岸本です。

漢字の書き取りを何度か続けてきましたが、漢字の覚え方にもいろいろあるようです。

 

いつものように、漢字の書き取りを中心に行いました。

英単語同様、漢字でも一定レヴェルの語彙を覚えるのは、組み合わせが重要です。

今回は例えば「繭」という漢字では、草(くさかんむり)についた糸でできたまゆの中に、虫が入っているという様子を表しています。

また、読み方もヒントになります。「嫌」と「謙」いう漢字は「ケン」という読みが、共通しています。

「兼」という漢字の共通に注目しておくことが重要です。

ただし、組み合わせだけでは十分とも言えません。

やはり、常日頃から本などを通して、文字の表すイメージを養っておくことがよいでしょう。

「嫌」が「キライ」という場面で使われたり、「謙」が「控えめな」場面で使われているのを読めば、その意味もおのずと頭に浮かぶでしょう。

組み合わせで覚える、イメージで覚える、両方を積み重ねていくことが肝要に思います。

これは漢字だけでなく、英単語でも通じるかもしれませんね。

来週もこの積み重ねを続けていきたいと思います。

Share