 7~10月  和名 テンジクボタン

7月から夏休み中にかけて数種類のリリウム(Lilium)がよく咲いたひみつの庭でしたが、9月に入った今はダリアが少しだけ咲き残っています。

こちらは一昨年秋の”ママの日”に球根を植え、昨夏に美しく開花したダリア“ミセスマクドナルド”。本来は赤と白のくっきりとしたバイカラーが特徴の大輪ダリアですが、一年を経て球根が土中にあったためか、まるで他の品種のような色合いになって咲き残っています。植えたダリアは他にピンク色の”栄冠”とオレンジ色の”ロイドヒューストン”のみだったので、このダリアはやはり“ミセスマクドナルド”に違いなく、まるでその変わり種のようにも見える色合いになりました。

アイリスの実                      アガパンサスの実

こちらは7月半ばに開花したアガパンサスの様子です。今年の梅雨はなんと7月一杯まで雨が続き異常気象の現れでもありましたが、タイミングが合わずにアップできないままでした。Hママが株分けを植栽して下さったものと、新たな品種を二種ママの日に植栽したものが時間差で咲いてくれた7月でした。

クマバチがあちこちのアガパンサスの花の中に戯れ、花びらの底に外から口吻を刺し込んで一つずつの蜜を吸っていました。

ビオトープ際のホスタ”アトランティス”の実も。

こちらは現在のビオトープです。絶滅危惧種のアサザやミズキンバイとともに、卒園児Oママが下さったある種の藻が元気すぎるくらいに繁茂した夏でした。こちらがそのアップ写真です。ミナミヌマエビやメダカが近くまできています。

藻と言えば、水槽で魚類を飼っている方はよくアナカリスやマツモなどを使われますが、こちらは名称不明?の藻です。もしご存知の方があれば教えて下さい。太陽を浴びてとても元気に繁殖しているので先日入園説明会に来られた方が喜んで持ち帰って下さいました。なんとビオトープの半分を覆ってしまいましたので、夏休み前と同様に整理をしなければならないくらいです。処分するのは勿体なく、もしもご家庭で使われる方があれば是非もらって下さい😊。園のビオトープではタナゴ、オイカワ、クロメダカなどが藻の間をぬって気持ちよさそうに泳いでいます~🐟🐡

夏の間は三種類のリリウムがたくさん開花していました。こちらはアカカノコユリ(リリウムスペキオスムルブルム)とダリア”栄冠”。

リリウムとともにアジサイアナベルもよく咲いた夏でした✾
-----♥-----♥-----♥-----♥-----♥
いよいよ忙しい二学期も半ばになりました。大学生の幼稚園見学や実習生、未就園児さん親子登園準備や業者さんとの打ち合わせなど、また例年と異なる運動会になるため新たな保育プランの決定も含め、日々先生達とともに園全体が目まぐるしく回り続けている園内です。日中は子ども達も額に汗を光らせて各クラスが目標に向けて元気に取り組みを続けています。
  
先日のお知らせでお伝えしましたように、今後は毎月の未就園児さん親子登園のメニューを「プレイルームだより」としてお配りすることにしました。新たなおもちゃも少しずつ加えながら園内プレイルームで未就園児さん親子をお待ちしています!(毎月曜日10時~10時半)🍄781-3200🐤 週明け14日(月)は特別のねんど”にこにこねんど”であそびます😊当日朝までお申込みOKです👌

毎朝8時40分。朝の光の中、もうすぐ子ども達がやってくる時・・

9月初めからお山の中でまず最初に見られるドングリは緑色のままのコナラ。今年も朝一番からコナラの木の周辺にたくさん落ちています。枝を樹上から切り落とすのはコナラシギゾウムシのお母さん。ドングリの中に産卵後、近い枝からプチっと切り落とします。さあ、なぜでしょうか? 

今週より大学から実習生が学びに来られています。朝の園内では、熊手と箒を用いて枝葉を集め、コンクリートの敲きや石段の上の砂を子ども達が滑らないように掃いて園庭に戻すなど子ども達を守る環境整備とともに、朝の30分間でお山の中の自然環境から学べることが多々あります。大学の幼稚園教育課程では「子どもが現在を最も良く生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を培う」ことを実現するために、教育原理や児童心理学などとともに保育におけるポイントを5つに分けた「5領域(健康、人間関係、環境、言葉、表現)」が設定されており、各領域に基づいた保育計画や保育方法を学んでいただいています。

環境について/
〇身近な環境に親しみ、自然と触れ合う中でさまざまな事象に興味や関心を持つ。
〇身近な環境に自分から関わって発見を楽しんだり考えたりし、それを生活に取り入れようとする。
〇身近な事象を見たり考えたり扱ったりする中で、物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする。

先日9/10(木)の朝、クマゲラ(キツツキの仲間)を折り紙で作って登園したKくん。クラスメイトも周知のように、とてもよく見える「自然のメガネ」を持っているKくん。どんな一瞬にも自然に対する探求心が失せることはありません。毎日数種類の新たな生き物に出会い、その前提となる自然の草木や樹木についても興味津々の毎日を過ごしています。

園内でよく見られるのはコゲラですが、この日の製作はクマゲラと木の幹に作った巣。
「このようにキツツキは突いて木に穴をあけるんだよね」と折り紙で作ったクマゲラで実践中のKくん。

園内では耳を澄ませていると日中でもキツツキのドラミングが聞こえることがあります。ドラミングは幹の中の昆虫の幼虫を探したり縄張りの主張の意味があります。開けた幹に巣穴ができると数個の卵を産んで♀と♂がともに卵を温めます。 右上写真は園内で見られるコゲラです。

サクラの幹で試した後、おカバンを手にクラスへ向かうことにしたちょうどその時のこと。ヒラヒラッと小型のチョウが周りを忙しく飛びながら私達に近づいてきました。どんどん近づいてまず私の顔に止まり、次にKくんのお帽子にも止まりました😊✌ ウラギンシジミです。

裏側の翅が銀色なのでウラギンシジミ。表の翅はオレンジ色♀、♂はきれいなブルーが見られますが、真夏にもよく飛んでいるチョウです。以前ひみつの庭でまとわりつくように飛ぶウラギンシジミと出会いましたが、その時は私の腕から離れずくすぐったいくらいでした。チョウは土表面のミネラルを吸うためにも地面に下りて止まっているのをよく見かけます。ミネラル分に近づいてくることをKくんに話そうとするや「チョウはきっとナトリウムにきたんだね」とKくん。「汗にはナトリウムがふくまれているからね」と自らの言葉で説明してくれたのでした✨

