浅野望です。中学生7名,高校生以上5名の参加でした。

「図で表されているのと同じ角度をどのように作図するのか」という質問を受けました。

最初に方法を教えましたが,腑に落ちない様子だったので,「三角形の合同条件」(この場合は2つの辺の長さとその間の角の大きさがそれぞれ等しい)と絡めて説明すると理解してくれたようでよかったです。

休校であるこのような時期だからこそ,ともに勉強ができる環境を提供できていること,またそれを活用してくれているありがたさを実感しています。

Share