福西です。

俳句では、だいたいですが、8月が初秋、9月が仲秋、10月が晩秋です。

今が、秋のはじめではなくて、真ん中(来月はもう晩秋)だと言われると、ちょっと驚きます。

秋学期は、たとえばつぎのような秋の句を扱う予定です。

たましひのたとえば秋のほたるかな 飯田蛇笏

しづかなる力満ちゆきばつたとぶ  加藤楸邨

こほろぎのこの一徹の貌を見よ   山口青邨

秋来ぬとサファイア色の小鯵買ふ  杉田久女

一句目は、「た」ましいの「た」とえばあきのほ「た」るかな、と、調べがよいことにまず気づきます。

何度か口ずさんで音を楽しんでいると、途中でふと気づくことがあります。

「秋の蛍?」と。

それは初秋の季語として、歳時記にちゃんと載っています。

でも、実際に、秋のあいだに蛍を見ることは、現代の日本ではまずないでしょう。

つまり、多くの人にとって、この句は「見えないもの」を心の目で見ようとする、そんな詩だと思います。

見えないものを歌った和歌では、次のものが有名です。

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」(古今和歌集169、藤原敏行)

それにならって、蛇笏の句も、

「風」→「蛍」、

「秋」→「たましひ」

として、「見えないもの」を表現しているように感じます。

 

このように、少しずつ紹介していきます。

 

Share