イメージ画像

自分の人生のために学ぶこと――Non scholae sed vitae discimus.

以下は、山びこ通信の最新号(2012年度冬学期号)の巻末文です。

「自分の人生のために学ぶこと――Non scholae sed vitae discimus.」

『論語』の冒頭では、学びの楽しさが独特な仕方で語られる。まずは復習することの喜びが、続いて同じ志を持った仲間が集い、切磋琢磨することの楽しさが示される。そして、このような自分たちの努力を他人が知らなくてもまったく意に介しないこと、それは、まことに君子(立派な人間)にふさわしい態度ではないか、と締めくくる。

学ぶこと自体が文句なく楽しい。世間の評価は二の次、三の次という言葉は歯切れ良く、力強い。

その中に出てくる「(とも)遠方より来る有り」という言葉。じつに山の学校にふさわしい表現だ。片道三時間かけて通う人もいる。山の上の校舎まで、歩いて上るほかない山道が続く。近隣の人でも心理的な距離は格段に遠い。そこを子どもも大人も登ってくる。試験もない、資格が取れるわけでもない。では何のために?

セネカは言う、われわれは人生のためでなく学校のために学んでいる、と。世間の評価を求めて学ぶのは本当の学びの道ではない、大事なことは「世間でなく、自分の人生のために学ぶことだ」(Non scholae sed vitae discimus.)。そう彼は説いてやまない。まったく二千年前の言葉とは思えない。

翻って山の学校のモットーは「ディスケ・リベンス」。「楽しく学べ」である。一方、「(らく)して学べ」という立場もある。汗をかいて山道を登り切った者にしかわからない喜び。ドライブウェイで山頂についた者にはわかるまい。山頂でスタンプを押してもらい、急いで次のバスに乗り込む者たち。いつまでも景色を眺め楽しむことは御法度だ(パン食い競争で、パンは味わうな、食いちぎって走れ、と言われるのと同じである)。

学問にせよ芸術にせよ、およそ人間の技術が関与するところ、進んで苦労する喜びがある。失敗をものともせず苦労を乗り越えて得られる喜び。幼児もしかり。何度も失敗した末に自転車に乗れる喜びを進んで味わおうとする。登山者しかり、学びの山道を登る者しかり。通底する真理は一つである。

「楽しく学べ」(ディスケ・リベンス)は、「進んで学べ」と訳した方が本来のニュアンスがよく出るように思う。実際、自ら進んで学ぶところに人間本来の自由が広がる。塗り絵は自由ではない。白い紙に絵を描くところに自由がある。この自由を分かち合う者同士が集い、切磋琢磨して、学問の進歩と発展を生んできた。今までも、そしてこれからも。主体は、ここにある。

文化を築く主役は、時代の声には耳を貸すまい。「自分は自分、他人は他人」で押し通す。これが「進んで学ぶ」者の合い言葉だ。世間は早く花を咲かせよとせき立てる。だが、花を咲かせるのは、畢竟シロを愛した花咲かじいさんにしかできぬ相談だ。目的を設定し、ノウハウをまねるだけの欲張りじいさんが集まっても、灰をまき散らすことしかできないだろう。

一人一人が自らの尊い学びの魂を守り育てたい。それが学問の自由、学びの自由を守る大道につながると信じつつ。それが、人間の尊厳と自由の輝きを守る道に他ならない、そう信じるすべての人たちの気持ちを代弁するのが、ラテン語の「ディスケ・リベンス」である。もう十年。まだ十年。これまでお世話になったすべての人に感謝を捧げつつ、今までと何一つ変わらぬスタンスで新年度のスタートを切りたいと思う。(文責 山下太郎)

タグ

中高生対象!「春期講習会」のお知らせ(終了)

下記の講習会は終了致しました。次回の講習会もご期待下さい。
——————————————————————

山の学校では、「新中学2・3年生」「新高校生以上」を対象とし、下記の要領で『春期講習会』を企画しました。ふるってのご参加をお待ち申し上げます(2013年3月)。

<新中2、中3生>

日時・・・・・18:10~19:10  19:20~20:20   20:30~21:30
3月21日(木) 理科(高木)    英語(浅野)     数学(浅野)
3月22日(金) 国語(高木)    英語(山下)     数学(浅野)
3月28日(木) 理科(高木)    英語(浅野)     数学(浅野)
3月29日(金) 国語(高木)    英語(山下)     数学(浅野)