クラスではスズメガ科の昆虫”シモフリスズメ”も飼っています。

園内のオリーブの葉を食べ続けて終齢幼虫になり、クラスのみんなでケースに加えた土に潜って蛹化している最中です。チョウとは異なりスズメガ科の大型幼虫は大抵土に潜ってサナギになります。右上写真は幼虫図鑑(左)とシモフリスズメの幼虫(右)。

もう暫くしたらサナギを手にのせて観察できるのを楽しみにしているところです。(👇下は土を入れる前の状態)

園内の生活を通してそれぞれの子が好きな分野を糸口に成長できるよう園全体で応援を続ける毎日です。来週は体育指導員の瀬川先生も来られ、お山の運動会(お知らせ27)に向けての練習とともにさまざまな取り組みを予定しています。

さて、実習生により整えられた園庭に朝の光が射してきました。

いよいよ子ども達との一日がまたはじまります。
--------------------------------------------------
“こどもピーマン🍃収穫&クッキング”(年中クラス)(9/8(火)記録)

夏休み中も生長を続けた年中クラスのこどもピーマン畑。赤く完熟となり甘味も増しています。

鳥よけのネットハウスの中に入り、年中の子ども達が育ててきたピーマンを手で収穫しました。

葉の下に育っているピーマンを手にクルクルとねじると簡単に外れます。

ほら、とれたよ!

赤いピーマンだ。私のは半分緑!              ピーマンとれたよ。

みてみて、こんなピーマンよ。               この日はママ達がお手入れに来て下さいました。あとで年少の子ども達が植え付けるトマトのポットを置く後ろ側を整えて下さいました。

フジバカマの向かう側の植え込みのお手入れも。ここも他の草がはびこっていましたが、ホスタ、アジサイ”アスペラ”、スモークツリーの植え込みの周辺を草抜きをして整えられました。感謝。

トマト🍅苗植え(年少)(9/8(火)記録)

続いて年少たんぽぽぐみがやってきて、新たに植えるトマト用の土を柔らかく混ぜ込みました。

一学期の5月は新型コロナウィルス対策として休園のため、子ども達によるトマト苗の植え込みが例年のように叶わず私達大人で植えつけをしましたので、改めて子ども達に土に触れての準備とともに赤ちゃん苗を植える体験をしてもらいました。

子ども達は土の感触も平気。率先して苗のベッドを整える様子です。

たんぽぽぐみのみんなでトマトの香りのする苗を眺めています。これらの体験が5月はできなかったため二度目のトマト栽培🍅をすることにしました。

最後はピッチャーでお水をあげます。

そっとトマトの茎の下、株元へ水を流し入れます。

次に来たことりぐみも落ち着いて先生のお話に合わせて苗を土に植えています。

植えられたらトントンとそっと土を押さえてあげました。小さな赤ちゃん苗だと言うことがわかり、みんな優しく扱うことができるのはとても偉いです。

次はお水をあげますよ。美味しいトマトができますように。

トマトの株元へピッチャーでそっとね。            あっ、おとがするよ。のんでるおと?😊

ねっ、おとがするね! みんなはうなづいていました。

その後、ひみつの庭の西側に満開に咲いている千日紅を見たり、香りを確かめたりして観察をしたことりぐみクラスでした。毎日お水をあげてすくすくトマトが大きくなりますように~🍅🍅(トマト品種は”シュガリーテール🍅”です)

そして年中クラスへ~🍃

収穫したこどもピーマンが着々とカットされ🔪、年中の園舎で調理が進んでいます。

艶やかな赤く色づいたピーマンは子ども達一人ずつがほぼ一本ずつ収穫したので約30個分はあります。畑にはまだまだピーマンが育ち続けています💕

ピーマンの中わたも実は美味しく食べられます。卵料理のオムレツなどに混ぜてもフワフワでさらに美味しく食べられます。勿論カリウムなどの栄養もあり小さな種もさほど気になりません。

九鬼のゴマ油で炒めたら塩昆布を入れお味をつけます。さらに炒り胡麻もプラスして😊

「ピーマンの塩昆布和え」のできあがり~~

どんな香りがするかな?

そろそろランチタイムでもあります✌ みて私のお弁当よ💕💕 それでは年中クラスはお弁当をいただきましょう👏

「よくよくかんで、たのしくたべましょう。いただきます👏」

おいしい~! お弁当の蓋の部分に少しずつピーマンの塩昆布和えを入れてもらいます。 おいしいよ~~😊

グーー!✊                         おいしい💕

これね、これからたべるよ。                 おいしかったよ😊

とてもおいしい😊                      もうたべちゃったよ😲

さっきとったピーマン、もうたべちゃったよ。          おいしかった~~😊✌
--------------------------------------------------
縄跳びはじめ(年長)(9/10(木)記録)

先週は園の縄跳びで、今週はご家庭で長さを調整していただいたmy縄跳びで取り組みを続けています。

ペアになって息を合わせて後ろから大きく回しながら歩きます。走り縄跳びのための前練習になります。後ろから前に、後ろから前に・・

タイミングが合えば走りながら腕を回して進みます。

い~~ち、に~~、

クルッ、クルっとタイミングを合わせて回しながら進みます。

前跳びは手首をくるくると回すだけで飛びますが、走り縄跳びは肩から回して走り跳びしますから違いがあります。

急がずにゆっくりまわして~、息をあわせて~

次は一人縄跳びの前跳び練習~              いち、に、さん、し・・この前50回跳べたの!😊 スィッ、スィッ・・

みてみて~~😊                   縄を定位置で回しながら足をいち、に、いち、に、と交互に足踏みしながらも😊

縄跳びは比較的女の子がお得意のように思えますが、男の子も毎日の練習を継続することでぐんと上手に跳べるようになっています。勿論連続でくるくる跳んでいる子もいます。継続は力なり✾ 応援していきます💪
--------------------------------------------------
ひみつの庭で水あそび🦁💦(年少)(9/3(木)記録)

30℃を超える中、今しばらくは水あそびの予定を入れています。

この日は年少児がひみつの庭の壁泉プールで水あそびを楽しみました。

ライオン🦁さんがお口からお水を出して溜めてくれています。

思い思いに水と戯れ、🦁プールにも慣れてきた年少児さん。

「ちちんぷいぷいの ぷい👉」で🦁さんのお口からザザーッ💦💦 歓声が響きます。

ザザ~~💦💦🦁

ジャンプ~~~💦💦

ビオトープのトンボやカエルが気になる男の子達😊 アカトンボ、シオカラトンボが舞っているビオトープ。

わたしは背中に浴びちゃう💦💦 ザザーッ

思い思いに・・

近づくと滝つぼのよう?

