2022.05.22

5月22日 (日) / 花🌺花🌼そして花…✾・色水&ポプリづくり🌷~ひみつの庭の”ママの日”だより✾(5/17記録)


 ✾`2022 “ひみつの庭のママの日” ✾ はじまりました。今年度もどうぞよろしくお願いします💕


(左)ブルボンローズ代表格のバラ“マダム・イザーク・ペレールMadame Isaac Pereire”
  甘いラズベリーのような強いダマスク香を持つクォーターロゼット咲きが美しい。毎年繰り返し咲いてくれるバラ。
(右)ジギタリス“メルトネンシス” 5月に入りはや咲いているのに気づく。
 
(左)テイカカヅラ・・・娘が入園前に一株だけ一緒に植えたものが今では5月の自宅の生垣を花で覆うほどに。
(右)ハニーサックル・・・鳥が種を運んでくる。テイカカヅラの下で生垣になり愛らしい花を咲かせる。いずれも蔓性。

山の学校からすこし石段を下りた辺りの“シモクレン”。白川通りからも見える見上げる高さの樹。

✾子ども達とのポプリ、色水用のドライフラワー✾
 園長室や自宅の生け花が旬を過ぎたらドライにしていたところ、こんなにいっぱい作って下さったKママ✾
 ♪ ポプリや色水づくりで皆さんで使って下さいとのことです😊
✾左上はOGのFママが種から育てられたグラスペディアの苗✾
✾上の束・・・ひみつの庭の畑の大根の花が実をつけたもの✾

ビオラ、パンジー。そしてポピーの花びらも。      花びらの数々・・・それぞれなんの花でしょう!✾

バラのドライフラワーがいっぱい😲 まるでお菓子のよう💓

次の日は水曜日でした✾ さっそく朝から子ども達が集まりました。お花の香りがしたのかな~😊 ベースはラベンダーやバラを好みで選びます。

こんなのできたよ✾                  ぼくはこんなの✾あ~、いいにおい!と何度も顔に近づけて。感性は男の子も女の子も関係なく好みがあります。現代の男の子はお花の香りがわかります😊

外側の花びらが旬を過ぎた赤いバラがあったのでほぐして使います。オーガンジーの袋がお花の色と香りに包まれます。

スターチスは薄紫、ピンク、白を用意。Kママの下さった花々とミックスして色鮮やかなポプリや色水づくり。

大根の種も使いましょう😊 サヤをむくとすでに種が入っています。 お好みのポプリの出来上がり。

色水できたよ~                    真剣に選びながら。

これとこれと・・・                    できたよ😊

Rちゃん、いい色。                   わたしはこんなの💕

AちゃんとMちゃん✾ ゆっくりお好みの作品ができましたね😊✌
--------------------
~ひみつの庭の”ママの日”だより✾(5/17記録)

5月17日(火)10時半。すでにママ達の姿があり、ひみつの庭で活動を始めておられました。

春休み中から築山はあらゆる草が生い茂る勢いで、いつの間にか種が飛んであちこちにクローバーのお山ができてしまいました。可愛い築山に😊 しばらくは花もつけているのでそのままにしましょうと言うことになり☘🍀

ひみつの庭の入口“ベニバナトチノキ”がちょうどいま開花中。OGママも来て下さいました💕

フランスの並木道にあるマロニエ(セイヨウトチノキ)は有名ですが、それとアメリカ原産のアカバナトチノキの交配園芸種がこちらです。ほどよい大きさのこのトチノキは花が白ではなく赤いのが特徴です✾ 落ちてきた花びらは時々集めています。色水づくり用にと😊

入口右側のツルニチニチソウの間に草がたくさん生えてしまったところを気づいて下さったママ。ひみつの庭の外側コンポスト近くを熊手でお手入れ中のママも。

ひみつの庭の北側エリア。ここはいろいろな草があっという間に生えてしまいます。ママ達の目はさすがです。まさに痒い所に手が届くという言葉が浮かびます✾

ひみつの庭のチーク製のテーブルがグレイッシュな風合いになってきました。その上のお持たせのドライフラワーの数々が・・・💛

ドライフラワーのBOX💖 まるでお店で買ったようではありませんか!🌹 お子さまのAちゃんと生け花の旬の過ぎた花びらを一枚ずつほぐし、容器で乾燥させる手作業を楽しんでおられるとのこと。

北側エリアのメキシカンセージの植え込み。9月から紫色の穂状の花を冬まで咲かせてくれます。植え付けてから10年近く、株も大きくなり毎年見事に咲いていましたが、左右の株を残して内側が枯れていたと庭師さんが教えて下さいました。そこで今回、12株ほどを購入しママ達に植えていただくことにしました。

紫色の生垣はベニバナトキワマンサク。すでにピンク色の花が前面に開花していました。手前は水色のチョウ“アサギマダラ”が秋に飛来する植栽。今年もきっと来てくれますように👏✨

ひみつの庭の西奥から見た東側エリア。今の時季はとにかくグリーングリーン♪ 緑に包まれています。思わず体の奥から深呼吸したくなります😊💚 子ども達が植えたこどもピーマン、おナス、トマトが伸びやかに生長中。未就園児さん親子もrumi先生と一緒にトマト苗を植えられました🍅

畑のまわりを黙々と作業されるママ達。

途中、いろいろなお話を交えながら緑の中で集われています。園関係のお母さまにはいつでもどなたでもお気軽にお出で下さいますように✾

こちらは入口近くの丸窓の下。もうすぐ夏のアジサイ“アナベル”が今年も生長して開花してくれるエリア。すでにカノコユリなどの葉が伸びてきてすぐにつぼみをつけるでしょう。昨年に植え6月に開花したギガンチウムの球根もそのまま芽を出してくれるかしら? そうそう、この日はすっかりダリアの球根を植えるのを失念していました💦

すでに三種類の大型ダリアの球根が入っていますが、新たに馴染みの蓼科のお庭から掘り上げて下さった球根が届いています。ああ~次回はきっと植えなくちゃ💦 すでに色々な花の球根が育ちつつあるから鉢に植えるのも一つかも知れません。鉢鉢!

OGのFママ。お久しぶりです💕ベニバナトチノキの下で~😊

ママとツーショット💕 出会えてよかった♪

ママとのスリーショット! 未就園児さんも一緒です。  なかなか逞しくママのお手伝い😊

OGママとともに各学年のママ達が一緒に活動中!

子ども達の畑はとてもよく育っていますね!とSママ。太陽とお山の落ち葉でできた腐葉な土から栄養を得て。そして毎日の子ども達の水やりのお世話ですくすくと生長中のお野菜たち😊 🐵さんが来るといけないのでもうすぐネットを張りめぐらさないといけない時期に入ります💦

北側のメキシカンセージを植えこんでおられるママ達。

とにかくあちらこちらから草が生えています。春からはお母さま方のお陰で庭に優しい手が入り、愛のある生きた庭に変化していようです💕

年少児クラスのミニトマトも青々と茂ってきています。脇芽を摘んでは大きくなっています😊

まだ植えて二年目の樹ですが、年数とともに花の数も豊かになるでしょう✾ 5枚葉が独特の形です。

ビオトープで未就園児Nちゃんとママ。熊手でビオトープに落ち込んだクスノキの葉を回収中。

暑すぎずで今は気持ちのよい季節。もうすぐお昼ですね。

ひみつの庭の北側エリアは草があちこちに。少しずつ手入れをして下さることで維持される庭です。感謝。

丸窓から移動してビオトープ横の植込みに手を入れて下さるママ✾

さていよいよお昼前。皆さまお疲れ様でした。 日当たりのよい壁泉の方へ移動しました😊こちらは広々とします。

いつものイギリスはリントンの紅茶とフレンチレストラン製のカットケーキ🎂

お好きなカットをどうぞ!

皆さまでしばしのティータイム☕と記念写真を撮りました📸👨✌

こちらはFママご持参のグラスペディア苗とKママが下さったグラスペディアの実物💛💚丸くて可愛らしい花です。ドライフラワーにピッタリ😊 グラスペディアはどこに植えようかしら~♪♪
--------------------
5月のこいのぼり🎏🎏

こちらは年長クラス前に飾っていたこいのぼり作品の展示です。はじき絵具で鮮やかなお魚たち。

ある朝のシーン。外れかけていたのを手直しする先生。

こちらは年中クラスのこいのぼり。園庭に展示していたので大勢の方に見ていただけました😊

春の築山周辺💚💛 樹木の新葉が輝きます。

クローバー🍀と右はハーブの若葉。レモンバーベナ、レモンバーム、スペアミントなどで子ども達の活動も膨らみます💚😊

2022.05.01

5月1日 (日) / フクシア “スノーファイヤー”✾コンポストの土で畑づくり(年中年長)&トマト🍅苗植え(年少)4/21(木)記録・夏野菜の苗植え(年長年中)4/22(金)記録・色水あそびの一コマ✾


 < フクシア “スノーファイヤー” > アカバナ科  原産地 亜熱帯地域  学名 Fuchsia “Snow Fire”

素敵なイヤリングのように愛らしいフクシアが植物園観覧温室でいま見頃を迎えています(第29回フクシア展5/8まで)。
原産地の中南米、ニュージーランドなど亜熱帯気候の地域に100種類ほど元々分布していましたが、愛好家が多いために品種改良が進み、現在では3,000種ほどが作出されました。その中の一つ、こちらの品種名は “スノーファイヤー”。たくさんの白いつぼみが開くと中から鮮やかな赤系の花びらが現れるので見事です。フクシアの展示を下から眺めているとどの品種もとても愛らしくて心が奪われてしまうほどです。とうとう首が痛くなりました。以前に赤いガクに紫色の花弁のタイプをハンギングで育てていましたがとても華やかで見応えがありました。現在はさらに品種改良が進んでいるので美しさは選り取り見取りでしょう。ハンギング仕立てで吊るしたフクシアの姿はぜひお勧めです💗

こちらは過日21日(木)に延期となった植物園親子遠足のお昼の一コマ。広い大芝生地で広々と全学年親子でお弁当を食べましたね😊 青い空に緑が映えてとても気持ちのよい一日でした。今年度はこうして春の行事を皆さまとともにスタートができたことを幸せに思います。午前は学年毎にそれぞれ園内のルートを巡りましたが、解散後はまた違う場所で親子で楽しまれたようでした。

正面入口付近。夕陽をうけたポピーが微かに風に揺れていました✾
------------------------------------------------------------
コンポストの土で畑づくり(年中)4/21(木)記録

この日は夏野菜の苗を植えるための畑づくりをしました。野菜は土が大事です。

昨年に園内で落葉したたくさんの落ち葉がよい土になっていました。どんな葉っぱが秋には落ちていたか覚えているかな?赤や黄色になった落ち葉を折に触れてみんなもコンポストに入れてきましたね。
サクラ、モミジ、カキ、モクレン、クヌギやコナラなど広葉樹の葉っぱがだんだん小さくなって土になりましたよ。

いま、コンポストの右側にはすぐ横の大きなクスノキからたくさん春の落ち葉が落ちてくるので入れていますが、こちらの左側には去年の秋の落ち葉が真っ黒の土に・・驚くほどたくさんの量です!ほらね✨😊

一例として、落ち葉を食べ始めたダンゴムシが本に出てきます。一枚の葉っぱを長い間ダンゴムシは食べ続けると何を出すかな? そう、糞を出しますね。それを土の中の小さな生き物の微生物がさらに細かく小さくして、またカビやキノコの力も加わって(発酵して)こんなによい土ができたのですね〔腐葉土〕。

葉っぱだけでできた黒くて栄養のある土を手に取っています。土の良い匂いがしますよ!心なしか少し温かいようにも思える良い土。それではみんなでひみつの庭の畑まで運び、腐葉土たっぷりの畑をつくりましょう😊

がんばりま~す😊 お砂場の黄色バケツやお山の孟宗竹の竹製の竹スコップを使って入れていきます。「ほら、どんなにおいがする?」と竹スコップにのせた土のにおいを確かめながら・・

黄色バケツはいつもお砂場で使っているので子ども達は使い慣れています。

できるだけたくさん詰め込んで向かいます。

走る、走る🏃~🏃・・  大事にこぼさないように運んでいますね。

いつも使い慣れたお道具が畑づくりにも使えます😊 子ども達は何度だって行き来をして頑張っています。

何度もいかなきゃいけない・・など誰も言わない、そこが子ども達の本当に偉いところでやる気100%☆

大きなタライも出てきました😊手には黄色バケツも傍らに。

みんなで一緒に力を合わせて運んでいるところです。

これはなに?と気づいてたずねる子と土の塊をほぐしてみると、どうやら土になりかけている葉っぱの塊でした。一緒にほぐして土に入れておきましょう。

畑に腐葉土がどんどん投入されて黒っぽい畑になってきました。

「ここがたりないね」そんな声が聞こえてきそうです。 「ここにたっぷりいれよう!」

土の色が黒くなっていくのがわかりますね。 コンポストにはまだたくさんの腐葉土があります。何往復もしながらの畑づくりが続いています。

こうして園内の広葉樹の落ち葉100%からなる腐葉土の畑づくりが、ひみつの庭をつくった時からの一つの目標でもありました。もちろん、他の木や花の株元にも肥料として使えます😊 季節ごとに落ちる山ほどの落ち葉をコンポストで堆肥にする方法をさらに検討しつつ、美味しい野菜がたくさんできますようにと願います👏 一般的には発酵が遅く堆肥としては使い辛いクスノキの春落ち葉も、今から秋までの間に堆肥化させる段取りです。9月には夏を経て再び良い土ができていますように👏😊
------------------------------------------------------------
トマト🍅苗植え(年少) 4/21(木)記録

続いて年少クラスがひみつの庭にやってくる時間です😊

入園後、正味一週間しか経っていませんが、みんなは随分幼稚園生活に慣れてきました。

二人ずつ手をつないでひみつの庭に入ります。園内が広すぎてどこにいるのかわからないらしい💦とお母様からお聞きすることもありますが、必ず複数の先生の目で見守りながら色々な場所に徐々に慣れていきますから大丈夫です😊✌

さて、大好きな外あそびとともに、クラス内では絵具をスポンジで浸して色あそびを楽しんだり、母の日のプレゼント製作をしたり、粘土やクレパス、サインペンで絵を描きながら興味の幅を広げ楽しんでいるところです。子ども達も気持ちがほぐれ、屈託のない笑顔がたくさん見られるようになっています。さあ、ひみつの庭へ~

入口シンボルツリーのベニバナトチノキは緑色の新葉を広げ木陰をつくってくれます。その下によいしょ!と座って見ています😊

なんの景色が見えるかな? 園庭であそんでいる年長さんが見えるかな?

では、ひみつの庭の奥へとやってきました。いろいろなお花が咲いていますよ。

それでは年少児さんのお野菜、中玉トマト“フルティカ”を植えましょう!

