今日は覚えた人に発表してもらう予定でしたが、お休みの人が複数いたこともあり、私は全員がそろったときにあてることにしました。

子どもたちにも休んでいる人の気持ちになってもらい、私の考えを理解してもらいました。

毎年、当て始める時期はまちまちです。11月からの時もあります。

あらためて姿勢の話もしました。俳句の姿勢は、黙想も含めてよくできていたので、運動会の取り組みと結び付け、俳句の姿勢とかけっこの姿勢は同じだと言いました。

まっすぐ前を向いて一生懸命取り組む点で同じです。横を向いたり、頭をふらふらさせていては、まっすぐ走れません。俳句も私の言葉がまっすぐ耳に届きません。

何度も言いますが、小学校の入学の時点で一番大切なのは、どれだけの知識を持っているかより、先生の言葉を両耳でしっかりと聞き取る姿勢だと私は思っています。

関連記事:

Share