イメージ画像

「英語講読クラス」 受講生の声

「The Remains of the Day (日の名残り)」 :Kazuo Ishiguroを読み終えて

イギリス人作家Kazuo Ishiguro はイギリスを代表する職業の一つ、執事の職務を採用し、一時代を描く。一人の人が人生の全てを捧げて尊敬する主人に仕え、誰もが到達でき得ない高い評価の職務を全うしようとするが、全盛が過ぎた今、自分と共に変化した時代の中で一人の人としてどうあるべきかを悩む。仕えてきた主人は高い人格と知性を有した人物ではあったが、人生をかけておこなった政治上の振る舞いは戦争という契機にあって裏目に出る結果となってしまった。ストーリーは主人公執事のこれまでの十分な働きを肯定しつつ軽く次のステージとして自分のすべきことへと促す形で話を完結させている。

いま自分が生きる時代を読み解くことはいま生きる人には非常に難しいことは思うに難くない事です。その今を懸命に良かれと思うことに一生をかけて努力する人としての崇高さを軸にそれでいいのかと悩む姿がとてもよく描かれていた作品だと思います。

歴史は一人々々の個人の範囲で見ればその因習的な束縛や生活維持に費やされる労務等々から解放されて自由の領域を広げていく方向にあります。それはすなわち、不条理なものからの解放ともいえると思います。

その自由の活用、またさらなる不条理からの解放はどこを目ざしているのか、世間の階層構造、組織の枠組みが複雑化する片側で次第に不明確になっているように感じます。不条理をどう克服するか、自由はどこまでのものか、それは全人のものになっているのか、知恵を絞ることが人としての在り方なのかと思われます。大脳を有した人がその知性をどう生かすのが正しい道なのか、知性とはいったい何なのか、また歴史は不条理をどのように解決してきたのかまた新たな疑問が出てきました。

英語講読は前回、「自由論」:J.S.ミルをそして今回、「The Remains of the Day (日の名残り)」 :Kazuo Ishiguroという小説上の第三者にて人と社会の在り様を感じとり、更に次回、「Essays in Experimental Logic」: John Deweyにて知性の在り方を考えてみようというという流れで来ています。浅野先生には多大なるご助言、ご指導を賜り、考えることの楽しみを「山の学校」で味わいさせていただいています。

最後になりましたが、このような機会を得させていただいていることにいつも心より感謝いたしております。たいへんありがとうございます。

2015.3.19

山下 和子

タグ

2015年3月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

イタリア語講読クラスで学ぶもの

「イタリア語講読クラスで学ぶもの」

受講生F.N.さん

 イタリア語講読クラスで、ダンテの「新生」を読んでいます。「新生」は13世紀末の作品で私にとっては初めての古典なのですが、イタリア語の柱本先生、ラテン語・ギリシャ語の広川先生とご一緒させていただくという幸運のお蔭で、なんとか楽しく読み進めています。

それでも、日曜日の夜中から月曜日の早朝、その先の一週間の仕事なども気になりつつ予習をしていると、このような古典作品を読むことが一体何の役に立つだろうと思うこともあります。確かに、neの使い方は前よりわかってきたような気がする。ireはandareの古語だと覚えた。labbraは「唇」だけど顔そのものを表すこともある(興味深い)。…でもそれが何か?

教養のため?そもそも教養って何?

イタリアの高校生を疑似体験?(高等学校では「新生」ではなく「神曲」を読むそうですが)

仕事の役には…立たないでしょう。仕事で古語は使わないし(現代イタリア語も滅多に使いません)、仕事相手とベアトリーチェについて話し合うことになる可能性もきわめて低いし…
そんなある日のクラスで、ふと、詩のことからレトリック論に話しが及びました。最初は「詩学?サトウノブオ?これはまたきっとついていけない話し」と片耳で聞いていたのですが、途中で、あっ、佐藤信夫のレトリック論は私の本棚にあったはずと気が付いて、約20年ぶりに本を手に取ることとなりました。
読み返してみたその本(「レトリックの記号論」講談社学術文庫)は、初読時の記憶以上に面白かったうえに平易にレトリックの基礎が説明された章もあり、「新生」の理解にも役立ったのですが、それ以上に示唆的な一文がありました。
「昔からの修辞技法のひとつとして類義累積あるいはシノニミーと呼ばれている表現形式は、いわば、既成の言葉でとめどなく周辺部から塗ってゆき、やがてその中心部に、色とりどりの透明えのぐの重畳によって、おぼろげに濃く暗い形態が現れ出ることを期待する手だてであった。」(前掲書中“読む楽しみ(の記号論)”より)
イタリア語講読クラスで学ぶものはまさにこういうものではと感じます。代名詞の使い方や、古語の単語や、恋慕の表現のひとつひとつは、中心にあるものを現出させるために周りに塗り重ねる薄片であって、本当に学んでいるものは、その中心なのでは。
ただその「中心」が何なのかは、わかりません。イタリアの人びとの特質、主に情熱であるような気もしますし、空間的、時間的な世界の深さを学ぶことであるような気もします。あるいは、学ぶことで現れるものは結局のところ自分自身であるような気もします。いや、そんなにおおげさなものではなくて、単にイタリア語力、かも…
いずれにしてもイタリア語を習いに行って佐藤信夫を再読することになるとは全くの予想外(でもこのようなできごとは一度ではありません)、多くの刺激を頂けるありがたいクラスです。山の学校を運営してくださる皆様に心から尊敬と感謝を申し上げます。12周年おめでとうございます。