横に並んでお話を聞くお姿勢ができていますね😊 それではお話をはじめます。

今日はみんなでお野菜を植えましょう。何のお野菜を植えるのかな? みんなのお弁当にも入っている赤くて美味しいものはなんでしょう? すぐにトマト🍅!という声が聞こえました😊

トマトも大きなトマト、小さなトマト、いろいろあるけれど、みんなが育てるトマトは中くらいのトマト🍅です。

美味しいトマトができるようにみんなで土の準備をしましょう! シャツをめくって腕を出しますよ。

グループ毎に植えるポットの土を混ぜて、ふんわり柔らかくしておきましょう。

お砂とは違う柔らかな土の感触を手で確かめながら土に触れます。

土を触るのを躊躇う子は誰もいないです。

不思議なくらい子ども達は自然に土に触れています。

みんなでよく混ぜて土を柔らかくして・・

そこへトマト🍅の苗をいれてあげますよ。トマトの苗はどんなにおい? 「トマトのにおい!」そう、葉っぱからトマトの香りがしてきます。

Hちゃんはどう? うん。  それでは、トマトは茎がとても柔らかく折れやすいので先生達が植えるのを見ていて下さいね😊

みんながよく混ぜてくれた土に、三人の先生でトマト🍅の赤ちゃん苗を入れていきます。

それぞれの大きなポットに二株ずつトマトが植えられました🍅🍅 🍅🍅 🍅🍅 🍅🍅

順番にみんなも植わった様子を見ています。

それでは明日から、お水をあげてお世話をして頑張って育てていきましょう! エイエイオー🍅\(^o^)/🍅
------------------------------------------------------------
コンポストの土で畑づくり(年長)4/21(木)記録

そして次は、またまた畑づくりにやってきた年長クラスがコンポスト前に揃いました。

年中クラスと同様に秋の落ち葉のお話と、どのようにしてこんなに黒くて良い土になったのかをお話しています。さすがに昨年の秋の落ち葉のことをよく覚えている年長クラスです。

みんなは染み入るように聞いています。

落ち葉を小さくして土にするために働く生き物はなんだろう? ダンゴムシ、カブトムシの幼虫、ミミズ、アリ、、と生き物の名前がでてきます。こうして生き物の働きで落ち葉がどんどん細かくなっていき、粉々になったものがねん土と混ざっていき、やがて土が生まれます。真っ黒のたくさんの腐葉土がコンポストにはとてもたくさんできているのが見えます。

それで葉っぱだけでできたこの土で美味しい野菜をつくっていきましょう。

年中クラスと同様に、子ども達が日常使っているお道具に土を入れて運びます。

みんなとても積極的!

当然のようにみんなで力を合わせて運んでいきます。

奥の二つの畝が年長クラスの畑です。

みんなの力が合わさって畑ができます。落ち葉もそのようにしてコンポストに集めてつくってきましたね😊

こぼすことなく大事に腐葉土を運ぶ子ども達の姿。

タライが到着したら手持ちの竹スコップですくい畑の畝に投入します。

最後はタライを逆さ向けにしてザザザ~~。バケツからザザ~~!

山盛りに入れて運んだり、、 スコップのままそっと運んできたり、、さまざまな方法で😊

みんなでタライにたくさん投入し、ワッショイ、ワッショイ!😊

だいぶ重そうですよ😲 力持ちの子ども達!

コンポストでは土を入れる係の子は上に登って頑張っています😊 みんながそれぞれの方法で土を運んでいます。

すっかりコンポストの上で集中して作業中😊

幼虫がでてくるかも知れないね・・

またまたタライチームがきました~

一輪車も使うことになり、まだまだたくさんある腐葉土を運んできました!

お砂あそびとは違う真っ黒な腐葉土との格闘が続きます。

子ども達からいろいろな質問も出てきます。

何往復目かな? 頑張り屋さんの年長クラスの子ども達です。

ザザザ~~・・ 畑も黒々としてきました。 一輪車に入れた土も底をついてきました。

あともう少し・・・頑張りましょう! 最後まで諦めない気持ちが偉い!

ひみつの庭の奥にニョキっと出てきていたタケノコに心奪われ、タケノコの香りとともに皮をむいて、むいて、、も一生懸命😊 土のにおいとはまた違った香りが漂いましたね。

もうすぐ最後ですよ~~。だいぶ疲れているはずですが、頑張りの持続力が素晴らしいみんな!😊

最後までみんなが力を合わせて頑張ったので、栄養のある良い畑が出来上がりました!! この日は朝からお昼まで、土運びと畑の畝づくりを頑張った子ども達でした。明日はいよいよ夏野菜の苗を植えましょう!!
------------------------------------------------------------
夏野菜の苗植え🍆(年長)4/22(金)記録

さて次の日です。前日は幸い天候に恵まれ畑づくりが完了し、この日は明け方まで降り続いた雨でいくぶん畑がしっとりしたのは好都合だったと言えるでしょう。

年長クラスはナス🍆を植えます。品種は”黒陽(こくよう)”という少し長めに実るタイプのおナス🍆🍆です。

昨日は畑づくりが完成したので今日はお野菜の苗が植えられますね😊 お野菜苗をポットから外しますから見ていて下さい。年長さんはよく知っていますが基本が大事です。茎は持たずにポットを逆さにして外したら土を持ちます。ここで茎が折れてしまったら大変ですから慎重に💦

ポットを外すと白いものが土のまわりをぐるりと巻いています。そう、根っこですね。 予め植える場所を示した木のポイントを取って・・

手で穴を掘ってあげます。苗の土がすっぽりと埋まるくらいに深く掘りますよ。土が柔らかいのでこうして手で十分に掘っていけます。でもゆっくり、急がずに・・ 最後はそっと土をかけてあげて完了✨😊✌

二人一組で・・・見ているのとやってみるのはまた違いますが、急がずゆっくりと・・

そう、ここだったね。 赤ちゃん苗を大事にしてあげられる優しい子ども達。

逆さまにするときがポイントですね。ここが上手くいけば・・

こちらも力を合わせて取り組みました。

二人で考えながら、実践中。 そして優しく土をそっと~~

次々と畝に一緒に植えていきましたね。

土の柔らかさは抜群! 易々と穴を作っていけます。最後に苗をまっすぐにしてあげています。

ここを掘っていくよ~~。             一緒に頑張りましょう~😊

クラス毎に等間隔におナス🍆の苗が植えられました😊

最後までチームで力を合わせて植えていきました。穴を開ける係、ポットから外す係と役割を分担しながら両クラスが植え付け完了となりました😊
------------------------------------------------------------
夏野菜の苗植え”こどもピーマン”(年中)4/22(金)記録

この日最後は年中クラス。

別の活動を合間に組み入れながらいよいよ夏野菜の苗を植える時間です😊

「さて、この緑色のお野菜の苗はなんだと思いますか?」 いろいろな意見が出てきましたね。こちらは甘~い”こどもピーマン”。お店に売っているものとはまた少し違ってなかなか美味しいピーマンです。それでは植えていきましょう!😊

こちら側の二畝がゆきぐみさん、ほしぐみさん年中クラスの畑です。やはりそっとポットを外したら、手で苗の入る大き目の穴を掘ってあげましょう。それではゆっくり大事に植えてあげられますか~?

は~~い!!😊😊 それでは始めましょう!

ポットを外します。慎重にやさしく扱っています。   土を両手でしっかり掘っています。

やはりポットから外す時がポイント👆         手で掘っても十分柔らかな土。本当に良いお野菜ができますように👏

苗を穴に入れたらそっと土を・・

こうだったかな? 思い出しながらトライ😊

そして土を真ん中にそっと集める・・

ゆっくりと苗を外して・・ 丁寧に畑につくった穴の中に入れてあげましたね😊 みんなが落ち着いてゆっくりと苗を扱うことができるので、葉っぱが千切れたり、茎がうっかり折れることもなく上手くいきましたね。

ゆきぐみ、ほしぐみ両クラスが最後までしっかりと苗を植えてあげることができました。

そして来週から、この日お休みだった子も一緒に毎日たっぷりとお水を株元に注いであげましょう😊 みんながあげるお水がお野菜の命の水になります。大切に育てていくことができますように👏

年中クラスはこどもピーマン、年長クラスはナス。そして前の日に年少クラスは中玉トマト🍅を無事に植えることができました。生長途中は、鳥や小動物やおサルさん🐵などから野菜を守るために大きなネットで囲うことは必要になってくるでしょう。いよいよお野菜育てがスタートしました。みんなで力を合わせて育てていきましょう💕
------------------------------------------------------------
水曜外あそび時間の色水づくり💕4/27(水)記録

新年度にも慣れてきたこの日、色水づくりもスタートしました。この日はポプリはなしで色水のみとなりました。たくさんのR1ペットボトルのお持たせを有難うございます💕 お陰様で今年度も子ども達とお花や色水の色彩を楽しむことができます! エコバックに入れて持ち帰られた後、水が濁ってきたら中身を処分してペットボトルを洗って乾かし、再度園までお持たせいただけましたら有難いです。今は各クラスのお当番さんが、朝に園長室まで持ってきてくれています😊

この日は園長室の藤棚のフジが満開を過ぎた頃で、もう一雨来ると花は早終わりを迎えるためフジの花を使って花祭りのようになりました💜🍇

選んだ植物の色は徐々に水に出てきますから、最初は透明ですがあとのお楽しみ!となります。

フジの花、テイカカヅラの葉、バラのペタルなどなど・・

フジの花の薄紫の色合いが今の季節だけのもの💜お楽しみ色水あそびのひと時でした💜💗💚

2022.04.13

4月13日 (水) / 登園スタート ✾お部屋とお庭あそび(新年少) 🌷園内通信


 <枝垂桜> 現在は満開を過ぎましたが、先週の園庭のシダレザクラです🌸

さて、一学期登園初日の13日(水)朝、もうすぐ各グループがお山に上がってくる前の園庭です。

春の黄緑色の若葉が目に嬉しく、4月半ばから咲き出す八重桜(里桜)がずいぶん開いてきました。中央奥に見える八重桜は”関山”。桜湯にも使われる品種です。手前のライラック”エスタースターレー”ももうすぐ開花するでしょう。

ひみつの庭のライオン壁泉。お向かいのクスノキの大木から大量の落ち葉が春休み中から落ちてきています。常緑樹の落葉がなかなか凄まじい春ですが、これはほぼ5月いっぱい梅雨前まで続きます。子ども達が落ち葉あつめをする姿も見られるでしょう。

この春の時季はクスノキの葉で本格的に土づくりをしていく予定です😊 秋の落ち葉のコナラやサクラなどよりも発酵に時間はかかりますが、今まで実験的に試してみたところではクスノキの葉からも良い土を作ることができ、昨秋には大根や蕪の種、ブロッコリー苗なども植えてよく育ちました。現在の落ち葉コンポストには秋のさまざまな落ち葉からできた土がありますので、来週あたり、ひみつの庭の畑に各学年がお山の自家製の土をで夏野菜の苗を植えますのでどうぞお楽しみに😊 右上写真はライラックの花のつぼみです。

今朝8時50分。いよいよ子ども達の声が聞こえてきました。バプテスト方面から第5グループの姿が見えてきました。一段ずつゆっくりと踏みしめながら石段を上がってきています。

さあ!到着しました😊 AちゃんRちゃん、おはようございます! 「おはようございます!😊😊」と笑顔でお声が返ってきました。

「おはようございます!」元気な声が聞こえます。続いて第4グループが到着しました。初日はそのままお帰りのお並び場所まで行って、帰りに各グループが集まる場所を確認しています。お山で一番高い木メタセコイヤが中央に見えています。

第5グループさんはお帰りの時にはこの場所に集まりますよ。先生とお友達と実際の場所で確かめています。

モミジの若葉の中に見えたのは第2グループです。一段ずつゆっくりと上がってきましたよ。

年中児のMちゃん、年長児のRくんが手をつないで新年少児のHくんもしっかりと上ってきました。

続いて第6グループさんも到着! 「おはようございます!」

第6グループはお帰りの時にはこの辺りに集まって下さいね。先生と場所を確かめてからそれぞれのクラスへ向かいます。

第2グループも集合場所を確認後、新年少児さんはお兄さん、お姉さんにクラスまで誘導してもらいます。

さて、小さく見えてきたのは第1グループです。

先生とお話をしながら、年長のお兄さん達に手をつないでもらってすっかり安心の面持ちで上がってきました。

第1グループさんも朝のご挨拶をしたら、集合場所を確認してからクラスへと歩いていきました。

玄関横の窓からの風景。上靴に履き替えてお部屋に入り朝のお仕度中です。出席カードにシールを貼り、タオルをタオルフックにかけて、おカバンをかけてご用意ができたら丸く並んだお椅子に座ってお友達を待っています。私達も最初は中に入って子ども達に声かけをしながら一緒に過ごしました。お母さまに「いってきます!」をしてから頑張って歩いて到着し、少し涙だった子も時間とともに涙はなくなり、続いて先生のお話を聞くことができました。今日はお天気が良いのでもうすぐお外遊びにでかけますよ!

たんぽぽぐみの外の花壇は赤系統のちゅーりっぷが咲いています。ピンクや白、紫色などもこれから順に咲いてくるのが楽しみです😊

新年度用の紙芝居が届いた中に『たんぽぽぐみのおへやです』という年少児にピッタリなものがありました!この日のために届いたようなものですね😊

二つ目は紙芝居です。入口近くに移動して座り、先生のお話を聞いています。聞いているうちにやがてみんなが一つになってきます。さあ、それからそれから・・・どうなるのかなぁ・・・😊✌

みんなお話が大好きな様子。日頃から絵本をたくさんお家で読んでもらっているようですね。

「ほら、これ!」と指をさして教えています。

そして次は上靴をぬいでお靴を履き替えます。お靴の脱ぎ履きもみんな上手にできてすぐに外に集まることができましたね。次のご本ももう一つ読んでもらうことができました。

ちょうど横を年長児さんが園庭に上がっていくところでした。そしてたんぽぽぐみのみんなは、いよいよお庭まできしゃぽっぽの列になって進みました。

「びゅ~~~ん!」と高い滑り台からの滑りを何度も楽しむことになりました。滑ったら横のアスレチックかあちらの石段を上がり、再び、びゅ~~~ん!と滑る、この繰り返しがみんな病みつきになるほど・・・何度繰り返したからわかりませんでした😊 どの子もがスリルとスピードを思い切り、心から楽しんだと思えるほど楽しみました。躊躇っていた子も先生と一緒に滑りすっかり笑顔になりました😊
今日の滑り台あそび💕をご覧下さい。

石段を上がっていき先生とタッチしてまた上へ😊


やった~~~💕 Rちゃんは100回くらいスピードで繰り返した?と思うほど、繰り返しの滑り台をリズミカルにスピーディーに楽しみました! はしる~はしる~🏃・・・・。
私も上から滑り降りてきた子がブレーキをかけずにそのまままた上へと走っていくように促し、サーキット遊びさながらの動きを子ども達と一緒にエンジョイしました😊


11時半出発で降園となりました。各グループが「さようなら」のご挨拶とともに石段を下りていきます。新年少児さんも当然のことながら初めは緊張があったでしょうけれど、クラスで過ごし、続いて園庭で滑り台、グローブジャングル、ジャングルジムを全員が嬉々とした笑顔で楽しめたことは登園一日目とは思えない嬉しいスタートとなりました。集中して遊べたことと初めての緊張が解けた分、ご帰宅後はお疲れが見られたかも知れません。元気が回復したら今日の楽しかったことを思い出しながらお母さまにお話をされたかなあと振り返っています。また新しい明日も、楽しい一日となりますように願っています。

第2グループも出発!

