浅野望です。中学校・山の学校の休講中に自習を進めていたそうです。

連立方程式はよく式変形で間違えます(分数の通分がおかしかったり,や正負を逆にしたり)。答えを合わせるポイントとしては与式のうちの最低一式(すべてにするのが理想だが,テストのときなど時間の制限もあるでしょう)に答えを代入して成り立つか調べます。これでもったいないミスを減らせます。

Share