山下です。

5/19(水)に「韓国語初級 / 講読」のガイダンスがあります。以後、「ギリシア・ローマの歴史を読む」、「身体とこころ」、「ドイツ語初級 / 講読」、「フランス語講読」、「日本文化論を読む」と続きます。
ガイダンスは先生としてどんな授業を予定しているか、質疑を交えながらご説明します。
学びは旅行と似ています。一人でも学べますし、本一冊自分で読めるといえば読めます。
しかし、現地の事情に詳しいガイドと一緒に旅をすれば、旅の密度ががぜん濃くなること請け合いです。
信頼できる先生と一緒に語学を習得する、または気になる一冊を最後まで読み通す。
こうした経験は、仕事や家事その他「やらねばならぬこと」で忙殺されている私たち大人を「脱日常」させてくれます。
「旅行」と同じく遠い国へ身を置く経験が味わえます。
大人の受講生が異口同音に言われるのは、「学生時代に戻った気分」という表現です。
学生時代にタイムスリップし、学びの山を一歩ずつ登る心地よさを一人でも多くの人に味わっていただけたら幸いです。
>>「大人クラス」無料ガイダンス

Share