第5グループもお家に向けてスタートしました。

みんなが石段を下りたあと落とし物を届けに山の下まで降りましたが、石段を登りながらふと振り返ると、新葉の春が眼下に広がっていました。子ども達の声が遠くに聞こえてきました。もうすぐ懐かしいお母さんに会える頃でしょう💚
------------------------------------------------------------
本日は、園内通信「お知らせ5」「お知らせ6」「お知らせ7」をお出ししました。
内容は、
「お知らせ5」
◇ 水筒について
◇ お着替えについて
◇ 垂れつきカラー帽について
◇ カプラ教室について
◇ 登園時の帽子の着用
◇ 連絡カードについて
◇ 親子登園、園庭開放スタート
◇ 5月14日(土)開催 未就園児対象の親子イベント”おやまのうえであそぼう!”ひみつの森へ~😊
◇ 山びこクラブ開催 今週末土曜日午前10時~11時”どろじゅんであそぼう!”
◇ 幼稚園をお休みされた日の「お知らせ」のお届けについて
「お知らせ6」
◇ 「置き靴」のお願い
◇ 虫よけ菊花線香・虫よけスプレーについて
◇ 健康関連
◇ 「森のお着替えセット」のお願い
「お知らせ7」
◇ 保護者会のご案内
◇ ひねもす教室会員募集
◇ 絵画教室会員募集
  *色刷り各課外教室からのご案内添付

2022.03.05

3月5日 (土) / 満開の白梅&アイス紫陽花✾・生活発表会練習&大文字登山(年長)3/4(金)・氷になったよ!✾(年少2/14&2/17)・体育指導3/1(火)・園内通信


  <白梅> バラ科 原産地 中国  学名 Prunus mume  英名 Japanese apricot

まったくblogにとりかかる時間は取れないまま、大わらわの中走り続け矢のように過ぎたと言える2月でした。そんな中から開花しはじめていた園長室の庭の白梅がいま満開を迎えています。日本に昔からあるので日本原産のように思いますが、実は中国が原産地です。日本に入ってきたのは弥生時代に朝鮮半島から、また遣唐使が日本に持ち込んだとも言われています。毎日さまざまな野鳥が梅の枝に訪れる声がしますが、初夏に大きくなった実が熟すのも楽しみです。

振り返れば1月末頃より、特に今年は例年とは違い気を緩められない冬の時季が続きました。足元が危ういような思いとともに、張り詰めたものが私達の住む京都にも蔓延していましたが、幸いにもこうして皆さんとともに無事に3月が迎えられたことにまずは感謝し、安堵の思いを噛みしめています。そんな中、学年によっては旧職員の先生にも応援をお願いしながら変則的な方法を取り入れ、発表会にむけて全力で取り組んできました。そしてあともうひと踏ん張り…まできました。週明けから三日ほど練習を重ねることができます。そののちにリハーサル、本番と何とか無事に会が開催できますよう願うばかりです。

こちらは過日に、年少クラスが庭で氷づくりをした時のもの。とても綺麗なラベンダー色です。ひみつの庭で昨年に咲いた夏アジサイのドライフラワーを色水の上にそっとトッピング。待ち遠しい本格的な春の空を想わせてくれます💜

------------------------------------------------------------
舞台練習(3/3)のone scene (年少クラス)

いよいよ舞台が出ています。クラス練習が終われば第三園舎に移動して、舞台上で慣れるよう練習を重ねます。

手をしっかり上にのばしてポンポンをふります。肘を曲げずにうんと手を上に伸ばして!

みんなで力を合わせ繰り返し練習。お休みの人がいても戻って来られるのを楽しみに練習しています。

ヤ~~!!とポーズ😊 舞台練習が終わっても「もういっかいやりたーい💕」と声が上がります。少しドキドキもありますが、舞台に馴染むことで緊張しなくなるので来週もこの場で楽しく過ごす工夫を取り入れます。

お遊戯練習を確認した10時半に、大文字山に登っている年長クラスから連絡が入りました。もうあと少しで山の火床に着くとのこと。用意した姿見(鏡)と📸を手にtaro先生と園庭に上がりました。毎年この場から太陽光を反射させて大文字にキラキラ✨を送っています。幼稚園の場所が大文字山からわかるように。

山の下の方のお宅のクスノキがここ数年でどんどん伸びて大文字の中央が見えなくなってきました💦さすがに簡単に切れないほどの大木になっています。でも何とか毎年光を届けることができています。

朝は明るい陽射しが出ていましたがこの頃にはすっかり雲が覆ってしまい、さすがに大きな鏡を使っても太陽が出ていないと反射させることができません。しかしほんの一瞬、雲間から太陽がのぞき、携帯で年長のchinami先生と通話していると「みえます!キラッと見えました✨」と😊 その後、コンポストの方へ移動し撮影してみました。

鮮明ではありませんが、先に到着した5~6名の形がうっすら見えるかと思います。

ちょうど年少クラスが外遊び中で、年長クラスが登っている大文字を前方に一斉に声をかけました。すると大文字の方に声が届いたようで😊、年長クラスの呼ぶ「ヤッホー!」の声もこちらにいるみんなに届きました😊✌ 合間に障害物がないためかその声がお互いに聞こえた喜びは格別のものでした。幼稚園近くに住んでおられる保護者のお宅にも「ヤッホー!!」の声が聞こえたと聞いています。火床への到着は10時半過ぎで、写真撮影、ご褒美の飴を一個ずつもらい元気に下山となります。

そして次は第三園舎の年中クラスの舞台練習に向かいました!合間に撮れた写真はこの一枚。両クラスとも頑張っています。歌、続いて受け持ち楽器を二つ交替し二曲を演奏しますが、今年は発表会を延期したものの例年と同様には練習ができないため歌だけにして二曲目はやめておこうか…などと随分迷いましたが、何とか二曲目の演奏まで辿り着けたのがつい先日。年中クラスは正直なところ今もガッツ!!で粘り強く繰り返し練習しています。お稽古事もそうですが発表のために集中して頑張った経験が将来の糧になります。特に冬の寒い時、また夏の暑い時に精進して得たことはかけがえのない力になると信じています。ということで月曜からも引き続き各学年が舞台稽古を頑張ってまいります😊

さてお昼前になり年長クラスから連絡が入りました。いよいよ第五グループの坂道にさしかかったとのこと。毎年この時期の大文字は雪や雨で足元が悪い日が多いのですが、今年はその心配もなく11時53分に園に到着しました。「おかえりなさ~い!」

春の陽射しがみんなを待ち受けます。お迎えに出たお友達Kちゃんに思わず駆け寄って握手のMちゃん。みんなさすが健脚の子ども達で疲れた様子もなく、お昼のお弁当を食べに年長の園舎へと無事に戻りました。お天気に恵まれた年長クラスの大文字記念登山でした😊
------------------------------------------------------------
ひみつの森で材料あつめ&ひみつの庭で氷づくり・年少2/14(月)

一年でもっとも寒い季節。今年は積雪が何度もあり、雪がちらつく中を外遊びすることもありました。

そんなある日、絵本を見たのちに氷づくりの材料を森へ拾いにいくことになりました。

ひみつの庭の横を通り、ひみつの森へと進みます。春から何度も訪れている森ですが、冬の空気は違います。寒い冬ですが外の冷たい空気に身を置くことで自律神経も働きやすくなります。そしてみんな一緒だと楽しさもふくらんでくるものです。

枝や葉っぱを拾い戻ってくると赤い実がついた小さな木がありました。お山の鳥🐦がナンテンなどの赤い実を食べてしまいますが、ここはみんなのため?に赤い実が残ってくれていたようです。マンリョウの実です。冬の最後の赤い実を「ください!」と木にお願いしながらみんなで採りました。

黄色のバケツにたくさん集まりました。

そしてひみつの庭に戻り、用意してある水の入った大きなタライを使います。

この日は早朝の気温はマイナス1℃氷点下でした。朝8時の気温が0℃。午前10時はわずか2℃しかない寒い日でした。「この水の中にみんなが拾ってきたものを入れてみてください」「カットした牛乳パックもつかってつくりますよ」とharuka先生が説明するのをみんなよく聞いています。

コナラの葉っぱ、カシの葉っぱ、スギの葉っぱ、マンリョウの実などが水に浮かびます。

「これから牛乳パックに色もつけてみるよ!」

牛乳パックにも葉っぱ、水を入れます。

クラスでお絵描きの時に絵の具を使いますが、外で水のカップに絵の具で色をつくるのは初めてですね😊

こちらはコナラの実とマンリョウの赤い実。実が浮いています! テーブルで出来上がっった紙パックを並べました。タライの水はこのままひみつの庭に置き、紙パックは冷凍庫に入れてみることになりました。さて何日かするとそれぞれどのようようになっているのでしょう😊 お楽しみ💕

庭の外には年長クラスの子ども達が竹コップを作った残りの竹で面白い遊びを展開していました。

私も一緒に遊びましたが、流しそうめんのように割れた竹をつないで青いボールを転がすというもの。傾斜をつけて二本の竹の上を結構うまく転がっていくのです。組み合わせてもすぐに崩れてしまいますが、繰り返し作っては転がすという手作りの素朴な遊びをみんなはとても楽しんでいました。カットした竹の筒にボールを載せています。

お片付けの鐘の音が鳴りました。うまく重ねていきます。

おもちゃはスタッキングしてカゴへ、竹コップをつくった孟宗竹の残りもあそびの材料に上手くつかっていますね😊

そしてすっかり氷になったよ😊💕・年少2/17(木)

三日後のこの日、この前につくったタライの水がどうなっているかみんなで見に行くことに。この日は冬の陽射しが温かく、少し動きやすい気温です。さて・・

夏アジサイのドライフラワーを通り抜けていくと・・・

わあ~~!! 

左はピンク色の水。右はそのままの水に落ち葉がいっぱい。

「あっ、カチカチだ!」絵具のピンク色がそのまま固い氷になっていました。右側のタライも葉っぱには触れないほど分厚い氷が張っていました。

興味津々でながめています。

ピンク色の大きな氷がタライ一面に張っていました。

牛乳パックは冷蔵庫でカチカチと氷に!  「だしてみるね」とharuka先生。

色水が四角い氷になっていました。赤い実も中に入っていましたね。

次々にできた氷は食べてみたいくらいにきれいな色です。トッピングもあってまるでアイスシャーベット😊

つめたいよ!                     ヒノキとスギの葉っぱでデザイン。

「冷凍庫でできた氷、そして冷凍庫に入れなくてもお庭でできた氷。お庭も冷凍庫と同じくらいに寒くなっていたんだね」と冬の寒さを感じながら、お庭の水が固く凍ることを体験した子ども達でした。

その後は園庭でジャンプをしながら円になり、お部屋へと戻っていきました。

園庭横の第一園舎入口の壁面は、今年よく降った雪の絵が一面に飾ってあります。思わず楽しかった雪あそびの日を思い出してしまいます。春を待ちわびるこの頃ではありますが、すべて真っ白の雪景色もちょっぴり懐かしく思い出します。
------------------------------------------------------------
体育指導(瀬川先生)3/1(火)全学年

つきA&ゆき

今年度最終の体育あそびは年長つきぐみと年中ゆきぐみで取り組みました。
(途中に活動のヘルプをしている時は写真はなく一部となります。年中長クラスはドッジボールの試合もしました。詳しくは絵日記をご覧下さい。)

ご挨拶のあと、お友達の名前を呼んでからタッチします。お名前を呼ぶことがなかなか難しいのです。誰にでも呼びかけられるようにして全員とタッチします。

先生ともタッチ。周りが広く見える子は私達大人にも目を向けて楽しんでタッチします。

次はボール当て。当たった人は外へ出て、鉄棒にぶら下がり腕を曲げて体を近づけることを繰り返してから中へ復帰します。

先生対みんな、エイエイオー!

うける、にげる、なげるが続き・・・

最後に瀬川先生にボールを命中させられたRくん! みんなから拍手👏~~

がんばったね😊!

たのしかった~🥎 AちゃんFちゃん😊

あら? みんな逆さま😊 いまは休憩タイム!

次はしっぽとりゲーム。黄色いしっぽを取られたら負け。でも復活もできます。

先生対子ども達。瀬川先生は一人で何本もしっぽをつけていますね😊いつものスタイル・・・

みんながねらいチャレンジします。瀬川先生の隙を見て取ろうと走り込むOくん!果敢に向かいます。

瀬川先生のしっぽが少なくなり、みんなの方が多く残っているので、このゲームはみんなの勝ち~~👏👏

つきB&ほし

よろしくお願いします。

お名前を呼んでみんなとタッチ。お友達の名前がわからなかったらどうする?の瀬川先生の質問に、「あなたはだーれ?って聞くの」とFちゃん😊 そうだね、聞いてからお名前呼んでタッチしましょう~。 終わるとこちらもドッジボール🥎 あっ、ボールキャッチしたAちゃん🥎ナイスよ!

さて、同じくボールが当たったらアウト。鉄棒に腕を引き寄せてこのようにぶら下がりますよ、というお手本をしてみるMちゃん😊✌

みんなが次々に先生にボールを当てようと頑張って投げ続けます。みんなは右手で肩からボールを投げるように練習していますが、最後に瀬川先生を的にボールを当てられたTちゃん。上手だったので先生に褒めてもらったTちゃん😊 みんなが👏します。

続いてしっぽとりげーむ! 狙いを定めて果敢に向かいますSちゃん。

みんなが向かっていくので瀬川先生もたじたじ?

このゲームもみんなの勝ち~! 

