オンライン対応 「フーコー『監獄の誕生』を読む」クラス

📖 ミシェル・フーコー、田村俶訳『監獄の誕生ーー監視と処罰』(新潮社)

 水曜 20:10~21:30 講師:谷田 利文

 近代社会の形成を、人間の規律化に読み取ったミシェル・フーコーの『監獄の誕生』を読むクラスです。近代国家形成は、官僚制・常備軍・租税のような制度の確立だけではなく、規律を教え込み、規律を守る従順な兵士・労働者を創り出すことが重要であったとし、その教育・矯正装置として、監獄・兵舎・学校などに着目しました。学校という制度に馴染めなかった経験がある方は、自分のことを語っている思想家に出会えたという感動が味わえるのではと思っています。フーコーの著作は既存の制度や考え方を、歴史的にたどることで相対化し、別の可能性を考えさせてくれます。

 クラスでは、この本の中で重要な近世フランスのポリスについてその制度や思想を解説したり、訳文が難しい箇所は原文を参照して説明することで、理解を深めたいと思っています。興味がある方は、是非ご参加ください。

授業準備:開講までにテキストを各自ご用意下さい。初回はフーコーの生涯や思想の概要を示す予定です。