山びこ通信(2010.2)より講師のメッセージを転載します。

この授業では昨年春から水谷智洋『古典ギリシア語初歩』を用いて古典ギリシア語を学んできました。豚インフルエンザの影響などもあり、途中何度か駄目かなと思ったこともありましたが、何とか脱落者を出さずに教科書を終えることができそうです。

来学期からこの授業はギリシア語講読の授業に昇格します。簡単なギリシア語作文を行いながら、プラトーンの『ソークラテースの弁明』を読む予定です。テクストはJ. J. Helm, Plato: Apology とNorth & Hillard, Greek Prose Composition の二冊です。古典ギリシア語の初歩を修めていれば参加可能です。興味のある方はご連絡ください。

ギリシア語入門の授業も新しい受講生を募っています。ゆっくりとしたペースで教科書を学び、一年後にはホメーロス、プラトーン、新約聖書などに直に取り組めるようになることを目指します。迷っている方は是非一度ご相談ください。できるだけ柔軟に対応いたします。(文責 広川直幸)

Share