ことり・たんぽぽ


よろしくお願いします。

お友達のお名前を呼んでからタッチ! これがなかなか難しい。ゆっくりお名前を言っています。そしてしっぽ取りゲームです。

先生対子ども達! みんなはよく走り回り、自分のしっぽを取られないように頑張ります。

ざんね~ん! 先生のしっぽは取られてしまいました~💦 

年少さんもよく頑張りました。有難うございました!
(途中、所用のため写真は一部です)

色水あそび💜 ~Just one scene✾

R1ペットボトルを皆様から沢山届けていただきました。有難うございます! 最後は洗っていただき後ほどで結構ですのでリサイクルをまたよろしくお願いします。色水づくり、ポプリづくりの材料も準備してあるものの、なかなか業務の空き時間がなく悔しいところです💦 それでも合間に少しずつ作っています。

ナンテンの実。 スイセン、デンマークカクタス、フリージア、キンカンなど。仲良しの二人組さんがコンコンとノックしました✨

生け花の旬を過ぎた花びらも材料に。好みの植物を選び、水の色もお好み色に・・

うーん、ひかってる✨・・                   きれいだね!😊

針葉樹アイスブルーとお花入りの色水ボトルの出来上がり。この日はずらりと列が・・。 スターチスのピンク、パープル、夏アジサイなど。ポプリ、色水兼用。

そして本日3/5(土) 未就園児さん対象の第2回ミニミニ幼稚園を行いました。10時親子で公園出発で10時20分頃に今春ご入園の方を中心に大勢がご参集下さいました。お山に到着後、全員で「バンザーイ!」その後しばらく園庭、ひみつの庭で遊んでいただきました。日中は気温13℃ほど。春の陽射しがポカポカと温かく、お砂場や遊具で、また親子で園庭をかけっこや鉄棒など笑顔が溢れる時間となりました。

最後はひみつの庭の壁泉プール🦁に集まり大型絵本『もりのおふろ』を見ました。みんなも一緒に「ゴシゴシゴシ!」あらったね😊
楽しかったですね😊🦁🐊🦛🐏🐴🐵🐘💦💦.。o○

------------
昨日、園内通信「お知らせ55」「お知らせ56」をお出ししました。
内容は、
「お知らせ55」
◇ 3学期生活発表会について
◇ ビデオの撮影、製作について
「お知らせ56」
◇ 3学期生活発表会ご案内and 駐輪スペースのご案内map

2021.12.21

12月21 日 (火) / 12月の森で🍂・”サンタさん🎅がみんなのところに🎁・Xmas帽子🎄・🐯カレンダー製作・”ひみつの庭の”ママの日”だより✾クリスマススワッグづくり(12/7☔🎄記録)


 〔12月の森で🍂〕
12月の初旬に一緒に出かけた園庭つづきのひみつの森の広場。太陽の陽射しが温かい日はまったく寒さを感じないくらいにぽかぽかしている森の中です。最近、森の広場では今までと違った取り組みを少しずつはじめています。子ども達も気に入ってくれていて、三度音域のゆっくりとしたテンポの曲を輪になって一緒に歌い、つづいて素朴なネイチャーゲームを楽しんだ後、いつものように森の中で自由あそびをしています(お歌の内容などは後日お伝えします)。

森はいつも変わりなく子ども達を受け止めてくれて、働きかけると必ず応えてくれる存在です。黄葉の落ち葉を集めては、何度も繰り返し巻き上げてあそぶ子ども達を明るい太陽の光が照らします。

この季節に森に入ると必ず足元に落ちている三枚葉のタカノツメ(左)と、コナラ(右)が、辺り一面に黄色の絨毯を広げていました。
------------------------------------------------------------
“サンタさん🎅がみんなのところに🎁(12/15(水)記録)

各クラスでクリスマスのお帽子を被ってのお楽しみ会がはじまっていました。

お歌をうたったりお話を聞いて過ごしている最中、森の中にソリを停めたサンタさん🎅が今年も幼稚園を訪問して下さいました。サンタさんはどっこいしょと一度腰をおろされ、少しお年を召されたのか荒い息をしておられました😊 さて、と・・・🎅

それぞれの園舎に一つずつ、子ども達へのプレゼントが入った大きな袋をよっこらしょっと手にし、6つの園舎でそれぞれに過ごしている子ども達のところへと向かわれました。

メリークリスマス! よい子たち・・・🎁 それぞれのクラスでは、あっけにとられてただ見つめている子、近づいて走ってきた子などに英語で声をかけておられました。

午前お帰りのこの日、子ども達は口々にサンタさんがクラスに来てくれたことや、まだ近くに姿があるかも知れないことをそっと教えてくれるのでした。

それぞれりクラスで製作したクリスマス帽子🎄を被ってのお楽しみの降園です。

「せんせいのところにもサンタさんがきた?」「こられたわよ!大きな体でみんなへのプレゼント🎁を持って、メッセージを仰っていましたよ😊」

「せんせい、さようなら」「さようなら。また明日ね😊」

「せんせい、さようなら」としっかり目を見てご挨拶を交わし、園を後にします。

------------------------------------------------------------
Xmas帽子🎄

12月は各クラスでクリスマス帽子の製作に取り組みました。

それぞれ子ども達の精いっぱいの力作揃いです(年長クラス)👆

(年長クラス)👆

(年少クラス)👆

(年中クラス)👆

ひみつの庭のメタセコイヤの実を散りばめたクリスマスカード🎄も作りました。
------------------------------------------------------------
🐯カレンダー製作

12月中は来年のカレンダーの作製もそれぞれに行いました。

来年は寅年🐯。取り組みの様子と力作をどうぞご覧下さい。👇

つきAぐみカレンダー

つきBぐみカレンダー

年中ゆきぐみ・ほしぐみ風景

カレンダー

年中カレンダー作製

年少カレンダー作製 たんぽぽぐみ

ことりぐみ

------------------------------------------------------------
“ひみつの庭の”ママの日”だより✾クリスマススワッグづくり(12/7☔🎄記録)

この日は12/7(火)最終のママの日でした。

あいにく朝から雨降り☔でしたが、屋内のプレイルームに於いて約20名ほどのお母さまが集まられ、予定通りクリスマススワッグづくりを実施しました。こちらは最後の記念撮影のもの。それぞれ作られたスワッグを手にニッコリ(*^-^*)💕🎄🎄🎄

ブルーシートを敷き詰め、オレゴン産モミの木、日本産モミの木、コニファーブルーバード、コニファーブルーアイス、ヒノキ、ヒムロスギなどの冬の針葉樹の枝葉をベースにして、リューカデンドロ(プルモサス&プラティスター)、バーゼリア、シルバーブルニア、コットンフラワー、ビバーナムティナスベリー、エリンジューム、ユーカリポリアンセモスなどなどをお飾りにレイアウトしながら作ります。

ざっくりとアレンジされたところ。
 
中ほどにある丸いつぼみは桐のつぼみ。シルバーブルニアを手に、どのようなアレンジにしようかしら(*^-^*)
 
スワッグはリースとは違い、感性のままに束ねていくので気軽に取り掛かれます。アレンジはそれぞれの個性に委ねられ、材料は同じでも出来上がりの雰囲気はまったく違ったものになります。

カットした枝や葉を束ねて括り付ける細い地巻きワイヤー♯24がとても便利です。その他、イギリス製のナッツシーンの麻紐各カラー、そして最後のお飾り用リボン各種。

今年は少し細長めのモミノキチップを選びましたよ、とママ。白い実はナンキンハゼの実。今年のアレンジは如何に・・・😊!

とっておきのドイツトウヒのマツボックリをどうぞ。そして親子登園の瑠美先生が御所で拾ってきて下さったマツボックリも!

針葉樹のすがすがしい香りが漂う中、静かな時間が流れていきました。

枝葉は十分にありますので、出来上がったママは二つ目にチャレンジの方も。

今年はじめての方も、昨年ご一緒した方もともに😊 スワッグは草の束のようにグリーンだけをふさふさと束ね麻紐でくくるだけでも素敵になります💕

コットンフラワーをポイントにしたり、お手持ちのスライスレモンなどドライフルーツを添えられたり・・まったく自由に取り組む時間が流れます。

長めのスワッグ作品がほぼ出来上がり。何の実を飾るのか、どこに取り付けるとバランスがよいのかと考えながら出来上がり間近のもの。左は桐の花の色がシックなスワッグ。右はストローブマツの配置がよいバランスを成しています。

横にしてアップ写真。赤い実は山帰来(ヒヨドリジョウゴ)。白い実はナンキンハゼ。いずれれもAちゃんママのお持たせです。珍しいストローブマツなども。

珍しい実ものの黄色の桐のつぼみ。咲くと紫色の花になるようです😊 モミノキにただシンプルにマツボックリを配置してみると・・・シンプルで素敵ですね!あとからお飾りはいろいろと付け替えるのもお楽しみかも💕

シュトーレンは今年もお馴染みのツマガリのヴァイナハテンシュトーレンと進々堂のマンデルシュトーレン。カットはいつもパティシエママにお願いします💕ほどよい厚みで食べやすくてGoodでした!いつも有難うございます😊💕 英リントンズ紅茶とともに。室内なので音楽♪♫ があればまた楽しかったかも知れませんね😊🎂☕🌿
今学期も”ひみつの庭のママの日”の活動にご協力下さいまして誠に有難うございました。

2021.12.11

12月11 日 (土) / ”芦生の森”周辺の花実・ひみつの庭の”ママの日”だより✾(11/30記録)・竹コップづくり(年長)11/25(木)記録・ラディッシュ食べたよ(年少)11/26(金)記録・レモンバーベナティーをどうぞ☕(年中)11/26(金)記録


〔 芦生の森の花実 〕

京都府南丹市美山町にある芦生の森(京都大学芦生研究林)を皆さまご存じかと思います。お父様が当地を研究フィールドにされているAちゃんのママが過日の”ママの日”にご持参下さいました。Happiness surprise!
芦生の森では春~秋までの期間、トレッキングをしながらのツアーコースもプランされているようなので、大自然の中を一度ぜひ訪れてみたいと思っています。

赤い実のサルトリイバラ(山帰来)、小さめの赤い実はローズヒップ。ナンキンハゼの実(白)、桐のつぼみ(黄土色の丸つぼみ)、ミズメの実(ヤシャブシの実に似ている)、ブナの実など、珍しい実の束です。クリスマスリースやスワッグを作るときの色どりに、壁面のお飾りに、またはそのままテーブルの上に置くだけでも素敵でしょう💕感謝。
----------------------------------------
ひみつの庭の”ママの日”だより✾(11/30記録)

11月最終日のママの日。この日は11月のお誕生会を第三園舎で終えたのち、もろもろが重なりなかなかお庭へ上がれずにいましたところ、いつものようにママ達はすでに活動をされていました。

ちょうど豆類を植えて下さったところは朝の太陽が射しています。すくすく育ってほしいところです。ひみつの庭の入口トピアリー周りをお手入れ中のママ。

ウッドデッキ付近は広葉樹の落ち葉がまだまだ散って積もります。

こちらにはそっと座れるアームチェアーがありトピアリーに包まれた場所になります。冬の陽射しが射してママの笑顔が光ります。

園庭横の石畳周りをお手入れ中のママ達。紅葉はさすがに少しずつ色あせてきましたが景色の中に明るい色を残してくれています。

森へと続く石畳をお手入れ中のママ達。朝、子ども達を迎え園長室に戻るわずかの時間のみ手入れができるかできないかでして、できるとしてもエリアは知れていますので、こうしてママ達の手が入ることは有難いことです💕

園庭ジャングルジムの下にも実は落ち葉がかなり落ち込みます。気づいて小型熊手で集めて下さるママ。

サクラの開花後は花びらのお掃除が欠かせないように、大量のモミジが石段に落ちるとまさに掃いても掃いても・・・の季節です。

懐かしのOBママも足を運んで下さいました💕

掃き下ろしていくと結構な量の落ち葉が集まります。

ぼくもお手伝いするよ・・。ウッドデッキは場所により板がたわむようになりました。ウッドデッキを張って約10年ほどが経過します。タイムリーに補修はお願いしていていますが、いよいよ部分的に張替えが近いうちに必要になるかも知れません。

芝生の築山の上のモミジが今も赤味を添えています。野芝の枯芝が結構の量集まっていました。

作業中、子どものお話を聞いて下さる優しいママの姿💕

ひみつの庭奥のハーブコーナーの子ども達とママ。レモンバーベナに触れて香りを楽しむ姿も定着してきました😊 レモンバーベナをハーブティーにして年中クラスが体験した様子は以下に掲載しています!子どもなりもほっと一息ついてのリラックスムードが見てとれます。

ママの方が早く見つけたかな😊 またまた嬉しいツーショット!

こちらは園庭で自由あそび中の子ども達。あっママだ😊 園庭での再会!また次もツーショット!💕

こちらもママの近くに💕 私の小さい頃なら遊んでいるときっと気づかないシーンですが確実にママを見つけるのはさすがですね!

しばしお話中。芦生の自然のこと、この付近には見られないたくさんの秋の実のお土産に驚き♪

ママ達と一緒に。

親子で語らいの時間💕

またまた見つけました! 親子ツーショット💕

こうして、こうして・・・

サークルチェアの中央ベニバナトチノキはほとんどが落葉しました。前方のメタセコイヤは例年のように独特のオレンジ色に紅葉真っ盛り。

合間に野芝を植えていますが来春はまた新芽が出てきてくれるでしょうか?

この日の次の日からもう12月に入ります。冬間も太陽の陽射しさえあれば温かく感じるお山の上。

枯れた野芝はかき集め、根は冬場も生きています。また新緑の季節が無事にやってきますように。

そろそろお昼前です。皆さまお疲れ様でした😊

この日は「祇園鍵善」さんから三種の生菓子を届けていただきました。珍しく和菓子と緑茶にしました。

美しい実とともに。やさしい花束よりもインパクトがあり生える鮮やかで花のような実。

左から「山茶花(白こしあん+ういろう)」「冬ぼたん(黒こしあん+こなし)」「かぶら(黒こしあん+山芋)」まるで和菓子のデルフィニウム?😊

ママ達に二個ずつ銘々皿に取り分けていただきました。

冬場のアウトドア。陶器製のお湯のみだとお湯をそそぐなりすぐにお茶が冷めていきますので、この日も冷めにくい12オンス紙コップを代用。

最近、緑茶が美味しいなあと思います。ビタミン、カテキンも含まれ冬場は喉のためにもよいでしょう😊

魔法でお椅子をお出ししたいところですが… とぉ~くの納屋にあり💦…いずれこちらに設置場所をつくりたいと思っています。

和やかな歓談タイムが流れます。ひみつの庭の北側の日陰になりますが、活動後はほとんど寒さを感じないのが不思議です。

恒例の記念撮影を📸✨ ご都合を繰り合わせてお越し下さり有難うございました。ママの日はお力添えをいただきながら、お母さま方の学年を越えた交流の場でもあります。緑の中で深呼吸をしながら来年もご参集いただけましたら幸いです。次回は最終回、クリスマス飾りを作ります😊(この日の様子は次回blogに掲載予定🎄)

落ち葉コンポストです。今の季節はモミジ、クヌギがメインです。こちらはすでにコンポスト左側で落ち葉+米ぬか+土+水のサンドイッチ層にして落ち葉堆肥を仕込み済みです(risa先生担当)。子ども達と森へ出かけた時にコナラの落ち葉を袋いっぱいに集めて持ち帰る作戦もナイスです😊 来春4月からはまたクスノキの春落ち葉攻めに合いますが、そちらもできる限り落ち葉堆肥にします(発酵に時間はかかりますが使用可〇のようです)。
----------------------------------------
竹コップづくり(年長)11/25(木)記録

この日は以前から考えていたプラン、お山の孟宗竹を使って”竹コップ”をつくりましょう。事前に庭師さんにほどよい青竹を切り出していただきました。

説明をしているすぐ後方には竹林が広がり、樹木の間から実際に竹が目で見えています。春に芽を出すタケノコのことや、樹木の生長に比べて驚くほど早く生長する竹は、一週間で1mも成長します。どんどん背が伸びて高くなって風が吹くとぐーんとしなって曲がりますが、ポキッと折れそうで折れてしまわないのはなぜでしょうか…?

