福西です。

『はらぺこオオカミがんばる』(ストー、掛川恭子訳、岩波書店)を読了しました。受講生のみなさん、おめでとうございます。

最終章は、「ルーシーのおよばれ」というお話。抜群に面白く、たぶん全編を通して、一番ではないかと思います。

ポリーの妹の小さいルーシーが、オオカミにさらわれます。

心配して探しまわったポリーが、オオカミの家の窓から目にした光景は、「ルーシーにかじられるオオカミ」という、逆転劇でした。

結局ひどい子守をしただけで、オオカミはルーシーを解放します。

「ポリー! ほんとうにいいところへきてくれた。たのむから、はやくはいってきて、うちじゅうのものをありったけたべられてしまわないうちに、あいつをつれてってくれよ。いっとくけど、あいつときたら、わたしのことまで、くおうとしたんだから。」

いったい何があったのでしょうか。それはここではすべて書き切れませんが、一シーンだけカットすると、こんな感じです。

「チョコ・ビッケ?」

「ないよ。で、でもね、とってもいいものがある。ほら、これさ。」

オオカミは、ぼろぼろにくずれた、バター・ビスケットをとりだしました。

「ビッケじゃない。」

「おいしいビスケットだよ。」

「ビッケじゃない。」

「そうだね、たしかに、そのとおりだ。いやらしいビスケットだ。こんなうまくないのは、ほしくないんだね。よし、こんどこそ、とびきりおいしいのをさがしてやろう。」

オオカミは、そのビスケットを、ココアのかんにもどしました。そして、しばらく、かんの中を、ごそごそかきまわしていましたが、さっきとおなじビスケットをとりだして、ほら、どうだとばかり、ルーシーにさしだしました。

「おさと。」

ルーシーがいいました。

「だめ。」

オオカミもゆずりません。

おさと。」

「だめ。」(…中略)

「じゃ、菓子パン。」(…中略)

「そんなもの、ない……」

オオカミはそういいかけたところで、かんがえをかえました。そんなつもりはなくても、だんだん、やり方がうまくなってきたのです。ビスケットのかんをのぞきこむと、さもびっくりしたというように、演技力満点のさけび声をあげました。

「おや、これはなんだ。そんなもの、ないっていおうとしたんだが、かんのそこに、一つだけ、のこっていたよ。」

オオカミは、さっきとおなじビスケットをとりだすと、ふるえる手で、ルーシーにさしだしました。ルーシーは、うっとりした笑顔をオオカミに見せて、ビスケットをうけとりました。

「あいがと。」

なぜオオカミの手がふるえたのか、それを想像するだけで笑いがこみ上げてきます。

一文一文が愛すべき珠玉の短編です。

Share