福西です。

場合分け(数え上げ)の問題をしました。

1)6つの(異なる)箱に1を(1回)書くのは何通りあるか?

2)6つの(異なる)箱に、1、2を(1回ずつ)書くのは何通りあるか?

1)は6通り、2)は30通りあります。

場合分けでは「数えもれ」と「数えすぎ」に注意です。それをせずにすむ解き方を説明しました。

後半は、以下のパズルを考えました。

おじいさんが、おばあさんとすずめをつれて、米(せんたくのり)をもって、川にさしかかった。

川には小さな「渡し船」がある。ただしこの船には、おじいさんともう一つしか、積み荷を乗せられない。

船を動かせるのはおじいさんだけ。

おじいさんがいないと、おばあさんはすずめをいじめてしまう。

おじいさんがいないと、すずめは米を食べてしまう。

(おじいさんがいたら、大丈夫)

さて、どうやったら、全部向こう岸へ渡ることができるだろうか?

 

初期状態を1コマ目として、8コママンガを描いてもらいました。(船が岸を変えるたびに1コマとする)

なかなか面白い時間でした。

Share