浅野直樹です。

 

えほん作りをしながら、リラックスしてことばを学んでいます。

 

「道」という漢字はなぜしんにょうに「首」なのかと疑問に思いました。カウンターにある漢字の成り立ちについての本をひもとくと、敵の首を持って歩いたからだといった記述がありました。受講生の予想に近かったです。

 

また、ローマ字でいろいろなことばを書くことが、自然発生的に流行りました。

 

漢字にせよローマ字にせよ、純粋な興味から学べるといいですね。

Share