山下です。

山の学校の小学生の開講科目を見ると、「れきし」というのがあります。

これはかつて小学3年生の男の子に「れきしクラスを作ってください」と直訴され、開設し、今に至るものです。

知識の詰込みと対極にある学びの姿、本来の歴史学習のあるべき姿がこのクラスで体感できます。

次のエッセイの中で、このクラスのことに少しふれています。

山の学校の各クラスは、大人も子どもも変わりなく、「このクラスのような」熱いハートの先生と会員に支えられて、今に至ります。

>> 「和して同ぜず

Share