歓声とともに時間が流れ・・                 ここにトンボがきてるんだよ。

柵に止まったシオカラトンボのオス

滝修行~~

私も打たせ滝~~

水と戯れ、楽しい時間をお友だちと過ごしました~

それでは最後に・・ ちちんぷいぷいの~ぷい👉👉

また水あそびしましょう~~😊 エイッ💦💦

まだまだ残暑厳しい9月半ば。いま暫くは高温の日々が続きます。あと一週間ほどは学年ごとに日を選び夏の水あそびを楽しむ予定です。

2020.09.01

9月1日(火) / ユーパトリウム”リトルレッド✾”・二学期スタート~外あそび・園内通信


  <ユーパトリウム リトルレッド>  キク科 北アメリカ原産 耐寒性宿根草
                    学 名  Eupatorium purpureum ‘Little Red’

夏休みに入った頃からつぼみができ、少しずつ開花していく姿が青空の下で見られたユーパトリウムは日本名フジバカマ(藤袴)。今年も大変な猛暑だったせいか夏の間にほぼ満開を迎え、今では開花中の花が僅かになりました。こちらはその頃の写真になります。

この花は京都にゆかりのある花ですが、ひみつの庭の北側にすでに植栽している日本産フジバカマには毎秋チョウの”アサギマダラ”が旅の途中に飛来してくれます。昨秋はごく僅かでしたがまたその姿が見られ感激でした。京都の上空を南の国へと旅をしながら渡っていく途中に、このお山の庭にもアサギマダラが立ち寄ってくれて是非その姿を子ども達も見ることができるようにと、日本産フジバカマより花房が大きく、色も濃いこの種を植えたのが昨秋のことでした。海外の庭ではよく見られますが日本では珍しい種類です。残念ながら今では開花がほぼ終わりそうですが、切り戻しをしたら2カ月後くらいに上手く返り咲いてくれないかなあ・・と思案しているところです。

--------------------------------------------------
二学期スタート~外あそび

9月1日、本日よりいよいよ二学期がスタートしました。

まだまだ気温は30℃を越える真夏日が続きますが、朝晩はわずかに凌ぎやすくなりました。さあ第5グループがバプテスト病院横の坂道をのぼり、元気に石段を登ってきました。「おはようございま~す😊」第6グループも続き元気に朝のご挨拶を交わしました。夏休みの楽しかったお話を聞かせてくれる子ども達です。

続いて第2グループ、第1グループが到着しました。みんなの元気な声が久しぶりに響き、お山の緑も嬉しかったことでしょう😊

子ども達一人ひとりとご挨拶を交わしている間に、続いて第4グループも到着。年長のHちゃんが優しく年少児さんの手を引いてクラスまで連れていってくれます。久しぶりの幼稚園ですね。途中入園の新しいお友だちもお仲間入りで元気に合流されました。全てのグループが到着してから園庭に上がると・・・、年長のKくんが夏の昆虫を観察していました。その昆虫とは・・・

図鑑にも必ずのっているハンミョウです!ハンミョウは別名を「道おしえ」と言うように、人が歩く前を先へ先へと飛びながら移動するユニークな昆虫で、夏の盛りから毎年お山の石段や園庭の砂の上で姿が見られます。私も夏場に山から石段を下りて出かける時はハンミョウに道案内してもらうことがあります😊 「なかなかつかまえられないよ~」と後ろからその姿を追いかけています。

 学名 Cicindela chinensis japonica
ハンミョウは肉食性で大あごが発達しているので、敏捷に小型の昆虫を捕まえて食べるオサムシ科の昆虫です。一学期最後には色鮮やかなタマムシも子ども達の前に何匹かお目見えしましたが、ハンミョウも負けず劣らず鮮やかなメタリックカラーをしています😊。

ひみつの庭へ~ 年中クラス

始業式を終えたお庭に子ども達の賑やかな声が聞こえてきました。それぞれの学年が元気に遊んでいます。こちらはひみつの庭前。年中ゆきぐみクラスがひみつの庭のあちらの方に何かを見つけました✨。さてなんでしょう~😊

奥まで行くと一学期からみんなで育てていた”こどもピーマン”が今なおたくさんの実をならしていました。夏休みも朝夕水をもらってすくすく生長を続けてきたピーマン。いよいよ赤く熟し完熟近くになっています。そうです!一学期にはなかったネットハウス😊に子ども達も気づいたようでした😊✌ 一学期とは違って中に入って観察をしたり、中でお水をたっぷりあげられるようにと先日先生達とピーマンの新しいおうちをつくりました~💕

あっ、あかいピーマンができてるよ。 こっちにも!

みてみて、ここにバッタがのってる?! 近くの芝生の中にはバッタの姿が見られます。

かわいいちっちゃなピーマン😊                

ここにもできてるわ😊            その後、ピッチャーを手にピーマンの株元にそっと水をあげました。

ピーマンの下の土のところにあげるんだよ😊 はっぱじゃなくてね・・  はしっこのにみずをあげたらつちがこぼれてきたけど、だいじょうぶかなあ?とKちゃん。目でよく見て優しい気持ちでお水をあげていた子ども達です。

各学年が一同に遊ぶ午前中のお庭のひと時。ピーマンのおうちに気づいた年長児さんも。

こちらはひみつの庭のビオトープ。淡水魚のオイカワ、タナゴ、メダカがスイスイと泳ぐ姿が見られる夏の水辺🐟🐡。トンボもまだまだ飛び交っていますよ👀~

手でミナミヌマエビをすくい上げようと頑張っているのは男の子達。水際にたくさんのヌマエビが生まれて生息している姿が観察できます。

ほらっ😊と何かを手にして楽しそうな姿の年中の男の子。

ショウリョウバッタがアブラゼミの抜け殻をつかんでるんだよ!

