高木です。

毎週読み進めている『オズ』ですが、今日はとうとうエメラルドの都に到着しました。
なにからなにまで、すべてが緑色に輝いています。
ポップコーンまで緑色だというところには、みんな「え〜!」と気持ち悪がっていました。
オズ大王のいる玉座へそれぞれがお願いに行くのですが、
ドロシーのときは大頭、かかしのときは女王、木こりのときは怪物、
ライオンのときは火の玉、というように、毎回オズ大王の姿が違います。
そしてその度に「悪い西の魔女を倒したら願いを叶えてやる」と、言われてしまいます。
「オズ大王でさえ倒せない魔女を、どうして私たちが倒せるの?」と、困って、
どうしようかと悩むところで、今日の輪読は終了です。早く次が読みたいですね。

輪読の後は今日も、自分が読んだところの書き取りをしてもらいました。
一見単調ですが、みんな非常に集中して取り組んでくれています。
後半が隔週で「ひみつ道具」/「熟字訓」と代わる一方、
前半にこうしたコンスタントな取り組みがあるのは、
ある意味でバランスがとれているのかもしれません。

書き取りの後は、今週は、ひみつ道具の週です。
毎回自由創作でもいいのですが、今回はすこしひねって、テーマをお出ししました。
「もし自分が無人島で生きていくことになって、ひとつだけ持っていくとすれば、
どんな道具がいいですか?」というものです。
もちろん「タケコプター」や「どこでもドア」といった「脱出系」はだめです(笑)
しばらく考えて、作り始めてくれましたが、みんなに共通していたのは、
島それ自体をどうにかする、という発想でした。
私はもっと、無限に食べ物が出てくるとか、そういうのを想定していたので、
良い意味で裏切られて、面白いなと感心しました。
T君が作ってくれたのは、「分解のこぎり」や「組み立てのり」といった、
島それ自体を造り変えることのできるセットでした。
太平洋を切り取って固めて、それでお城を建てる、とも言っていました。
M君は「島でっかくセット」を作ってくれました。島を大きくできるのだそうです。
大きくすると、セットに付属している4体のロボットが、そこに王国を作ります。
宮殿と、その隣りで釣りをしているM君が、絵に描かれていました。
Y君のひみつ道具は「島・変身セット」です。
生えているヤシの木を、すべりだいや、ロケットに変身させられるのだそうです。
ヤシの実はバスケットボールや野球のボールにもなります。
他にも、ジャングルジムやブランコなどもあり、島は楽しい遊園地のようです。
H君のひみつ道具は今日の時間内に完成しなかったので、来週見せてもらいます。
説明文しっかりと書いてくれて、それぞれ独創的な道具でした。

Share