オンライン対応 西洋近代思想の古典を読むAクラス 新設クラス!

 📖 ホッブズ『リヴァイアサン』予定(2020年4月〜)

  木曜18:40〜20:00  講師:谷田 利文

2019年9月に開講したばかりのクラスです。

<クラス紹介>
2020/03/10更新)
 西洋近代思想のキーワードである社会契約論、自然法論について学ぶことを目的とします。
 2019年度冬学期(〜2020年3月まで)は、『近代政治哲学 ――自然・主権・行政』(國分功一郎著 /ちくま新書/2015年)を読了し、知識を整理しました。
 その後、ホッブズ、ロック、ルソー等の古典の読解に進む方針ですが、2020年4月からは、今のところ、ホッブズの著作(『リヴァイアサン』)を扱う予定です。
2020年4月初回のクラス(4/16予定)でガイダンスを開き、具体的なことを決めていきますので、この機会に、興味をお持ちの方は是非ご参加下さい。
 開講に際し、上記のちくま新書を一通り読んでおいて頂くことを推奨致しますが、初回ガイダンスで概説致します。

<クラス紹介>(開設時)
受講者の方と相談して、比較的読みやすい古典を選んで読んでいく予定です。今のところ、基本的人権や抵抗権を確立した著作として有名な、ロック『統治二論』や、マキァヴェッリ『ディスコルシ』の続きを読むことを考えています。一人では読みにくい古典をこの機会に読みたいと思われた方は、お気軽にお問合せください。

これまで扱ったテキスト
・『近代政治哲学 ――自然・主権・行政』(國分功一郎著 /ちくま新書/2015年)
マキァヴェッリ『ディスコルシ  ローマ史論』(10月31日〜12月6日一時休止)
・マキアヴェリ『君主論 新版』池田廉訳(中公文庫)(2019年9月26日〜10月24日)

・クラス体験受付中! ▶ お問い合わせ・お申込みはこちらからどうぞ。