<新高校生以上>
日時・・・・・18:10~19:10  19:20~20:20   20:30~21:30
3月21日(木) 数学(浅野)    英語(山下)     国語(高木)
3月22日(金) 数学(浅野)    英語(浅野)     国語(高木)
3月28日(木) 数学(浅野)    英語(山下)     国語(高木)
3月29日(金) 数学(浅野)    英語(浅野)     国語(高木)

講師: 山下太郎(山の学校代表)
浅野直樹(山の学校講師/京都大学大学院 人間・環境学研究科博士課程在籍)
高木彬(山の学校講師/京都市立伏見工業高等学校 非常勤講師)

場所:  山の学校教室

対象:  「新中学2・3年生」「新高校生以上」(各科目定員5名ずつ)

費用
「新中2,中3生」英語(4回)12,000円、国語(2回)6,000円、数学(4回)12,000円、理科(2回)6,000円
「新高校生以上」英語(4回)12,000円、国語(4回)12,000円、数学(4回)12,000円

締切:  3月15日(金)

————————————————-

◎お問い合わせ、お申込みは、山の学校までどうぞ。

TEL:075-781-3215  FAX:075-781-6073  Email:taro@kitashirakawa.jp

◎費用をお納めいただいた時にお申し込みが完了いたします。下記口座に会費をお振り込み下さい。

1)京都中央信用金庫銀閣寺支店普通2217927 名義:学校法人北白川学園 理事長山下太郎

2)ゆうちょ銀行00990-0-207268 加入者名:学校法人北白川学園

タグ

2013年2月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:講習会

2012年度 「かいがクラス」作品展とイベント(終了)

当イベントは、終了致しました。多数のご来場、ご参加に、この場を借りて御礼申し上げます。またの機会に、そして、これからの「かいが」クラスにご期待下さい。

—————————————-

今年度もしめくくりとして、この1年間の生徒作品を展示する「かいがクラス作品展」を実施いたします。是非ご高覧下さい。

また、最終日の3/24(日)には、講評会と制作会「お話の絵を描こう(絵本づくり)」も行います(小学生対象)。どなたも奮ってご参加下さい。参加ご希望の方は、電話、FAX、またはE-mailにてお申し込みをお願い致します。

■「かいがクラス」作品展

会期:2013年3月19日(火)〜3/24(日)
時間:10:00〜17:00
場所:北白川幼稚園プレイルーム(旧 ほしぐみ園舎)

■3/24(日)「かいがクラス」イベント(小学生対象〈新1年生を含む〉

講評会〈13:00〜14:00〉
上記展覧会場にて、かいがクラスの生徒作品を、生徒の皆さんをはじめ、小学生の皆さんと一緒に振り返り、発見を共有したいと思います。

制作会「お話の絵を描こう(絵本づくり)」〈14:00~17:00〉
向かいの第三園舎に移動し、自由にお話をつくって描く取り組みを行います。
1枚の絵もよし、ページのある「絵本」の形もよし。どんな形にするかはみんなのアイデア次第です!
定員:12名(申し込み順)

タグ

2013年2月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

古典語の夕べ「ラテン語はじめの一歩」/「古典ギリシャ語への誘(いざな)い」3/9(土)無料講演会(終了)

当イベントは、終了致しました。多数のご来場を頂き、誠に有り難うございました。次回は8月の開催予定です。ご期待下さい。

—————————————-

今回は特に、ラテン語、ギリシャ語が、どんな言葉か知りたい、学習を始めてみたい、という方にはチャンスです。西洋の思想や文学、本テーマに関心のある方ならどなたもご参加頂けます(無料)。奮ってのご参加をお待ち申し上げます。(電話またはFAX、E-mailにてお申し込みをお願い致します。kotengo2013-3←チラシpdfです。)

kotengo2013-3

 

 