前に見える竹を見ると他の樹木と違うところがありますよ、それは… 

「線がついている!」とMちゃん。そうですね。その線のようなところをふし(節)といいます。節があるから簡単に折れずに風で竹が曲がってしまってもまず折れることはありません。今日はその節を使ってコップをつくります。

それではもう一つクイズです。この青い竹の中に卵を生みつけて春5月頃になると竹の中を食べて育った幼虫が成虫になって出てくるという昆虫はなんでしょうか? (これはみんながすでに春によく見ていたので知っていると思いましたが…忘れたかも知れません…それはベニカミキリでした!)赤い可愛らしいカミキリムシでお山では一番早くに姿が見られるカミキリムシです。

次はおまけのお話。竹ぼうきなど乾いた竹の筒ま中に産卵し、中で育って外に出てくる昆虫がいます。
(これは今年に私自身が出会った昆虫でタケクマバチと言います。大人用の外国製の熊手(普段は使いません)に穴が開いていたようでそれを知らず柄に触れるなり何かがチクッと手を刺したものの、姿が見えないのでそれがなぜだかわからず調べ続けたところ、外来のタケクマバチの仕業だというわかりました。chinami先生も夏休みに園内で同様のことがあったため話題を共有していましたので、クイズにして答えてみていただきましたら大正解でした!)

それでは竹コップづくりに取り掛かりましょう。みんなで力を合わせて園庭まで竹を運びます。

みんなでなかなか上手に持ち運んでいきます。

ワッショイ、ワッショイと進みます。そっとターンをして園庭へ。

上手く運べたわ!            園庭中央に並べたら石畳に座って準備を待ちます。

それぞれグループ毎に先生がつき、みんなが後ろから竹をしっかりと押さえ、先頭の子がノコギリをゆっくりと前後に動かしながらゆっくり切っていきます。

以下、それぞれの様子をご覧下さい👇


みんなの竹コップが完成しました😊

そして次は・・・😊✌ ひみつの庭の奥のハーブコーナーに育っているレモンバーベナの葉を摘み、出来たての自分の竹コップでレモンバーベナウォーターにして飲んでみましょう!

ライオン壁泉にみんなで座り、お水を入れた竹コップとレモンバーベナの葉を手に。 一枚の葉っぱもとてもよい香りがしています。

「いいかおりだなぁ~~😊」 レモンバームよりも香りが豊かでみんなもお気に入りのようです。

壁泉のライオンをしみじみと眺めるOくん🦁 夏にもお水を出してくれた🦁です。

内側は切ったあとに布でよく拭いていますので、また竹は抗菌作用があるため安心です🙆

お友達と楽しそうにお話をしています。

「かんぱ~い💕」              こちらは少し長めのコップをつくったAちゃん。

「おいしいよ~~💕」とYちゃん。どうやら竹の香りの方が勝ってしまうようですよ。

こちらも「かんぱ~~い💕」

「おいしいよ~~😊」そっと試しています。

「うん。おいしいよ!」とニコニコ笑顔のSちゃん💕

こうしてパーンと叩くと香りがするんだって。

「ん~~。これはいけるね~」とSちゃんとSちゃん。二人とも脚を組んでいませんか?

「もうすこし葉っぱをいれてみるよ」とGくん。  ハーブウォーターお気に入りのようですね😊

「ん~~!うまいね😊」(という声が聞こえてきそうです。) Oくんの竹コップは花瓶にもなりそうですね!

「これ、おいしいよ!」😊 さあ、それではそろそろお弁当の時間になりました。二時間ほどの体験でしたがはじめて作った竹コップづくりが終わりました。竹を使ってほかにもいろいろ作れそうですが一番シンプルなのがコップづくりでしょう。

節以外の竹の部分が残っています。これからも何かがつくれたらいいですね😊
----------------------------------------
ラディッシュ食べたよ(年少)11/26(金)記録

年少クラ。スが種から植えたラディッシュがすくすく大きくなりいよいよ収穫となりました

真っ赤なラディッシュと生き生きとした緑の葉っぱ。

土の上にもっこりと顔を出していますね。そっと引き上げると簡単に抜けました。

大きなタライに水を張って、中でよく洗います。

ほらっ、こんなの採れたよ😊

わたしはこんなの。

ぼくのはこれ。

うわ、おおきいなあ。

こんな形。

きれいに洗えたよ。

そして壁泉へ移動。それぞれのラディッシュは改めてしっかりと洗ってあります。まさに採れたてのお野菜をこれからいただきましょう!

いいにおい、おいしそう!

きれいないろだなあ。

ぼくのはこんなの。

おっきいでしょ!

そのままでもいいし、味噌マヨネーズの入ったカップを一つずつ持ってね。

はい、どうぞ。 さあ、少しずつ食べて見ている子ども達。しっかりとした実がなっているのでカリッと歯切れのよい音がします。

中はこんな感じ。一口かじってモグモグ・・ 知っているお味かな?いつもはあまり食べないかも知れません。

おいしかった~! 葉っぱももう食べちゃったよ~(*^-^*)💕

しっかりと噛んで食べて見ている年少の子ども達。新鮮なだけにすこしほろ苦いような味もしますが結構甘いですよ。

ゆっくり試してみる子、パクパクと食べている子、はじめはさまざまですが新鮮なラディッシュのお味にすっかり慣れてきたようです😊

これはおいしいよ!              わたしもおいしい!

パクッとお口をあけて。            次は葉っぱをたべます。

おいしいよ~~!               Kちゃんもおいしかったよ~😊

これね、とってもおいしい💕(味噌マヨ!) あら、まあ~

これ(味噌マヨ)が美味しいチームで~す😊👆👆👆

あーーおいしかった。もっとたべたかったなあ~~
----------------------------------------
レモンバーベナティーをどうぞ☕(年中)11/26(金)記録

続いて年中クラスがお待ちかねのハーブティーをいただくことにしました。

この学年のみんなは昨年度は花壇のワイルドストロベリーのハーブティーをしましたね。その株は現在ひみつの庭に移植したのですくすくと育っています。

ハーブエリアで少しずつ葉を摘んで、壁泉へ。

ポットに熱いお湯を入れてあります。

すべてのコップにお湯を注ぎ、しばらくラップで覆って抽出しておきました。

ほどよく熱も冷め、少しずつ香りを楽しみながらいただきます。

コップが手に温かくてほっとします。     ん~おいしいね~😊

太陽の木漏れ日が射す中、みんなでほっとハーブティータイムです。

みんな静かで、黄緑色のハーブティーと葉の香りを楽しんでいます。みんなが気に入った香りでよかったね~😊💕

胃腸の働きをよくしたりリラックス効果、鼻や喉のつまりを和らげるハーブティーでほっこり効果があるようです。

これ、おいしいよ~~😊

おいしい、おいしい!              おいしいよ~💕

お顔を近づけるとよい香りがすっと漂ってきますね。

す~~っとしたレモン系の香りを楽しんでいます。

おいしいよね、これ。

まあ、おいしいよね~。 うん、いけるね~😊

なんかほっこりしてきたね。

もうぜんぶのんじゃった~💕

ゆっくり、上手にのんでいますね。二人の女の子達。

これ、おいしいね~~💕💗 笑顔もほっこりしています。

お味はお好みでしょうか? 男の子のお口に合いますかどうか。

Aちゃん、のんでる?

のんじゃダメっ🙅

Aちゃんおいしかったね~😊 きょうなにしてあそぶの~? これおいしかったね~(*^-^*)

ゆっくりのんでるよ。                 気持ちもほっこり、楽しそうです。

もうのんじゃった男の子三人です。           ✋ガォー✋ なにのあいず?

おちゃ、おいしかったよ💗とWちゃん🌿 美味しいホっとティータイムでした😊

2021.11.20

11月20 日 (土) / おはよう!冬のお客さん🐛・ひみつの庭の”ママの日”だより✾(11/16記録)・お買い物ごっこ👜(11/11(木)記録)


  おはよう! 冬のお客さん🐛

「ほらみて~、のぼってくるとちゅうにみつけたよ」

今週11月17日(水)登園時、グループが到着するなり見せてくれた朝のお客さんは”トゲナナフシ”。晩秋から冬にかけてお山でよく姿が見られるナナフシの仲間です。トゲといっても見た目だけで実は柔らかな体をしています。トゲナナフシはほとんどオス♂がいないことで有名です。オスは今までにほんの数例確認されているだけで、メスが単独で生殖産卵をする珍しい昆虫でもあります。ノイバラやアザミ、またイロハモミジ、ヤブツバキ、サザンカなどを食草として生息しています。

トゲナナフシを見つけたら再び観察できるように、毎年こちらのドイツトウヒの幹に放してあげることにしています。トウヒの枝の中に自ら分け入り、止まりやすい場所を探してあげるIくん。いいところが見つかったかな?

「ここがいちばんいいよ!」としっかりとつかまれる場所を確認して木の幹に移してあげたところです。

この日は水曜日、半日思いのままに外あそびの日。次々と各グループが到着したらお庭に準備してある各学年のコーナーでお帳面シールを貼り、お当番さん経由で園長室に届けられる黄色バケツに連絡カードや変更届を入れ、おかばんを片づけたら早速お庭あそびを始めます。クラス毎のカラー帽子をケースから取り出して被ります。

お砂場のおもちゃも倉庫からみんなで少しずつ運び出してきて、朝のご用意が済み次第、朝9時前には遊び始める子ども達の姿があります。好きなことに時間をたっぷり使って遊び込む日でもあります😊

前週の水曜日が雨天で外遊びが叶わなかったため、真っ青に晴れたこの日は子ども達みんなが朝からスタンバイの気持ちで膨らんでいます。

色水あそびも手近な材料を揃えてスタンバイ!!秋色づいたモチツツジの葉、斑入りのテイカカヅラの葉、ヒサカキの実(綺麗な紫色の色水が作れます)、ノイバラのローズヒップ、花が過ぎたバラの花など。

園長室に呼びにきてくれた子ども達に少し待ってもらって荷物の準備をし、ひみつの庭の丸テーブルに移動😊 この日もお片付けのベルが鳴るまで色水づくりを楽しむ子ども達が大勢やってきて、思い思いの色をつくって楽しむ午前中でした💕毎回、100枚入りの8号袋があっという間に色水袋に作り上げられていきます💗子ども達はすでに手慣れたもの。庭の中で見つけた花がらや実も材料に。そんな合間のスピード撮影。括り目にドライの草花を飾りにしています!色はうっすら水色💙 こちらはパープルカラー、子ども達の好きな色💜 括り目は草のツルで留め、ぶら下げられるように工夫したのだそうです😊

外遊びが終わり一旦クラスに入ったあとは再び外へ。この日水曜のお帰りのシーン。青空に紅葉が映えてとても美しい日でした。もうすぐ一人ずつ「さようなら」のご挨拶をして、お母さまの待たれる所へとお山を下りていく直前です。

子ども達を送り空を見上げると、お昼間の太陽が紅葉の合間から眩しいほどに射し込んでいました。
--------------------------------------------------
ひみつの庭の”ママの日”だより✾(11/16記録)

晴天に恵まれた火曜日ママの日です。

お山の石段を上り詰めたら紅葉に包まれる園内です。今年は例年よりもイロハモミジの紅葉が一週間と少しばかり遅いようです。イチョウは早く黄葉しましたがモミジは少し足踏みしていたかのようです🍁🍁

10時半過ぎ。すでにママ達が到着され、それぞれに活動を始めておられました。築山の上を熊手で。

ビオトープ周辺。特にここは今、右側のナンキンハゼがとりどりの色合いに紅葉しています。葉の形が愛らしいので子ども達も楽しみな場所です。

少しずつお山の上にママが集まって来られました😊

熊手でおもちゃ倉庫前のウバメガシの周りを整えて下さっています。こちらもなかなか手入れが後回しになってしまう場所です。

ひみつの庭の前庭。あっちにママを見つけて行ってきたよ!😊💕

ありがとう!おかあさん達…と。😊

ひみつの庭入口を入ったサークルチェア周り。コツコツと草引きをして下さるママ。あっ、みーつけた💕ママだった~!

なにしてたの? あのね・・😊

思いがけず懐かしいOBママが今日もご来園下さいました✨ 暫しお話をしすぎてしまうほど我を忘れる瞬(とき)も💕 そして子ども達の畑エリアの草引きを念入りにお手入れのママ。

オオシマザクラの足元の落葉。             ひみつの庭の外、ライラックとムクゲのコーナーの足元に手を入れて下さるママ達。

これ? 葉っぱよ🍁 たくさん集まったでしょう。

わたしたちもおてつだい・・💛

ひみつの庭の奥北側。ママ達が検討中・・・

前回、ブロッコリーやケールを植えた後方にと種をご持参下さいました。えんどう豆🍃がツルを伸ばしてワイヤーフェンスに巻きつける場所なのでちょうどよいでしょう..と。

えんどう豆。わかりやすくもともと色がつけてあるのだそうです😊 そら豆は少し大きめのこんな色の種。

これらの豆はほとんど栄養は加えなくてよいようです。 ひみつの庭に残っていた有機石灰を土に施して植えて下さるママ達。北側ですが陽が当たるようになりましたからきっと上手く生長するでしょう。ただ、鳥は食べないかしら・・? おサルさんは・・? 心配はありますがいずれネットを施すなどで対処することになりました😊✌

年少クラスのポット上のラディッシュが播種一か月後になり、もうすぐ収穫できそうです。丸い形の実ではなく細長いラディッシュが育ちました。葉もフサフサとビタミンが豊富そうです😊近いうちにいただくことができそうです!

大根とブロッコリー&ロマネスコの畑を担当して下さるママ・・

ノリウツギの花が秋色から冬色へ・・

毎回、野芝の枯れ葉を熊手で集められます。夏から初秋は見事に葉がフサフサしていましたがこちらもこれからは冬景色に・・ ツゲのトピアリー周りをお手入れ下さるママ・・枝や落ち葉がいつも乗っています。

土があればほぐして野菜、植物が植えられる土に感謝です👏今秋からもお山の落ち葉を集めて落ち葉堆肥づくりも同時並行でしなくては・・

外遊び中の年長クラスの子ども達が畑の野菜にお水をあげにきています。

子ども達から時間差でお水がもらえてお野菜は喜んでいることでしょう😊大根葉も生き生きとしています。

葉の間の株元を見てお水をあげています。

落ち葉は外のコンポストへ。

夏から花を咲かせてくれたメキシカンセージ。枯れた枝を取り除いて下さいます。ひみつの庭のひんやりとした竹藪側にお母さま方の優しい手が入り温かみのある場所へと変わっていくようです。

こちらは園庭の下のお庭の雲梯前。竹柵の下のお手入れや溝に落ち込んだ落ち葉を集めて下さっています🍂🍁 前回のママの日のあと、固定鉄棒近くまでが綺麗にお手入れされていました。その続きをして下さっているようです😊

こちらのすぐ上は紅葉のイロハモミジ。

こちらはひみつの庭の北側東奥。ハーブコーナーの辺り。来週はこちらに植栽しているハーブ”レモンバーベナ”を使って年中長クラスが楽しい取組みを予定しています。お楽しみに~💕💗

皆さまお疲れ様でした。

熱々のお湯を沸かしておきました😊 冬場のアウトドアは陶器が冷たくなっているのでお茶を入れると同時に冷めてしまいます。カップを温めるためにお湯を注ぎます~、のつもりがうっかり忘れて直ぐにお湯を注いでしまいました~💦 この日は寒過ぎずでまだ大丈夫✌️

フランス マリアージュフレールの”マルコポーロルージュ”。ルイボスティーがモスリンのコットンに包まれたティーバッグ。手作り感があり香りがよくて好んでいます。治一郎さんのバウムクーヘンは個包装でミニフォーク付きがgood!

