Abeunt studia in mores.  
熱意は習慣に変わる。Ov.Her.15.83 オウィディウス『ヘーローイデス』

一心不乱に何かに取り組む姿勢は尊いものです。それが反復され、継続されると、その姿勢はやがて習慣として定着する、という趣旨の言葉として今に伝わります。

文の主語はstudiaで、辞書ではstudiumの形で見つかります。英語のstudyの語源ですが、元の意味は「熱意」です。mōrēsは「習慣」を意味します。文頭のAbeuntは「変わる」を意味する動詞です。「熱意は(studia)習慣(mōrēs)に(in)変わる(Abeunt)」と訳せます。

「熱意は習慣に変わる」という言葉を見て、「習い性となる」と似ているな、と思った方もおられるでしょう。「習い性になる」は中国古代の歴史書『書経』に出てくる言葉で、「習慣はやがて性格になる」という意味で理解されます。細かく見れば、表題と微妙に異なる言葉遣いになっていますが、同じような趣旨のことを述べていると見てよいでしょう。

英語で似た表現を探すと、Habit is a second nature.(習慣は第二の天性なり)という言葉が見つかります。これは次のキケローの言葉の英訳だと思われます。

Consuetūdō quasi altera nātūra.(Cic.Fin.5.25.74)
習慣はいわば第二の性質である。

子どもの教育に関して、勉強の習慣を根付かせたいと願う親は少なくありません。学びに競争原理を持ち込んで、無理に方向付けするとうまくいかないことが多いです。その点、次の言葉は示唆的です。

岡潔:人は極端になにかをやれば、必ず好きになるという性質をもっています。好きにならぬのがむしろ不思議です。好きでやるのじゃない、ただ試験目当てに勉強するというような仕方は、人本来の道じゃないから、むしろそのほうがむつかしい。 (小林秀雄・岡潔対談『人間の建設』より)

「極端になにかをやる」とは夢中になって何かに取り組むことを意味します。「勉強」は英語のスタディ(study)の訳語ですが、語源となるラテン語のstudium(ストゥディウム)は「熱意」を意味します。「極端になにかをする」態度はstudium(熱意)そのものであり、その熱意は習慣に変わり、やがて第二の性質として定着するのでしょう。岡氏の言葉を借りれば、そうした学びの道程こそ「人本来の道」だということになります。

Share