●「古典語の夕べ」
日時:2013年3月9日(土)ラテン語の夕べ(16:30-18:00)、ギリシャ語の夕べ(18:30〜20:00
の二部制です。

場所:北白川幼稚園第3園舎

 第一部:ラテン語の夕べ  —ラテン語はじめの一歩」

講師:山下太郎(山の学校 代表)

ラテン語という言葉に興味のある方は誰でも歓迎です。ラテン語はどんな言葉か、実際に体験してみませんか(英文法の基本がわかる方なら参加可能です)。発音の仕方から簡単な文が読めるところまで、ラテン語の初歩を一緒に学んでみましょう。扱う例文は、短くても含蓄のある格言や名言を中心に選びます。乞うご期待。

第二部:「ギリシャ語の夕べ  —古典ギリシャ語への誘(いざな)い」

講師:広川直幸(山の学校 古典語講師)

ヨーロッパの思想や文学に興味があるならば,古典ギリシャ語を学んでみたいと思うのは自然なことです.でも,古典ギリシャ語は非常に難しいという先入観のせいで学び始めるのを躊躇したり,いざ学び始めても訳が分からずに途中で諦めてしまうことが多いのではないでしょうか.今回は,そのような人を対象に,古典ギリシャ語はどのような言語かを文字の読み方と書き方から簡単に説明して,さらに,具体的に教材や学習方法,学習の際に押さえるべきポイントをお教えします.全く古典ギリシャ語の知識がない人にも分かるような内容にしますので,少しでも興味のある方は気楽に参加してください.

学校法人北白川学園 山の学校

電話:075-781-3215

FAX:075-781-6073

Email:taro@kitashirakawa.jp

タグ

2013年2月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

3月イベントのご案内

2013年3月のイベントをご案内致します。会員に限らずどなたでもご参加頂けます。いずれも無料です。ふるってのご参加をお待ち申し上げます。

参加ご希望の方はFAX、E-mail、又はお電話にてお申し込みをお願い致します。

※今月は、講演会「古典語の夕べ」(第一部「ラテン語の夕べ」、第二部「ギリシャ語の夕べ」)がございます。

※今月の「ひねもす教室」はお休みです。

event2013-3event2013-3

 

 

 

 

 

 

 

●論語の素読・勉強会
3/2(土)
8:30-11:00
対象:小学生
場所:北白川幼稚園第三園舍(参加者人数により、山の学校教室に変更となる場合もございます)
担当:(素読8:30〜9:00)山下太郎、
勉強会9:00〜11:00)山の学校講師
定員:先着20名
*素読では、毎回論語の一節を紹介し、参加者皆で声を出して読みます。
*勉強会では、各自が課題を持ち寄り、講師が監督する中、異なる学年間で教えたり、教わったりしながら、自発的に学び合う時を過ごします。
*事前にお申し込み下さい。

 

●将棋道場
3/4(月)
16:00-18:00
対象:小学生(中学生も歓迎!)
場所:山の学校教室
担当:山の学校講師
定員:先着20名
*フリーの対局スペースを設けております。初心者・経験者問わず、ふるってのご参加をお待ちしております。初心者の方も安心してご参加下さい。
*事前にお申し込み下さい。
●英語特講
3/4(月)
18:40-20:00
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:山下太郎・山下あや
*それぞれの生徒に応じた問題を用意し、時間内でひたすら問題を解き続けてもらいます。それぞれの答案の採点をその場でしながらコメントしていきます。
*事前にお申し込み下さい。

 

●古典語の夕べ
3/9(土)

16:30-18:00 第一部「ラテン語の夕べ —ラテン語はじめの一歩」 講師:山下太郎

18:30〜20:00 第二部「ギリシャ語の夕べ —古典ギリシャ語への誘(いざな)い」 講師:広川直幸
対象:テーマに関心のある方ならどなたも参加可能
場所:北白川幼稚園第3園舎

 

●何でも勉強相談会
3/11(月)
18:30-21:30
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:浅野直樹、山下あや
*講師が勉強や進路の相談などを幅広く受け付けます。保護者との面談も致します。事前にお申し込み下さい。

タグ

2013年2月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

このページの先頭へ