福西です。

「私、見つけたんです。それはそれはもう立派な椿の大木を」

先週、受講生のK君のお母さんが、山の学校のそばに椿が咲いていることを教えてくれました。

「あれや!」と、今日、K君が指差しました。

山の学校の窓から西の方に見えたそれは、夕日に映えて、優美でした。

乙女椿の種類だと思われる、ピンクの薔薇のような八重の花が満開でした。百も二百も、惜しげもなく咲き誇っていました。

椿は花というよりは木。その「木」に「春」と書いて、椿なんだなあと実感しました。

ゆらぎ見ゆ百の椿が三百に 虚子

赤い椿白い椿と落ちにけり 碧梧桐

この日、紹介した俳句です。

Share