山の学校 weblog

山の学校は小学生から大人を対象とした新しい学びの場です。子どもは大人のように真剣に、大人は子どものように童心に戻って学びの時を過ごします。

「漢文」の記事一覧

漢文クラス(2011/11/28)

今回は「諸葛亮論」のつづきを読みました。前回、前々回と、お一人づつのお休みが続いていましたので、全員が顔を揃えるのは久し振りでした。

漢文クラス(2011/11/7)

今回で『説苑』を読み終え、蘇軾「魏武帝論」に入りました。『説苑』は全部で10ページ分ですから、2ヶ月という期間にしてはたくさん読めまし...

漢文クラス(2011/10/24)

今回も『説苑』復恩篇を読みました。これまで、一回で進める分量は、だいたい二章分の長さでしたが、今回は三章目に入って途中まで、二章半...

漢文クラス(2011/10/17)

授業を終えると18時すぎ、高台から見える市内の灯りには、なんとも言えない美しさがあります。今回も『説苑』の復恩篇を読み進め、いくつか続...

漢文クラス(2011/10/3)

早いもので10月になりました。「すっかり寒くなりましたね」というご挨拶から、今回のクラスは始まりました。さて、前回までに引き続き、『説...

漢文クラス(2011/9/26)

今回は『説苑』復恩篇の二回目でした。受講生のお二人に、それぞれ一話ずつ訓読、現代語訳をしていただき、二話目の途中で時間になりました...

漢文クラス(2011/9/12)

今回から『説苑』復恩篇を読み始めました。『説苑』という書物では、各篇の首章がその篇の総論的な役割を果たしています。ここで説かれてい...