福西です。告知です。

講師より、12/17(土)のギリシャ語の夕べの概要が届きましたので、お伝えします。

副題は、

「古典ギリシャ語を読んでみよう」

とのこと。そして、

プラトーンの『クリトーン』を読む

とのことです。

日時:12月17日(土)18:00〜19:30

「ギリシャ語の夕べ──古典ギリシャ語を読んでみよう」

講師:広川直幸

年の終わりということもあり、今回はある程度まとまった量の原典を読む練習をしましょう。テキストにはプラトーンの『クリトーン』を用います。冒頭を3〜4ページ読む予定です。註釈書には書いていないけれど大切な事柄をメインに、実際に古典ギリシャ語を読む時に私が何に気をつけてどのように読むのかを詳しく解説します。予習なしでも理解できるようにしますが、ある程度事前に読んでおくと理解度が増して楽しめると思うので、余裕のある方には予習しておくことを勧めます。

「註釈書には書いていないけれど」

「実際に」

「どのように読むのかを」

「詳しく」

というのが、なんとも魅力的です!

ぜひみなさま、ふるってのご参加をお待ちしています。

申込み方法は、こちら

Share