『ひねもす』(小4~6年) 隔週月曜日 16:30~18:00 講師:福西亮馬

つくるクラスの目指すところは、「あるから作る」ではなくて、「ないから作る」。そこで、「つくる46年」の内容を『ひねもす』に絞ります。『ひねもす』は、レゴのように、紙パイプを組み立てる工作です(写真参照)。着想から完成までの過程には、さまざまな発見が得られますが、その精度を上げることが目的です。いわば一冊の本を「これ」と決め、じっくり読むようなものです。取り組みの枠をあえて限定すると、物事に対して「見える深さ」が違ってきます。それを追究します。

「工作に終わりはない」──これはある生徒から聞いた言葉です。「どうして?」とたずねると、家でよくレゴを分解しては組み立て、そのたびに「改良するところがどんどんと見つかっていくから」だそうです。その生徒の思い描くレゴと同じように、「『ひねもす』を」という方は、ぜひ参加をご検討下さい。

ブログの「つくる」カテゴリー