オンラインのみ ドイツ語初級クラス(中学生以上) 

  月曜17:10〜18:30 講師:吉川弘晃

<2022年10月からの内容>

当クラスで用いている『読むためのドイツ語文法』を2022年10月24日で一通り学び終えました。
その後は、グリム童話の一編”Katze und Maus in Gesellschaft”の最初の部分を読んでいきます。日本語では「猫とねずみとお友達」と訳されますが、”in Gesellschaft”をなぜこう訳してしまうのか考えながら読むと面白いでしょう。(web上にあるテキストを用いています)

冬学期(12月〜)現在、受講生と相談しながらその都度読むテキストを決めていますので、詳しくはお訊ね下さい。

<新規開講〜2022年10月までの内容>

テキスト:『読むためのドイツ文法』(郁文堂、2013年)
クラス紹介
:ドイツ語を学ぶことは、音楽や芸術の理解の他にも以下の三つの効用があります。①混迷のヨーロッパ情勢についての情報を英語圏とは違った視点で入手できるようになる。②名詞の性や格変化といった英語では簡略化されてしまった文法システムを習得することで、他の言語を学ぶ一助となる。③今も昔もドイツ贔屓の私たち日本人の文化(アニメから医学まで)を違った視点から楽しめるようになる。

この授業では、ドイツ語の初級文法を一年かけて学習し、辞書を引きながら簡単な新聞記事が読めるようになるレベルを目標とします。また、大学生・一般の方のみならず、中学生や高校生の方の参加も大歓迎です(大学入試でドイツ語を使いたいという方にも対応いたします)。

・クラス体験受付中! ▶ お問い合わせ・お申込みはこちらからどうぞ。