オンライン対応  ティロール『良き社会のための経済学』を読む  

 📖 ジャン・ティロール『良き社会のための経済学』日本経済新聞出版、2018年

  金曜 20:10~21:30 講師:谷田 利文

 MMTについてのクラスを終え、次に読む本として、参加されている方が序文を読んで感動し、経済に関心もつきっかけになったというこの本を選びました。

 この本はノーベル経済学賞を受賞したジャン・ティロールが、数式を使わず一般向けに経済学について語った本で、経済学の目的を、社会全体にとって良いこと(共通善)を求めることだと定義しています。国、性別、人種、宗教等を選べないとすると、どんな社会に生まれたいか?そんな誰にとっても良い社会を経済学は求めるべきだとする考え方です。関心を持ち、一緒に読んでみたいと思われた方は、是非ご参加ください。

・クラス体験受付中! ▶ お問い合わせ・お申込みはこちらからどうぞ。