福西です。

「西洋の児童文学を読む」AとCのクラスで読む、『クローディアの秘密』(カニグズバーグ、松永ふみ子訳、岩波少年文庫)のあらすじを紹介します。もしご興味を持たれ、本を読んでみようと思われたら幸いです。

午後五時半を回ると、メトロポリタン美術館は二人だけのものになります──少なくともそれは、二人にとって間違いのない実感でした。

クローディアの慎重な計画、ジェイミーの財務大臣の手腕。この二つをもって、この兄弟はメトロポリタン美術館に「家出」に向かいます。

あるところから逃げ出すのではなく、逃げ込みたかったからです。その所持金、およそ三十五ドル。

美術館を選んだのは、大きくて、気持ちのよくて、屋内で、その上、美しい場所だったからです。そして人で「ごちゃごちゃ」なので、誰何される心配もありません。夜になるとがらんとした世界を楽しみ、クローディアはマリー・アントワネットになり、屋内にある「願いの噴水」で水浴びをします。

クローディアにとっての家出の目的は「前の自分と違っている」ことでした。それは冒険のためでも、女英雄(ヒロイン)になることでもなく、「以前は持っていなかった秘密を持ち帰る」ことでした。

クローディアはなぜ家出が楽しかったのかを悟ります。それは、計画することも、美術館に隠れることも、秘密だったからです。

単なる家出だけでは、終わりがあります。クローディアは、いわば「終わりのない秘密」を持って帰りたかったのです。

そこで、彼女の心をひきつけたのが、美術館の「天使像」でした。競売で二百二十五ドルで入手された小像──それを制作したのは「ミケランジェロではないか?」という噂がここ連日、美術館をにぎわせていたのです。

クローディアの心はこの秘密と共鳴します。

我こそが彫像にとって「重要な人になりたい」と思ったのです。となれば、するべきことは一つ。

じぶんで、このなぞをとこう! そうすれば、像がおかえしに何か重要なことをしてくれるわ。

その2に続きます)

Share