浅野望です。今回は比較級・最上級を学習しました。

とりあえずは形容詞の比較級・最上級をおさえました。注意すべきは,通常,名詞を修飾している形容詞の最上級には the をつけることです。これは最も〜な存在(名詞)はただ1つしかないためです。副詞については任意です(例:He runs (the) fastest in his class )。

 

Share