さて、こちらは何の実でしょう? Kママがお父さまの研究林がある芦生の森で見つけられた実で、キウイフルーツはこの実を元にしてつくられたのだそうです。鳥やサルが大変好む天然の「サルナシ」の実。とても珍しいのでと過日にご紹介下さったものです。

実が固いうちは酸味があり、実に皺が入って柔らかくなった頃が食べ頃だそうで少しずついただいてみました。確かにキウイのお味に似ていて甘かったです!大変珍しい貴重なものを有難うございました💕

後日談として、先日の夕方に山の学校しぜんクラスにやってきた小学一年生のKくん達が園長室に立ち寄った際、「この実はなんでしょう?クイズ」をしました。ヒントとして、これからキウイフルーツが作られたそうです!と言うやいなや「サルナシ!」とKくんが即答したのには驚きました😲 小学校に行っても、幼稚園の頃と同様に自然の生き物、植物について広く深く好奇心が広がり続けていることを思い安堵と感動を覚えました。

こちらはこの前回のママの日にNママがご持参下さったものでお宅のお庭にできたユズの実。有難うございました👏 因みにひみつの庭のユズは植えた次の年だけ実ができましたがなかなか大きくなりません💦栄養を足してあげないといけないようです!

皆さまといつもの記念撮影💗 就学時健診などで一足先にお帰りになったママ達も有難うございました💕

この日も紅葉の向こうに真っ青な空が広がる気持ちのよい一日でした。これから晩秋~冬の日々を明るく元気で過ごしていけますように♡♡
--------------------------------------------------
お買い物ごっこ👜(11/11(木)記録)

先週の11日(木)はお楽しみのお買い物ごっこでした。すでに絵日記でもアップされていますが撮影したものを一部ですがご紹介します。

この日は朝から真っ青な空が広がり、そろそろ各グループがお山の上に到着する9時前の空です。

園庭にはお買い物ごっこの看板が少しずつ並べられています。

こちらは年中クラスのお店の大看板。ひみつの庭前です。

いよいよ午前10時。こちらは年少クラスのお店コーナー”おやまきっさ”前。お店屋さんごっこが始まります、ピ~~✨

笛の音と同時に売り手のお店屋さんは「いらっしゃいませー、いらっしゃいませー!」と声かけが響きます。買い手側の子ども達は大きな紙袋を手にお店へと急ぎ「これください!」とバッグからお金を渡すとすぐに品物とおつりが返ってきます。上の園庭は年長クラスが、大文字がすぐ前に見えるひみつの庭の向かい側は年中クラスがいくつもお店を繰り広げています。

以下、この日のお写真をご覧下さい👇



お買い物ごっこの前半の部、後半の部のすべてが終わるとお昼前でした。森で集めた木の実や枝を使った手作りの品を太郎先生ともども購入したものです。いずれも子ども達が毎日コツコツとつくってきたお手製ばかり。早速リースや壁飾りを園長室に飾りました😊

こちらは前日10日(水)に各クラスのお当番さんが招待状を届けにきてくれたシーンです。

お金の入ったショルダーバッグもお手製!

こちらが招待状。今も壁にかけて飾っています!

左手にひみつの庭、右手を進むとひみつの森へと続いています。

お買い物ごっこの日は、毎年園庭のイロハモミジが真っ赤に紅葉します。今年も例年と変わらず、鮮やかな季(とき)を迎えたお買い物ごっこでした。

また本日20日(土)は大勢のお父様方が”ひみつの森のパパの日”にご参加下さいました。子ども達がいつも行く園庭続きの森の広場を重点的にお手入れ下さいました。森の丸太や登れる樹木は自然の中にありいつも変化していますので、時折お父様方の目で確認していただけるのは有難いことです。9時半に森へと移動し、活動後11時過ぎには園に戻られ壁泉前で休憩をしていただき和やかなお話タイムとなりました。週明けはきっと子ども達も驚くことでしょう😉

かたわら卒園した小学生の”山びこクラブ”を実施していましたので、総勢63名の懐かしいお顔がたくさん集まり園庭はとても賑やかでした。言葉を交わしながら幼稚園での日々と少しも変わらない元気で明るい表情を見て嬉しく胸が熱くなる思いでした😊 空からは最高の太陽が子ども達を眩しく照らす中、園庭で元気に駆け回る子ども達でした。また会いましょう💕

2021.11.05

11月5 日 (金) / もうすぐ紅葉・ひみつの庭の”ママの日”だより✾(11/2記録)・メダカの観察と表現(年長クラス)・ある色水あそびのSCENE💕・園内通信


 <もうすぐ紅葉🍁>

秋空が爽やかな日々。いよいよ園内の広葉樹の紅葉がすすんできました。こちらのイロハモミジの大木はすでに葉先が紅葉しています。園庭のアメリカハナノキ🍁はすでに真っ赤に色づき、本日の降園時にはイチョウの黄葉の葉を見せながら嬉しそうに石段を下りていく子もいました。今年は例年よりも季節が約半月ほど足早に進んでいるように感じています。日当たり具合から、すでに紅葉が赤くすすんでいるイロハモミジの木もあります。

さて、昨日本日と二日間にわたるフリー参観が終わりました。コロナ禍による自粛のため、一学期の保育参観にはじまりさまざまな行事が例年と同様には実施ができない半年間でしたが、10月半ばの体育指導の見学、そして今回のフリー参観に至り、ようやく例年と変わらない秋の参観を実施することが叶いました。ご参集下さった保護者の皆様には通常保育の一端を垣間見ていただくことができたかと思います。フリー参観とは言え日常と異なる子ども達の様子も見受けられましたが、保護者の皆さまにご覧いただくことは発表会と同様、成長過程にある子ども達の貴重な経験と学びの機会となりました。ご家庭でも二日間を通してのお子様の頑張りを認め褒めていただき、今後につながる一通過点としてこの先も温かくお見守り下さいますようお願い致します。
--------------------------------------------------
ひみつの庭の”ママの日”だより✾(11/2記録)

朝から秋の陽射しが嬉しい一日となりました。

お庭に上がった時には、すでにママ達がひみつの庭のあちこちで作業に入って下さっていました。

芝生の枯草を集めておられるママ。ツゲのトピアリーは過日に庭師さんに刈込みをしていただきました。

ひみつの庭の外周りもママ達の姿が。てみを手に落ち葉あつめなど、あちこちを見て手を入れて下さいます。

ネットを施した外や中にも落ち葉が溜まったり、草がはびこる場所があります。

子ども達も外遊びの時間。そんな姿を温かな目で見て見守りお声がけ下さるママ達。優しい空間が広がるひみつの庭💕

必要なあちこちの場所へと移動しながら手入れをされるママ。

メキシカンセージの花がいまも咲き残っている11月のひみつの庭。二学期の今までママの日開催が叶わなかったため、どこまでも草引きが必要なエリア。

ビオトープ周りも目を届かして下さり有難い限り💕もうすぐ右手のナンキンハゼが紅葉します。愛らしい葉の形をしているので子ども達が喜びそう・・

子ども達とお話を交わしながらの作業中。 いつもなかなか目が行き届きにくい場所をさっと見つけられるママはさすが😊

こちらの石畳には園庭の砂が毎日たくさん上がってしまいます。ほうきで石の間に入った砂を園庭へと戻しながら掃くポイントでもあります。

何がいたのかな? 秋以降、ナナフシがよくお目見えします。ここのドイツトウヒの木が棲み処になることもあります😊

ママに会えた!💕 幼稚園で大好きなママに会えたら嬉しいでしょうね😊✌

この植込みの中をお手入れしましょうか? ここはミルテの植込み。ヨーロッパでは昔から花嫁の髪飾りに使われます。6月の花の後の果実があちこちにできています。お料理にも添えられる葉は手で触るとよい香りがします。

いつの間にか知っているママを見つけている子ども達。ママ達にいてもらえてまた安心の園内。

気軽にママと話を交わす子ども達。 ちゃんとママがきているのを見つけてしまうから不思議だなあ~。

柵を定位置から外し、植込みの中を手入れされるママ達。ここは普段はなかなか手が届かないところで必ず後回しになってしまう所です。

草引きしたものがてみにいっぱい・・・

畑のまわりを念入りにお手入れ中。おおらかでダイナミックなママのエネルギーには毎度感服です💕

pâtissièreママも🍰 いつも切り分けなどでも見事な手さばきをお披露目下さるママ。

園庭から続く石段や、側溝横の柵の足元まわりに落ち込んだままの落ち葉を丁寧に集めて下さるママ。

すっきりと整えられてゆくミルテの植込みエリア。

ママ達に見守られながらいつもと変わらず外遊びをする子ども達の姿。

先輩ママの姿とともに。ママ世代(在園&卒園)を超えて集って下さるママの日。有難き幸せ💕 子育てのお話などなど、経験豊かな先輩ママ。心もほっこり安心の境地に…

クリスマスホーリーや野仏さまの近くもお手入れ中😊

少しずつ移動しながら… 黙々と作業を続けられるママ達。

芝やドングリや広葉樹。落ち葉もいろいろありコンポストに入れられるのは広葉樹の落ち葉と草引きした葉っぱ。枝や芝は土になりにくいため森方面へと移動します。

てみを手に、落ち葉を運ばれる姿がキマッていますね😊!!

幼稚園の用具置き場の近く、ミルテの植込みの横で。ひみつの庭の外回り、森の入口側をお手入れ中のママ。

ひみつの庭の北側隅のハーブエリア。シャベルで土をほぐし手入れ中。 

コンポスト近くでお店のマットを広げながら何かと思案中の様子。ママといろいろなお話を交わしながら・・

お昼近く。秋の陽射しが入口エリアを照らします✨✨

皆様お疲れ様でした💕 先にお帰りになられたママ数名も、この日のお力添えを有難うございました。りんご🍎のケーキと英リントンteaのケーキセットで暫し語らいの時間を楽しみながらお開きとなりました💕
--------------------------------------------------
メダカの観察と表現(年長クラス)

こちらは10月の半ば頃の年長クラス(つきB)。

クラスで飼育しているシロメダカの水槽を観察しています🐟。

グループ毎に藻、石、そしてメダカの動きをよく観察中。

藻はビオトープに繁茂しすぎるくらいの藻を室内で使っています!

画用紙に絵の具でまず水の色のベースづくり➡次に割り箸、綿棒で藻、砂利、貝などを描き➡和紙を手で千切ってメダカを表現しました。

↓以下、それぞれの愛らしい作品をご覧下さい😊👆

お買い物ごっこの品(一部ご紹介)
松ぼっくり、木の実、葉っぱ、クヌギの帽子、毛糸、紙粘土でつくったお人形。

作っていくほどに「売らずに持って帰りたくなったよ~」という声も。それぞれの力作がずらりと並び、お買い物ごっこ当日を待っています😊

こちらは年長クラスの作品の一部ですが、各学年とも着々と品づくりを続けてきました。そんな様子をフリー参観でもご覧いただきました😊

こちらはストローに紐を通してつくったメタセコイヤの木の実ストラップ。森へ行ってはお買い物ごっこの材料集めに精を出してきました。

ドングリリース展示。夕陽が射して素敵な展示コーナーに✨

こちらはクラスのしぜんコーナー。木の実やセンチコガネなどの昆虫も。子ども達はドングリの帽子やどんぐりの特徴から、名称の区別がついて名前を確実に覚える子も増えてきました。一つをよく見ることからそれと違ったものを見つける眼差しも身につけています。
--------------------------------------------------
10月はじめ・ある色水あそびのSCENEより💕

今でも大好きな色水づくり。

子ども達のご所望がある限り、私もともに楽しんでいます😊

赤、ピンク、青、水色、紫、黄色、グリーンなどなど・・・。材料の微妙な配合により色合い、ムードが変化する植物を使っての色水あそび💗😊 ひみつの庭の隅っこのテーブルで色水づくりをしますが、子ども達の勢いに圧倒されています!

そんな横でオオカマキリが姿を見せることも・・

グリーン系💚                    パープル系💜

まず材料を入れて何色にしようかな?💙        一度にいくつもつくるパワフルなのはだれ?😊

ごくワンショットのご紹介で、実際には写真を撮る瞬間もないほどの賑わいになります😊

オオカマキリもゆっくり、ゆっくりと・・・ 春に孵った小さな子どもカマキリ。秋にはこんなに大きく立派なカマキリに成長します。子ども達は今年は何種類のカマキリに出会ったでしょう!
--------------------------------------------------
本日は、園内通信「お知らせ39」をお出ししました。
内容は、
◇ 「ひみつの森」の”パパの日”スタート!
*ご参加をお待ちしています!

2021.10.29

10月29 日 (金) / サルビア”サリーファン”とチョウ🦋・ひみつの庭の”ママの日”だより✾(10/26記録)・ひみつの庭の畑で描く(年中クラス10/11)・メダカ🐟やアリ🐜を飼育して(年長クラス10/14)・はだしになって歩いたよ👣(年長クラス10/15)・線路はつづくよどこまでも..を歌いながら(10/28年中クラス)


 <サルビア “サリーファン”> シソ科 1~2年草

一学期にひみつの庭の西端に植えたサルビアが長らく満開です。この花は花期が長いのが特徴。紫色が綺麗な花です。チョウの中でもシジミチョウとともにキチョウがたくさん蜜を吸いに訪れたり、こぼれた花がらを子ども達が手の平に集め、色水あそびの材料にすることもたびたびです。この日は年中の女の子Sちゃんが手でキチョウを何とか捕まえようと、どちらがチョウなのかわからないくらいに追いかけていたのでした😊

そしてこちらの写真は今月13日(水)午前外あそびのこと。前回のブログでもお伝えましたが、旅をするチョウ”アサギマダラ”が毎日フジバカマの群生を訪れていたところ、年長Rくんが手にしたアサギマダラにサインが書かれているのを見つけました。

アサギマダラの翅は他のチョウのように鱗粉がないため、手で触れてもチョウにダメージは残りません。しかもビニールのような翅なので交信記録を残すためにこのようにサインが入った個体があることは知っていましたが、実際にこの庭にサイン入りが飛来してきたのは初めてのことでした。翅には「ヨーコ!9/29 NMV」と書かれています。調べると長野県上伊那郡宮田村にある「アサギマダラの里」から放されたもので、約80㎞の距離を一日平均20㎞を飛びながら約二週間かけて京都の北白川山の上まで旅してきたことがわかりました。遥か上空からフジバカマを見つけてきてくれたのですね💜

こちらはアップ写真です。しっかりとフジバカマの花を吸蜜しているところです。2013年にひみつの庭にフジバカマを植えて以来、今年ほど多く、また長い期間姿を見せてくれたことはありませんでした😊🦋 またきっと来年の秋も姿を見せてくれることを祈りつつ💜

アゲハ、アオスジアゲハ、クロアゲハ、アサギマダラ、ツマグロヒョウモン、そしてこの上の写真の山吹色が鮮やかなキタテハ、ツマグロヒョウモン♂など。いろいろな種類のハチとともにたくさんのチョウを子ども達が観察できる機会が多かったことは何よりでした。
--------------------------------------------------
ひみつの庭の”ママの日”だより✾(10/26記録)