タグ

『山の学校12周年に寄せて』

「山びこ通信(2014年度冬学期号)」より、下記の記事を転載致します。

山の学校 12周年に寄せて             上尾真道(立命館大学・専門研究員)
まずは山の学校12周年おめでとうございます。わたしは2008年春から2011年の春まで、三年間のあいだ山の学校で小学生の「かず」や「ことば」、高校生の「英語」「物理」「化学」、大人の方のための「フランス語」などのクラスを担当させていただきました。その後、大学での研究職にすすむため、山の学校を離れることになりましたが、当時、さまざまな年代のひとびとと一緒に、「学び」の根っこにあるものは何かと考えながら取り組んだ授業の経験は、大学で講義を行なうようになったこんにちにも活きています。

ところで大学といえば近頃はどこも改革の話題で持ちきりで、日本の高等教育もグローバルスタンダードに適応せねばと、鼻息の荒いかけ声がほうぼうで聞かれます。いっぽう、学生たちも決して安穏としておらず、自分の将来、社会の行く末について心配し、なんとか最善の行動を選べるようにと、さまざま知識や情報を集めておくのに必死の様子です。「知識」ということでいえば、インターネットの検索サイトを使えばすぐさまある程度の調べがつく現代、わたしたちはある意味、いつの時代にもまして賢くなったのかもしれません。ですが、こんな環境にあってわたしはときどき、自分がなんだか、めまぐるしいほどの速さで行き交う知識の渦を眺めて、右往左往しているだけに過ぎないような気もします。知ること、学ぶことはこんなにも忙(せわ)しないものだったろうかと、ふと思うときがあるのです。

山の学校でのクラスのことを振り返るとき、わたしが思い出すのは、こうした慌しさとは正反対の何かです。たとえば瓜生山の草木のあいだを渡る風の音のこと。あるいは夕日が穏やかに赤く染める教室のこと。静けさに包まれているのだけれど、内側からはふつふつと熱気が溢れてくるような空間。そこでは知は、どこにも逃げ出さず、わたしたちをじっと辛抱強く待っていてくれたように思いますし、深く夢中になることを許してくれたように思います。

わたしの人生のなかにこんな温かい学びの思い出があることがなにより嬉しく、山の学校に関わることができたことにほんとうに感謝しています。12年というひとつの節目を超え、これからもいっそうかけがえのない学びの場となられることを祈念いたしております。

タグ

2015年3月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:山びこ通信 講師

5月イベントのご案内

2015年5月のイベントをご案内致します。会員に限らずどなたもご参加頂けます。
お申し込みが必要です。いずれも無料です。
※ひねもす道場(1〜2年)は定員のため、受付を終了致しました(4/27)。
イベント案内2015-5

●英語特講
5/11(月)18:40- 20:00
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:山下太郎、山下あや
*それぞれの生徒に応じた問題を用意し、時間内でひたすら問題を解き続けてもらいます。それぞれの答案の採点をその場でしながらコメントしていきます。
*事前にお申し込み下さい。

論語の素読・勉強会
5/16(土)8:30-11:00

対象:小学生
場所:山の学校教室(参加者人数により、第三園舎に変更となる場合もございます)
担当:(素読8:30〜:45)山下太郎、
勉強会9:00〜11:00)山下あや
定員:先着20名
*素読では、毎回論語の一節を紹介し、参加者皆で声を出して読みます。
*勉強会では、各自が課題を持ち寄り、講師が監督する中、異なる学年間で教えたり、教わったりしながら、自発的に学び合う時を過ごします。
*事前にお申し込み下さい。

 

将棋道場(定員のため受付終了
5/25(月)16:00- 18:00
対象:小学生(中学生も歓迎!)
場所:山の学校教室
担当:山の学校講師
定員:先着20名
*フリーの対局スペースを設けております。初心者・経験者問わず、ふるってのご参加をお待ちしております。初心者の方も安心してご参加下さい。
*事前にお申し込み下さい。

