山の学校 weblog

山の学校は小学生から大人を対象とした新しい学びの場です。子どもは大人のように真剣に、大人は子どものように童心に戻って学びの時を過ごします。

「未分類」の記事一覧

しぜんC2(2022-10-03)

秋学期3回目の記録。 前回クラスで、「つぎは焚き火をして何か焼こうよ」という話が出ていました。 何を焼きたいか、については「焼きリンゴ」という希望があり、そのほかは、各自が持参する約束でした。 当日は、男の子がリンゴを、 […]

西洋古典を読む(2022/6/22)(その2)

福西です。 ウェルギリウス『アエネーイス』(岡道男・高橋宏幸訳、西洋古典叢書)を読んでいます。 (その1)の続きです。   ニーススとエウリュアルスの死は、作戦の上ではまったく意味のない(inanisな)、無駄 […]

2021-11-20 ただちに生きよ

山下です。 Protinus vive.という言葉があります。「ただちに生きよ」と訳せます。 セネカの「人生の短さについて」に見られる言葉です。 生きよ、と言われなくても私たちは生きているわけです。 セネカのメッセージは […]

「美しい」漢文(2021/02/17)

事務担当の梁川です。 漢文クラスの先生から送られてくる資料が木版で刷られた白文の写しで、これがいつも、とても美しく、うっとりします。 受講生は、その白文に、各々の解釈で訓読をつけられるそうです。 漢文の訓読は、読み方のル […]

冬期講習 中3理科

浅野です。   この冬期講習では理科という科目を設けました。短い期間ではありましたが、「ためになる」という感想をいただけたので、やった甲斐はあったかなと感じております。