こっちはね、ショウリョウバッタがクスノキの実を持ってるんだよ! 力がつよいなあ~👨👨
お隣の芝生の築山ではバッタを追いかけたり、可愛い目をした小さなカナヘビも一緒に探しました。

明日からも園庭やひみつの庭で過ごしたり、運動あそびに取り組んだり、森に出かけたりと夏の後半を元気いっぱいに過ごしていきたいと思います。

--------------------------------------------------
本日は、園内通信「お知らせ24」をお出ししました。
内容は
◇ 園児名簿関連 新しいお友だちのご紹介
◇ お弁当について
◇ 手提げ袋について
◇ 保育料について
◇ 踏水会水泳教室について
◇ 体操服について
◇ 体操服などの購入について
◇ 水着セット・置き靴・森のお着替えセットについて
◇ カプラ教室について
◇ 課外教室について
◇ 悪天候の日の保育について
◇ 悪天候時の降園について
◇ 一学期保育写真注文について
◇ 未就園児対象”親子登園””園庭開放について”
◇ 二学期「ひみつの庭の」”ママの日”、「ひみつの森の」”パパの日”について
◇ 2021年度入園願書発行、入園説明会について
◇ 2021年度園児募集ポスター掲示について

2020.07.12

7月12日(日) / ヤマアジサイ “藍姫”・トマト🍅観察~絵の具でハンドペインティング(年少クラス6/26(金)記録)・笹飾り”織姫さま彦星さま”(年中クラス6/26(金)記録)・絵画”ピーマン🍃ができた!”(年中クラス7/7(火)記録)・壁面づくり”アジサイ✾”&””かたつむり🐌~笹飾り”風船🎈”(年長クラス6/26(金)、29(月)記録)


 <ヤマアジサイ(藍姫)> ユキノシタ科 学名 Hydrangea serrata ‘Aihime’ 原産地 日本

濃い青色が美しいヤマアジサイの”藍姫”。6月初めより開花し今なお元気に咲いています。夏の終わりには毎年赤色が混ざった美しい秋色アジサイに変化するので楽しみにしてきました。今年は成長期だったのでしょうか。見る見るうちに枝葉を広げてたくさんの花を咲かせたので植物の生長には驚かされます。

記録を調べると、2013年6月に小さな藍姫の株を二株購入しここへ植えたとあります。忘れるくらいの小さな株でした。7年間の歳月をかけて大きくなってくれたことになります。

梅雨から初夏を彩るアジサイにはガクアジサイ、ヤマアジサイ、タマアジサイ、コアジサイ、西洋アジサイなど多品種があり、喜ばしいことにアジサイは日本原産種です。日本原産のガクアジサイがシーボルトによって欧米にもたらされ、華やかな園芸種として改良されたのち逆輸入された西洋アジサイが現在は世界各国でたくさん見られます。日本で桜と言えばソメイヨシノを指すように、アジサイと一口に言うのは大抵は品種改良された西洋アジサイのことです。こちらのヤマアジサイはガクアジサイと同様にもともと日本国内の山地や林に古来より自生していた原種系のもので、暑さ寒さに強く育てやすい品種です。

ひみつの庭の北側の散水栓の横で開花中。ローズマリーと昨秋に植えたユーパトリウム リトルレッド(フジバカマの西洋種)とともに。

アジサイ”藍姫”の横のユーパトリウムはすでに先につぼみが見られます。秋にかけて開花し、長距離を旅するチョウ”アサギマダラ”が今年もはるか上空からこの花を見つけて舞い降りてきてくれますように。
--------------------------------------------------
トマト🍅観察~絵の具でハンドペインティング(年少クラス6/26(金)記録)

この日、年少クラス(たんぽぽぐみ)はひみつの庭で真っ赤に色づいてきたトマト🍅を観察しています。

たんぽぽぐみの前にはワイルドストロベリーやセンニチコウなどの花や実がなり、いつも目にしている子ども達。

近づいて見て「トマト🍅あかくなってる」「トマトのにおいがする」と葉っぱをさわって確かめています。

思い思いに眺め、トマトを観察中。

ほら、ここに実ができてるね😊             ほら、ここもできてるよ😊

まだまだ緑の実もあります。赤く熟してきたら鳥🐦に狙われないようにネットをかけて、守りながら育てている年少クラスのトマト。みんなでじっくり見てみました。

クラスに戻って~

さあ、それでは早速にハンドペインティングです!

絵の具は色を楽しみ、また混ざり合ってできる色合いやにじみを楽しむことがことができる一方、新聞あそびや新聞ちぎりのように手を使って思いっきり発散することで心を開放する、気持ちを表に出せるようになるための一つの方法でもあります。お砂場あそびもそうですが、手に絵の具をつけてダイナミックに取り組んでいるうちに「ぬたくり(塗りたくり)」が心地よくなります。

ペタペタペタ・・と手を使って色をのせていきます。思ったように、思いのままに。

トレイの上で色が混ざり鮮やかな色が生み出されています。

手に絵の具がついても平気、ペタペタと色をつけ、やっているとすっかり平気で楽しんでいます。絵筆を持つ前に、手で、またはスポンジやタンポ筆を使って、楽しみながら色とあそぶことを少しずつ楽しんでいきます。

余談ですが、絵の具を入れるアルミの丸皿はずいぶん昔から園の絵画用に使用しているお皿なのです。 あっ、黄色も手についたね👉😊

はじめてのハンドペインティングでお楽しみ中。ふと横を見ると鮮やかなお花柄のスモックが目に入りました。「きれいな色のお花がいっぱいね~🌺🌻」と言うと「ほらっ」とお披露目してくれます😊。「ほら、こっちもよ」と次のお洋服の色も見せてくれました😊

座って、または立って、ペタペタペインティングが続きます。

みんなの作品が乾燥棚に並んでいきます。乾いた後は七夕のお飾りの一つとしてトマト🍅の笹飾りをこの紙で作ります。

初めてで手に絵の具がつくのは苦手だったSちゃん。いつも明るい笑顔が素敵なSちゃんなのできっと綺麗好きなのでしょう。この日は先生と一緒に少しずつトントン・・ 。 😊🌺👏

丁寧にトントントン・・。 一部のみご紹介でした。
--------------------------------------------------
笹飾り”織姫さま彦星さま”(年中クラス6/26(金)記録)

