中学生複数と高校生複数の参加でしたが、中学英語の学年別英作文をこなす課題は共通です。

中1の生徒は中1の1学期の範囲の英作文をじっくり進めてもらいました。

習ったことのない単語は英和と和英で調べます。辞書があれば独習できます。

高校生は完全に復習です。

全員中3の範囲の英作文です。

自信のある人は瞬間的に答案を書き進め、私もささっと手を入れる程度。自信をつける過程の人は、鉛筆が思考のためにとまったタイミングで、語彙、または文法のカギになることを伝えます。

不定法が鍵であれば、三つの用法のどれにあたるか、現在完了もどの用法か、中学のおさらいをすることで、向かいにいる中1の生徒たちにも間接的に何かが伝わります。

高校生には語彙の増強についても適宜話をし、知っている単語の派生語を意識することで語彙力が高まることを伝えました。

highの名詞、wideの名詞、それぞれなにか?

en-ではじまる動詞の話。

uncle, auntと出てきたら、甥は?姪は?と考えて明確にしておく、等。

単語と親しむ切り口をいろいろ示しました。

bookひとつ調べる必要がある、とも伝えました。

bookの動詞の意味は?と尋ね、答えを中1生に調べてもらうなど、せっかく一同に会したことを互いが印象的にふりかえられるように配慮しました(笑)。

ダブルブッキングとかありますね、というと、さすがに高校生はその時点で正解を言い当てていましたが。

Share