岸本です。

冬学期も太宰治の『人間失格』の続きを読んでいく予定です。
学期のはじまりでしたが、お休みが多かったのは残念です。

前回家出した葉蔵は、堀木の家で出会ったシヅ子の家に転がり込むことになりました。
「男やもめ」のような生活に、自ら嫌悪感を抱き、彼女に自らの絵の才能を示そうとした葉蔵でしたが、それを示すであろう中学の頃描いた「お化け」の自画像は、今は手元からなくなっていました。
口で言っても理解されない気持ち、「飲み残した一杯のアブサン」、「空転の煩悶」に、葉蔵は苦しんでいました。
なんとか漫画を描きながら、自らお金を稼いでいた葉蔵は、ある種の「侘しさ」を感じつつ、シヅ子の連れ子シゲ子に「幽かな救い」を感じていました。
葉蔵を「お父ちゃん」とまで読んだ彼女でしたが、そんな彼女が神様へのお願いに「本当のお父ちゃん」を望んでいたことを知り、幼い彼女ですら、彼にとって「敵」、「他人、不可解な他人、秘密だらけの他人」であったことに気付くのです。

生徒さんは、この葉蔵の気持ちに一定の理解を示しながら、彼の絵画に対する自信やシヅ子の葉蔵の評価が、それぞれの「思い込み」ではないかと、考えていました。
その指摘自体は面白いところですが、ここではその客観的な評価というより、それが各々の行動を規定していること、それが生々しく描かれていることに注目してほしいと思います。

来週は、葉蔵の「思想めいた」部分のため、難しいかもしれませんが、少しずつでも読めればと思います。

Share