浅野直樹です。

 

ちょうど3章の終わりまで進みました。

 

犯罪と悪徳との違い(前者は自由意思によるもので罪でもって迎えられ、後者は生まれながらのものである)が主な論点でした。悪徳については寛容な態度につながることもあれば、矯正不能として抹殺に向かう可能性もあります。

 

Share