浅野です。

英語読書会の第31回です。範囲はp.211, l.18〜p.216, l.30まで進みました。

賢者の石を探し求めていたのはスネイプではなくクィレルでした。しかしクィレルは「みぞの鏡」を使って賢者の石を取り出すことができません。そして「あの人(ヴォルデモート)」に助言を求めて、ハリーを使うことにしました。

ハリーは嘘をつこうと心に決めて鏡の前に立ちます。ハリーが今欲しいのは賢者の石なので、鏡を見ると賢者の石を手に入れることができました。鏡に映った像が賢者の石をポケットに入れてくれたのです。このあたりは原文ではハリーをheで受け、鏡の像をitで受けているので状況がよくわかります。ハリーは嘘をこしらえたのですが、ヴォルデモートには見破られてしまいます。クィレルがターバンを取ると後ろ頭にもう一つの恐ろしいヴォルデモートの顔がありました。

こうしてハリーはボルデモートと直接対峙することになりました。最初は恐怖で動けなかったハリーも、両親を侮辱されると声を荒げました。ヴォルデモートの側につく気など到底ありません。クィレルはヴォルデモートの命令でハリーを捕まえようとしますが、ハリーに触れるとやけどしたかのような痛みを感じました。クィレルは呪いでハリーを殺そうとしますが、ハリーは本能的にクィレルに触れ続けてそうはさせません。額の傷の痛みで意識が遠のく中、ヴォルデモートの「殺せ」という声と、「ハリー、ハリー」と呼ぶ声が聞こえました。この声はvoicesと複数形になっているので、ハリーを助けにきたダンブルドアたちの声でしょうか。

そうなのです、ハリーはすんでのところで救出されていました。目を覚ますと医務室にいて、ダンブルドア先生がいました。お見舞いのお菓子が店のように積まれています。この間の出来事は校内では秘密になっていて、彼に言わせると、だからこそみんなが知っているようです。

あの日ダンブルドア先生はロンドンに到着してすぐに事態を予測したようです。

No sooner had I reached London than it became clear to me that the place I should be was the one I had just left.

和訳の試験問題に出題したくなるような英文です。「ロンドンに到着するや否や、自分のいるべき場所はちょうど出発してきた場所だということが明かになった。」

ハリーは賢者の石のことをしきりに気にしますが、ダンブルドア先生はニコラスと話し合って石を破壊してしまったそうです。

他方でヴォルデモートはクィレルを死ぬに任せたままどこかに行ってしまいました。ダンブルドア先生はハリーにこう言います。

Harry, while you may only have delayed his return to power, it will merely take someone else who is prepared to fight what seems a losing battle next time — and if he is delayed again, and again, why, he may never return to power.

真ん中あたりの”someone else”の意味がわからなかったのですが、どうやら未来にヴォルデモートと戦う人のようです。「ハリー、お前は奴の復活を遅らせただけかもしれないし、次に負け戦のように見える戦いをする構えのある誰かが必要になるだけだろうが、奴が何度も何度も遅らせられれば、二度と復活しないかもしれない。」

ハリーは最後の質問をします。それはそもそもなぜヴォルデモートが自分を殺そうとしたのかという質問です。これはダンブルドア先生が答えることのできない質問で、ハリーがもっと大きくなったらわかると言ってその場は終わります。

今回はここまでです。おそらく最終回になる次回は6月10日(金)を予定しています。

Share