福西です。

これは、二月のよるのことだった。
おれは、けいさつのふりをして大どろぼうとたたかった。
おれの名はおれだけしかしらない。
その名は、じぶんでつけたなまえだ。

Gotou Takeshi君という以前の受講生が、1年生のときに書いてくれた作品の冒頭です。

>>『わし丸のぼうけん』

Takeshi君は、今では大学1年生になっています。

高校2年生の時だったか、彼が幼稚園をふらと訪ねてくれた日がありました。

「なつかしくなって、見ておきたかった」

とのこと。私は、Takeshi君が「しぜん」のクラスでよく行っていた「ひみつの森」まで、健哲先生の代わりに付き添いました。かつての「秘密基地」にいくまでに、わかれ道があって、彼がふと立ち止まりました。

私にとっては一瞬でしたが、彼にとっては別の時間が流れていたのかもしれません。

元気でいてくれると嬉しいです。

Share