福西です。

ウェルギリウス『アエネーイス』(岡道男・高橋宏幸訳、西洋古典叢書)を読んでいます。

いよいよ第4歌に入りました。

第2歌、第3歌で聞き手だったディードーに変化が生じます。

ディードーは、第1歌で少年アスカニウスを膝に抱きながらアエネーアスの話を聞いています。しかしそのアスカニウスは変装したクピードーであり、ウェヌスの計略なのでした。

ウェヌスがクピードーに言ったセリフです。

1.688

occultum īnspīrēs ignem fallāsque venēnō
オックル・ト(ゥム)ィンスピー・レーシグ・ネムファッ・ラースケウェ・ネーノー

お前は吹き込め(īnspīrēs)、隠された(occultum)火を(ignem)。

そして(que)お前はだませ(fallās)、毒で(venēnō)で。

その結果が、第4歌の冒頭につながります。

4.1-2

at rēgīna gravī jamdūdum saucia cūrā
vulnus alit vēnīs et caecō carpitur ignī.

アトレー・ギーナグラ・ウィーヤム・ドゥードゥム・サウキア・クーラー
ウルヌサ・リトウェー・ニーセト・カエコー・カルピトゥ・リグニー

さて(at)

重大な(gravī)苦しみで(cūrā)傷つけられた(saucia)女王ディードーは(rēgīna)、

ずっと(jamdūdum)、

(恋の)傷を(vulnus)血脈で(vēnīs)育てる(alit)。

そして(et)見えない(caecō)火で(ignī)浪費される(carpitur)。

アエネーアスの話を聞く間(jamdūdum)、クピードーの愛欲の毒がディードーの全身に回り、その心を懊悩の火がすっかり焼いてしまったのでした。

第4歌の「見えない火(で)」(caecō ignī)と、第1歌の「隠された火(を)」(occultum ignem)が対応します。

 

Share