退職された岸本先生の後任で新しく講師を勤めさせていただきます吉川です。これから毎回、授業報告や感想をここにのせていきたいと思います。

まずは、生徒さんと自己紹介。お互いに地元の話で盛り上がり初対面でしたがすぐに打ち解けた雰囲気になりました。偶然なことに私も生徒さんも海外に滞在した経験があるということが分かり、現地での経験談や武勇伝に花が咲きました。それと同時に、日本の外を自分の目で実際に見てきたという経験があることで外国の歴史や文化に興味がわいてくるだけでなく、逆に日本そのものを客観的に捉えてみたいとも思えるようになるのだと感じられました。

次に、事前に生徒さんに考えてきてほしいと私が伝えた質問について答えてもらいました。

①関心がある時事問題

歴史を学ぶということで重要になってくるのが、現在の問題意識だといえます。現在起こっていることの根本の原因とは何かという問いに大きく貢献するのが歴史学だからです。生徒さんはまず、海外については、「アラブの春」以降、長期にわたって混乱が続く中東情勢、尖閣諸島や各開発問題を巡って揺れ動く東アジア情勢といったところに関心があるようです。こうした国際問題は経済的利害にとどまらない価値観の領域を含めた議論が必要で、生徒さんも特にイスラーム世界の価値観について興味をもっているようでした。また、国内情勢についても深い関心を示し、何よりもこの前の衆議院選挙、そして次の参議院選挙の動向が気になるようです。今回の選挙では、日本の国のあり方そのものを見直す動きが見られますが、私は、民主主義というシステムの本質についてもう少し議論する必要があるのではないかと問題を提起しました。

②通史の中で興味を持った時代や地域

生徒さんは、中世・近代ヨーロッパを挙げておりました。とりわけて近代は情報量が一気に増えてきて論じるべき問題が多くなってくる点が面白いそうです。また、古代や中世といった時代区分そのものに興味をもたれていたのですが、これは歴史学を専攻する私から見てもものすごく良い目の付け所だと感心させられました。具体的な地域を尋ねたところ、ドイツを挙げていました。2度の大戦に敗れたにもかかわらず現在でもなおヨーロッパの中心国として君臨し続けているという点が面白いそうです。私は、ドイツは日本との関係(文化的関係、戦後発展の違い)においても考えるべき点がたくさんあるのではと付け加えたところ、大変興味を示しておりました。

③今まで読んだ中で面白かった本
羽田正『新しい世界史へ』と井筒俊彦『イスラーム文化』を挙げていました。前任の岸本先生と一緒に読まれた本らしく、前者ではこれまでの国家という枠ごとに見た歴史ではなく、世界全体で見たグローバルヒストリーの必要性が訴えられているところに新鮮さを感じたようです。後者は、イスラーム世界の歴史や価値観を概説した本で、現在の中東情勢を考えるヒントにもなっているのではないでしょうか。
一通りの質問を終え、生徒さんには、これからゼミ形式で読んでいく本についてやや歴史学のうんちくを交えながら説明していきました。
1、ヘーゲル『歴史哲学講義』
まず、歴史には「歴史は繰り返す」という見方と「歴史は発展する」という見方があるということを説明し、ポリュビオスの政体循環論と比較させながら、ヘーゲルの歴史発展論について話しました。生徒さんは、同じ歴史でも色眼鏡によって見えるものが変わってくるという点に関心を示していました。
2、阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男』
「ハーメルンの笛吹き男」というドイツの昔話の原点を探る中で見えてきた中世の社会像が書かれたのが本書です。十字軍や東方植民といった「移動」が中世の鍵になることを生徒さんは授業の中で学び、早速、本書に高い関心を示していました。
3、今谷明『封建制の文明史観』
「封建」という言葉がかつて悪い意味合いで使われていたことを生徒さんに説明した上で、「封建制」という概念は歴史の中でどう扱われてきたのかということについて少し議論しました。本書はその答えに貢献する一冊です。
その他数冊の説明は省略しますが、生徒さんは特に歴史を見る「色眼鏡」(史観)に興味を示されていたので、次回もイントロダクションの続きにすることにしました。
最後に、次回は「マルクス主義歴史観」と「世界システム論」と「本の紹介(日本史・東洋史)」について議論しようということで、授業が終わりました。次々回から本格的に本を読むことになりそうです。

 

Share