今年度はじめての開催となるママの日をようやく再スタートすることができました。この日は薄曇りで季節が例年よりも半月ほど早いと感じていることもあり、少しひんやり感じる一日でした。でも活動していると寒さはほぼ感じることはありません。

築山は野芝とともに夏間からいろいろな草が生えていて手が施せないほどになったので、今回は無理に芝生以外を抜かずに庭師さんに刈込みをしていただきました。来春に出てきた草を抜きながら野芝を整えていく予定です。枯れた芝や草は熊手で取り除いて下さるママです。

小雨がぱらつく中、空を見上げて思案中です。横の畑には、年中のブロッコリー、ロマネスコ、年長の大根、赤カブが生育中。

お天気が心配です。天気は明るくなるという予報だとママが仰っているのできっと大丈夫でしょう。

年長クラスの大根、赤カブが育ってきていよいよ間引き→定植をする時間がなかなか取れず、この日来て下さったママにお願いをしました。肌は白くて艶があり、青首とのコントラストがきれいな種類。子ども達はお水やりのお世話に余念がありません。元気にすくすく育ってくれますように👏

子ども達が好きな紫色の花メキシカンセージのまわりの草引きをして下さるママ。コロナ禍の事情で一学期にママの日が開催することが叶わず、春から草が育ってきたので、そこら中に広がっているところをお手入れ中。

そしてひみつの庭の西端の空きスペースに、間引きをした大根、赤カブとケールやブロッコリー、ロマネスコの残り苗を植えて下さることに。まずは草引きです。

懐かしの卒園児Yママも駆けつけて下さいました!有難き幸せ~😊

そして同じく卒園児Kママも😊 皆さまご多忙の中、有難うございます 

近くには年少クラスのラディッシュを植えたポットがあり、こちらも元気な芽が出て少しずつ育っています。

ケール苗などを植えようとした場所に、またもや竹の根っこがニョキニョキと侵入してきていたので、ryoma先生にノコギリで根切りをお願いしました。

大きな根っこが二本も伸びていました。北側に竹林がありますので、どうしても根っこを伸ばして侵入されてしまう庭の北側エリアです。

小雨もいつしか止み、ようやく安心の境地で手入れを続けられそうで幸いでした。

ひみつの庭入口のサークルチェア周辺も野芝以外の草がふさふさと生えています。草抜きのポイントは私よりもママ達の方がよくご存じで、気になる場所に移動してお手入れされています。 竹の根切りも終わり、腐葉土を2袋投入して野菜苗を植える準備が完了!

順に野菜苗を間隔をあけて植えていきます。

ちょうど前にワイヤフェンス(黒)があるので、スナップエンドウなど植えてもいいですね、とママ。畑をされているので経験豊富なママです👆😊

年長児の外遊び中にママを見つけたKちゃん。よかったね💕

草抜きをされる様子をお友達と一緒に見ています。

草引きをして山盛りに。一輪車に積んで移動した方が重くなくてよいかな。

颯爽と運んで下さるYママ😊

お昼前になりました。皆さまお疲れ様です💕 ひみつの庭の二カ所に育っているハーブのレモンバーベナ🌿をカットし、沸きたてのお湯でホットハーブティーを☕ お疲れ様でした~💕

耐熱の蓋つきハーブティーカップにレモンバーベナの葉を千切りながらたっぷりと入れ(触るだけでよい香りが立ちます😊✌)、熱湯を注いで約5分ほどそのまま⌛。以前、レモンバーベナの枝を一本、ペットボトルに入れて冷凍し夏にアイスハーブティーにして飲んだらとても美味しかったですよ!とYママ。OBママのFママから伝授された方法ですとのこと😊💕 

「一人で飲むハーブティーよりも、こうしてアウトドアで皆さんといただくとお味がまったく違いますよね😊」と仰るYママ。皆さんとうなずきながら、確かに庭の空気とともに各段に風味が美味しいハーブティーになりました💚ミント系とはまた違う気持ちもすっきりと爽やかになるレモン風味でした💛

お天気がすっきりしない中、お山の上のひみつの庭までお集まり下さり有難うございました💜💜
--------------------------------------------------
ひみつの庭の畑で描く(年中クラス10/11)

年中クラスは過日にブロッコリーとロマネスコの苗をみんなで植えました。

子ども達は毎日お水をあげながら、「お野菜の赤ちゃん苗の絵を描けたらいいなぁ~!」と言っているのを聞いて、さっそくひみつの庭の畑のまわりに画板を持ち込んで絵を描いた日がありました。

すぐ横にはフジバカマの植込みがあります。「あっ😲 アサギマダラがきているよ」と指さします。ほんとだ・・・

ヒラヒラ、フワフワととてもソフトな飛び方をしながら開花した花に近づきとまります。到底何千キロと旅をするチョウとは思えないやさしい飛び方です。浅葱色のとても綺麗な色が映えます💙

画板に画用紙を置き、クレパスでよく見ながら描いています。白花のフジバカマにミツバチもきています!

静かな時間が流れています。アサギマダラは花と子ども達の間を夢のように飛び続けていました。

こちらはシジミチョウ。白くて愛らしいチョウ。

描く対象を決めたらスイスイとクレパスを持つ手が動き出す子ども達。

ゆっくりと見て、考えながら画用紙に向かう時間。

できたよ~~!😊と見せてくれました。 画用紙の白い部分がなくなるまで集中して描きます。

赤、白のフジバカマは京都の花。平安の昔から路傍に咲いていた花でもあります。

以下、別の日に絵の具を使って完成させて畑の絵です。ごく一部となりますがどうぞご覧下さい。


そして、畑でクレパス画が仕上がった時点で、続いてひみつの森へでかけました。私も太郎先生も年中クラスのみんなと一緒に向かいました。

森の広場まできたら大きな輪になり歌いました。10月によく歌ってきた歌は「線路はつづくよどこまでも」🚉🛤……..

そしてネイチャーゲームの一つ「宝物さがし」。しゃがんで目をつむっている間に先生がキラキラの手作りボールを森の中に隠します。もういいよ~の合図でさあ、さがしにいきます!🏃・・🏃….

きれいな色のボールを求めて駆け回ります! みつけたよ!!

広場の周囲は子ども達もよく知っている場所。おおよその検討はつくものの、枝や草間に見つけた時には大喜び😊✌

もうみつけたよ!   まだまだかくれているかもしれないよ😊

ほら💕💕 わたし紫よ💜 わたしはピンク💗

みつけたよ~~ヤッター💙              やったね!💛

まだまだ宝探しはつづきます~~ ここで、そろそろ年長クラスがグループに分かれて森を使ってシールラリーをしている頃なので、先に森から下りて戻ってきてみると・・・。

最後のチームの姿が見えました😊クラスから森の途中までを広々と使い、途中に置かれたシールを見つけて貼りながらもどってきたら完了!となります。

森の折り返し地点にkaoru先生が、園のゴール地点にはchinami先生が待ち受け、クラスから森の道中はグループで力を合わせて頑張りました😊 私は森の道をそっと最後のチームの後ろから歩いていましたが、最後のチームさんはいそいそと先を急ぐ風でもなく、寧ろゆったりとお話をしながら森の中から園庭へと..あくまでリラックスムードで楽しむことも忘れていない微笑ましい3人組でした😊!

園舎に戻ったらミッション完了のシールカードを見せてくれました。お題の一つに、森の中で好きな葉っぱを一枚もって帰ってくることというのがありました。それぞれの葉っぱをシールカードの裏面に先生からつけてもらいます😊

最後までよくがんばりましたね! すでにラリーを終えた子ども達は園舎の中です。お気に入りの葉っぱを貼ってもらい満足の笑顔😊 ワクワク、ドキドキしながらいくつかの大事なポイントを抜かしてしまうことなくシールラリーにチャレンジした年長の子ども達でした。             
--------------------------------------------------
メダカ🐟やアリ🐜を飼育して(年長クラス10/14)・はだしになって歩いたよ(年長クラス10/15)


年長クラスのつきAぐみ。以前からお庭にいるアリをよく観察し、アリについて考えるうちにクラスで飼ってみよう!と言う流れになった日がありました。観察のしやすい容器を手作りで工夫したり、エサは何をいれるとよいのか?どのように巣をつくるのか?など、興味を持ちながら観察する期間を経て、この日はみんなで大事にしてきたアリの巣について考えながら絵を描くことにしました。

ほら、みてみて! 土の中にたくさんのおうちがあるの😊

↓ 以下の取り組みの様子をご覧下さい!


アリの巣、つい中に入りたくなりそうな、素敵なアリのおうちが続々と描かれました😊

園舎からずっと、はだしで歩いてみました👣・年長クラス10/15(金)


この日、お天気がよく温かい太陽が照りつける園庭です。みんなはお目目つむりをしながら進みました。

あ~~まって~~!                                                
園庭のお砂はきもちがいいよ~💕

しっかりと地面をつかんで歩きます。

土、砂、コンクリート、ラバーマット、砂利、草などさまざまな土壌の体験をしましたが、幼児期には手指の感覚のみならず、足の裏の感覚などもできるだけたくさん知っておくことは大切だと考えます。経験は安全の範囲内で、多ければ多いほど幼児期に広い土壌を培ってくれることになるはずです。さて、ひみつの庭へ!  

う~ん! すこしひんやりしているかなあ。

そのままビオトープ際を通り、ぐるりとまわってきて・・・

芝生の築山に出たらもう、コロコロと転げ落ちながらあそびます。真っすぐに転げ落ちるのは至難の業です!

転げ落ちる感覚を体に受けて楽しみながらも、すぐ横のフジバカマの植込みにきていたチョウの群れを見つけた子ども達😊🦋

何度でも何度でも…..お友達と手を繋ぎながら駆け降りる楽しみ💕

大はしゃぎで今を思いっきり楽しめる子ども達。もちろん、足の裏もしっかりと土壌をとらえながら。

はやい、はやい~~🏃・・🏃             ん?あっ、ここにもチョウ🦋?          

--------------------------------------------------
線路はつづくよどこまでも🚉..を歌いながら(10/28年中クラス)

これは本日午前のこと。10月のお歌で元気に歌っている「線路はつづくよどこまでも」を歌いながら電車や汽車の絵を描くことになりました。

線路を走る電車をイメージしていると絵を描きたくなってきたのでしょう💕線路が続いている電車の絵が描きたいなあ!と子ども達からリクエストがありました😊 そこで、早速描くことにした年中クラスです。

クラス中にビニールシートを敷き詰め、好きな色の色画用紙と自分のパレットにもらった7色の絵の具で自由に色を作って思いのまま描いていきます。

早速に、スス~~~と筆で線をすべらせます。

まずは「わたし」😊✌                  まずは線路🛤

思いのまま、好きな描き方でスタート!

それぞれのトレイで。

まず、おもしろいラインを描きました。  こちらは電車🚉の線路のようです。

お隣りも描きはじめたところです。それぞれの色で自由に描く時間。

丁寧に筆が動きます。お隣りは線路の上の青い列車に「しまかぜ」と名前が入っています。なるほど~~🚊

お歌が、線路はつづくよどこまでも・・なので、やはり線路から描き始めています。思ったまま、自由に、伸び伸びと。

こちらは面白い形。TTTがあちこちに描かれました。  線路の上に電車を描いている途中です。

四角や点々が楽しく描かれています。          よこはま..とあります😊私もよこはま好きです💕

お花柄の雲も浮かんでいて楽しそう。         車体を描いています。

いい色です🚆列車の窓を四角く描いています。     鉄橋を渡る列車かな😊雲がぷかぷかと..

鮮やかな列車がたくさん描かれていました。      画用紙いっぱいの電車と線路…

こんな感じよ!😊                 こちらもカラフルな線路と空が見えます。

楽しく描いていますね。                私!と電車。これから乗ります💕

車輪がたくさん、線路の上を走っています・・     集中して描いています。

太い線で窓をしっかり、線路も頑丈そうです!

せ~んろはつづく~よ~、ど~こ~ま~で~も~~~🚅

だいぶ、完成に近づいてきました。立派な電車です!

完成!                     均等に力強く描いた列車の様子。電車は少しチョウの幼虫と似ているような気がします、確かに😊

完成~~!

こちらもちょっと乗ってみたい明るい色の列車が完成!

こちらは緑色が素敵な列車。完成!!🚉

並べ模様のような連続性のある柄が、歌のテンポと同じく刻まれているようなイメージ😊

よい色ですね~🚉 色も形も自由にのびやかに~

個性的な作品が完成~。いいですね~。       鋭意取り組み中😊      
列車しまかぜ、集中して取り組み中です。

こちらもなかなかの色合い。よい色を作ります😊叡山電車が昨年から大好き!今日ももちろん叡電だそうです✨            他の色が入ってきました..

いよいよ完成だそうです! しみじみと手の絵の具を眺めています。頑張ったね😊

もう描けたFちゃん。あちらこちらへ上手く移動しながら拭き上げています😊

叡山電車、あと一息で完成です。年少の頃から黙々と集中して取り組み、完成させて達成感に満ちた表情をするSくん。絵描きさんのような色合いとタッチですね😊

楽しいですね~~。🎈風船のように弾むようなバルーンが上がりました~~😊

こちらもなかなかの筆タッチ! ゴォーーーーっと音をたてて走っているようです😊

お花、💙💚、雲、そしてお楽しみ列車。

集中力が続きます。最後まで納得がいくまで終わらない大作です!

画伯の絵😊叡山電車が完成です!
----------------------------------------
本日は、園内通信「お知らせ38」をお出ししました。
内容は、
◇ 園児募集ポスター掲示のお礼など
◇ 就学時健康診断日(年長)の送りについて
◇ 未就園児さん親子登園について

2021.10.09

10月9 日 (土) / 旅するチョウ“アサギマダラ”が飛来したよ!・育てたルリタテハを空へ!・コンポスト落ち葉堆肥づくり~畑へ(年長年中クラス/10/4(月)記録)・野菜の種、苗植え(各学年/10/5(火)記録)


「旅するチョウ “アサギマダラ”がひみつの庭に来ています!」
アサギマダラは北海道方面から陸や海を渡って2000㎞以上もの距離を渡り鳥のように旅をするチョウです。色は浅葱色(あさぎいろ・水色に似た色)で鱗粉がなく、ビニールのような強い翅を持っています。好きな花は京都の花“フジバカマ”。

ひみつの庭では2013年秋にアサギマダラの飛来を願い、ママの日にフジバカマ(紅白)を北側エリアに植栽しました〔2013年10/24(火)ママの日
以来、株が大きくなって根づまりを起こすため、数年に一度は株分けをしながら頑張って育てています。この春、思い切った株分けをしたため伸びやかに根っこが生長したようで、今秋はふさふさと健康的な姿で開花し嬉しく思っていました。そんな折、タイムリーにアサギマダラが遥か数百m上空からこの花を見つけてくれて、今週初めより子ども達も間近で遭遇するタイミングが訪れています😊💜

日中はまださすがに暑いので、朝夕に姿が見られます。日中はその他のチョウ、アゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン、キチョウ、そしてハチの仲間がフジバカマと隣のメキシカンセージの植込みに集い、本当に賑やかに饗宴を繰り広げています😊

こちらはアゲハチョウと右は昼に飛ぶガの仲間ホシホウジャクです。長い口吻を伸ばしてメキシカンセージの蜜をホバリングしながら吸っているところです。ホシホウジャクは小さな可愛い花が一面に咲く蔓性ヘクソカズラを食草として育ちます。同じくスズメガ科のオオスカシバ(グリーン系)とよく似ています。

アオスジアゲハ。高木クスノキの葉が食草なので幼虫の姿も滅多に見られません。飛ぶスピードも速くいつも高い場所を飛んでいるためじっくり観察ができないチョウですが、フジバカマにはぞっこんの様子😊ここをなかなか動かないので今ほど子ども達がチョウの観察をしている時はないくらいです。「アサギマダラだ~~!ちがうよ、あれはアオスジアゲハだよ!」という声がよく聞こえる今日この頃です。

ひみつの庭の北側エリアはフジバカマもメキシカンセージも満開が近い頃です。フジバカマのアカバナが満開を迎え、もう少し涼しくなるとアサギマダラも仲間を連れてくるかも知れません。過去には一度に10頭(チョウは頭(トウ)と数えます)ほど乱舞する年がありましたが、今は朝夕に3頭ほどが吸蜜する姿が見られます。来週も楽しみです!ご興味のある方は午前中にひみつの庭へいらっしゃいませんか!(暑い日には姿を隠しているかもしれませんが..) 日本各地でもアサギマダラの姿が確認されているようです。寒くなるとまた南の国へと旅を続けるでしょう🦋

10/8(金)お昼前/森から帰った年長クラスがルリタテハを空へ!

