【「山の学校」とは?】
人生をより豊かに生きたい、真に「教養」と呼べるものを身につけたい、そうした方々へ向けた「語学クラス」や「ゼミ形式の授業」を実施しています。「こんな授業を受けたい」「この本を深く読みたい」そうしたご要望からクラスが始まることも。先人たちの足跡を辿りつつ、寄り道をしてみたり、思いがけぬ景色に出会ったり。学びは本来、楽しい山登りのようであるはずです。

生徒も講師も、ともに「学びたい!」という熱い思いを持ち寄り、本当に学びたいことを学べる場所。それが、「山の学校」です。
・ ごあいさつ「設立理念、教育の考え方」詳細
・「クラスの様子」 →クラス便り最新号(pdf)講師ブログ

新着情報】
★クラス便り「山びこ通信」最新号が発行となりました!上記リンクよりご覧いただけます。
新設クラスの情報多数!
いずれも無料体験受講入会随時受付中です。
オンライン授業も実施中。遠隔地、海外にお住まいの方も受講可能!
(対応可能かどうか、気になるものがありましたらお訊ね下さい。)

「英語で味わうシェイクスピアのソネット」:体験講座(11/26)のご報告(山の学校ブログより)

● 始めるなら今!新規開講」「新しいテキストに入る」クラス まとめ

・この機会をどうぞお見逃しなく! 詳細は、各クラス名をクリック↓↓↓

ギリシャ語初級クラス
 📖テキスト: C. W. E. Peckett & A. R. Munday, Thrasymashus.
 木曜 20:10〜21:30 講師:広川直幸

 ギリシャ文字の読み書きから学び始める、初心者のための授業です。少年トラシュマコスを主人公とする愉快な物語を読みながら、原典講読に必要な「語彙と文法」を習得します。この授業は一度開講すると次の開講がおよそ2年後になります。興味のある方はこの機会をお見逃しなく(…詳細はリンクを御覧下さい)

新約ギリシャ語講読クラス・・・2020年4月 新規開講
 📖 『ヨハネの福音書』(Nestle版)
 月曜 18:40〜20:00  講師:広川 直幸

 古典ギリシャ語から新約ギリシャ語(コイネー)へのギリシャ語の歴史的変化を押さえながら、「ヨハネの福音書」をすべて読むことを目指します。どうぞお問い合わせ下さい。

ギリシャ語初級文法クラス  2月に新規開講しました
  
 📖 テキスト:『ギリシア語入門』田中美知太郎、松平千秋 著
火曜 20:10〜21:30 講師:山下 大吾

『ギリシャ語中級B』クラス 

  📖 プラトーン『饗宴』(4月、ほぼ最初からスタートします!
 木曜 18:40〜20:00 講師:広川直幸

・『ラテン語初級クラス・・・2020年4月新規開講!
 📖
テキスト:Hans H. Ørberg,Lingua Latina per se illustrata pars I: Familia Romana.
 木曜 20:10〜21:30 講師:広川直幸
読んで聞いて話して書くことによってラテン語を一から学ぶ授業です。

ラテン語初級文法
クラス・・・2020年4月新規開講!
 
 📖テキスト:『ラテン語初歩(改訂版)』(岩波書店)
 木曜  20:10〜21:30  講師:山下大吾

受講生のニーズに合わせ、全12回(4月〜7月)、または全24回(4月〜12月)でテキストを一通り学びます。

『英語講読』(E.H.エリクソン)クラス・・・ 2020年4月新規開講!

 📖 Identity:  Youth and Crisis (E.H.エリクソン)(予定)
新規開講につき、曜日・時間未定 講師:中村 安里

発達心理学者、精神分析家のE.H.エリクソン著作を原文で読むクラスです。

英語で味わうシェイクスピアのソネット新設 !

 📖 大場健治訳『ソネット詩集』(研究社)
 火曜 19:00 〜20:20  講師:坂本 晃平

クラス体験、随時受付中!興味をお持ちの方はこちらを御覧下さい。
「英語で味わうシェイクスピアのソネット」:体験講座(11/26)のご報告

 みんなが知ってる『ハムレット』から、宝塚の『ウェスト・サイド・ストーリー』、あるいは黒沢の『蜘蛛巣城』から、はたまた漫画『薔薇王の葬列』やアニメ『絶園のテンペスト』にいたるまで、いろんなところで馴染みはあるけど自分じゃなかなか読めなくて・・・。そんな文人シェイクスピアが書いた詩の作品集にチャレンジしてみませんか?(…全文はリンクへ)

ギリシャ語初級講読』B クラス・・・2020年4月新規開講!

