上尾です。こんにちは。

この日は、前半にいつもの比に関係した
問題プリントを行い、後半には計算ゲームを
導入しました。

前半のプリントは、前の週に行ったプリントを
さらに発展させて少し難しくしたものです。
今回は、後半に別のことをやる予定にしていたため、
問題の量自体は減らし、30分間じっくりと頭を
悩ませてもらうことを目的としました。
いつもどおり、ガリバー君や巨人が出てくる問題ですが、
今回は、大きさの分からないニューカマーが登場します。
それを具体的な数字から予想しながら、他の具体的数字も
決めていくという問題です。
こうした問題に取り組むと、子供達はやはりまず足し算や
引き算の次元でものを考え勝ちです。今回の授業全般では、
そこに掛け算・割り算の次元を導入していくことが目的でした。

後半は、計算ビンゴゲームを行いました。
楽しみながら計算に慣れることが目的です。
1から20までの数字が入った袋から、二つの数字を取り出すと、
子供達はわれ先に、足したり、引いたり、時には九九以上の
掛け算にも挑戦して、答えを求めていました。
計算そのものは退屈ですが、やはり反復練習を通じて馴染むことは
大切ですので、こうした工夫を通じて計算の基礎を磨いていきたいと思います。

Share