年長クラスのAちゃん宅から分けていただいたルリタテハ(以前のblogでご紹介)がサナギから無事に羽化していました。

飼育ケースの上部のフタにとまっています。外側から見ると黒っぽくて一見地味な色のチョウですが翅を広げるととても綺麗な瑠璃色をしています。冬の装いですね!

ひみつの庭の北側でホトトギスの葉を与えて育てていたルリタテハを自然に返してあげるところです。

chinami先生がフタを開けるやいなや、直ぐに真っすぐ上の空に向けて飛び立ったのでした🦋 上のメタセコイヤの高木に向かって真っすぐに…写真中央の緑の枝の下に点と黒いものが見えますでしょうか?いつの間にそんなエネルギーをためていたのかしら?と驚くほど元気に飛び立っていきました😊子ども達も空を仰いでルリタテハの巣立ちを見送っていました💙

こちらは園長室横のホトトギスの葉に産卵したルリタテハが羽化したもの。今週6日(水)外遊びの午前中に、子ども達に空へ返してもらった時の写真です😊 あとは年中クラスで育てているルリタテハのサナギがもう羽化しそうな気配です😊
--------------------------------------------------
コンポスト落ち葉堆肥づくり~畑へ(年長・年中クラス/10/4(月)記録)
年長クラス~

この日は今週はじめの4日(月)。そろそろアサギマダラが飛来してきそうなので、落ち葉堆肥のお話をする前に、旅するチョウ“アサギマダラ”のお話を子ども達にしているところです。本には海の上を飛ぶアサギマダラの姿が見えます。

栽培された植物以外では道ばたなどに生えるセイタカアワダチソウやセンダングサなどにも集まります。もしも、ひみつの庭の奥で水色のチョウを見たらこのアサギマダラかも知れないのでよく観察して教えて下さいね。そしていよいよ落ち葉🍂のお話です。

春に緑色のサクラやクヌギ、コナラやモミジの葉っぱが秋になると色が変わります。今は朝に幼稚園に着いた時にまず目に入るのが綺麗に紅葉したカキの葉っぱですね。穴が開いているのはなぜでしょう? 「ムシ🐛がたべるから!」そう。虫が食べた跡があったり、雨で葉っぱが濡れたり、また乾いたり、冬には凍って雪の下にうずもれたりしながら時間をかけてゆっくりと葉っぱは朽ちていき、元の緑の葉っぱとは色も形も変わっていきます。穴がだんだん大きくなってレースみたいに薄くなって破れたり、さらにダンゴムシが食べたり、キノコやカビが生えて見えないくらいの小さな微生物の力も働いて、さらに葉っぱは細かくなってとうとう黒っぽい土になっていきます。

土はもともとは石だったり、山が噴火した時の灰だったり、葉や根っこだったりいろいろなものから土ができています。そうしてできた栄養のある土から生えた葉っぱを動物が食べて育ったり、私達は土で育ったお野菜を食べることができます。だから土はとっても大切なものなんです。

年長クラスのみんなは、お話を集中して聞きよく理解してくれているように思えました。

ここに先生が今朝集めた落ち葉🍂が入っています。みんながいつも見ている赤や黄色の落ち葉ですが、

こうして去年の秋からみんなで集めた落ち葉をここのコンポスト(落ち葉堆肥をつくる場所)でグリーンの袋に入れて、お米のぬかや水などを入れて混ぜながらゆっくりと土になったものがこれです。

この落ち葉🍂が長い間に発酵(はっこう)して小さくなり形を変えてこんなに黒い土になりました😊 こうしてたくさんの土ができたので、これから明日お野菜を植える畑に落ち葉でできた栄養のある土(腐葉土)を運んで畑の準備をすることにしましょう。

お砂場用のバケツを使い、みんなで力を合わせて畑へ土を運びます。

バックの中で発酵して出来上がった黒い栄養のある土です。落ち葉の形がほぼなくなりしっかりと黒い土が出てきました😊

スコップでバケツに入れます。

ドラム缶ほどの大きさの容器なのでとてもたくさんの腐葉土がお目見えし、子ども達はせっせとバケツへ移しています。

お砂場の砂とは違う落ち葉でできた黒くて重みのある土の感触です。

二人でペアになり畑の畝へと向かいます。

畑ではkaoru先生が待ち受け、クラスの畑に腐葉土を加えます。

ずっしりと重みがある土。それぞれクラスの畝へと腐葉土が運ばれてきます。

バケツを逆さにしてザーっと。                大事に運んできました。

夏アジサイが秋色に変化している合間を通りながら運んできました。

土を見て感触を確かめているようです😊

これ以上は入らないよ😊・・山盛りのバケツです。

颯爽と運びます!

残りが少なくなってきたので、てみで三人で運びましょう。なんとか持てるかな・・

よいしょ、、結構重かったね😊 畑へザザー~~

ほぼ落ち葉が発酵したと思われる土がみんなの力でたくさん畑に集まりました。腐葉土の入ったバックはとても重くて容易に移動できないほどなのです。

一人ひとりが自分の役割を持って活動しています。

黒い腐葉土は畑の土よりも濃く黒い色で、いくぶんしっとりとしています。

さあ、そろそろ年長クラスの腐葉土はこれでお終いくらいでしょう。何往復して頑張ったかなあ😊

横のブッドレアの花にクロアゲハがきています。

みんなとても頑張り屋さん!😊 継続してよく頑張ります。

ザザザ~~~!

これであしたはお野菜植えられるね!😊 みんなよく活動しました。力を合わせて明日も頑張りましょう💗

年中クラス~
さて続いて年中クラスが作業をします。

アサギマダラのこと、落ち葉からつくった土のことなど、年中クラスもよく聞いて理解してくれました。

このくらいいれたよ😊                よし、畑に行こう!

たっぷり入れられました✌😊😊✌

ペアで畑へ💙💙💙

畑にはasami先生が待ち受けます。

いつものお砂とは勝手が違うかな? 色も黒くてサラサラしていない腐葉土、落ち葉の土。 結構重いよ!

サザザ~~~!                       ザザザ~~~!

次々と腐葉土が運ばれてくる年中クラスの畑エリア。

スコップどうぞ!                     はやくはやく~!

ほんのり秋色ピンク色に色づいた夏アジサイとSちゃん😊

ここに入れたらいいね!

またまたはこんできたよ~~👦👧!

一人ひとりの力がきっと美味しいお野菜をつくります💚 こちらはコンポスト前。まだあまり発酵しきっていないのは笹の葉とクスノキの葉が入ったバック。発酵が難しく堆肥づくりに向いていない葉を敢えて使ってみたのですが案の定発酵が遅く、あまり腐葉土には適さないのは予想通りでした。なんと😲なかにカブトムシが産卵していたらしく、たくさんのカブトムシの幼虫が~~

子ども達はもちろん大喜び! 手で観察しています😊

落ち葉の種類、発酵具合でできあがった土が異なります。いずれも黒くて栄養のある土には違いありません。

女の子も男の子も、カブトムシの赤ちゃんが大好き💕かわいい、かわいいと大人気です😊ダンゴムシと似ているそうです。 子ども達はたいてい幼虫たちを可愛い!と言います。それは私も同じですが😊 大人気のカブトムシの赤ちゃん👶🐛

さあ、残った土を入れてしまいましょう。

これってほんとうにかわいい!とIくん。昆虫大好き👦✌ これとてもかわいいのよ、とHちゃん👧💕 お山の子ども達は生き物大好きで平気です😊

畑が腐葉土で豊かになってきましたね。みんなの頑張り!!

明日はこれでお野菜の苗を植えましょう! みんなで美味しいお野菜育てましょう💚

固いものや枝など、要らないものがあれば取り分けています。

それではまたあした植えましょう💕 美味しいお野菜ができるように“エイエイオー!!😊”
--------------------------------------------------
野菜の種、野菜の苗を植えたよ! (各学年10/5(火)記録)

年少クラス~“ラディッシュの種を植えよう!”

次の日の朝です。ひみつの庭の奥に集まった年少クラス。陽射しが暑いくらいでまだまだ夏日だったこの日。

眩しいね!眩しかったら手で日よけをつくってこちらを見て下さいね。 年少さんはこれからラディッシュ(二十日大根)の種を植えましょう! 夏はトマトを育てましたが、同じく赤くて丸い実のララディッシュです😊

手の平に種を出すとブルーメタリックに光っています。これは私も初めて目にしましたよ😊

みんなの手の平に少しずつ先生がのせていきます。こぼさないように大事に・・

大きなポット鉢には筋がついています。そこへ小さなラディッシュの種をそっと置いていきましょう。

なにやらたのしそう~😊                  もう種を蒔いたよ😊

各グループに分かれてゆっくり急がずに作業をしています。

このへんね、種をおいたらそっと土をかけてあげましょう~😊

ちいさな、ちいさな青い種。一学期にトマトを植えたときは苗だったけど今度は種。種は知っているかなあ~、見たことあるかなあ~😊

順番にそっと種を入れてあげたら土のお布団をかけて。

どう? うまく種を植えてあげられたかな? うん!😊

それでは、みんなでパワーをあげましょう~~💕 小さな芽👀がんばってでてきてくれますように~👏👏👏

芝生の築山はみんなの好きな場所💚 最後までみんな頑張りましたね😊

年長クラス~“大根・赤かぶの種を植えよう!”

そして次は年長クラスです。昨日、葉っぱの腐葉土で畑の準備を終えたところで、今日はいよいよお野菜の種を植えましょう!大根と赤かぶの種です。

暑いくらいの陽射し。後ろのフジバカマのお花に昨日お話した水色のチョウ“アサギマダラ”がやってくるかも知れません😊 この畑にきたら水色のチョウが来ているかどうか確かめて下さいね!(と言った矢先、次に子ども達が種を植えている間にフジバカマに姿を見せたアサギマダラがいました😊 子ども達は確かに目で追いながらも、目先の小さな野菜の種を手からこぼさないよう集中することも忘れないとても冷静な年長さんでした)
さて、大根の種は少し赤くて大き目、赤カブの種は黒っぽくてとても小さいので落とさないように気をつけて、丸く型をつけた場所に一人2~3粒ずつあちこちに置いて上からそっと土をかけます。

先生がペットボトルの底で丸い型〇を苗の分だけつけていきますからそこへ種を入れましょう。

月Bぐみの畝には赤カブを植え、月Aぐみの畝は大根を植えます🌿 手のひらに先生からのせてもらいます。小さすぎるほどの種。

ちいさいね~~                       右は赤っぽい種の大根、左は赤カブ。

ほら、小さいでしょう~                  畝を前に真剣な表情の子ども達。

種を入れたらそっと土をかけます。お家でもいろいろなお野菜を作ってるよとJくん。見えるか見えないくらいの小さな種を慎重に穴の中にそっと入れる月ぐみのみんなです。

土をかけすぎると芽👀が出にくいし、浅すぎてもいけないし、大事に丁寧に作業を終えた年長クラスの子ども達。

大根は赤い種、赤カブは黒くてとても細かな種、それぞれ違う種をみんなで植えました。立派な大根と赤カブができるように毎日お世話を頑張って育てて下さいね!

年中クラス~“ブロッコリー・ロマネスコの苗を植えよう!”


そしてこの日最後は年中クラスさん。ひみつの庭の畑にやってきました。

年中さんは種ではなく苗です。一つの畝にブロッコリー、お隣にロマネスコの苗を植えましょう!

みんなで葉っぱでできた土を運んだのが昨日。今日はいよいよお野菜苗を植えましょう。こうしてポットから土を外したら、白い根っこが見えますね。

続いて手でしっかりと深めの穴を掘って、お野菜の苗をこうして中に入れてそっと土をかけてあげましょう。「しってる~~」の声が上がります。そうね、一学期にきゅうりの苗も植えたからね😊

まず苗を畝の上に置いていきましょう。

こちらの畝がブロッコリー。あちらがロマネスコ。似ているお野菜だけど形が違うので楽しみですよ😊

しっかりと手で穴を開けて・・

協力しての畑作業です。みんなお話をよく聞いていて、これからなにをするのかの流れがよくわかっています😊

このくらいの穴かな。                                    

わたしはここに植えましょう!

土もほぐれて柔らかく、また前日にしっとりとした腐葉土を投入したので土が蘇ったように思えます。

やさしく、そっと… とても上手ね!

赤ちゃんを扱うように、そっと、丁寧に土をかけてあげます😊

二人で力を合わせて、やさしく、そっと😊

ここに植える?先生と一緒に穴あけも。

そう、そのへんに植えるといいね!

そっとポットから取り出した苗の土を壊さないようにそっと。開けた穴に入れてあげる二人です。

そしてピッチャーでお水を株元へそっと、少しだけあげましょう。やさしく丁寧に、どこへあげるとよいのか?をよく考えながらあげている姿です。

水を野菜の根本にこうしてあげるんだよ! みんな株元へ優しく丁寧にあげています。

ここはまだお水をもらってないみたい😊          やさしく、やさしくお水をあげています。        

さあ、畑にお野菜が植えられましたね😊 無事に大きくなるように、みんなで毎日お世話をしていきましょう!

お昼前。tomomi先生にライオン壁泉でお話を読んでもらいます。クラスに戻ったらお楽しみのお弁当にしましょう💕

お野菜の種はいま少しずつ顔を出しています。苗もすくすくと元気に育っていきますように👏
--------------------------------------------------
園内通信「お知らせ30」「お知らせ31(別紙マップあり)」を昨日お持ち帰りいただきました。
内容は、
「お知らせ30」
◇ 内科健診のまとめ
◇ 子ども達のお休み状況
◇ タオルについて他
「お知らせ31(別紙あり)」
◇「ひみつの庭」の“ママの日”スタート・10/26(火)10:30~12:00~
・お天気のよい日はご来園の上、お力添えをよろしくお願いします!

Next »