●何でも勉強相談会
5 /25(月)18:30- 21:30
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:浅野直樹・山下あや
*講師が勉強や進路の相談などを幅広く受け付けます。保護者との面談も致します。事前にお申し込み下さい。

ひねもす道場受付終了
5/27(水)16:00− 18:00
対象:今月は、小学1~2年生対象です。(※)
場所:山の学校教室
担当:梁川健哲
定員:10名
※ひねもすとは、紙を丸めて作った大小2種類のパイプを繋げて作る工作です。部材そのものから自分で完成させる楽しみを味わうことが出来ます。
※低学年(1〜2年)の部、中・高学年(3〜6年)の部を、それぞれ隔月で開催しております。
※曜日の表記が「木」となっておりました。正しくは「27(水)」です。訂正とお詫びを申し上げます。(4/13)

タグ

2015年3月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

4月イベントのご案内

2015年4月のイベントをご案内致します。会員に限らずどなたもご参加頂けます
お申し込みが必要です。いずれも無料です。
※「論語の素読・勉強会」は、5月より開始予定です。
event2014-5

 

●ひねもす道場
4/16(木)16:00− 18:00
対象:小学3年生以上対象。
場所:山の学校教室
担当:福西亮馬
定員:10名
※ひねもすとは、紙を丸めて作った大小2種類のパイプを繋げて作る工作です。部材そのものから自分で完成させる楽しみを味わうことが出来ます。

●山びこクラブ「どろじゅんであそぼう」
4/18(土)10:00- 11:30
対象:小学生
場所:北白川幼稚園 園庭
担当:福西亮馬
(雨天の場合は『カプラであそぼう』です。ゆき組にお集まりください)

●将棋道場
4/20(月)16:00- 18:00
対象:小学生(中学生も歓迎!)
場所:山の学校教室
担当:山の学校講師
定員:先着20名
*フリーの対局スペースを設けております。初心者・経験者問わず、ふるってのご参加をお待ちしております。初心者の方も安心してご参加下さい。
*事前にお申し込み下さい。

●何でも勉強相談会
4/20(月)18:30- 21:30
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:浅野直樹・山下あや
*講師が勉強や進路の相談などを幅広く受け付けます。保護者との面談も致します。事前にお申し込み下さい。

●英語特講
4/27(月)18:40- 20:00
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:山下太郎、山下あや
*それぞれの生徒に応じた問題を用意し、時間内でひたすら問題を解き続けてもらいます。それぞれの答案の採点をその場でしながらコメントしていきます。
*事前にお申し込み下さい。

3月のイベント(終了)
第6回「かいが」クラス作品展(終了)
会期:3/20(金)〜22(日)
時間:11:00〜17:00
会場:プレイルーム山の学校からすぐ上の園舎)
1年間の「かいが」クラス生徒作品を展示致します。
今年度は「・屋外制作の絵/・「見えないもの」の色や形を想像して描いた作品/・各々の自由課題作品/・紙粘土による立体作品」 などがございます。いずれも自由な実験と探求による意欲作です。是非御覧下さい。

オセロ教室(終了)
3/25(水)9:30〜11:30
対象:小・中学生
場所:北白川幼稚園第三園舎
担当:中森弘樹
定員:20名
★講師自己紹介:オセロ六段、2007,2010,2011年度オセロ近畿・北陸名人。京都大学の大学院生(人間・環境学研究科 博士後期課程)。

みんな一度はやったことがあるオセロ。このオセロ、だれでも手軽にできるゲームですが、
「覚えるのは一分、マスターするには一生」ともいわれていて、じつはとっても奥の深いゲームだったりもします。
この講座では、オセロで勝つためのコツを 分かりやすく解説します。もちろん、今回お話するコツをマスターするだけで、 まわりの家族や友達にはぜったいに勝てるようになりますよ!というわけで、みんなで楽しくオセロを学びたいという人も、一人でこっそりオセロを強くなりた いという人も、ぜひ気軽にオセロの話を聞きに来てくださいね。

タグ

2015年3月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

山の学校ゼミ『調査研究』

山の学校ゼミ『調査研究』を受講して

受講生 O.A.さん

 本を読むことが好きな私は、ライトノベルについて考えています。もとは本を読むことがただ好きなだけだったのですが、調査研究を受講し、対象となる本の簡単な分類わけをしていると、だんだん社会学などにも興味が出てきました。それが結果的に大学に入る目標にもなり、最近ますます興味の幅が広がるようになりました。

*******************

山の学校ゼミ『調査研究』発表会
 テーマ:「ライトノベルから見る現代の世界観」
2015年3月17日(火)16:00〜18:00
表題のテーマに関心のある方なら、どなたもご参加いただけます。
会場:山の学校教室
発表者:受講生 O.A.さん
担当講師:浅野直樹

