事務担当の梁川です。

新学期開講前に行うこの「クラス説明会(無料ガイダンス)」(全日程はこちらでは、クラスの概要を聞いて、気軽に先生に質問をしたり、参加者同時で交流したりして頂けます。

これは参加しなきゃもったいない!!(^^)ということで、今回も、開催日程の早いものから、担当の先生とともに、ご紹介致します。いずれもzoom対応です!

●「ドイツ語初級」「ドイツ語講読」「現代世界史」「英語で学ぶ歴史と文化」(吉川)
3月18日(木)の18 :40~20:00(80分程度予定。上記内容を順番にご紹介します。)
申込み〆切:3/15(月)

小中学生の歴史クラスでお馴染みの、担当、吉川弘晃先生総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻所属)は、大学時代は考古学のサークルに所属し、今は「戦前の日本とソ連及び西洋との文化交流史」を研究されているそうです。その他、関心は「語学や思想、宗教、経済、国際関係」と多岐に渡り、生徒さんたちとの時間を惜しむように、クラスを終えた廊下でも、生徒さんと一緒に降りる石段でも、楽しそうに対話を続けている姿が印象的です。

ドイツ語は「英語に飽きてしまった」という中高生からも受講可能、「英語で学ぶ歴史と文化」は中3〜高校対象としていますが、大人も受講可能です。
(早速、他府県の高校生からお問い合わせが来ています!)

●「0から1へのフランス語入門」「中級フランス語読解A・B」(谷田)
3月19日(金)18:40〜19:40(30分〜1時間程予定)
申込み〆切:3/16(火)

「現代社会を考える(MMT)」や「経済」、「西洋近代思想の古典を読む」でお馴染みの谷田利文先生が担当です。大阪市立大学研究員で、専門は近世フランスの思想史です。
ご自身のことを「人見知り」だという先生。しかし、クラスで受講生と活発な対話をしていると、そんなことも忘れてしまうそうです。少しシャイで、物腰のやわらかい先生です。小学生の「かず」クラスも担当されていて、夢中でドリルを解く小学生の横で、静かに見守っている姿が印象的。最近では手作りの「復習ドリル」を生徒さんに提供しています。
上記のフランス語クラスは、4月からいずれも新規開講可能で、生徒さんのニーズや学習歴に合わせて、丁寧に指導して下さいます。
フランス語を学び始めたい方は、この機会をどうぞお見逃し無く!
Share