浅野です。

 

大学入試で国語が必要だという要望を受けて開設したクラスです。

 

過去問を事前に解いてきてもらい、なぜその選択肢を選んだのか、どのように考えて正解を見つけるのかを話し合いました。本文の線を引かれたところやその前後に書かれていることの言い換えとなっている選択肢を選ぶのが基本です。「すべてが〜だ」や「〜は絶対にない」のような極端な表現をしている選択肢は誤りである可能性が高いです。本文そのものの意味がわかりづらい場合は、身近な例を出すなどして理解しやすくしました。

 

このクラスに加え、友人にも国語の解き方を教えてもらった結果、模試でも国語が格段にできるようになったといううれしい報告がありました。