タグ

2015年3月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

何かよいこと

『山びこ通信』2013年度冬学期号より、巻頭文をご紹介致します。

「何かよいこと」

「これをするとあれに効く」と言うと健康の話題のようですが、教育の世界でも同じ宣伝文句をよく見聞きします。ここで思い出したいのが日本の昔話です。たとえば「こぶとりじいさん」。おじいさんは踊りが好きでした。「花さかじいさん」の主人公は飼い犬のシロを愛していました。その「結果」、こぶがとれたり、お殿様の面前で枯れ木に花を咲かせたりすることができました。

一方の「よくばりじいさん」はどうだったでしょうか。何かが好きだというのではなく、ただ自分のこぶをなんとかしたい、自分も花を咲かせたい。隣のおじいさんの「成功物語」を見聞きし、その真似を繰り返して失敗するのです。

人として正直に生き、自分の好きなものを大切にすれば、きっと「何かよいこと」につながっている。昔話の示唆するのはこのことです。

ただ、この「好きだ」とか「楽しい」という感覚。これは言葉で教え込むものではありません。子ども時代にどれだけ「遊び」に創意工夫を凝らしたかがポイントになると思われます。

大人の目から見ると、子どもの遊びは、いったい何の役に立つのか? と思えるものばかりかもしれませんが、ただ目を輝かせて夢中になって遊んでいる、そんな取り組みの一つ一つは、きっと「何かよいこと」につながっているのでしょう。

では、その「何か」とは「何」なのか? 大人はそれを知りたがります。でも私はいつも思うのです、それは神のみぞ知るものだ、と。それが「あれ」だとか「これ」だとか、したり顔で言うことは誰にもできません。

子ども自身が自分の人生を力一杯正直に生き、いつかどこかで振り返ったとき、「あれ」が「これ」につながったのだな、と合点することが許されるのみ。そうした「振り返り」のできる大人に見守られる子どもたちは幸福です。また、そんな子どもたちと時を過ごすことのできる大人も幸せです。

「初心忘るべからず」という言葉があります。子ども時代の心は、人生の「初心」に違いありません。人は、子どもの頃に耳にした(当時の)大人の言葉を思い出すとき、何が本当の言葉で、何が実はそうではなかったのか、今なら、この判断を責任を持って行うことできるでしょう。

であれば、今自分は目の前の子どもたちに、どんな言葉を選び、何を選ばないか。自問自答すれば、答えは誰の心にも明らかなはずです。幼稚園は、こうした人生の「初心」を忘れない大人たちが、日々子どもたちの「初心」を守り育てる教育の実践場であります。

一方、小学校以上の教育はどうか。私は子ども心を忘れない大人は、学びの「初心」を忘れない人だと思います。そして、この「初心」を忘れない大人にこそ、「教育」の場で存分に力を発揮して欲しい。私はそう願い、この考えに共鳴する人を募り、「山の学校」を開きました。一つ一つのクラスでやっていることは別々のことのようですが、どのクラスにも、教える者と学ぶ者の生きた魂のぶつけ合い、通い合いが見られるでしょう。

それが未来にどんな花を咲かせるのか、私には花の名前も色も形もわかりません。ただ、その先には、必ず「何かよいこと」が待っている。今はそう信じることのできる12年目の春であります。

山の学校代表 山下太郎

タグ

2015-03-09 (保護者向け)論語の素読のご案内

「大人のための論語の素読」を行います。論語って何?素読って何?という方や、小学生になったら子どもに素読のイベント――山の学校では毎月一回「論語の素読・勉強会」を開いています――に参加させたいので、どんなことをするのか、親として知っておきたい、という方など、理由は何でもかまいません。

お固いイメージの論語ですが、中身は案外身近です。いつもは、小学生に、普段の学校生活に置き換えるとこういう意味になりますね、という語りかけをしているのですが、今回は、子育て中の皆さんとってはこういうメッセージになりますね、という展開になるかと思います。

日時:3月9日(月)10時~11時
場所:北白川幼稚園のプレイルーム(椅子をご用意します)
対象:北白川幼稚園園在園児、卒園児の保護者、ならびにそのお知り合い。山の学校小学校会員の保護者、ならびに4月から入会を検討中の保護者。
内容:当日は論語の素読をし、その内容について気軽にお話を交わしたいと思います(お話をお聞き頂くだけでも全く構いません)。あわせて小学校からの学校教育についてのご相談や山の学校についてのお尋ねがあれば、そのお返事もいたします。テーマは特に設けません。

タグ

2015年3月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

このページの先頭へ