前川です。

前回は『枕草子』第35段の後半を読みました。

法華八講という宗教行事の場でありながら、人々の有様が興味深く描かれています。また清少納言の機知ある返事など、自らの自信の様も伺えます。

最後の3文には清少納言の嘆きのような声が聞こえます。このような華やかな場と、すぐに中納言が出家してしまったこととの対照が、彼女の心を強く揺すぶったのかもしれません。

次回は36段から読みます。

Share