浅野直樹です。

 

カントからヘーゲルへと進みました。

 

合理論、経験論、カントを経てヘーゲルを読むと、少なくともヘーゲルの問題意識はわかります。カント自体は正しいのだとしても、カントの主張を表面的に受け止めると真理の認識は不可能だと簡単に諦めてしまいがちであるという問題意識です。

 

Share