岸本です。

10月になって、空気も冷たくなってきましたが、風邪などひかないようにしましょう。
今日は、漢字パズルと『オオカミ王ロボ』の読解を進めました。

漢字パズルは、四つの二字熟語に共通する漢字を考える問題です。
今回、「午前」や「午後」などに共通する「午」という漢字が答えの一つでした。
その際、昔の時間の数え方を基に、「午」という字がお昼の12時を指す理由を紹介すると、子供さんは俄然興味を持ってくれました。
二人とも「午年」という偶然の一致があったのも、おもしろかったですね。

後半は、『オオカミ王ロボ』を読み進めました。
ブランカの死を嘆き、冷静さを失ったロボ。
それを見たシートンは、ロボを捕まえる絶好のチャンスだと決意し、最後の大罠を仕掛けるのでした。
当初は失敗したかに見えましたが、牛が騒いでいる現場に駆けつけると、そこにはロボが罠にかかっていたのでした。
ロボだけでなく、シートンの気持ちも子供たちと一緒に考えながら、読み進めていきました。

いよいよ、物語も終わりに近づいてきました。
捕まったロボはどうなってしまうのか、ドキドキしながら来週を待ちたいと思います。

Share