次は年中クラスへ。すでに七夕の笹飾りの一つ”織姫さまと彦星さま”。

すでに型抜きで絵の具をぬってつくったお着物の上に織姫さまと彦星さまのお顔をつくっているところです。

ほら、できたよ。すでにのりを使って完成。          やさしいお顔ができました。

ほら、できたよ! 頭にはきらきら✨光る星のお飾りもつきました。

これはわたしのピン!                    じっくりと作業中。

できました~😊 お揃いのピンクのお着物です!        一つずつ丁寧にすすめています。

もうできたの? うん! 片付けたら図鑑を見るとのこと。

この図鑑は実に懐かしいものです。もう15~20年も前になるでしょうか。園長室に来た子ども達と調べものをする際によく使っていましたが、ある年のほしぐみに昆虫の大好きな子がいてクラスでも続いて調べられるようにと渡したものでした。その当時、園長室では子ども達も使いやすい小学館の図鑑を使ってきましたが、子ども達は同じものが家にあると言っていたので同じく小学館の昆虫図鑑NEOを各クラス分購入しました。  女の子Kちゃんはきれいにお顔を塗ってあげました😊

できたよ~! 見せてくれます。               こちらはお隣のクラスですが静かに丁寧に作業がすすんでいるところです。

きれいな色のお着物が完成しています。            完成! とても楽しそうな織姫さま彦星さま💑

優しいお顔です。涼し気なお着物がとてもお似合い。      集中して取り組んでいるところです。

各学年とも、お願いごとをした七夕の短冊とともにお飾りは計5~6品製作しました。こよりものりで一つずつつけていきました。昔は薄紙などでお家の方にこよりを作って持ってきていただきましたが、今では作れる方も少なくなったため園で準備をしています。こよりづくりは結構難しく、私の娘の時にはこよりづくりが得意な父に頼みました。父は私の幼稚園児の頃にも作ってくれて、出来上がりがあまりにピシッとヨレがないので機械で作ったかのようでした。昔はすべてが手作りしかないまだそんな時代でもありました。

そっとのりをつけて丁寧に仕上げをします。          できた。

ほらっ😊 続いてもう一つお顔をつけるところです。

完成~😊 幸せそうなお顔をしていて嬉しくなります💕

----------
つづいて、

絵画”ピーマン🍃ができたよ!”(年中クラス7/7(火)記録)

ひみつの庭の年中クラスの畑にこどもピーマンの実ができはじめました。

晴れの日はお水をあげたりみんなでお世話をして育てています。お山の鳥さん🐦から守るためにも現在はネットをかけています。夏期保育中にはみんなで収穫していただく量が成りそうです。きっと晴れのお天気になりますように・・👏

年中クラスは年少児の時にもたくさん絵画制作を行いました。みんな描くことが大好きな子ども達です。絵筆を手に見たままを描きます。ためらったり、考え込むことはなく、思ったまま滑らかに紙に色をすべらせていくそんな感覚です。

こちらは楽しんで描いたピーマンでしょう。軸から長いツルのような茎が出ているのが面白い絵です。

まさにこのような濃い深緑色をしたこどもピーマン🍃 今は畑に次々に育っているところです。 みんな違う僕の、私のピーマンです。

白い花がまだまだ咲いているので、これからたくさんの実が育つでしょう。

ピーマンの形をよく捉えています。余白があるのもいい感じです。 艶やかなピーマンが次々に生み出されています。

楽しんでいます。トントントンッ、トントントンッ・・

いい色ね~🍃 美味しそうなピーマンね~🍃、とつい声がでてしまいます。

形や色も自分の中から出てくるイメージのままに。楽しいことは集中でき、出来上がるたびに達成感が生まれます。

う~ん。ぼくのこだわりのピーマン🍃。じっくり取り組んでいます。

サラサラと一筆書きのように筆を滑らせるのは楽しそう。 すぐにでも食べたくなる美味しそうなピーマンではありませんか😊

筆を持つなり描きはじめました。大きくて(かぼちゃのような)元気なピーマン😊✌ スラスラと描いているので同じ目線に低くなってみると筆を動かすのがなかなかダイナミック。「いまどんなきもち?」とそっとたずねると『きもちいい~~😊』と。何よりです👌

この後、集中豪雨のような雨☔が音をたててしばらく降りました。園長室から滝のように流れる溝を確認すると第三園舎から年長の子ども達が笹飾りをするための姿が見えました。歌が聞こえてきます。即興の創作の歌です。
『あめあめふれふれ あめよふれ~~、あめあめふれふれ あめよふれ~~⛆⛆☔』と繰り返し雨音と同じくらいの大きな声です。
Yくんの声を筆頭に声を合わせて即興の雨の歌が繰り返され、滝のような溝に落ちる水流を目の前に見ながら声高らかに歌っているのが聞こえてきました。その後、てるてる坊主を吊るそうということになり即興で作ったものを園舎前の大笹に取りつけた途端、雨は夢のように止んでいったようでした。

皆さまにお持ち帰りいただいた笹をカットする際、同時にこちらの第三園舎の大笹と園庭のぶらんこに中笹を立てかけて毎年発表会の日に笹飾りとともに皆さまにもご覧いただいています。

途切れず強い雨が降りしきります。園長室からの外の景色もすっかり霞んでいました。

--------------------------------------------------
壁面の作品”アジサイ✾”&””かたつむり🐌~笹飾り”風船🎈”(年長クラス6/26(金)、29(月)記録)

(壁面作品)
“アジサイづくり✾“6/26(金)~ まず和紙に色染め~

【つきAクラス 室内壁面】 いろとりどりのアジサイが勢揃い!

まずこの日、お椅子テーブルの形に座り、手にした和紙を自由に折りたたんでクシャクシャに丸めてやわらかくします。

ほら、こうして折って手で柔らかくしていくのよ。       ギュウギュウと力を込めて自由に丸めたり折ったり。

柔らかく揉みほぐした和紙は給水がよく、乾くとほどよい色合いになります。

私はこう折ったの、そして端っこにそれぞれ違う色を入れてみたの。  開いたらこんな色に出来上がったよ。

アジサイの白い花のように白い部分が残って素敵な色合いも。

ひろげたよ~~😊 すてきにできましたね~ 😊

ほうらっ。 優しい色合いになりましたね~😊

手もアジサイの色になったよ。                鋭意製作中の年長児達。

アジサイづくり~つづき 6/29(月)

