福西です。

本年もよろしくお願いいたします。

『算数が好きになる本』(芹沢光雄、講談社)のp102~104を読みました。

1)食塩水の濃度

2)原価・定価・売値

の文章題を考えました。

何で何を割るのか、答が1より小さくなる方がいいのか、大きくなる方がいいのか、に気を付けることを学びました。

濃度の問題では、食塩が水より溢れることはないので、その濃度を求める際に答が1より大きくなることはありません。

食塩の量÷全体の量

ここで、全体とは「水+食塩」のことです。当然、食塩の方が全体よりも少ないです。

 

一方、原価の問題では、何をもとにするかが自由に変えられるので、答が1を超えることはしばしばあります。

たとえば原価に対する売値の割合を求める計算は、

売値÷原価

となります。原価が100円で、売値が120円なら、

120÷100=1.2

(120%)が答です。

 

Share