イメージ画像

12月イベントのご案内

12月のイベントをご案内致します(いずれも無料・要申し込み)。会員に限らずどなたもご参加いただけます。ふるってのご参加をお待ち致しております。
                                                                                

12月イベント案内
●論語の素読・勉強会
12/3(土)8:30 – 11:00
対象:小学生
場所:山の学校教室
担当:(素読)山下太郎、(勉強会)浅野直樹・山下あや
定員:先着20名
※素読では、毎回論語の一節を紹介し、参加者皆で声を出して読みます。(8:30〜9:00)
※勉強会では各自が課題を持ち寄り、講師が監督する中、異なる学年間で教えたり、教わったりしながら、自発的に学び合う時を過ごします。(9:00〜11:00)
★学年を配慮して座席を準備致しますので、前日までに、お申し込みをお願い致します。

●論語の素読・朝の読書
12/17(土)8:30 – 11:00
対象:小学生
場所:山の学校教室
担当:(素読)山下太郎、(朝の読書)和田浩・山下あや
定員:先着20名
※素読では、毎回論語の一節を紹介し、参加者皆で声を出して読みます。(8:30〜9:00)
※朝の読書では、山の学校図書コーナーにある本を、各自が静かに読みます。(9:00〜11:00)

●将棋道場
12/5(月)16:00 – 18:00
対象:小学生(中学生も歓迎!)
場所:山の学校教室
座主:百木漠
定員:先着20名
※事前にお申し込み下さい。
※初心者・経験者問わず、ふるってのご参加をお待ちしております。

●英語特講
12/12(月)18:40 – 20:00
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:山下あや
※それぞれの生徒に応じた問題を用意し、時間内でひたすら問題を解き続けてもらいます。それぞれの答案の採点をその場でしながらコメントしていきます。
※事前にお申し込み下さい。

●ひねもす道場
12/19(月)16:00 – 18:00
対象:小学3年生以上
場所:山の学校教室
担当:福西亮馬
定員:先着10名
※ひねもすとは、紙を丸めて作った大小2種類のパイプを繋げて作る工作です。部材そのものから自分で完成させる楽しみを味わうことが出来ます。

●なんでも勉強相談会
12/19(月)18:30 – 21:30
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:浅野直樹、山下あや
※ 講師が勉強や進路の相談などを幅広く受け付けます。保護者との面談も致します。事前にお申し込みください。

タグ

2011年11月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

ギリシャ語講読の冬期講習

ギリシャ語講読の冬期講習の概要が決まりましたのでお知らせします.

日にちは12月18日,25日,1月8日,15日(いずれも日曜日)で,時間は午後2時から5時までです.

教科書には田中秀央訳注『プラトーン:クリトーン』(大学書林)を使います.初回は28ページの14行(ステファヌス版46a)まで進む予定です.バーネット版では『クリトーン』は全部で17ページなので,一日に4ページと少しずつ進んで,四日で読みきる計算です.

担当は、広川直幸先生です。詳細はお尋ねください。

タグ

2011年11月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:講習会

ラテン語集中講座:格言で学ぶラテン語

下記の内容で、ラテン語集中講座を開きます。

タイトル:格言で学ぶラテン語
日時:平成23年12月20日(火)と21日(水)、いずれも18:40−20:00
場所:山の学校
内容:ラテン語の格言と短く印象的な文を読みます。資料はこちらで用意します。予習の必要はありません。
担当:山下太郎(山の学校代表)
対象:文法をかじった人、読解のウォーミングアップをしたい人。etc. (定員5名)
要は、ちょっとかじった程度の初心者から自称初心者の方を対象とします。まったくの初心者の方でもラテン語の雰囲気はなんとなく味わえると思います。
費用:10,000円
※受講希望者はメールでお申し込み下さい。taro@kitashirakawa.jp まで。

タグ

2011年11月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:講習会

受講生の感想(ギリシャ語講読・漢文入門クラス)

1 ギリシア語講読
 冬学期よりツキュディデスを読んでもらふことになりました。
 三十数年も昔の話になりますが、数日間入院した機会にツキュディデスを岩波文庫の久保正彰訳で読んで、これはすごいものだと思ひました。すごいといふのは二面あつて、一つはここに描かれたもの、言換へればギリシア人のやつてゐたことがすごいといふのと、もう一つはツキュディデスの叙述がすごい、といふことです。当時はまだソ連が健在で、米ソの対立を二千数百年も前のギリシア世界になぞらへて色々考ヘたものです。以来、勿論日本語訳でですが、久保訳、小西晴雄訳、最近の藤縄・城江訳と、何度も繰返して読んできました。田中美知太郎の「ツキュディデスの場合」も繰返し読みました。
 といふことで、7年前に会社づとめをやめて、ギリシア語の勉強を始めたときの目標の一つはツキュディデスにあつたのですが、とにかく難しいといふことを聞かされてゐましたので、もう少し上達してからと、今迄ずつと繰延べにしてきました。しかし考へてみると、この年になつてギリシア語の読解力がこれ以上向上することはとても期待出来ない、下手をすると原語で読まないままで終るのではないか、と気がついて、このたび広川先生にお願ひして読んでもらふことになりました。
 やつと念願がかなふ、という思ひで、どこ迄読めるか分りませんが、行けるところまでは行きたいと思つてをります。(I.R.さん)