数日前に和紙を柔らかくして染めた後、乾かしたものを広げ、この日のアジサイづくりをスタートしました。

柔らかく素敵な色合いに仕上がりました。

似ているようでみんな違います。

ピンク色に光が射して✨

お花紙をカットしたアジサイの花びらを使います。横に飾ったアジサイの花びらの形を見ながら和紙の台紙に花びらを形作っていきます。

のりのついた手に薄いお花紙がくっつくので、そっと丁寧に作業中です。

ほらっ😊 「いい色に染まったね。よかったね~。」

好みの色をどのようにアレンジしてつけていくかは自由。のりを先につけたり、花びらにのりをつけてから張りつけたり自分の方法で思った通りに。。

やわらかで優しい色合いに。

それぞれが自分の染めたアジサイのベースに花びらをアレンジして楽しみます。 こののりはとてもジャンボ。すごいよ~😊

集中して作業が続きました。

途中で白い紙もお目見えし、納得のいくアジサイがたくさんでき上がっていきました。

わたしのはこんなの💕 夢のような色合い、優しくて素敵です😊

鋭意、取り組み中。

どれも素敵な色合いになっています。じっくりと製作中。

だ~れだ😵  Uちゃん😊

繊細な手作業で。アジサイの花びらの中央に丸い点があります。それがついている人が何名かあり、細密な手作業に驚くことも。

花びらに思い入れがあります。八重になり美しい花びらも。

花びらいっぱい、よくできました~😊

花びらをたくさん咲かせて😊

できた人からつきAぐみの壁面に順に貼ってもらいます。

少しアップで。 どれも和紙を染めた上に花びらづくりの細かな作業を集中して頑張りました。

いろとりどりの鮮やかな西洋アジサイが集まります。

白い花びらもあり、花びら中央の小さな点も施された力作。

6月7月はアジサイ ハイドランジアが美しい季節。園のお庭でもクラスの中でも、季節のアジサイが満開になりました。

青色がきれいな西洋アジサイ。                赤味がかった紫系のアジサイも。

みんなでつくった、ぼくの、わたしの壁面のアジサイが出来上がりました。梅雨の間、鮮やかな手作りアジサイとともにみんなで楽しく過ごしましょう😊

(壁面作品)
“かたつむり🐌づくり~笹飾り”風船🎈”づくり 6/29(月)

こちらは、つきBクラスの壁面。今年は園内にかたつむり🐌がたくさん出てきてくれました。観察したりクラスで飼育して育てています。

アジサイの花とともに、みんなで製作したかたつむり🐌大集合~🐌🐌。。。

かたつむりの体は、やはり以前に和紙を染めて仕上げていました。この日はかたつむりの体をはさみでつくり、殻の渦巻をヒモで再現しています。

殻の渦巻は先にボンドを渦巻状🌀につけていました。丁寧にヒモをその上から巻きつけます。

ほぅ~、できたよ。                     こんなになったよ。

濃い色のヒモでくっきりとまきつけていきます。        ほら、できた!

優しい色のかたつむりの体ができました😊

目下、頑張って取り組み中。                 細かな作業でそれぞれのかたつむりの殻を再現。

細かな渦巻きのかたつむりさん。くるくるくる・・🐌🌀

最後は目や口や触角をつけてあげます。

がんばってる? お友だちの様子を見にきたSくん。がんばってね😊

ぼくがすこしまいてあげるね、とKくん。 自分でもできる、お友だちも手を貸してくれる、嬉しいかたつむりができあがっていきます。

ボンドの白い線はいずれ透明に。つきBぐみの壁面はニコニコ笑顔のかたつむりが大集合! どこか、つくった子ども達に似ているような気がしてなりません😊🐌●●
----------
七夕笹飾りの風船づくり🎈/過日、大判の色紙に絵を描いた紙の作品を使って。

先日、スパッタリングの花火の傍ら、風船づくりをするために大判おりがみに絵を描いた日がありました。

この日はその時に描いた紙を折って風船づくりを行いました。それぞれの絵を前に描いた日のことも思い出す時間です。

私はこんな絵だったの。                   ぼくは水玉模様のこんな絵だ。

ストライプ柄の流れ模様やお母さんを描いた絵も。

折り紙の風船を折るのと同じく、半分に折っていきます。端と端をきっちり合わせて折りましょう。

絵の具で描いたのでコシのあるっかりとした紙になっています。

先生の説明を聞きながらしっかりと折っていけたかな? 

ほらね。                          こうでしょ~

机の仲間と確認しながら取り組み中。色とりどりの風船ができそうでお楽しみ~😊

特製の風船です。ゆっくりと丁寧に折っています。

あら、携帯電話📱? いえ、まだ続きがありま~す。

どの面も丁寧に、ゆっくりと。折るたびに柄行きが変わり、仕上がりがとても楽しみ😊

いい色です。きちんと折りながら、最後に面を広げて折ったら完成!

コツコツと。                        できた~👧✌

ふ~~~っ🎈

ふ~~~っ🎈

ふ~~~っ🎈

素敵な色合いの風船に。よかったね🎈

ふ~~~っと強く息を吹き込めばスッと風船が広がり、喜びもふくれます😊🎈

うれしい~🎈😊 なかなかの形です。

みんながとても嬉しそうでした。5回ほど見せにきてくれたKくん😊

ぼくの風船、わたしの風船。お手間入りだけどこれも七夕の笹飾りとして吊るします。みんなが作った笹飾りを笹に全て吊るし、短冊に書いた願い事がサラサラと奏でられる笹の音とともに天高くへ届きますように!!

楽しんで作り上げた自分だけの風船づくりでした。

ふうせん🎈づくり、たのしかったなあ~😊
--------------------------------------------------
スクラッチング(ひっかき絵)で描いたよ!

