山下です。
昨日は英語特講(中学)を行いました。
いつものように各学年の学期ごとの内容をふまえた英作文のプリントを順に解いてもらいました。
(中2の生徒には中1の1学期から順に、中3の生徒には中2の1学期から順に)。
文法の理屈は頭でわかっています。しかし、作文するとなると冠詞をうっかり付け忘れたりするものです。
作文をテンポよく解くのはスポーツ的なリズムが必要です。たくさん間違いを指摘され、そのたび正しく表現する方法を身につけます。
英語は文法を丁寧に学ぶと同時に、様々な典型的例文を暗記すること、そして、似たような表現をできるだけ数多く作文(日本語→英語)によってミスなく書けるまで練習することが大事です。

Share