2 漢文入門
 9月から始めたばかりなので、余り偉さうなことは言へませんが。
 漢文は高校生の時に習つて好きな学科の一つではあつたのですが、今から考へると余りきちんとした形では教はつてこなかつたといふ感じです。今回改めてやり直してみてそのことを強く感じました。今習つてゐるやうな教え方で学んでゐたなら、もつと読む力が付いてゐただらうと思ひます。私どもが習つたやりかたは、古文でもさうですが、「有名文」を読むことに主眼が置かれてゐて、その前にあるべき基礎的な語法や構文の「訓練」がなほざりになつてゐたやうに思はれます。その点、今回の教科書は要点がコンパクトにまとめられてゐて、全体の見通しもつけやすく、なかなか良いと思ひました。
 それと、訓読といふのは、漢文を外国語として考へると邪道なのでせうが、過去の日本人が読んできたその読み方を大事にし、それを追体験し、併せて国語への影響と比較について考へたいと思つてをります。(I.R.さん)

(記2011.11月)

タグ

2011年11月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

山の学校古典語クラスについて

『山の学校古典語クラスについて』

古典には人間の英知が詰まっています。汲めども尽きぬ知恵の泉に喩えることができます。誰にでも分け隔てなく開かれている泉です。ただ、川の流れのように多くの人の目にもとまる場所にはなく、少し山の奥に分け入らないと見つかりません。はじめて出かける場合は、道案内や道連れがいたほうが心強く、また道中の会話もはずみます。

この道案内をするのが山の学校の古典語クラスです。

大別すると、古文と漢文、ギリシャ語とラテン語の四つのコースに分けられます。いずれも高校生以上が対象です。古文と漢文は、学校で文法を習ったきり細かいことは忘れた…という方もご安心ください。名所を駆け足で巡るツアー型の授業ではありません。一人一人のペースにあわせてごじっくり丁寧にご指導いたします(それぞれのクラスの定員は5名)。

ギリシャ語とラテン語は興味はあるが初めて…という方も、尻込みする理由はまったくありません。英語を学んだ人は、これらの言語の基礎にあたる文法の考え方は履修済みとみなせます。たとえば、「三人称単数のときはsをつける」と習いますが、あれはギリシャ語、ラテン語の文法知識と同じです。だから中学生には難しいのですが、大人にはパズルのように楽しめます。

ある程度文法の基礎がわかったら、めでたく古典の泉にたどり着いたことになります。ここまでくればあとは自分で読むだけです。最初はちょっと気後れするという人や、文法は履修済みだけれど、読解のコツが今ひとつつかめないので、それを直伝して欲しいという人。ニーズはいろいろあろうかと思います。現在、山の学校では短い文章をゆっくり読みながら文法の復習をするクラスから、大学の講読に近い内容のクラスまで、様々なご希望に合わせた講読クラスをご用意しています。

今回の山びこ通信(2011年度秋号)では開講クラスのいくつかについて、担当講師の紹介文を掲載させていただきました。ご関心をお持ちの方は、いつでも山の学校までお尋ねください。(山の学校代表・山下太郎)

『ギリシャ語、ラテン語冬期講習のご案内』

冬休み期間を利用し、ギリシャ語、ラテン語の短期集中講座を計画しています(定員5名)。日程等細かいことは未定ですが、ギリシャ語は1日3時間の授業を4日、ラテン語は2日予定しています。ギリシャ語はプラトンの『クリトン』か『イオン』、ラテン語はセネカの『道徳書簡集』を読むつもりです。この山びこ通信がお手元に届く頃には詳細が決まっていますので、ご関心をお持ちの方は、ご遠慮なく山の学校までお問い合わせください。(山の学校代表・山下太郎)

2011.11.14現在

タグ

2011年11月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クラス 入会案内

山びこ通信最新号

山の学校の機関誌『山びこ通信』の2011年度・秋号が出来上がりましたので、お知らせいたします。

pdf形式(12Mbyteあります)

『山びこ通信』(2011年度秋号)

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年11月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:山びこ通信

このページの先頭へ