過日、二枚のきれいな色の絵をもらいました。くるくると巻いてあったので開いてみると・・・

しっかりとパステルで色づけした絵にスクラッチングが施されていました。色が美しく、こちらはスクラッチで「すいか」の絵が現れています。種も描いてあります。スイカのスクラッチングのみならず絵全体が斜めにスイカのストライプ柄になっているのがとてもユニークで面白いです。

そしてこちらはなんでしょう?クルクルと丸🌀がスクラッチングしてあり「あじさい」なのだそうです。ブルー系とピンク系のアジサイが浮かび上がってくるようです。パステルで描いているようなので、最後は水を含ませた筆で水彩画にしても楽しめそうです。スイカとアジサイのスクラッチングの絵を有難う~😊💜

アジサイと言えば冒頭にヤマアジサイをご紹介しましたが、こちらも今まだよく咲いているひみつの庭のジャンボアジサイ。確か5~6年前に植栽したものですが、きっと年々、さらに大きな花をつけるのだろうと思います。

そしてこちらはビオトープの張り出しの横の西洋アジサイ。ブルー系のものですがすでに秋色に変化してきています。すぐ横にいつの間にかヒヨドリジョウゴ(山帰来)が育っていました。冬には赤い実がつき楽しめますがトゲに注意です。
  
  こちらはひみつの庭に毎夏開花する夏アジサイ ハイドランジア パニキュラータ。今年は少し開花が早いようです。

静かなひみつの庭を歩いていると、ダイオウグミの葉の中に薄水色にも見えるチョウの翅が垣間見えました。もしかしてもうアサギマダラが?と思いドキドキしながら近づくと、確かに翅の柄がアサギマダラに似ていました。が、ふわっと飛び移って・・

翅を広げたら「ミスジチョウ」でした。な~んだ^^;と一瞬思いましたが、ツゲのトピアリーに止まって動きません。そしてゆっくり観察させてくれました。翅を広げると横三本に白い線が見えます。だからミスジチョウと言います。

ゆっくりと翅を広げ太陽を体に受けて温めているようです。チョウは翅を開いて体の芯を温める姿がよく見られます。

<ミスジチョウ>
 タテハチョウ科
 学名 Neptis philyra
 和名 三筋蝶
 分布 日本(北海道~九州)
チョウの翅は表と裏でまったく違いますが、この裏面は一瞬アサギマダラに似ていて葉陰で白の部分が水色っぽく見えたので間違えそうでした。ミスジチョウは飛び方が独特です。羽ばたいては翅を水平に広げて停止し、また羽ばたいては一瞬停止するような独特な飛び方をします。飛びながら翅を水平にするチョウは珍しいので、そのような飛び方をしているチョウを見たら大抵ミスジチョウです。

2020.06.28

6月28日(日) / ホスタ “アトランティス”・ひみつの庭の”ママの日”だより✾(6/23記録)・森へ(年少クラス6/22月)・きゅうり🍃を収穫して食べたよ😊(年長クラス6/22月)~七夕飾り製作(花火🎆&風船🎈年長クラス6/25木)ほか


 <ホスタ ”アトランティス”> ユリ科  原産地 東アジア全域  学名 Hosta ‘Atrantis’
                  (学名のHostaはオーストラリアの植物学者N.T.Host氏とJ.Host氏に因む)
                  2004年 H.Hansen作出  H.‘Abba Dabba Do’の変種

こちらは小さな株を植えつけてから7年目になるホスタ”アトランティス”。強い陽射しも平気で、斑入りの大きな葉が特徴です。芽吹き時は葉は緑色で縁が黄緑色をしていますが、夏になると鮮やかなグリーンに縁が黄色に変化し夏らしさを増した色になります。


葉の上でそっとイトトンボが一休み。            脇からつぼみも出てきます。

そっと葉を裏返してみると根元の方にいました。さてこちらは誰でしょう? よく見る細長いヤゴではないので何だろう?と思って調べてみるとコシアキトンボの幼生(ヤゴ)のようでした。

5月から多種類のトンボがビオトープで羽化し飛び交いますが、そう言えば以前に体の真ん中が白いトンボも姿を見せていました。体の中央が白く空いているように見えるのでコシアキ(腰空き)トンボと呼ばれるそうです。
シオカラトンボなど大抵のトンボはメス♀が水面をこするようにスィッ、スィッとお腹の先を水につけて産卵しますが(打水産卵)、オニヤンマなどはビオトープ縁の土手(土)にお腹を入れて翅を振るわせながら産卵する姿が見られます(土中産卵)。またはスイレン鉢の中に産卵することもあります。

こちらはイトトンボ科の仲間”クロイトトンボ” 体の青色がとても綺麗です。水草の多い池や沼に生息しますが、横のアジサイの葉にそっととまっていました。ビオトープは絶滅危惧種の水草アサザやミズキンバイなどが毎年繁茂し、各種トンボの観察にうってつけの場所です。ただし夏場に水辺にいると、羽音を立ててトンボに怒られることがあるので要注意です😊そのうち仲間に入れてもらえます。。

蜂も気持ちよさそうにホスタの花の合間を飛びます。

アジサイとともに夏の水辺を演出してくれる宿根草ホスタ。今年も満開になりました。
--------------------------------------------------
ひみつの庭の”ママの日”だより✾(6/23記録)

ビオトープの横の西洋紫陽花(ジャンボアジサイ)が淡い色合いを醸し出しています。

もうすぐママの日の時刻10時半の少し前。

年少クラスはお着替えをして裸足になってクラスの外に出てきました。

私はこんなピンクのハート💗がついてるの💕 きらきら光るスパンコール💗 私はおリボンなのよ😊💕 とても楽しみでわくわくの気持ち。

この日、年少クラスははじめて壁泉プールで水あそびを楽しみます。水着着用であそぶ前に時間にもゆとりを持たせて、それぞれがシャツ、パンツの軽装でひみつの庭へ向かいます。各クラスの前で先生とともに軽く体を動かして準備運動をしました。

いつもは7月に入ってからの水あそびですが、今年は気温が高く晴天の日を選び、各学年が6月から水を楽しんでいます。 なにかを見つけたのかな😊

たんぽぽぐみ前花壇にはセンニチコウのお花と、ワイルドストロベリーがそろそろイチゴ🍓をつけはじめました。

みんなで真っ直ぐすすみ、ことりぐみクラス前で合流してひみつの庭へ向かいます。

ラバーが敷いてある通路を裸足で歩きます。平気な子も、裸足に少しためらしがある子もいます。いつもは靴、上靴を履いていますがこの日は特別の裸足の日😊 これから芝生の築山で裸足であそんだりしながら、足の裏のさまざまな感覚も体験していきましょう。

