山下です。

「友情について」を読んでいます。次の箇所まで読みました。

[19] Agamus igitur pingui, ut aiunt, Minerva. Qui ita se gerunt, ita vivunt ut eorum probetur fides, integritas, aequitas, liberalitas, nec sit in eis ulla cupiditas, libido, audacia, sintque magna constantia, ut ii fuerunt modo quos nominavi, hos viros bonos, ut habiti sunt, sic etiam appellandos putemus, quia sequantur, quantum homines possunt, naturam optimam bene vivendi ducem.

有名な、善人の間以外に友情は成立しない、という主張について、知恵ある者でなければ善人にあらず、という主張は行き過ぎであると批判します。

よく生きる上で自然を導き手とする人(その具体的内容については次回以降で論じられると思われます)こそ立派な人間であるというくだりでした。

Share