岸本です。

秋学期最後は、前回の補講に引き続き、「分詞」について集中的に問題演習を行いました。

「分詞」の基本は、形容詞的用法です。
まずその分詞がどの名詞を説明しているのかを、読み取ることが第一歩です。
その後、その説明される名詞と分詞の関係が能動なのか、受動なのかを判断することが次のステップです。
生徒さんは、まだこの段階で躓きやすいようです。
目安として、名詞と分詞の間にbe動詞を入れてみるとわかりやすいということをアドヴァイスし、また意識的に日本語の意味を読んでもらうようにしました。

また、分詞を用いた文は、文法上いろいろな解釈ができるのが、混乱の原因にもなっているようでした。
例えば、”I had my cousin (take) picture.”という文は、”take”という原形不定詞を用いるのが一般的でしょうが、文法上”taking”することも可能に見えます。
“have+目的語+現在分詞”は「目的語を~の状態にしておく」という意味なので、後者は不適切かと思われますが、この違いはかなり微妙です。
こうした違いは、辞書や文法書に頼らざるを得ませんが、生徒さんはあまりこうした文に慣れていないようなので、とりあえず慣用句的に覚えてもらうことにしました。
今後、このような表現を使っていくことで、ニュアンスの違いを把握できるようになると思います。

「分詞」のもう一つの用法として、「分詞構文」があります。
後半はこの分詞構文についての問題を解いてもらいました。
大体の基本はよくできていましたが、分詞構文の用法がまだ上手く整理できていないようなので、①時、②原因・理由、③条件、④譲歩、⑤付帯状況というように整理して、改めて英文を読んでもらいました。
これによって、最初は悩んでいた和訳の問題が、スムーズに読めるようになっていました。
分詞構文については、時間がまたまた足りなかったので、細かい部分は来週からの冬学期に回すことにしました。

秋学期は、今回はお休みした単語の確認を中心に、関係代名詞や不定詞、そして分詞などを勉強してきました。
まだ、ようやく本格的な文法が出揃ってきましたが、それだけ英文の解釈も複雑になります。
冬学期は、これまで蓄えた文法知識を効率的に用いて、英文の解釈できるように、長文などに重点を置ければと考えています。

Share