ひみつの庭で綺麗な色水づくりをしていた年長クラスが入れ違いで出てきました。特に夏場はひみつの庭を各学年が頻繁に利用して保育をします。

後ろには年少ことりぐみクラスも並んでいます。

年少クラスがそのまま裸足でウッドデッキへすすみます。

ことりぐみもやってきました。みんな裸足も平気です。

両クラスが一斉にライオン壁泉プールに集うことができました。

tomomi先生とお話、お約束をしています。

すでにママ達が芝生、その周辺のお手入れを始められています。

風が吹くと枝葉が上から落ちてくるお山の中なので、目につくところが毎回限りなくあります。

ライオン🦁さんがお水を出してくれましたよ~😊 ウッドデッキにぐるりと座ります。コーラルカラーの石英板の床材に水が溜まり、陽がキラキラ照っています。

勢いよくライオン🦁さんから水が出てきました。

ザザ~💦💦と流れる水しぶきを受けながら。

バケツにも水がすぐに溜まります。この壁泉には大きな口径の水道管が入っていますから水量も豊かに流れ出るのです。

入園後まだ二週間と僅かの年少児達ですが、毎日の歩いての登園+一つずつの保育体験を重ねてできる自信と日ごとの成長が著しいです。

思い思いに水に触れたり、ウッドデッキに上がってあそびます。一つひとつの体験を重ね、急がず、ゆっくりと学んでいきます。

お部屋に慣れ、お友だちのお顔も少しずつ覚えてきて、先生といつも一緒に過ごす仲間とともに今日は水あそびを楽しむことができました😊

赤トンボやシオカラトンボも頭上を飛び交い、子ども達の歓声が聞こえています。

どんな感じかな~、気持ちいいかなあ~💕

すっかり🦁プールの場所に慣れ、水に慣れ、予定よりたっぷり水あそびの時間を持つことができたこの日。お天気に恵まれ嬉しい限り😊

これ、わたしの髪留めよ、と見せてくれます。

毎日、確実に成長していく年少クラスの子ども達。ぼくはもう泣かないんだ!と繰り返し自分にも言って聞かせるように伝えてくれていたGくん。一段と成長を感じます。お友だちの笑顔と存在、そしてみんなをリードして見守ってくれている年長、年中クラスのおにいさん、おねえさんの存在をいつも感じながら、安心の日々を積み重ねていけますように😊

頭からお水を浴びてあそんでいたようです。         ご自慢の胸のハート💗が笑顔で光ります。

ゆっくり時間が流れています。

ちちんぷいぷい!👆  もうお水はでないのかなあ?

あっ、バッタ💦💦 小さな子どもバッタがピョン、ピョンと飛んで・・  足洗い場まで飛び跳ねて移動しているのを見逃さないRくん。素早い動きでした😊

閃くと同時か、またはその前に😊 体が動いているいつも元気いっぱいのRくん。お魚が気になって・・トンボも気になって・・・

ライオン🦁壁泉からのお水を浴びるのもへっちゃら💦💦

頭から平気で浴びる女の子Sちゃんも。

クラス合同のお友だちとお水と戯れる楽しいひと時。

一つずつの体験を重ねながら一回りも二回りも成長していきます。

ビオトープに行き交うトンボや魚🐟など生き物が気になり集まり眺める時間もありました。

思ったように、少しずつ、それぞれが水を楽しむ時間がたっぷりありました。

雲一つない真っ青の空。

ライオン🦁さん、また次もあそびにきます。きょうはありがとう! 次もまたよろしくお願いします😊

すぐ横のアナベルと珍しい色のリリウムが開花中。

足を洗ってもらいみんなが壁泉プールを後にした頃、まだまだ楽しみたい三人の男の子達😊  走りまわって遊びが止まらない様子。

「せんせいがおべんとうをもらうぞ~👨」とtaro先生の声がかかり、一人目が素早く走り去り、そして最後の二人もそれは困るとぴゅ~んかけて行くところです。ことりぐみ前を通過したらもうすぐたんぽぽぐみに着きま~す🍱✌ お弁当、あるかな?😊

園庭では年中クラスが大きな紙に絵を描いたところでした。たくさん描きましたね~😊

まわりの樹木の緑色と同じ色です。お顔に絵の具もちょっぴり付いたかな。みんなで描いた力作が仕上がり太陽の下で乾かし中😊

ハンドペインティングで描いたようです。木々の緑が萌えるようです。

ママの活動も後半の時間。落ち葉を集めながらコツコツと手作業でお手入れされています。

お野菜を植えていないもう半分の畑も雑草を引いて手入れをして下さいました。

暑い中、お子さまを背中に負ぶってのお手入れ、いつも有難うございます。

西側エリアも。太陽を受けつコツコツと手作業をされるママ達。

近くの大木が日陰をつくってくれる場所。少し暑さがましでしょうか。

こちらはレンガの丸窓下。Hママがクランベリーの鉢にご持参のコーヒーの出がらし粉を入れて下さっています。木の実は酸性(土壌)に傾けると良いと覚えておきましょう。コーヒーの出がらし粉は防虫効果もあるようです😊

ライラック、ムクゲ並木のコーナーをお手入れ中のYママMママ。開花を終えたライラックの根元をほぐして肥料を入れて下さることに。

手入れをして下さり整えられる畑。何か別の物を植えたくもなります。

ベニバナトチノキの下で。              お子さまとママ達の時間が流れています。

太陽が高くなりましたが、樹木の横は比較的日陰となっています。

年中ゆきぐみ、ほしぐみの作品が出来上がり、入口通路にみんなで運んでいます。

1、2、3、4、5、6、7、8人で。。。わっしょい、わっしょい😊✌

Kちゃん。うん、これでいいわ!と納得して眺めているのかなぁ~💕

手早く5本のライラックの根元に肥料を入れ込んで下さるママ達。ライラックには実はテッポウムシ(カミキリムシ)が入りやすくて困ります。過日、対策としてグリプロ(Green Protect)という保護コート剤を塗布しました。樹皮の隙間に潜り込む虫から樹木を保護してくれるようです。毎年、ライラックのどこかにカミキリムシが入って樹木がやられてしまうのが一本はあります。お山なので夏はカミキリムシが多く、対策が後手に回りがちです💦。今回はママ達が肥料を加えて下さったので、夕方にはお水をたっぷりあげましょう。

澄んだ青空に緑が光ります。

お昼間のビオトープ。

アジサイの花が6つほど蜜に咲いている右上にチラリと白い塊がみえますか?

近づいて撮影します。          さらにアップにすると・・・、この白っぽいものは何でしょう?

ビオトープの北側から回り込んで水辺近くで撮影したのがこちらです。じゃじゃ~ん✨✨🐸✌ これは天然記念物に指定されているモリアオガエル🐸の卵です。粒つぶが見えますが、いずれオタマジャクシになって下の水辺に落っこちて水中で生長することになります。

数年前にもビオトープに森からやってき