福西です。

『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(斎藤淳夫、岩波文庫)を読んでいます。

第5章「甲板で」を読みました。この章は短いですが、心に残るシーンです。町ネズミのガンバは、はじめて海を見たのでした。その感動の大きさが読者にも伝わります。読者がこのあとのガンバのことをずっと応援できるのも、一つにはこの感動を思い出すからでしょう。シンプルに海に感動したガンバ。だからこそ、仲間たちの求心力として、まっすぐに、物事を解決していくのだろうと。その意味で重要なシーンだと思いました。

「これも海か!」

とおこったようなふるえ声でいいました。

「ああ、これも海だ。」

ヨイショが答えました。ガンバはまた走りだし、へさきまでいくと、またまた目の前に広がっている海をじっと見つめ、

「これも海か!」

と、泣き叫ぶようにいいました。

「ああ、これも海だ。」

するとまたガンバは走りだし、こんどは舷側にそって、横目で海をにらむようにしながら、一気にともまで走っていくと、はあはあ息を切らしながら、

「これも全部海か!」

といいました。

「ああ、これも海だ!」

ヨイショも、できるかぎりでかい声をだして答えました。

──『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(斎藤淳夫、岩波文庫)5章

続いて、第6章の「いざ島へ」を途中まで読みました。

 

Share