『歴史』

『歴史』中学生・高校生  金曜 20:10〜21:30 講師:吉川弘晃

 📖 テキスト:東野治之『聖徳太子』(岩波書店、2017年)(2021年9月から講読開始)

 「日本では小学生から日本の歴史(社会)を学びますが、歴史とはどの科目にもまして不思議と楽しさにあふれる学びです。なぜなら、過去に起きた人間が関わるあらゆるものを物語の形にして自由に考えられるからです。しかし、「自由」といっても、一つだけ重要なルールがあります。それは、物語の一つひとつに証拠を示して相手に理解してもらうことです。クラスでは、日本の歴史を理解するうえで基本的な道具を、国語や算数、理科の知識を引っ張りながら(歴史は知の総合格闘技です)、楽しんで身に付けていきます。」
(※このクラスは、当時小学3年の生徒さんの希望により開講し、現在に至ります)

秋学期からについて(2021-08-25追記)>
 秋学期からは、東野治之『聖徳太子』(岩波書店、2017年)を読んでいきます。本書は、岩波ジュニア新書らしく易しい文体をもちつつも、一次史料とその解釈史を丹念に読み解く本格的な歴史学の方法を貫いているので、中学生にとっても大人にとっても読み応えがあります。生徒の皆さんには、本書を入手していただいた上で、はじめにと序章の箇所を読み、自分なりに要点をまとめ(それを見て友達に説明できるくらいに)、分からない人名や事象・事柄を最低3つは出してきてくるようお願いいたします(時間がある人は、図書館にある『日本国語大辞典』や『国史大辞典』を参照する)。学校の課題もあるでしょうから、可能な限りで大丈夫です。

<これまで読了したテキスト>
『武士の日本史』(高橋昌明 著/ 岩波新書)(〜2021春学期)