 📖  Elementary Greek Translation
※曜日・時間、新規開講につき応相談  担当:竹下 哲文

 古典ギリシャ語の文法を一通り学び終えた方を対象に、平易な読み物から始めて、基本文法を確認しながら進んでいくクラスです。(詳しくはリンクをご覧下さい)

西洋近代思想の古典を読むA新規開講!初回、クラス体験実施!
 📖テキスト: ホッブズの著作を読み始める予定ですが、詳細は4月初回ガイダンスで決めます 
 木曜 18:40〜20:00 講師:谷田 利文

西洋近代思想のキーワードである社会契約論、自然法論について学ぶことを目的とします。(…全文はリンクへ)

西洋近代思想の古典を読むB新規開講!初回、クラス体験実施!
 📖バークトクヴィルの著作を予定
 月曜20:10〜21:30 講師:谷田 利文

 誰もが知っているが、実際に読んでいる人は少ない、そんな古典の中でも、真っ先に名を挙げられるのがアダム・スミスの『国富論』でしょう。これを機会に、西洋近代の古典を実際に読み、みんなで議論してみませんか。(…詳細はリンクへ)

0から1へのフランス語入門 新設 ! 
 曜日・時間:新設につき応相談(※)  講師:谷田 利文

フランス語に興味はあるけれど、一人ではなかなか始められない方など、関心がある方はお気軽にお問合せください。少人数制で個人の学習段階に沿った内容で丁寧にサポートいたします。

現代社会を考える(MMTを理解する)クラス  4月17日(金)クラス体験実施 !
 📖 L・ランダル・レイ現代貨幣理論入門』
 金曜 18:40~20:00  講師:谷田 利文

MMTへの賛否は問わず、まずは正しく理解することを目的に、L・ランダル・レイ『現代貨幣理論入門』を講読します。関心や要望により、具体的な消費増税についての本や、MMTの解説書の読解から始めることも考えています

ロシア語入門クラス  
 📖テキスト: 受講生と相談して決めていきます。
    例:『名作に学ぶロシア語』(井桁貞義著)
 木曜 10:30〜11:50  講師:山下大吾

英語講読C クラス
 📖 テキスト: The Origins of Totalitarianism
 (ハンナ・アーレント『全体主義の起源』)
 第2・4土曜  9:10〜12:00 講師:浅野直樹
進捗度:2019年10月末、本文に入りました。2020年1月末現在、3章の途中です。

ドイツ語講読クラス
 📖 テキスト:原発のない暮らし――ドイツの選択 Es geht auch ohne Atomkraft!(郁文堂)
  を2019年末から読んでいます。
  金曜 10:30~11:50 講師:吉川弘晃
  テキストは受講生と相談しながら決めています。ドイツ語圏の新聞や雑誌の記事なども予定。

フランス経済思想入門【募集休止中(興味をお持ちの方はお訊ね下さい】
 📖テキスト:  Philippe Steiner, La “science nouvelle” de l’économie politique, PUF, 1998.
 曜日・時間:新設につき応相談(※) 講師:谷田 利文

 経済学の起源が問われる時、スミスの『国富論』にひけをとらないほどの重要性をもっていたのが、ケネーを始めとするフランスのフィジオクラット(重農主義者)でした。このクラスでは、コンパクトでありながら、質の高い、フィジオクラット研究であるSteinerの著作を読みながら、フランス経済思想の理解を深めることを目的とします。(…詳細はリンクへ)

江戸川乱歩『パノラマ島奇譚』を読む【募集休止中(興味をお持ちの方はお訊ね下さい】
 📖 テキスト:江戸川乱歩『パノラマ島奇譚』
 時間:開講未定 講師:入角 晃太郎
 対象:中高生〜一般

 下宿屋の一室で彼独自の理想郷を夢想する貧乏書生が、とある犯罪によって巨万の富を得て、その狂気じみた夢を現実化する――。その大部分がパノラマ島の微に入り細を穿った描写に徹した、稀代のユートピア小説!本講座では、乱歩の幻視しためくるめく人工楽園をご案内致します。