古典語の夕べ

下記の要領で、オンライン特別講座「古典語の夕べ」(ギリシャ語の夕べ・ラテン語の夕べ)を開催致します。
ライブ参加できない方は、録画視聴受講が可能です。
(ライブ参加の方も後で録画視聴可能)
受講料:各講座3,500円 お申し込み方法は、末尾を御覧ください。 

「ギリシャ語の夕べ」

講師:広川直幸
日時:2月23日(木・祝)18:00-19:30
詳細は後日お伝えします。

「ラテン語の夕べ

講師:山下太郎
日時:2月23日(木・祝)20:00-21:30
「オウィディウスのラテン語」
オウィディウスは多作の詩人ですが、印象深いラテン語表現をいくつかピックアップし、彼の生涯と重ね合わせながら味わいたいと思います。

「西洋古典の夕べ」(前半)

講師:堀川 宏
日時:2月25日(土)18:00-19:30
「ギリシャ文学の夕べ──古代ギリシャの詩人たち」
古代ギリシャでは叙事詩や抒情詩、悲劇、喜劇など様々なジャンルの文学が生まれました。今回はそれらを大きく概観しながら、ホメーロスをはじめとする詩人たちの紹介をしてみようと思っています。詩人やジャンルの特徴を知ることで、きっと作品を手に取ってみたくなるはず。簡単な読書案内も予定しています。

「西洋古典の夕べ」(後半)

講師:山下太郎
日時:2月25日(土)20:00-21:30
「ラテン文学の夕べ──ラテン作家の創造と模倣
ローマの作家はギリシャ文学を手本とし新たな作品を創造しました。ルクレーティウス、ウェルギリウス、ホラーティウスといった古典期を代表する詩人たちは新境地開拓の自負を言葉で明確に表現しています。それらの表現を読み解きながら、ラテン作家の「創造的模倣」について考察し、ローマ文学への理解を深めたいと思います。

備考

【録画】: 当日の講義内容は録画し、参加された方には後でご視聴いただけるようにいたします。
(ライブ参加の方で、ご都合の悪い場合はカメラオフでご参加下さい。)

【アーカイブ視聴】:ご希望の方は、2022年4月以降の「古典語の夕べ」(ギリシャ語の夕べ、ラテン語の夕べ)の講義を録画視聴可能です。
1講座、3,500円です。
>>「古典語の夕べ」アーカイブ

お申し込み方法

参加希望者は、題名に講義名を明記の上、フォームメールでお申し込みください。折り返しzoom情報をお伝えします。

開講日までに下記口座いずれかに講習料をお振り込み下さい。
受講料は、1講座3,500円です。

入金確認のメールはお出ししませんが、領収書が必要な方は別途お申し出下さい。

京都中央信用金庫 銀閣寺支店 普通 2217927
名義:学校法人北白川学園 理事長山下太郎

ゆうちょ銀行 00990-0-207268
加入者名:学校法人北白川学園
(店名:099、預金種目:当座、口座番号:0207268